2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Sponsored

  • Sponsored

PR

現在の訪問者

記事Pick Up

にほんブログ村

  • 投票お願いします♪

ブログランキング

Sponsored Link

Holiday参加中♪

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月の記事

2016年6月26日 (日)

癒しの青森一人旅 弘前市内編

皆様、どうもこんばんは。

旅から戻り、日常生活に戻ったナユタです。

今回は雨の予報を覆し、誕生日である最終日は見事に晴れましたsun

やっぱり日頃の行いが良いからかしら???

それにしても、帰ってきたそばから旅に出たいなぁbullettrain

かなり疲れましたが、心はかなりリフレッシュされました!!

そしてまた仕事漬け&飲み会漬けの日々がやってくるのね…down

それでは青森旅弘前編をどうぞー。

 

岩木山神社からバスに乗り、再び弘前市内へ。

市役所前バス停で下車。

076
弘前のスターバックス

建物はまさかの重要文化財という…。

さすがにこれには驚きましたsign03

078
まずは藤田記念庭園へ。

実業家であった藤田謙一氏が1919年に造った庭園です。

079
入口を入ってすぐのところに建っている洋館。

現在は喫茶室があり、アップルパイの看板が出てました。

食べてみたかったなぁapple

080
高台部は岩木山を借景とした庭園となっております。

これは良い眺めぞshine

081
水琴窟。

涼しげな音が癒されます。

084
石段を下っていくと、池泉回遊式の日本庭園が現れます。

088
素敵な橋を発見sign03

横に目を向けると…。

089
滝が流れておりました。

自宅の庭に滝を造るなんて贅沢ですなぁbearing

元々寄るつもりではなかったのですが、来て良かったと思いますconfident

092
次に訪れたのは旧弘前市立図書館

弘前にはいくつも洋館がありますが、弘前の洋館と聞いて真っ先にイメージされるのはここだと思います。

ここも絶対行ってみたいと思ってたんだよねdash

中に入ってみると…。

094
当時の図書館の様子が再現されています。

096
当時の蔵書まで残っているのはすごいなぁ…。

098
旧弘前市立図書館の奥にはミニチュア建造物群があります。

099
東武ワールドスクウェア的な感じでしょうか?

全部で14棟が展示されており、現存する建物も5棟展示してあります。

102
建物が俯瞰で見られるのが良いですねぇshine

市役所近辺のエリアは見どころが集まっているので、観光にはうってつけだと思います。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ


 

2016年6月18日 (土)

癒しの青森一人旅 岩木山神社編

皆様、どうもこんばんは。

今日から旅に出ております。

今回、全く旅の予定を立てる暇がなかったため、前日に徹夜で予定を立てることになってしまいました…。

物事は計画的に進めなければいけませんな。

いやぁ、眠い眠い。

何で仕事でもないのにこんなに頑張っているのか、自分でも謎ですが…。

それでは、青森旅の続きをどうぞ!

 

5月30日(日)晴れ。

この日は朝から弘前へ向かいます。

在来線に乗り遅れ、またしても「リゾートしらかみ」に乗車。

弘前からバスに乗り、岩木山神社へ。

055
鳥居の奥に御神体の岩木山が収まっています。
 
何という清々しい雰囲気でしょうshine
 
056
鳥居をくぐり、橋を渡ります。
 
058
立派な楼門が見えてきました。
 
階段を登っていくと…。
 
059
そこには逆立ちした狛犬の姿がsign03
 
何で逆さまやねんcoldsweats02
 
060
お隣を見てみると、こちらは柱にぶら下がっています。
 
何とやんちゃな狛犬さんたちなんでしょうflair
 
061
中門をくぐり、拝殿へ。
 
建物の多くが国の重要文化財に指定されています。
 
062
中門の裏を見てみると、そこには色とりどりの彫刻が。
 
色彩豊かな彫刻から、奥日光との別名があるそうです。
 
067
天井を見てみると龍の絵も。
 
065
拝殿でご参拝。
 
やっぱりここは縁結び祈願ですheart02
 
069
参拝を終えて、手水舎へ。
 
これはこれはパワースポットの匂いがいたしますconfident
 
071
手水の水をすくうのには、この大ぶりの柄杓を使う模様。
 
ためしに手水の作法で手を洗ったところ、柄杓を如意棒みたいに振り回すことになりました(笑)
 
072
とっても冷たくて清らかなお水ですaquarius
 
073
それにしても居心地の良い場所だなぁsun
 
074
せっかくなので、絵馬を奉納いたしますloveletter
 
岩木山がデザインされた絵馬に縁結び祈願をしたためましたhappy01
 
1464591723656
境内の外で、おばあちゃんがアイスを売っていたので買ってみました。
 
とんでもなくてんこ盛りに盛ってくれて、これで150円って安くね??
 
お味は爽やかなリンゴapple味。
 
しかし、撮影をしている間にシャーベットが溶けだすことに…sweat02
 
バスが来るまでの間、慌ててシャーベットを頬張ったのでしたcoldsweats02
 
 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ


 

2016年6月11日 (土)

癒しの青森一人旅 五所川原編

皆様、どうもこんばんは。

暑さと疲れで今日は一日中爆睡していたナユタです。

いやぁ、今週も疲れた…。

そして、また来週から旅に出ますsign03

早く旅の予定を立てなくちゃ…shine

今から楽しみでゴザイマスheart04

それでは、青森旅の続きをどうぞ!

 

木造駅から青森方面へ一駅戻って五所川原へ。

026
五所川原といえば立佞武多(たちねぷた)が有名。
 
駅のホームに立佞武多の頭が展示してあったのですが、角度が悪くてヤンキーが睨みきかせてるみたいになってしまいました…sweat01
 
052
ストーブ列車で有名な津軽鉄道の出発駅、津軽五所川原駅も隣接しています。
 
027
まずは歩いて「みのや」さんへ。
 
五所川原名物「揚げたい焼き」
 
のぼりにしっかりと「あげたいの店」と書いてあります。
 
元々は、売れ残ったたい焼きを揚げてみたらおいしくて、そこから名物になったらしいです。
 
しかし、私が知ったきっかけは「桃鉄」だったりします。
 
五所川原のあげたい屋、桃鉄では買い物件なんですnotes
 
多分、桃鉄であげたいを知った人もかなりいるのではないかと。
 
お店に入って注文を告げると、その場でたい焼きを揚げてくれました。
 
しかも、16時を過ぎると全品90円という投げ売り価格sign03
 
何と商売気のないお店なんだ…coldsweats01
 
1464532348474
今回はノーマルのあんこをチョイス。
 
食べてみると外はサクサク中しっとりですごく美味しい~fish
 
全品90円だったら他の味も試せば良かったなぁheart04
 
と思いつつ、1つで結構満腹になりました。
 
 
次は、みのやさんから歩いてすぐの「立佞武多の館」へ。
 
入口を入ってすぐ、エレベーターで4階へ。
 
042
そこには勇壮な姿の立佞武多達がsign03
 
その高さ、およそ22メートルcoldsweats02
 
何という迫力sign03
 
043
力強い中にも美しい立姿です。
 
044
ここには直近に製作された3体の立佞武多が展示してあります。
 
青森のねぶたは横に幅広いのが特徴ですが、五所川原の立佞武多は高さがあるのが特徴です。
 
大正になって市街に電柱が張り巡らされ、立佞武多の運行が難しくなったことにより、立佞武多自体が消滅。
 
しかし、民家から昔の立佞武多の設計図が出てきたことをきっかけに、1996年に80年ぶりに立佞武多が復活。
 
1998年からは毎年立佞武多が夏祭りで運行されるようになりました。
 
復活したの、意外と最近なんですね…。
 
037
立佞武多の裏に描かれている見返り美人。
 
弁天様でしょうか、艶やかなお姿です。
 
045
夏祭りの時は、ここ立佞武多の館から立佞武多が運行されるのだそうです。
 
手前の橋が跳ね上がり、壁が開くのだとか。
 
046
「立佞武多が出陣します」って何かカッコイイhappy01
 
047
可愛らしい姿の金魚ねぷた。
 
048
立佞武多の衣装。
 
049
そして鳴り物。
 
いやぁ、立佞武多見てみたいsign01
 
むしろ参加したいsign03
 
いやぁ、東北の夏は暑いsun
 
1464532358255
この日は青森市内で一泊。
 
有名店「味の札幌 大西」へ。 
 
青森なのに味の札幌???
 
ここの名物は「味噌カレー牛乳ラーメン」
 
味噌にカレーに牛乳のラーメンsign02と思われる方も多いでしょうが、意外とこれがいけるのですよ。
 
前に青森に来た時はカップラーメンで食べたのですが、今回は本物をいただきますnoodle
 
1464532368567
待つこと10分ほど。
 
お待ちかねのブツが到着。
 
ベースは基本的に味噌ラーメンですが、カレーのスパイシーさと牛乳のまろやかさが程よくマッチしています。
 
そしてバターが溶けて、コクがプラスされます。
 
太麺のせいか、かなりのボリューム。
 
ミスマッチにみえてマッチしているという、不思議なグルメでございましたrestaurant
 
 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ

2016年6月 5日 (日)

癒しの青森一人旅 青森市内編

どうもこんにちは。

絶賛疲労困憊中のナユタでゴザイマス。

新システム研修が大詰めを迎えており、月曜からの一週間、全支店で行われる研修に立ち会うことになりまして。

まぁ、大変なのを承知で自分から志願したので文句は言えませんが。

…全部出るって言わなきゃよかったよ…。

サポート役とはいえ、3時間×7回の研修に一週間で参加するというのは厳しいなぁ…。

とりあえず、ぶっ倒れないことを目標に頑張ります。

なんてグチをこぼしつつ、会津旅の途中ですが先日行ってきた青森旅の様子をお伝えしたいと思います。

 

5月29日(日)晴れ。

月曜に休みをもらっていたので、土曜からの2泊3日の旅を予定していたのですが、あまりの疲労っぷりに土曜日はダウン。

そもそも予定すら立てていない状態だったため、土曜日に予定を立て、日曜から旅に出たのでした。

002 

新青森駅。

新青森から青森への在来線が少ないので、ここからバスで青森駅へ向かいます。

まずは腹ごしらえ、ということで向かった先は…。

004
青森駅から塗布10分弱の「青森魚菜センター」です。
 
青森といえば「のっけ丼」good
 
サンドウィッチマンが出ていた北海道新幹線開業のCMを見て、行ってみたいと思ったんだよね~shine
 
003
まずは案内所で10枚綴り、1080円分の食事券を購入。
 
ご飯を食事券1枚と交換し、それから食べたい具材をのっけてもらうだけ。
 
決して広くない市場の中に、所狭しと色々な具材が売られています。
 
これは目移りするわぁ。
 
今回、私がのっけたのは…。
 
1464532198736
トロ、まぐろ中おち、サーモン、カンパチ、玉子焼き、ホタテというチョイス。
 
1464532230530
ホタテが肉厚すぎるやろーsign03
 
そして甘いsign03
 
1464532244512
青森に来たらマグロは食べないとねrestaurant 
 
脂がのっておりますheart04
 
1464532208536
手前は前沢牛
 
注文したら目の前で焼いてくれましたhappy01
 
柔らかくて脂が口の中で溶けるーsign03
 
そして奥は「イガメンチ」
 
イカをたたいたものと玉ねぎを合わせて油で揚げたもので、ほんのり甘くてサクサクした食感がこれまた美味です。
 
これで1250円也moneybag
 
食事券が足りなくなった分は現金で購入いたしました。
 
あぁ、今見てもお腹が空いてくるわぁshine
 
これは大満足bleah
 
009
すっかり重くなったお腹をさすり、青森駅で乗車したのは「リゾートしらかみ」です。
 
さすが、窓が大きいです。
 
011
記念乗車スタンプ。
 
012
川部駅からは語り部による津軽弁の昔話が聞けます。
 
地元の言葉で聞く昔話は味わい深いですよねwink
 
まだまだ乗っていたいという思いにかられつつ、木造駅で下車。
 
013 
私が木造駅で見たかったもの、それは…。
 
024
亀ヶ岡遺跡で発掘された遮光式土偶がドーンといらっしゃる、この駅舎です。
 
こちらの土偶、通称「しゃこちゃん」は高さおよそ17メートル、なかなかパンチが効いています。
 
017
駅近くの公園も竪穴式住居風です。
 
020
しゃこちゃん、出来た当初は列車が到着すると目が光っていたそうです…sweat02
 
それ、結構なミステリーな気がdown
 
遠くにいてもめっちゃ目立つわeye
 
しゃこちゃんに見送られながら、一つ駅を戻って五所川原に向かいます。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ


 

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »