2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

Sponsored

  • Sponsored

PR

現在の訪問者

記事Pick Up

にほんブログ村

  • 投票お願いします♪

ブログランキング

Sponsored Link

Holiday参加中♪

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月の記事

2017年2月26日 (日)

体調不良

皆さま、どうもおはようございます。

勢いだけで旅に出たものの、風邪引いちゃいました…。

久々にやっちまった…。

一昨日、寒空の中歩き回ってたからかなぁ。

それとも昨日1日運転して疲れが出ちゃったからかなぁ。

今日は観光やめて、おとなしく家に帰るかなぁ(と言いつつ観光プラン計画中)



シュールワールドに行ってきました。

ここに行きたくて旅に出たのです。


にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ






2017年2月19日 (日)

秋の出雲ご縁探しの旅 熊野大社編

皆さま、どうもこんばんは。

昨日、職場の人たちと日帰り旅行に行ってきました!

何かもう、行くまで色々と揉めに揉めて大変だったのですが、最後は楽しく終われたので良かったと思います。

やっぱり、旅行は仲良しの人たちと行くのが良いですよね…。

普段は一人旅がほとんどですが、誰か他の人がいる旅もたまには面白いものだと思いました。

それでは、出雲旅の続きをどうぞー。

464
玉造湯神社から東へ車を走らせ、熊野大社へ。

ここで気になるものを発見sign01

465
それは…ハートの石垣heart02

たまたま参拝客の方が見つけ、それから縁結びスポットとして話題になっているのだとか。

意外と分かりやすい場所にあるので、皆さまお立ち寄りの際は探してみてくださいshine

471
創建は神代で、当時は出雲大社と並んで格式の高い大社だったのだとか。

拝殿でお参りをしていると、地元の方に話しかけられました。

「熊野大社には上の宮もあるんだけど、そっちもお参りした方が良いよ。歩いて行けるから、おじさんが案内してあげるよ」

というありがたい申し出をいただいたので、急きょ「上の宮」にも行くことに。

473
神社の横を流れる小川沿いに歩いていきます。

およそ500mほど先とのこと。

477
そこにはお社跡を示す石碑が並んでおりました。

昔はどんな感じだったんだろうなぁ。

478
地元の方に言われるがまま、上の方にも登ってみることに。

足元が濡れて滑りやすいので、歩くときには注意が必要ですimpact

481
そこには水のたまった手水鉢のようなものが。

上からは水がぽたぽたと滴っております。

何だろう、これ…。

480
この水は明見水といって、目を洗うと眼病が治ったり、母乳の出が良くなったりするのだそうです。

飲んでも大丈夫なの…?と思いましたが、さすがにやめておきましたsweat02

 

この後、地元の方にお礼を言い、お勧めされた場所に行ってみることに。

484
お勧めされた場所、それは「神魂(かもす)神社」という場所。

485
厳かな雰囲気を漂わせております。

何だか癒されるなぁ。

487
お約束の長階段を登っていきます。

490
階段を登っていくと、そこには古びたお社がありました。

現存する最古の大社造の社で、社殿は国宝に指定されております。

493
すごく静かで落ち着いた場所でした。

熊野大社で地元の方にお会いしなければ来ることがなかったんだよなぁcatface

これもまた出雲の神様の思し召しなんでしょうか…。

などと思いつつ、この日はまだまだ旅を続けます。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ


 

2017年2月 5日 (日)

秋の出雲ご縁探しの旅 玉造湯神社編

皆さま、どうもこんばんは。

先週はどうも意味深な発言をしてしまい、申し訳ありませんでした…。

個人的に色々あって、まだ気持ちの整理がついていない状況です。

数時間単位で気持ちが揺れ動いていますが、今は全ての感情を否定せずに受け入れていこうと思う次第。

こんな状況ではまだ結論なんて出せないし。

 

でも、今回は本当に良いタイミングで旅に出られて良かったです。

旅の非日常感って、悩みを忘れるためにはすごく良いものだなぁって思いました。

この旅の話題は、出雲旅が終わってから書いていきますよー!

それでは、出雲旅玉造湯神社編をどうぞ!

 

八重垣神社から松江方面に戻って玉造湯神社へ。

奈良時代に開湯されたという、玉造温泉という有名な温泉場にある神社です。

449
神社を挟んだ道路にかかる宮橋

別名「恋叶橋」と呼ばれ、橋と玉造湯神社の鳥居を一緒に写真に収めると恋が叶うといういうことで、この名が付いたようです。

450
ということで、私も撮影camera

まぁまぁ良い感じではなかろうか。

橋に自撮りができるようにカメラ台も備えてあるのですが、さすがにミラーレスを置いて落としたら切ないのでやめました…。

438
それでは、早速神社へ。

まずは社務所で叶い石をいただきます。

初穂料は600円(だったかな?)

Dsc_0566
開けてみると、黒い石と赤の巾着、それに願い札が入っていました。

巾着がカワイイheart02

440
まずは拝殿でお参りします。

以前、ゴールデンウィークの頃に来た時はとんでもない人だかりだったのですが、今回はそれほど人は多くありませんでした。

443
湯姫大明神とゆひめ椿。

やっぱり温泉場だけあって、温泉の神様もいらっしゃいますspa

ちなみに湯姫大明神のご利益は美肌なのだとかshine

445
そして、いよいよクライマックスイベントsign03

願い石と呼ばれる丸い大きな石に、先ほどの叶い石を当て、パワーをいただきますnote

合わせて、普段身に付けている石のブレスレットにもパワーをいただいちゃいましたhappy01

最後に、願い札に願い事を書き、拝殿に備えてある願い札入れに投函します。

願い札は2枚複写なので、一枚は叶い石と一緒に巾着に入れて自分だけのお守りが完成shine

454
参拝後、神社周辺を散策。

面白スポットがたくさんありますconfident

こちらは、温泉の湯をお持ち帰りできる場所です。

500円で空のボトルも販売していますup

お湯に直接触ると結構熱いので注意spa

455
川沿いを歩いていると、勾玉状になっている場所を発見sign03

勾玉の中に青い石があります。

Dsc_0571
こちらは「しあわせ青めのう」

勾玉の原石で、触ると幸せになるというパワースポットですnotes

それでは私も失礼しまっすheart04

456
ここは名前の通り、昔から玉造がさかんだったのだそうです。

なので、橋にも青めのうの勾玉が付いておりますhappy02

457
川の両岸には神話の一場面を表した銅像が多数あります。

ついつい探して見てしまいましたhappy02

462
何か由緒ありそうなお寺も近くにはありました。

湯薬師というそうで、鐘の下の説明文には「海を渡った鐘」と書いてあります。

なぜか隠岐で半鐘の鐘として使われていたのだそう。

それで海を渡った鐘なのねー。

 

お昼を食べ損ね、空腹と闘いながらも次なる目的地へ。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ


 

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »