2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Sponsored

  • Sponsored
フォト

現在の訪問者

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

2019年5月19日 (日)

桜満開!春の山形一人旅 亀岡文殊堂編

こんばんは。

6月に行く旅のプランが奇跡的にほぼ出来上がっていて、我ながらビックリのナユタです。

しかも宿も車も手配済み。

いつもだったら出発の数日前にバタバタ予定を立てるのに。

でも、早く準備をしたらしたで、これから仕事が入るんじゃないかと不安になるという…。

しかーし、今回は何があっても休ませてもらいます!

だって、旅行楽しみなんだもん。

あとは体調を崩さないよう気を付けるばかりです。

この勢いで、夏休みの予定も立ててしまうか!

 

それでは、山形旅亀岡文殊堂編です!

 

一旦南陽市から離れ、米沢方面へ南下して高畠町にある亀岡文殊堂へ。

Csc_9135
坂を登り、本堂へと向かいます。

幽玄な雰囲気です。

Csc_9140
こちらの鐘楼堂には、かつて伊達政宗が奉納した釣鐘があったのだそう。

何で伊達さん!?と思ったのですが、かつて伊達さんが米沢を統治していた時代があったからなのですね。

また、伊達さんのお母様の義姫は、懐妊祈願で亀岡文殊堂を訪れたことがあったのだとか。

それにしても、建物の下にいる十六羅漢がちょっと怖い💦

Csc_9139
そして、名所には必ずいらっしゃる芭蕉さん。

「春の夜は 桜に明けて しまひけり」

Csc_9142
本堂の前に、手前にある縁結び観音へ。

縁結びと言われたら祈願せざるを得まい‼

Csc_9143
これはまた、随分と歴史を感じさせますなぁ。

何だかご利益ありそう⤴

Csc_9141
そしていよいよ本堂へ。

ここ亀岡文殊堂は日本三文殊と呼ばれていて、生きるための知恵を授けてくれると言われています。

三人寄れば文殊の知恵の文殊菩薩ですね。

直江兼続さんがここで歌会を開催したこともあったのだとか。

本堂手前で煙が上がっていたので、てっきりお寺にあるお線香の煙なのかと思いきや、実はたき火でバチッバチッと大きな音が響いていました。

Csc_9146
梁が弱っているということで、鰐口からは紐が取り外されていました。

その場で手を合わせてお参りします。

Csc_9148
お寺ではおなじみ、おびんずる様。

自分の身体の悪いところと同じ場所をなでると治ると言われています。

それにしても、教科書のいたずら描きみたいなお顔をされているのが気になる…💧

Csc_9149
大黒様の像。

軽くなれと念じれば軽く、重くなれと念じれば重くなり、願いが叶った時は軽く持ち上がるのだそう。

しかし、実際に触って良いのか分からず、眺めるだけにしておきました💦

Csc_9151
そして、本堂の裏側で湧いている利根水

「一口飲めば文殊さまの知恵が授かります」と書いてあるので、早速いただきます。

うん、少しだけ賢くなった気がする❗

↑「賢い」って字書けなかったけどね(笑)

Csc_9249
こちらでも御朱印をいただきます。

御朱印が出来上がるのを待っていると、お寺の方が「どうしてこちらに来られたのですか?」など、朗らかに話しかけてくださいました。

山形では、色んな場所で色んな人に話しかけてもらいました。

人見知りにとっては非常にありがたいです✨

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング

 

 

 

 

2019年5月12日 (日)

桜満開!春の山形一人旅 烏帽子山公園編

こんにちは。

昨日、台風(姪っ子ちゃん2人)が襲来し、今日は筋肉痛のナユタです。

6歳と2歳なんですが、とにかく元気‼

到着早々、2歳児はクッションをお腹に敷いて平泳ぎごっこ、6歳児は並べたクッションを石に見立てて飛び移ってました⤵

そのクッション、お気に入りなんだけど…。

6歳のお姉ちゃんが毛足の長いクッションを欲しがっていたので「それ、おじいちゃんのおヒゲで作ってるんだよ」って言ったら「いやだぁ~❗」って言いながらぶん投げていました(笑)

↑姪っ子が来るたびに何かしらウソを教える悪い伯母💥

でも、一緒に遊んでくれるのもあと数年かもしれないし、今のうち遊べる時は遊んでおかないとですよね。

それでは山形旅、烏帽子山公園編をどうぞ!

 

2日目、残念ながら曇り。

この日は置賜さくら回廊という、南陽市、長井市、白鷹町の3エリアにまたがる桜の名所を巡ります。

まずは南陽市にある烏帽子山公園へ。

早朝に行ったのに、駐車場は既に車で埋まってるー‼

Csc_9091
駐車場から山に向かって歩くと、すぐ目の前に満開の桜❗

これは期待できそう🌸🌸🌸

Csc_9093
烏帽子山と「山」が付いていますが、緩やかな勾配なのでサクサク登れます。

Csc_9092
うわぁ~めっちゃキレイ‼

何で桜って、見ているだけで幸せな気分になるんでしょう?

Csc_9101
烏帽子山公園千本桜は、日本さくら名所100選にも選ばれているそうな。

ゆるキャラのおたふくちゃんと手を繋いで撮影できるスポットもありました。

Csc_9103
天気が良ければ最高の景色だったんだけどなぁ☀

せっかくなので散策してみます。

Csc_9106
こんなところに花咲かじいさんが!?

そっか、じいさんが花を咲かせてくれたんですね🌸

Csc_9108
奥へ進んで、烏帽子山八幡宮へ。

賑やかな声が聞こえてくるなぁと思っていたら、どうやらこの日はオリエンテーリング大会が開催されていた模様。

元気だなぁ…(しみじみ)

Csc_9118
大鳥居。

継ぎ目のない鳥居で、石造りの継ぎ目のない鳥居としては日本一の大きさを誇ります。

確かにデカい❗

Csc_9111
こちらは御本殿。

早朝なので人は少なめ。

せっかくなのでゆっくりお参りさせていただきました。

Csc_9248
御朱印をいただきました。

御朱印帳の下にお守りが挟まっていて印がキレイに押せなかったということで、初穂料をおまけしていただいてしまいました…。

こちらの落ち度なのに申し訳ない⤵

ちゃんと書きやすい状態でお渡ししないといけないなぁと反省。

Csc_9122
枝垂れ桜。

烏帽子山には25種類もの桜があるそうです。

桜と一言でいっても、色んな種類の桜があるのですね。

序盤から桜を堪能できました🌸

Dsc_1966
駐車場に戻っていると…。

新幹線だー❗🚄

一時間に一本くらいしか走ってないのに遭遇するなんて、めっちゃラッキー✨✨

これは幸先良いかも⤴

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング

 

 

 

 

2019年5月 5日 (日)

桜満開!春の山形一人旅 米沢編 その2

こんにちは。

GWもあと一日、いかがお過ごしですか。

私はこの連休中、めちゃめちゃ寝まくってました。

いやぁ、本当に睡眠取りまくった!

これから仕事始まったら、また睡眠不足になるんだろうな…。

久々に時間があったので、次の旅のプランを考えてみたりと、やりたいことはやれたかな…。

持って帰ってきた仕事はカバンから出してもいないけどな!

それでは山形旅米沢編その2をどーぞー!

 

上杉神社を離れ、上杉家にゆかりの深い林泉寺へ。

「こちらは初めてですか?」と聞かれたので、以前来たことがあると告げると「じゃ、お好きに回ってください」とフリーで回らせてくれました。

本堂や宝物館で上杉家の位牌や、書などを見学。

部屋に入ると急に電気がついて説明のテープが流れ始めてちょっとビビる私💨

し、心臓に悪い…⤵

そういえば、上杉家御廟所でも説明のテープが流れてたな…。

お墓とかお寺で急に声が聞こえると怖いわ💦

宝物館には直江兼続さんの書も残されているのですが、字がめちゃめちゃキレイ✨

楷書でとても読みやすい字なんです。

兼続さんといえば、イケメン長身で話し方は爽やか、武将としての統率力、政治家としての才能もあり、それでいて学問にも秀でていたのだそうな。

おまけにこの当時にしては珍しく側室も取らず、奥さんのお船さん一筋という完璧超人なお方だったのですよ。

しかも字がキレイだなんて、この人非の打ちどころなさすぎでしょ❗

兼続さんみたいな人、どこかにいませんかねぇ…?(切実)

Csc_9057
堂内の見学を終えた後は、境内を見学。

格子状の家形のお墓は万年塔と呼ばれる米沢特有の形状で、兼続さんが考案したとされています。

ただのオシャレではなく、戦時に持ち出して盾の代わりにしたり、堤防の補強に使おうと考えられていたそうな。

Csc_9060
左が兼続さん、右が奥さんのお船さんのお墓。

夫婦揃って仲良く並んでいます。

Csc_9063
こちらは景勝さんの正室、菊姫のお墓。

武田信玄さんの娘で、上杉家に嫁いできた方です。

親世代ではいがみ合ってた武田上杉両家ですが、子ども世代は(同盟関係の絡みとは言え)姻戚関係になっていたというのも不思議な話です。

Csc_9067
お寺の方がおススメしていた、鷹山さんお手植えの枝垂れ桜。

残念ながら、訪問当時はまだ咲いておらず…⤵

Csc_9247
印刷ですが、御朱印もいただきました。

書ける方がいらっしゃれば、手書きのものがいただけるとのこと。

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

林泉寺HP

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

さて、ここで時間が余ったので、予定にはなかった場所に行くことに。

場所がよく分からんけど行ってみようっと🚗💨

ということで、ネットで見かけたトトロの森へ。

どうやら、森がトトロの形になっている場所の模様。

しかし…。

住所の場所へ行ってもトトロの形の森は見当たらず…💧

Csc_9069
とりあえず、Googleで出てきた場所へ行ってみると、そこには小さなお社がありました。

も、もしや…。

ここがトトロの森の正体で、この森を遠くから見ないといけないのか⁉

なるほど‼

地図をよく見ると、トトロの森展望台というところがあったので行ってみることに。

Csc_9072
ちょっと分かりづらい場所に展望台はありました。

森の方向を見てみると…。

Csc_9070
トォ…トォ…ルォーーーーー‼(雄叫び)

トトロいたー❗

でも、ネットにアップされてる写真だともっとトトロっぽいんだけどなぁ。

Csc_9074
形的には小トトロといった感じでしょうか。

夏になって木が生い茂ると、もう少しトトロ感が増すのではないかと思われ。

Csc_9077
再び、先ほども行った上杉神社がある松が岬公園へ。

夜になると桜をライトアップするとのことなので、戻ってきました。

Csc_9082
本当に良い咲きっぷりだなぁ🌸

Csc_9090
もう少し暗くなった方がキレイなんでしょうけど、お腹が空いてきたのでここまで。

米沢ラーメン食べたいなぁ…🍜

ということで、ネットでラーメン屋さんを検索。

Dsc_1932
行ったのは、松が岬公園すぐ近くの愛染

なかなか渋い外観で、店内もレトロな雰囲気です。

何にしようか悩みつつ、ワンタンメンをオーダー。

Dsc_1934
めっちゃワンタン入ってるー⤴

米沢ラーメン特有の縮れ麺、魚のだしがしっかり出たあっさりスープ。

ワンタンがしっかりもちもちで美味しい✨

食べ終わる頃にはすっかり暖まりました❗

こんな感じで一日目、終了。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング

 

 

 

 

2019年5月 1日 (水)

桜満開!春の山形一人旅 米沢編 その1

こんにちは。

新しい元号、令和が始まりましたが、皆さまいかがお過ごしですか?

私はと言えば、令和初日に塩と砂糖を間違えてしょっぱいコーヒーを飲むという、すっとこどっこいなボケをかましてしまいました(笑)

何かまだ塩コーヒーの後味が残ってるわ…⤵

令和になってもやってるボケは昭和という💦

こんな私ですが、これからも引き続きよろしくお願いいたします。

それでは山形旅米沢編その1をどうぞ!

 

紅花染め体験を終えて、わくわく舘からすぐ近くの上杉家廟所へ。

Csc_9014
ここには上杉謙信さんと米沢藩歴代藩主のお墓が建てられています。

入口から林を抜けて奥の廟所へ。

Csc_9018
真ん中には謙信さんのお墓。

さすが、一番大きなお墓です。

Csc_9015
謙信さんのお墓から向かって左側に偶数、右が奇数の歴代上杉家当主が眠っています。

埋葬の方法によって廟屋と呼ばれる建物の形が違うのだそう。

敷地内には資料館もあり、治憲廟(九代藩主上杉鷹山さんのお墓)の発掘を行った際に出土した数珠のレプリカなどが展示してあります。

Csc_9246
御朱印。

人がいなくて、静かに参拝することが出来ました。

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

上杉家御廟所HP

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

上杉家御廟所を出て、上杉神社へ。

ちょうどお花見シーズンということで、駐車場は車でいっぱい!🚗🚗🚗

結構な駐車スペースを確保してあるのに…💧

かなり待って、やっと車を停めることができました。

Csc_9024
お堀の桜。

良い具合に咲いてるー🌸

Csc_9035
ここでも登場、上杉謙信さん。

頭巾をかぶり、渋い表情をしておられます。

Csc_9037-3
そして米沢藩主として有名なのが、こちらの九代藩主、上杉鷹山さん。

破産寸前だった米沢藩の財政を立て直し、名君と謳われた人物です。

何と現在の金額に換算して200億円ほどもあった借財を完済したのだとか

Csc_9038
名言「なせば成る なさねば成らぬ 何事も 成さぬは人の なさぬなりけり」

アメリカのケネディ大統領が、日本の尊敬する人物として彼の名を挙げたという話も残っています。

Csc_9050
そして初代米沢藩主の上杉景勝さんと重臣直江兼続さんの像。

台座に「天地人」と書かれているので、多分大河の頃に建てられたのでしょう。

何だか仲良さげです✨

Csc_9040
先に近くの松が岬神社を参拝し、それから上杉神社へ。

…初詣かっていうくらい、人が並んでる💦

10分以上待って、やっと参拝することが出来ました。

Csc_9252
上杉神社で松が岬神社の御朱印も一緒にいただけました。

Csc_9045
稽照殿という宝物館があるので、中で見学します。

上杉謙信さんや景勝さんの書や兜、刀、鷹山さんの書や小さい頃に着用していた着物や甲冑などが展示してあります。

中でも直江兼続さんの「愛」の前立が付いた甲冑は有名です。

しかし、上杉家の人たちはみんな字がキレイだなぁ…。

謙信さんは意外と字が可愛くて、女性っぽい優しい字を書いてたんだなぁって思いました。

景勝さんは几帳面な字を書く方だったんですね。

鷹山さんは、10代の頃は真面目な字で、年を取るにつれて人間味のある字を書かれていました。

保存状態も良くて、これだけ貴重なお宝が残ってるのはスゴイです💨

Csc_9052
神社境内の桜もちょうど満開。

本当に良い時期に来れて良かった❗

Csc_9046
おっと、こちらは…。

9年前に来た時に、米沢駅にいらした兼続さん❗

駅にいないと思ったら、こんなところにいらしたのね⤴

ガラスが反射して表情が分かりづらいけど、かなりリアルな出来です💨

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング

 

 

 

2019年4月28日 (日)

桜満開!春の山形一人旅 米沢紅花染め体験編

こんばんは。

GWですが、皆さまいかがお過ごしですか?

私はといえば、特にどこにも出かける予定もなく家でダラダラしております。

ヒマだから桃鉄でもするかな…。

さて、先週のことですが、GW前に山形へ行ってきました。

旅に出るのは実に半年ぶり。

それでは山形旅、まずは紅花染め体験です!

 

1日目、晴天。

大宮から新幹線に乗って米沢へ。

米沢…寒い!

車窓から見える景色は、何とが残ってました!

東京は前日まで夏日のような暑さだったのに、米沢はジャケット来てても寒い…。

Csc_8990
新幹線を降りて、まずは駅の目の前にある食房・杵へ。

ここは米沢で有名な駅弁牛肉どまん中を作っている会社の直営レストランです。

店外に出ているメニューを見て、何食べようかワクワクしながら店内へ。

中に入ると、ハンバーグの美味しそうな香り⤴

よし、ハンバーグに決めた❗

ということで、ハンバーグ陶板焼き(1300円)をオーダー。

Csc_8992
注文すると、コンロと陶板が運ばれてきました。

ここでハンバーグを蒸し焼きにします。

待つこと15分ほど。

お店の人が蓋を開けると…。

Csc_8993
ハンバーグが蒸し上がってるー✨✨

Csc_8994
ソースはお好みでかけてください、ということで早速いただきまーす🍴

ハンバーグはソースをかけなくても味がしっかりついていて、噛むと牛肉の味がふわーっと広がってきます。

固形燃料の火がなかなか消えないので、いつまでもハンバーグがアツアツ💥

付け合わせの野菜も甘くて美味しいし、何よりご飯が美味しい💓

牛肉…牛肉…⤴

Dsc_1881
ちなみにカウンターには牛肉どまん中のストラップが売られていました📱

これは気になる🎵

Csc_8998
お腹いっぱいになった後は、染織工房わくわく舘で紅花染め体験に挑戦⤴

Csc_9000
中に入るとカラフルな布がたくさんかかっています。

うわぁーキレイ✨

Csc_8999
まずは紅花染めについてのレクチャーを受けます。

紅花の花から黄色の色素を抜き、発酵させた後乾燥させて固めた紅もちは、当時同じ重さの金と交換されるくらい高価なものだったのだそう‼

こ、これで一体いくらくらいになるんだろう…💦

説明してくれる方の話が面白く、ついつい色々と質問してしまいました。

Csc_9004
それでは、いよいよ体験へ。

今回は、木綿の布の染め物体験を行うのですが、白、ウコンで染めた黄色、藍で染めた青の三色の布が準備されていました。

染めると白布はピンク、黄布はオレンジ、青布は紫に染まるのだそう。

ピンクがキレイかなぁ、と思ったのですが、黄布と青布はうちのオリジナルですよ、と言われ、今回は黄布で挑戦することに。

次は布の畳み方。

三角に畳むか、四角に畳むかで柄の出方が変わってきます。

三角だと円、四角だと角張った柄が出るのだそう。

Csc_9005
悩んで、柄の出方が面白そうな三角にしました。

Csc_9007
布に輪ゴムや割りばし、洗濯バサミなどを使い、染まらない部分を作ります。

これは数学が得意な人は柄がどう出るか分かるんだろうな…。←数学苦手💧

Csc_9008
まずは水に布を浸し、染料が染み込みやすくします。

Csc_9009
それから紅花の染料に浸します。

水温は冷たい方が色がよく出るということで、冷たい水の中で布を揺らします。

動かさないと、表面だけ色が濃くなって中が染まらないのだとか。

うーん、水が冷たくて手を入れてると寒い…💧

更に、折りたたまれているところも開いて、奥まで染まるように色素を入れていきます。

思った以上に色素が浸透していかないのが意外でした。

出来れば濃い色に染めたかったので、結構長めに染めます。

その後、染料から取り出し、割りばしなどを外しながら酢を混ぜた水の中で布を広げます。

酸性の水で色素を定着させるのが目的なのだとか。

最後に水で洗い、乾かすと…。

Csc_9011
こんな柄ができました‼

うわー、予想外の柄だー✨

これは面白い❗

色もキレイなオレンジ色で、素敵な色に仕上がりました。

これで体験料1080円はお手頃だったと思います♨

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

染織工房わくわく舘HP

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング 

 

 

 

«春爛漫