2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

Sponsored

  • Sponsored

PR

現在の訪問者

記事Pick Up

にほんブログ村

  • 投票お願いします♪

ブログランキング

Sponsored Link

Holiday参加中♪

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月の記事

2017年1月29日 (日)

旅の空

旅の空

旅の空

旅の空

只今、傷心旅行中(笑)

傷心したから旅に出たのではなく、たまたま旅に出る前日に傷心したのですが。

久々にホテルで泥酔してやったぜ!


忍の里で忍べていない忍たち。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ






2017年1月22日 (日)

秋の出雲ご縁探しの旅 八重垣神社編

皆さま、どうもおはようございます。

ここのところ、接待飲み会が多発してヘロヘロのナユタです。

今週に至っては木曜意外全部飲み会という…。

あまりに飲み会続きなので、自虐的に「私パリピだからー」とか言ってみたりしています(笑)

こんな土日引きこもってるパリピなんてこの世に存在する訳もないのですが。

 

それでは出雲旅八重垣神社編をどうぞ!

 

3日目。

この日も前日に引き続き、車で松江近郊の神社に神頼みを行います。

437
最初に訪れたのは八重垣神社。

八重垣神社と言えば縁結びで超有名な神社です。

スサノオノミコトがヤマタノオロチを退治する時に八重垣を造り稲田姫を匿い、退治後にここで稲田姫と結婚した際に新居を構えた場所とされています。

421
まずは全力で縁結び祈願。

それから、鏡の池で恋占いをするための用紙をいただきます。

Dsc_0560
それがコチラ。

真ん中にスサノオノミコトと稲田姫のお名前があります。

1枚100円なのになぜか200円を渡して2枚いただいてしまいましたsweat02

ちょっと勇み足ですなdash

Dsc_0561
それでは、境内を抜けて鏡の池へ。

424
稲田姫が匿われていたという佐久佐女の森を歩いていった先に鏡の池があります。

…なぜか鏡の池の全景を撮り忘れておりましたdown

430
この鏡の池で、稲田姫は姿を映していたという伝説があります。

425
水面は占い用紙でちょっと濁っておりますが、昔はキレイだったのでしょう…。

426
では、ここで先ほどの占い用紙の登場です。

まずは占い用紙だけを池に浮かべ、それから100円か10円を用紙の真ん中に置きます。

そして、用紙の沈む時間と、自分のいる場所からの距離で良縁占いを行います。

15分以内に沈むと早いうちに良縁に恵まれ、30分以上かかるとご縁が遠いそうです。

また、近くで沈めば身近な人、遠くで沈めば遠方の人とご縁があるとのこと。

それでは、私もいざ出陣っsign03

428
占い用紙に文字が浮かび上がってきました。

「金運にめぐまれる縁 南と東 吉」

ほほぅ、金運となdollar

そこで、とっておきのピカピカの100円玉を静かに置きますheart04

どれくらいで沈むかな…?

1時間とかだったらちょっと切ないんだけど…。

などと思っておりましたら、何とsign03

Dsc_0563
約5分ほどで沈んでいきましたcoldsweats02

しかも私の足もとで…shoe

ふ、不正なんてしてないんだからねっsign03

これは早々に結婚確定かー???

心の中で地味に喜びながら、最後まで沈む様を見届けておりました。

433
そして、最近恒例の絵馬の奉納。

稲田姫とヤマタノオロチのデザインです。

422
夫婦椿。

423
2本の椿が途中で1本になっていることから、夫婦和合の象徴と言われております。

しかも不思議な事に、枯れてもまた同じ場所に生えてくるのだそうですsign03

436
夫婦椿は全部で3ヶ所あります。

夫婦椿自体珍しいはずなのに、それが敷地内に3本も生えているなんて、神秘的ですなぁ…。

 

占いの結果に満足し、次なる良縁スポットへ。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ




2017年1月15日 (日)

秋の出雲ご縁探しの旅 出雲市近郊編

皆さま、どうもこんばんは。

講師の仕事も無事に終わった安堵感からか、今日起きたのがまさかの14時半だったナユタです…。

日曜日…半日終わってるやん…。

先週は講師の仕事以外にも接待飲み会もあってかなりお疲れだったのですが、それにしても14時半はないよね。

最近、土日に予定がないととんでもなく長い時間寝てしまうのです…。

誰かロングスリーパーを脱却する方法を教えて下さい。

それでは、出雲旅の続きをどうぞ。

 

それは、日御碕灯台を出て車を南に走らせている時でした。

突然スマホとラジオから緊急地震速報の音が。

え、地震…?

どうしよう…。

大きな揺れを感じたら止まろうと思いつつ、ひとまず車を走らせました。

 

実はこの日、隣の鳥取で大地震が起こったのでした。

ラジオは鳥取の被害状況を伝える内容に切り替わり、緊迫したものになっていきました。

目的地の長浜神社で車を止め、しばらく様子をうかがっていましたが、特に余震はなさそうだったので参拝をすることに。

395_2
神社特有の長階段です…。

横に杖が備えてある時点で、覚悟を決めて登りました。

今日は階段の日だなぁshock

398
以前の日記にも書いたハイセンスな張り紙。

こういうとんちを効かせたコメントを書けるようになりたいものです。

399_2
こちらが御本殿。

出雲国風土記には、出雲の国が小さいので、余った土地に綱をかけて引っ張ったという出雲の国引きについての記述があります。

長浜神社ではその国引きを行った「八束水臣津野命(やつかみずおみつぬのみこと)」をおまつりしています。

建物は大社造と呼ばれる、山陰地方に多い建物となっています。

400_2
境内にあった「巌藻かけ」

海で身体を清めた証に海藻を取り、その海藻をお供えしたのだそうです。

その海藻を「いづも」と呼び、出雲の語源になったのだとか。

401_2
「いずも」をかける「いづもかけ」が出雲の「出」になっているsign03

403_2
写詞(うつしことば)なるものを拝殿で見つけました。

お寺の写経と同じように、出雲国風土記の文章を一文字ずつ書き写していくものだそうです。

せっかくなので私もやってみたいと思いますsign03

404_2
八束水臣津野命の絵が描いてある奉納木の裏に文字を書きます。

こういうのを書くのって初めてだなぁ。

405
国引き神事に由来する、綱に願い事を書く「願い綱」

他の神社ではないような興味深いものがたくさんある神社でした。

409
次に向かったのは「万九千神社」

出雲に集まった八百万の神様が最後に集まって、宴を開く神社です。

同じ敷地内に「立虫神社」も建っています。

410
既に遅い時間だったのですが、お参りをすることに。

スサノオノミコトの子どもたちをおまつりしています。

411
出雲にフライングでお泊りしている神様はいらっしゃいませんかー?

…さすがにまだいらっしゃらないですねcoldsweats01

412
神様たちが酒盛りしている様子。

ここで直会(なおらい)と呼ばれる神宴を開いた後、神様は諸国に帰られるのだそうです。

415
最後に向かったのは、出雲からはちょっと遠い「宇美神社」

もう既に日没を迎えております…。

道に迷いまくって時間がかかっちゃったdown

418
ご祭神の事解男命(ことさかのおのみこと)は、イザナギノミコト、イザナギノミコトが黄泉平坂で別れる時に生まれた神様で、悪縁を切って新しい関係を築くという御利益があるそうです。

縁切りならばお参りせねばsign03

同じ敷地内にはイザナギノミコト、イザナギノミコトをおまつりする「縁結神社」もあり、縁切り祈願をした後縁結び祈願をしてきました。

 

地震はありましたが、それほど影響を受けずにこの日の旅は終了。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ


 

2017年1月 9日 (月)

秋の出雲ご縁探しの旅 日御碕編

皆さま、どうもこんばんは。

来週、仕事で講師を行うことになっておりまして、いい加減ここらで準備しなきゃなぁと思いながら現実逃避をしているナユタです。

せっかくの三連休なのに…。

くっそー、こういう時に限ってめちゃくちゃYouTube見たくなるんだわdown

あ、明日は仕事ちゃんとするもんsign03(多分)

それでは、現実逃避の旅…じゃなかった出雲旅日御碕編をどうぞー。

 

出雲大社でお参りを済ませた後、車を20分ほど走らせて北西へ。

366
駐車場近くで謎のイカ軍団が襲来sign03

スルメ製作中なんでしょうか…?

356
来たのは日御碕神社。

3年前にも来たことがある場所です。

357
天気が良いと空の青さと朱色が映えるんですけどね…。

残念ながらこの日はあいにくの曇り空cloud

楼門をくぐり、中へ進みます。

359
3年前に来た時も気になっていた「だるまみくじ」

結局今回も引かなかったなぁ…。

364
楼門を入ってすぐ見えてくるのは下の宮「日沈宮」

天照大神が祀られています。

日沈宮と呼ばれる所以は、同じく天照大神を祀る伊勢神宮が「日の本の昼を守る」のに対し日御碕神社が「日の本の夜を守る」との神勅があったからなのだそう。

360
そして右手の小高い場所に建っているのは上の宮「神の宮」

天照大神の弟神であるスサノオノミコトが祀られております。

スサノオノミコトが、手に持った柏葉を投げて止まった場所に住もうと占ったところ、この地に柏葉が落ちたので高台に社が建てられたのだそうです。

362
神の宮から日沈宮を見るとこんな感じ。

天照大神よりも高台に弟のスサノオノミコトが祀られているのは、出雲の国造りをしたのがスサノオノミコトだからではないかと、勝手に想像してみたり。

お社の規模は日沈宮が断然大きいけどね。

 

そんな妄想をしながら、再び車を走らせました。

367
次に向かったのは日御碕灯台。

1903年設置で灯塔の高さは日本一の43.65メートル。

世界灯台100選、国の登録有形文化財に指定されております。

ここも天気が良いと灯台の白さが映えて良いんだけどなぁ…down

369
前回は日本一の高さにビビって登るのをあきらめましたが、今回は意を決してチャレンジsign03

展望台まで163段かぁ…down

370
参観料200円を払い、急こう配の螺旋階段を登ります。

ちなみに登る時は靴を脱ぎます。

371
え?どういう構造…?

とにかく階段が狭いsign03

上の方になるにつれて階段がどんどん狭くなっていきます。

そして、予想してたけどやっぱり階段しんどいsign03

階ごとに踊り場みたいになっているのですが、そこで息を整えながら登って行きました。

372
やっと…150段まで来た…。

あと13段…sweat02

382
やっとのことで163段を登り切りました…wobbly

374
天井を覗くと灯台のライトの部分が見えます。

こんなに近くまで行けちゃうのがスゴイsign03

377
外へ出ると、ものすごい風sign03

入り口で「今日は風が強いから気を付けてくださいね」って言われたのですが、地上にいるよりもはるかに強風に感じました。

380
眼下には雄大な景色。

何だか東尋坊みたいな風景ですなぁ。

381
出雲国風土記にも出てくる経島(ふみじま)も見えます。

日御碕神社の神域で一般人は立ち入り禁止という神秘的な島です。

風にビュンビュン煽られながら、しばらく景色を眺めておりました。

さーて、そろそろ下りますかね。

383
上から階段を見下ろした方が急こう配ぶりがよく分かりますsweat02

ほぼほぼ垂直やん…wobbly

こういうのって登るよりも下りる時の方が怖いよね。

落っこちないように、そろそろと階段を下ります。

登ってくる人たちがゼーゼー言いながら「あとどれくらい?」と聞いてくるので、「あと○○段くらいですよー」と声をかけて下りていきました。

386
出雲大社からそう遠くはないのに、意外と観光客が少なくて穴場の日御碕でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ


 

2017年1月 5日 (木)

秋の出雲ご縁探しの旅 出雲大社編

皆さま、新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い申し上げます。

 

私は年末に年越しライブに参加した以外は家でのんびり過ごしておりました。

のんびり…というより桃鉄をやりながら昼寝してばっかりのお正月でした(笑)

仕事の資料を持って帰ってきたくせに、1ページも開いておりませんdown

 

さて、画像の加工も無事に終わりましたので、出雲旅の続きを書きたいと思います。

いやぁ、300枚以上画像加工するの、本当に面倒だったわ…。

ちなみに新年一発目も古いパソコンで記事を書いておりますpc

そして2回も記事が途中で消えたという…。

一体、いつになったら新しいパソコンを使い始めるんだか。

それではどうぞー。

 

2日目。

この日はレンタカーで出雲を観光いたします。

285
最初に向かったのは旧大社駅。

神社様式と呼ばれる珍しい造りの駅舎で、大正13年に現在の姿に改築されました。

ちなみに駅舎は国の重要文化財に指定されています。

出雲大社には何度も来ているのですが、大社駅は今まで来た事がなかったんですよねー。

すごく趣のある建物です。

299
平成2年の大社線の廃止に伴って大社駅も廃止となりました。

26年以上前に廃止になったとは思えないくらい、今でも使えそうな雰囲気です。

291
やっぱりねぇ、廃線になった駅って、どこへ行っても物悲しさを感じます。

これだけ保存状態が良いと、まだ十分使えそうなのになぁ…。

 

さて、次は旅のメインである出雲大社へ。

歩行者が多い道路を走るので、ペーパードライバーはヒヤヒヤしながら車を走らせましたcar

302
出雲大社。

3年前の式年遷宮の時に比べれば、観光客は少なそうです。

松並木を通って御本殿へ。

309
途中右手にある「ムスビの御神像」

右側の大国主命が、左側の「みたま」を呼び寄せて神様になるところを表しているのだそう。

早速、大国主命の真似をして両手を高く上げますsign03

3年前に来た時は多少の恥じらいを感じておりましたが、今はもうそんな感情はどこかに置き忘れてきました(笑)

310
「ムスビの御神像」の左手には「御慈愛の御神像」があります。

これは因幡の白兎をモチーフにした像で、傷ついた兎を助けようとする大国主命を表しております。

314
そしていよいよ御本殿で参拝いたします。

願うはもちろん「縁結び」

そのために10月に出雲に来たんじゃーsign03

と言いつつ、神様サミットの行われる旧暦の10月10日から17日って今の暦で11月なんだよね…sweat02

まぁ多分、中には前乗りしてる神様もいらっしゃることでしょうcoldsweats01

参拝を終えて、東側からぐるっと一周します。

317
神様サミット開催時は日本中の神様がお泊りになる「十九社」

前乗りしている神様、何卒何卒…sign01

321
御本殿の後ろにある「素鵞社」

大国主命の妻の父、スサノオノミコトをおまつりしています。

真後ろに義父が鎮座しているというのも、なかなか緊張感がありますなぁ…。

Dsc_0513
ふと御本殿の方を見てみると、たくさんの愛らしい兎の像がhappy02

…前からあったのかなぁ?

今まで気付かなかったわ。

326
お次は彰古館へ。

ここも今まで一度も入ったことがない場所です。

バスの時間を気にしないで見学できるのは車の利点ですね。

332
中には大小さまざまな大黒様がcoldsweats02

これは縁起が良さそうです。

348
そして神楽殿へ。

347
やっぱり大注連縄を見ないと出雲大社に来た意味がないよねshine

350
そして最後に、縁結びの願いを込めて絵馬を奉納。

何卒何卒…sign03

 

参拝を終えて、参道をブラブラ。

縁結びのお箸を見たりと堪能いたしました。

352
出雲と言えば有名なのが「ぜんざい」

ぜんざいは出雲が発祥ということで、おしるこが苦手な私もせっかくなのでぜんざいをいただくことに。

甘さが控えめだし、お漬物も付いてきているので食べやすーいcatface

これくらいの甘さならおしるこも食べられるかも…。

と言いつつ、この日は結局ぜんざいしかお昼は食べられなかったんだけどねdown

前回の北海道と比べると、全く今回は食い倒れておりませんなぁwobbly

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ


 

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »