2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
フォト

Sponsored

  • Sponsored

PR

現在の訪問者

記事Pick Up

にほんブログ村

  • 投票お願いします♪

ブログランキング

Sponsored Link

Holiday参加中♪

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

2018年2月26日 (月)

冬の湖国パワースポット巡り旅 石山寺編 その2

皆さま、こんばんは。

金曜日、喉が痛いのに無理して講師として声を張っていたら、全く声が出なくなったナユタです。

土日寝てたら治るかなって思ってたんですけど、2日間ではどうにもならんかったです…。

あー、声出ないのってもどかしい!!

こんなに不便だなんて!!

こんな私の怒りをよそに、家族からは「平泉成」だの「天龍」だの「レスラーの本間」だの呼ばれております(笑)

早く治そうと紅茶にハチミツドバドバ入れて飲みまくってますが、あまり効果は出ず。

声枯れに効くものがあれば是非とも教えてください!

それではパワスポ旅石山編をどぞー。

 

先週に引き続き、石山寺を散策します。

安産の腰掛石から階段を登っていくと。

Csc_5626_2
紫式部供養塔(左)と松尾芭蕉の句碑が出てきました。

紫式部供養塔は鎌倉時代中期の作で、美術品としても高い評価を得ています。

右の芭蕉句碑には「曙はまだむらさきにほととぎす」という句が刻まれています。

Csc_5628_2
多宝塔。

鎌倉時代の作。

素敵な形です。

Csc_5635
紫式部の像があるということなので、像を探しに行ってみることに。

巨大な階段が出てきました。

てか、石山寺めっちゃ広い…sweat02

Csc_5636
光堂に到着。

金色の大きな建物です。

光源氏と関係あるのかなぁ???

Csc_5638
先ほどの階段を下っていくと紫式部像がありましたsign03

源氏物語を執筆中の姿でしょうか。

宇治の紫式部像とはまた違った趣があります。

Csc_5646
気になる建物があったので、更に階段を降りていきました。

その名も八大龍王社

Csc_5644 
中国の物語に出てきそうな雰囲気です。

Csc_5642
八大龍王社の縁起によると、歴海和尚という方がこの池のほとりで石に腰かけてお経を読んでいると、池の中から龍王たちが出てきてお経を聞いていたのだそう。

確かにこの雰囲気だと龍王出てきそうsign03

Csc_5645
歴海和尚が座ったという「腰掛石」も残っています。

石山寺って色んな景色があるなぁ。

Csc_5655
天智天皇の石切り場。

天智天皇って大化の改新のsign02

そんな昔から存在してる場所なのcoldsweats02

Csc_5654
滋賀県は天智天皇にゆかりのある場所が多く、この後も色んな場面で天智天皇が出てきます。

大津近江宮に遷都しているからご縁があって当たり前なんですけどね。

Csc_5657
天狗杉。

Csc_5656
朗澄律師という僧が、自分の死後鬼になって石山寺の経典などを守ると誓って亡くなったのですが、松の上やこの杉の上に立っている鬼の姿が目撃されたのだそう。

死後経典を守るために鬼になるってすごい覚悟だよね…。

 

石山寺はとにかく広くて、一時間程度では見て回れませんでした。

次行くときは平安文学を勉強してから行かないと、だな…。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ


 

2018年2月18日 (日)

冬の湖国パワースポット巡り旅 石山寺編 その1

こんばんは。

早速ですが、オリンピックが熱いですねー!

ただ、オリンピックに興味のない家族にチャンネル権を奪われているので、小平選手の滑りを動画でまだ見られてないです…。

うぅ、早く見たい!

…ってまだ研修講師の仕事が終わってないのでテレビ見てる場合じゃないんですけど。

最近あんまり体調が良くなくて、集中力が持たないんですよね。

これも年のせい…???

そんな悲しい話はさておき、パワスポ旅石山寺編をどうぞ。

 

旅2日目は大津から車で一日ドライブします。

レンタカーを借りて車に乗ろうとすると、雪がちらほら…。

えー、雪道運転怖いんだけど…。

と思いきや、すぐに雪はやみました。

良かったー!

Csc_5600
最初の目的地は石山寺

源氏物語を始めとして、様々な平安文学に登場するお寺です。

駐車場に停めてから石山寺の入口が分からず、まさかの敷地内で迷子になる私(笑)

やっと門を見つけましたsign01

Csc_5602
東大門の仁王像。

かの有名な鎌倉時代の仏師、運慶・湛慶の作と言われています。

Csc_5603
何というか…すごい迫力です。

肉体美を木彫でこんなに表現するとは。

つい惚れ惚れと見入ってしまいました。

Csc_5605
東大門からすぐのところにある比良明神影向石。

この石の上に座って近江の比良明神という神様が釣りをしていたそうです。

何となく親近感湧きまくりの神様です(笑)

Csc_5606
階段を登り、本堂を目指して歩きます。

ふと見上げると、まだまだ上の方まで建物が建ってるなぁ…sweat02

まぁ、石山寺っていうくらいだもんね。

ちなみにこちらは毘沙門堂です。

Csc_5612
更に登って本堂へ。

Csc_5613
石山寺では解説のパネルが随所に設置してあります。

これを読んでるだけでも結構な勉強になります。

本堂の中で御朱印をいただきました。

Img_20171231_045709
こちらは石山寺の御朱印。

「大伽藍」と書いてあります。

Img_20171231_045720
こちらは御詠歌。

「後のよを 願ふこころは かろくとも 仏のちかひ おもきいし山」

こんな文字をかけるようになりたし…pencil

Img_20171231_045731
「不動明王」という御朱印もいただきました。

神社と比べてお寺の御朱印は肉太で力強い文字で書かれている気がします。

そういうルールでもあるのかしら?

Csc_5614
源氏の間。

かつて紫式部も参篭し、ここで源氏物語を執筆したということで、紫式部の人形が展示してありました。

それで御朱印の印が紫式部なんですねshine

普通に紫式部が出てくるとは、歴史の重み半端ないっす…。

Csc_5618
まだまだ上に行きます。

重要文化財の経蔵。

高床式の校倉造の下には…。

Csc_5620
「安産の腰掛石」なるものがsign01

中を覗いてみると…。

Csc_5621
親切にも座布団まで準備されているではないですかsign03

ということで、ちょっくら失礼いたしますーconfident

Csc_5622
良縁よりも先に安産祈願とは(笑)

しかし、石山寺HPを見てみると、どうも柱を抱くようにして石に腰掛けるのが正解だったみたいです…。

普通に座っちまった(笑)

 

思った以上にかなり広い石山寺。

その2に続きます。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ


 

2018年2月12日 (月)

日本全国御朱印集めの旅 神田明神編

こんにちは。

更新が滞ってましてスミマセン…。
 
6月、7月、9月、10月、1月に引き続き仕事が立て込んでおります(笑)
 
って結構な頻度やないかーい!!
 
今月4回も講師の仕事が入ってまして、連日軽く追い詰められています(笑)
 
講師としてしゃべるのは好きだけど、事前の準備が大変なんです…。 
 
Dsc_0688
琵琶湖旅はちょっとお休みして、節分の日に神田明神に行ってきましたnotes
 
Point_blur_20180203_155609_2
節分だけあって、ものすごい人、人、人…。
 
御朱印が欲しいんだけど、いただけますでしょうか…sweat02
 
Dsc_1788
普段はこんな感じです。
 
Dsc_0691
銭形平次が神田明神下に下宿していたということで、銭形平次の碑があるそうです。
 
そこまで近づけなかったので、代わりに銭形平次の顔出し看板で。
 
何とか人ごみをすり抜けて授与所の方へ。
 
Dsc_0793
見開きで御朱印をいただきましたーshine
 
節分限定なのかな?
 
Dsc_1809
5月にいただいた時の御朱印はコチラ。
 
みこしーカワイイhappy01
 
Dsc_0692
外に出ると豆まきが始まっておりましたsign01
 
大歓声の中、空から豆が降ってきますimpact
 
Point_blur_20180203_155700
キャッチしようと必死ですcoldsweats02
 
す、すごい…coldsweats02
 
 
そういえばこの日。
 
リラックマと神田明神がコラボしていて、期間限定でリラックマの顔出し看板が設置してあったのをすっかり忘れてました…down
 
なんてこったー!!!/(^o^)\
 
銭形平次とか撮ってる場合じゃなかったーsweat01
 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ


 

2018年1月28日 (日)

冬の湖国パワースポット巡り旅 長浜編

皆さま、こんにちは。

今、テレ東で放送している「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」という、充電バイクで旅をする番組があるのですが、好きで毎週見ています。

過去に行ったことがある場所が多くて、見ていて「あ!あそこ行った!」っていう場所が多いんですよね。

こういう旅番組を見ていると旅情を掻き立てられて、また旅行に行きたくなります。

あぁ、出かけたいなぁ…←結局ここに行きつく(笑)

早く試験と研修講師の仕事終わらないかなぁ。

という現実逃避は置いといて、それではパワスポ旅長浜編をどうぞー。

 

長浜港で船を降り、長浜の町並みをブラブラします。

Csc_5567
長浜といえば長浜城

長浜城は以前行ったことがあるので、今回は別の場所に行ってみることに。

Csc_5571
長浜城横の豊公園

琵琶湖に映る夕焼けがキレイです。

まだ15時過ぎなのに、すっかり夕暮れの景色sun

Csc_5573
太閤井戸の碑。

逆光で何も見えん(笑)

秀吉が長浜城主だったころに使われていた井戸の跡だそう。

行ったときはちょうど水が引いてたのですが、時間によっては水没している時もあるようです。

Csc_5575 
高台でひっそりと見守る銅像。

長浜で初めて城持ちになった秀吉さん。

長浜に対する思い入れも強かったんじゃないかなぁと思います。

Csc_5578
その秀吉さんは駅前にもいらっしゃいました。

石田三成との出会いの場面を表した像で、その名も「出逢い」です。

Csc_5579
歩いてきたのは豊国神社

こちらも名前が表す通り、秀吉さんにゆかりの神社です。

Csc_5583
秀吉の死後3年後に建てられた神社で、商売繁盛の恵比寿様も祀られております。

Img_20171231_045614
こちらは御朱印。

時間ギリギリに行ったせいだからなのか、結構アクティブな文字です…down

Csc_5589
東に歩いて黒壁スクエア方面へ。

Csc_5590
目的は長浜名物のっぺいうどん

片栗粉で固めた、とろみのある汁が特徴のうどんです。

老舗の茂美志やへ。

Csc_5593
近江牛が食べたかったので、近江牛しゃぶのっぺいうどんを注文。

他にしいたけ、ネギ、生姜が乗っています。

Dsc_0275
汁を掘っていくと赤身の肉が現れました!

汁が固めてあるので、いつまでも熱が逃げませんsign03

上の方の汁はプルプルだもん。

麺は結構柔らかめかな。

身体が温まりましたspa

Csc_5595
海洋堂フィギュアミュージアム

あれ、前に来た時と場所が違う…?

と思ってたら、くしくもこの日、移転して営業再開したのだとかsweat01

Csc_5599
黒壁ガラス館

素敵なガラス製品がたくさんありますshine

短い時間で長浜観光を楽しみました。

Dsc_0278
この日は大津で一泊。

大好きな近江ちゃんぽんをいただきましたーnoodle

長崎ちゃんぽんと違って、昆布出汁であっさりしています。

スープは澄んでいるのですが、味はしっかりしていて美味しいのです。

野菜大盛り煮卵トッピングという贅沢なオーダー。

写真見てたら食べたくなってきた…sad 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ


 

2018年1月21日 (日)

冬の湖国パワースポット巡り旅 竹生島編 その2

こんにちは。
 
先週、「試験と会議が終わったー」って言ったばかりなのに、もう次の試験勉強と研修準備を始めないといけないナユタです…。
 
この間試験終わったばっかなのに…。
 
たまに「いつも勉強してて偉いね」って褒められることがあるけど、好きで勉強している訳ではないんす。
 
必要に迫られてしているだけなんす。
 
まぁ、前回は勉強を始めるのが遅かったせいで追い詰められたので、今回はちゃんと頑張ります(多分)
 
それではパワスポ旅竹生島編の続きをどうぞ!
 
Csc_5520_2
三重塔を見学後、階段を降りて国宝の唐門へ。
 
唐門は、豊臣秀吉が建てた頃の大坂城の唯一の遺構を移築したものなのだそうです。
 
しかし…。
 
Csc_5524
唐門は平成31年まで工事の予定down
 
恒例の工事現場見学に(笑)
 
Csc_5523
と言いつつも、修復の過程が見られるので、これはこれで楽しいかも。
 
こちらは観音堂の修復の様子。
 
Csc_5526
修復前の天井が…。
 
Csc_5525
修復後は色鮮やかによみがえっていますsign03
 
元はこんな感じだったんですね。
 
Csc_5532
観音堂と都久夫須麻神社を繋ぐ舟廊下
 
秀吉の御座船「日本丸」を利用して建てられたことからこの名が付いたのだそう。
 
確かに天井が舟底みたいになっています。
 
Csc_5554
ちなみに舟廊下の外側は舞台造という形になっています。
 
Csc_5539
廊下を渡った先にある都久夫須麻神社
 
こちらは豊臣秀頼が伏見城から移築したのだそう。
 
豊臣家と縁が深いのは、秀吉がかつて長浜城主だったからなのか、それとも淀殿が浅井家の血を引いているからなのでしょうか…。
 
Csc_5540
境内横のお社にいらした弁天様。
 
彩色がキレイです。
 
Dsc_0249
弁天様の近くにあった小判お守り(200円)
 
最近、宝くじが当たらないと嘆いている母へのお土産にしましたdollar
 
Csc_5546
弁天様のお隣の白巳大神。
 
御祭神の白蛇と「金寶富貴」の言葉が示す通り、金運・財運の神様です。
 
Csc_5549
こちらの蛇は「阿吽の龍」を表しているのだとか。
 
これはお金が溜まりそう…moneybag
 
念入りにお参りしますshine
 
Csc_5545
いよいよ八大龍王拝所でかわらけ投げを行いますsign03
 
Csc_5552
入口で渡されたかわらけは2枚で一組。
 
1枚目に名前、2枚目に願い事を書き、鳥居に向かって1枚ずつ投げます。
 
鳥居をくぐれば願いが叶うそうなheart04
 
私が書いたお願いは以前の日記で書いた通りnotes
 
Csc_5551
いざ、かわらけ投げdash
 
1枚目。
 
名前を書いたかわらけは手前で落下down
 
2枚目。
 
願い事を書いたかわらけは手前で落下downdown
 
しかも割れるという…impact
 
何でやねーんsign03
 
Csc_5559
こちらもパワースポットとして有名な黒龍大神、黒龍姫大神のお社。
 
パワースポットだと知らず、スルーしてしまったのが悔やまれますsweat01
 
上陸時間は80分でしたが、島を一周するのにちょうど良い時間でしたhappy01
 
 
船に乗り、再び長浜に戻ります。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ


 

«冬の湖国パワースポット巡り旅 竹生島編 その1