2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

Sponsored

  • Sponsored

PR

現在の訪問者

記事Pick Up

にほんブログ村

  • 投票お願いします♪

ブログランキング

Sponsored Link

Holiday参加中♪

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

カテゴリー「旅日記 関東・甲信・北陸・東海」の記事

2015年10月 5日 (月)

春の石川歴史と景色堪能旅 鶴来編

皆様、どうもこんばんは。

怒涛の飲み会ラッシュが終わり「あれ、今週1回しか飲み会入ってないけど…?」と飲み会が少ないことに疑問を持つようになってしまったナユタです。

いやぁ、恥ずかしながらこの一か月で嫌になるほど体重が増えました…bomb

だから飲み会って嫌なんだぁ~!!!

 

気が付けばもう10月なのですね。

9月はほとんど更新できず、どうもスミマセンでした。

今月からは頑張ろうと思った次第。

 
「春の~」なんてタイトルの時点でどうかと思いますが、いよいよ石川旅ラストです!
 
951
鶴来駅へ向かう途中、気になる建物があったので寄り道。
 
鶴来別院というお寺へ。
 
952
明治時代に建てられたもので、かなり立派な造りです。
 
954
もう少し歩いて金剱宮へ。
 
「鶴来」という地名の由来はここから来ていて、金運アップに効果があるとのことdollar
 
男坂と女坂と道が分かれていたので、おそらく平坦であろう女坂を登っていくことに。
 
956
不動滝。
 
申し訳程度にチョロチョロと水が流れております。
 
毛虫が多いのでダッシュdash
 
毛虫怖い~!crying
 
960
女坂からは地下通路を通っていきます。
 
これ、夜に行ったらめっちゃ怖そうなんだけど…。
 
966
こちらがご本殿。
 
雪対策なのでしょうか、一面ガラス張りです。
 
予想以上に広い境内をちょっと散策。
 
962
天忍石。
 
子牛が寝そべっているようにも見えるところから牛石とも呼ばれています。
 
964
その近くには源義経が腰掛けたという伝説の残る義経腰掛石もあるのですが、何故か写真を撮るのを失念しておった模様…camera
 
なんということでしょう…。
 
967
天の真名井。
 
大雨の時も干ばつの時も、常に変わらぬ水量を保つという不思議な井戸です。
 
970
恵比寿社。
 
将棋の駒に触れながらお願い事をすると良いらしいですmoneybag
 
どちらをお願いすれば良いか分からないけど、とりあえず商売繁盛をnote
 
良縁に金運と、欲望の限りお願いをしまくって鶴来を後にしたのでした。
 
977
野町駅から近江町市場へ。
 
978
金沢といえば海の幸sign03ということで、海鮮をいただくことに。
 
とは言いつつ、実はそんなに海鮮が得意ではないのですが。
 
979
お昼にいただいたのは「こてつ」というお店のまぐろ山かけ丼(ミニ)
 
たっぷりの中トロ、赤身、ネギトロにとろろ、玉子焼きが乗っていて、ミニでも十分なボリューム。
 
醤油がダシ醤油なんでしょうか、しょっぱくないんですよ。
 
お味噌汁もめちゃめちゃ美味しいし、夢中で食べてしまいましたrestaurant
 
お昼の時間は過ぎてたのですが、カウンターが8席しかないのでしばらく並びましたが、それでも並んだ甲斐がありましたshine
 
うむ、満足じゃkissmark
 
982
新幹線まで時間があったので、駅をブラブラ。
 
ちょうど加賀百万石まつりが近いということもあり、色々展示してありました。
 
こちらは赤母衣衆の甲冑
 
985
更に時間が余ったので喫茶店で一休み。
 
最後の最後まで食道楽な旅だったのでした(笑)
 
 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ


 

2015年9月21日 (月)

春の石川歴史と景色堪能旅 白山比咩神社編

皆様、どうもこんばんは。

気が付けばシルバーウィーク真っ只中ですが、皆様いかがお過ごしですか?

私はといえば、週3回ペースの飲み会にやられ、現在胃を痛めております。

接待飲みって食べないでひたすら飲むばかりなので、続くと結構辛いのよね。

そして、明日は休日出勤という…。

はぁ…社会人って大変ですなぁ…。

それでは、またしても間が空いてしまいましたが石川旅をどうぞ~。

 

石川旅最終日、晴れ。

この日は白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)へ行くことに。

全国にある白山神社の総本社で、縁結びの神様として有名です。

896
今回利用したのは「恋のしらやまさんきっぷ」というもの。
 
通称「恋しらきっぷ」は、野町-鶴来間の電車往復と、鶴来-一の宮間の片道バス乗車券、和菓子引換券と辻占と呼ばれるおみくじ引換券、願い事を書く用紙と結ぶ赤い紐付きという、とにかく縁結びに特化したきっぷだったりします。
 
金沢駅からバスで野町駅に行き、そこから電車で鶴来へ。
 
900
2両編成の電車のうち、一つだけハート形の吊り革がありますheart02
 
早速見っけ―note
 
904
鶴来駅からバスに乗り、最寄りの一の宮バス停へ。
 
鳥居をくぐり、階段を登っていきます。
 
906
外は暑いのに、敷地内に入った瞬間から涼しく感じます。
 
何だか清浄な空気で満ちてる感じがするなぁconfident
 
木漏れ日を浴びながら先へ進みます。
 
917
癒し系の禰宜さんがお出迎え。
 
920
こちらが御本殿。
 
早速縁結びを祈願heart04
 
923
恋しらきっぷに付いていた「奉納恋文」に願い事を書き、授与所に持っていくと、舞姫(巫女さん)が恋文とパンフレットに割印を押してくれます
 
こちらが割印をしたパンフレット。
 
恋文を赤い紐で結んで舞姫に渡して終了。
 
すごく素敵な笑顔で受け取っていただきましたheart04
 
これだけ色々やってもらえるなんて、縁結び効果出ちゃうんじゃない???
 
926
参拝終了後、境内にあるハート探し。
 
933
よくよく見ると、色んなものがハート形になっています。
 
パンフレットに載っている絵を参考に、ハートを見つけていきます。
 
940
帰りはバスが3時間先までないので、歩いて鶴来駅まで戻ることに。
 
旧加賀一の宮駅
 
2009年に廃線となった北陸鉄道石川線の駅です。
 
廃線の駅って、いつ見ても物悲しさを感じます…。
 
942
景色を見ながらブラブラ。
 
波切不動明王。
 
944
菊姫酒造。
 
946
無料休憩所。
 
少し休みたかったのですが、なぜかこの日は閉まっていて入れず…。
 
950
醤油屋さん。
 
醤油の香ばしい匂いが辺りに漂っています。
 
2キロ以上の道のりでしたが、風情ある景色を眺めながら楽しく歩いていきました。
 
986
恋しらきっぷに付いていた和菓子引換券で交換したのは、常山生菓子店さんの「プリン大福」
 
長い間持ち歩いたのでちょっと溶けてしまいましたが、お餅がフワフワで柔らかくて美味restaurant
 
お店のご夫婦も優しそうな方達で、また行きたいなぁと思います。
 
987
こちらは辻占引換券で入手した辻占
 
辻占とは、砂糖菓子の中に小さなおみくじが入っていて、3枚のおみくじの文章を並べて占う、というもの。
 
988
辻占の中から出てきたおみくじ。
 
それぞれ「思いがとどく」「うぬぼれがつよい」「あとのたのしみを」と書いてあります。
 
…どういう意味なんでしょう???
 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ


 

2015年8月31日 (月)

春の石川歴史と景色堪能旅 再び金沢編

皆様、どうもこんばんは。

夏休みも終わり、現在社会復帰に向けてリハビリ中のナユタです。

あぁ、帰って来たばっかりだけど旅に出たいよぉ~。

現在、ワンダーラスト遺伝子がうずうずしております。

 

さてさて、しばらく更新をご無沙汰していたせいで、5月の旅をまだ書き綴っている次第。

まだまだ石川旅が続きます~。

それでは再び金沢編、どうぞ!

837
輪島から金沢へ戻り、まだ明るいのでもう少し金沢観光を。
 
前日夜にも訪れた金沢21世紀美術館へ。
 
かの有名な「スイミング・プール」が見たいsign03
 
836
しかし、スイミング・プールのある有料展示ゾーンは展示品の入れ替え中ということで入れず…。
 
無料ゾーンからプールの外観のみ撮影camera
 
838
お次は、ここも前日夜に来た尾山神社
 
夜と昼では雰囲気が違います。
 
神門に設置された避雷針は、実は日本最古のものなのだそう。
 
840
神門の彫刻。
 
透かし彫りが施されています。
 
ステンドグラスに目を奪われがちですが、ここの彫刻も見ものです。
 
843
初代藩主、前田利家像。
 
良い感じの躍動感ですな。
 
サンタさんの袋みたいになっているのは母衣(ほろ)だそうです。
 
844
そして兜の像。
 
兼六園近くにあった利家像もそうなんだけど、何で兜の一部だけ金ピカなんだろうね…sign02
 
845
利家の妻、まつ像。
 
良妻賢母で知られるまつさんですが、旦那さんと比べるとちょっと地味な扱いかも…。
 
848
ハート形に穴が開いた木を発見heart01
 
何だか縁起が良さそうshine
 
851
神門のステンドグラスに夕日が差し込んで、ライトアップとはまた違ったキレイさを見せてくれましたflair
 
856
尾山神社を見学後、少し足を伸ばして西茶屋へ。
 
862
東茶屋よりは小さめですが、それでも茶屋街としての風情を感じます。
 
遅い時間でお店が閉まっていたのが残念down
 
870
妙立寺。
 
別名「忍者寺」と呼ばれるほど、建物内にからくりが多数仕込まれているのだそうです。
 
873
建物内の見学は要予約となっております。
 
予約しておけば良かったなぁ。
 
875
この辺はお寺が数多く立ち並んでいます。
 
寺カフェとなcafe
 
ありがたいお話が聞けるカフェなんでしょうかね???
 
気になったものの、既に閉店時間ということで入れず…sweat02
 
894
夕飯は金沢のご当地グルメとして名高い「ハントンライス」をいただきに、発祥のお店「グリルオーツカ」さんへ。
 
人気店ということで待たされるのかなぁと思っていたのですが、すぐにテーブルに案内されました。
 
注文したのはもちろん、ハントンライスsign03
 
メニューに「ボリュームがあるので女性は小がオススメ」とあったので、小を注文。
 
ちなみにこのハントンライス、ハンはハンガリーのハン、トンはマグロのフランス語から来ているらしいです。
 
893
待つこと20分ほどで、ハントンさんご登場shine
 
オムライスにタルタルソースがかかったような見た目ですが、マグロのフライとエビフライが乗っています。
 
卵が半熟で美味しいrestaurant
 
フライがサクサクだよぉ~sign03
 
小とはいえ、かなりのボリュームです。
 
タルタルソースと一緒に食べると、味が変わってまた新鮮ですdelicious
 
うむ、満腹じゃ。
 
 
ご当地グルメ探しの旅も継続中spa
 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ


 

2015年8月 3日 (月)

春の石川歴史と景色堪能旅 能登編 その2

皆様、どうもこんばんは。

ご無沙汰いたしておりましたー!
 
お久しぶりのナユタでゴザイマス。
 
半期に一度の大仕事が終わり、現在ほっと一息ついているところです。
 
300人近い人の前で話す機会なんて滅多にないことで、貴重な体験をさせていただきましたよ。
 
さすがに終わってからは、しばらく疲れて動けなかったけど…。
 
半期に一度ってことは、次は一月頃かな?(遠い目)
 
 
間が開きすぎて、前回どんな内容を書いていたのかも忘れかけておりますが、石川旅能登編の続きをどうぞ~。
 
799
輪島朝市、千枚田を見学し、昼食後に向かったのは輪島キリコ会館
 
788
能登地方のお祭りで使用されるキリコ(山車)が展示してあります。
 
キリコの上部にはカラクリ人形などの仕掛けが施されており、飛騨のお祭りで見かける山車と似ていますshine
 
こういうのを見る度、昔の人の技術力ってスゴイなぁと驚かされます。
 
791
キリコに書いてある文字一つで大体畳二畳分の大きさ。
 
間近で見ると、結構な迫力ですsign03
 
797
電気が灯ると、明るくて華やかflair
 
本体は総輪島塗ということで、作るために手間も費用もとんでもなくかかるそう。
 
実際のお祭りで見てみたいなぁnotes
 
802
キリコ会館を見学後、再びバスで移動。
 
岸壁の母の像。
 
戦争に行った息子を待つ母の歌で、モデルとなった方がここの出身だったのだそうです。
 
804
全長490メートルの世界一長いベンチ
 
1989年にギネス認定されたものの、現在世界一は別の場所にあるそうです。
 
バスは更に進みますbus
 
819
千里浜なぎさドライブウェイ
 
今回のわじま号のバス旅で、一番行きたかった場所ですheart04
 
今回の石川旅で何度も出ている「水曜どうでしょう」でも、ここを車で走っていましたねdash
 
817
ここは、世界でも珍しい海岸道路となっています。
 
波打ち際ギリギリまで車で走ってる!car rvcar
 
821
バスも普通に走っておりますbus
 
何だこの光景coldsweats02
 
818
この辺の砂浜は砂の粒が非常に細かく揃っていて、砂が水に濡れると力を入れても沈みこまないのです。
 
靴で踏んでも足跡がほとんど付きませんfoot 
 
810
道の駅の近くでは、妖怪ウォッチやドラえもんなどのサンドアートを製作中sandclock
 
823
なかなかのクオリティでございshine
822
こんなサンドアートも。
 
…U・F・O???
 
なにゆえ???
 
809
何でもここ羽咋市は、昔からUFOにまつわる神話が多く、UFOの町として知られているのだそう。
 
ということで、道の駅にあったUFOチャーハン
 
「UFOチャーハン」と言いながら完全にオムライスにしか見えないあたりもスゴイrestaurant
 
1432031136525
本日、二つ目のソフトクリームcafe
 
はまなすのソフトでございます。
 
見た目は鮮やかなピンク色ですが、食べてみるとかなり植物っぽくて衝撃的なお味impact
 
はまなすは食べたことがないけど、何という再現力…tulip
 
そりゃ、写真もピンボケになりますわ(言い訳sweat01
 
 
そんな驚きの後味を残し、わじま号は金沢へ戻ります。
 
うむ、色々と発見のあるバス旅でございましたeye
 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ


 

2015年6月16日 (火)

春の石川歴史と景色堪能旅 能登編 その1

皆様、どうもこんばんは。

今度の出張で使う資料を読もうとフローリングで寝転がったら、ものの数分で寝てしまったナユタでゴザイマス。

おかげで腰が痛くなったわい。

職場じゃ読まないからと持って帰って来た資料なのに、家でも全く先に進めません…。

暑いと集中力が続かないよね(言い訳)

 

そんな無駄話は置いておき、石川旅は能登にやって参りました。

それではどぞー♪

 
二日目、晴れ。
 
この日は観光バス「わじま号」を利用して観光します。
 
一日観光で7500円のコースです。
 
7時50分に金沢駅から出発し、およそ2時間ほどで輪島に到着。
 
753
まずは輪島名物朝市の見学。
 
色とりどりのパラソルをさしたおば様方が我先にと声をかけてきます。
 
朝市と言いながらも、お昼ごろまでやっているので10時過ぎでも十分楽しめました。
 
756
重蔵神社産屋
 
やたらと新しそうな建物に見えるんだけど…。
 
757
建物の真ん中にデーンとそびえる柱と、足元の十二支。
 
自分の干支の上に立ち、柱に手を添えながらぐるっと一周すると願いが叶うのだとか。
 
759
更に朝市の奥へと進んでいきます。
 
760
さすが輪島塗の本場sign03
 
朝市価格ということで、かなりリーズナブルな商品も。
 
762
いかとんびって何?
 
見慣れないものも多数あります。
 
763
うわっsweat01UMAやーsign03
 
空を飛ぶタコ達。
 
766
最近、漆器の朱と黒の組み合わせに落ち着きのある良さを感じるようになってきました。
 
画像を見て、今更欲しくなってきてしまったという(笑)
 
1432031069195
ちょっと一服して「ゆずグルト」を。
 
ヨーグルト風味のソフトの中に、ゆずの粒が入っています。
 
爽やかな酸味で美味shine
 
774
輪島のゆるキャラ「朝いっちゃん」に遭遇sign03
 
永遠の18歳は明るい笑顔を振りまいておられましたshine
 
776
売り子のおばあちゃん達。
 
のんびりされておりますnote
 
こういう風景こそ、朝市っていう感じですよね。
 
777
現在の朝のテレビ小説「まれ」の舞台は輪島、ということで、そこかしこに「まれ」のポスターや関連グッズが販売しておりました。
 
我らが大泉洋ちゃんも、ヒロインの父親としてポスターの上部に映っておられます。
 
まさか「試験に出る石川県・富山県」を撮影した当時、朝ドラに出るなどとは夢にも思っていなかったことでしょう…。
 
1432031086166
試験に出る石川県・富山県にも出てきた「えがら饅頭」
 
黄色く着色されたもち米が付いている、輪島の名物です。
 
栗のイガが訛ってえがらになったのだそうです。
 
もち米のツブツブ感と、こしあんのなめらかさの食感の違いが面白い。
 
美味。
 
783
さて、お次は千枚田でゴザイマス。
 
看板にも書いてある通り、世界農業遺産にも認定されているのだそうです。
 
ここも、試験に出る石川県・富山県で出てきましたね。
 
778
海のすぐそばに田んぼがぎっしりsign03 
 
それでも畝が崩れたりして、昔よりも数は減ってきているそう。
 
全部で2092枚あるそうなのですが、国指定の名勝はそのうちの1004枚らしいです。
 
ここで名セリフ↓
 
「千枚田 本当の数は 二千枚田」 校長
 
「千枚田 売ってる米は 何米だ?」 生徒
 
試験に出る石川県・富山県より
 
786
異様に充実しているご当地ソフト
 
千枚田で作ったお米をポン菓子にして入れてあります。
 
気になったものの、既にソフトを食べていたので今回はパスで。
 
787
先ほど食べたえがらまんじゅうが乗っているえがらまんじゅうソフト。
 
バリエーション多いなぁ…。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ


 

2015年6月 7日 (日)

春の石川歴史と景色堪能旅 夜の金沢編

皆様、どうもこんばんは。

今月から、意を決してペーパードライバー講習に通い始めたナユタです。

初日からブレーキペダルに左足を乗せてしまい、「違いますよ」と冷静に教官に突っ込まれてしまいました…。

いやぁ、14年のブランクは長かった。

果たしてスムーズに乗れるようになるまでどれ位かかるのやら…。

ということで、土日は車に乗る生活スタイルを送ることに。

 

それでは、石川旅夜の金沢編をどうぞ!

 

最近、旅先で夜遊びを覚えた私は、夕飯後に再びお出かけすることに。

702
黄昏時の鼓門
 
金沢では土曜の夜限定でライトアップバスという夜景スポットを回るバスが運行されています。
 
運行時間は19時~21時までですが、10分間隔で運行しているので、途中下車してもすぐに次のバスが来るので安心です。
 
ということで、19時からライトアップバスに乗り込みます。
 
ちなみにライトアップバスは、日中使える一日フリー乗車券では乗ることができないのでご注意をsign03
 
1433656607645
ライトアップバス専用のフリー券。
 
金ピカでちょっと高級そうなカードになっておりますshine
 
ライトアップバス1回の乗車だと300円、フリー券は500円なのでこちらの利用がオススメです。
 
703
まずは「橋場」というバス停で下車。
 
ここでは「まいどさん」という地元の観光ガイドさんが、ひがし茶屋街まで案内しながら連れて行ってくれます。
 
704
金沢ライトアップバスの取材風景tv
 
6月6日放送のスマステーションで金沢ライトアップバスが取り上げられていましたが、実はその時、取材しているスタッフさんと同じバスに乗っておりましたbus
 
結構急いで撮影しているなぁと思っていましたが、OAを見たら2時間で16ヶ所のライトアップスポットを全部巡るという企画だったのですねdash
 
こんな感じで取材してるんだなぁ、と思いながら撮影風景を眺めておりました。
 
705
見るからに素敵な佇まいのお店ですshine
 
ライトアップに協力しているのか、この付近のお店は店内の明かりが付いているところが多かったですflair
 
707
だんだん茶屋街らしい風景になってきました。
 
710
黒壁の渋い建物。
 
714
夜の茶屋街をそぞろ歩き。
 
狭い道ですが、意外と車の通りが多いです。
 
717
木虫籠(きむすこ)と呼ばれる格子が連なる街並み。
 
夜は夜で風情がありますなぁjapanesetea
 
726
梅の橋。 
 
泉鏡花の小説に出てきたこの橋は、映画「舞妓Haaan!!!」のロケにも使われたのだそう。
 
730
橋場からバスに乗り、次の兼六園下・金沢城バス停へ。
 
お昼にも訪問した金沢城公園に再訪
 
733
当たり前ですが、昼と夜では全く違って見えます。
 
白い壁が光を反射して、ボウっと浮き上がってキレイです。
 
そして、お昼に行き忘れた玉泉院丸庭園へ。
 
今年の3月に、往時の姿に復元された大名庭園です。
 
737
何、この幻想的な景色sign03
 
内蔵式のフラッシュなので暗い写真になってしまいましたが、本物はもっと華やかにライトアップされているのですよ。
 
水面に映る景色まで計算に入れてライトアップされているのが分かります。
 
昼の景色と見比べてみたかったなぁ。
 
739
そのまま歩いて金沢21世紀美術館へ。
 
近未来感全開のフォルムでお出迎え。
 
高い位置から見たら、もっとキレイだったと思うんですけどね…。
 
742
建物内から撮影。
 
中には22時まで入ることができます。
 
ゆっくりしたいけど、バスの時間がないので急ぎますrun
 
744
6月5日から6月7日まで行われていた百万石まつりの提灯flair
 
…って今日までやんsign03
 
しいのき迎賓館の近くで撮影。
 
746
最後に訪れたのは尾山神社
 
前田利家、まつ夫妻を祀っている神社です。
 
入口の神門には5色のガラスがはめこまれており、教会のステンドグラスのような珍しい造りになっています。
 
神門は1875年(明治8年)に完成したとのことで、それで和洋中入り混じった形になったのかもしれません。
 
いやぁ、キレイだ…shine
 
748
ゴールの鼓門。
 
夜も更けてきてからの方がライトアップは映えますなぁconfident
 
終バスギリギリまで観光して、一日目は終了。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ


 

2015年6月 3日 (水)

春の石川歴史と景色堪能旅 兼六園編

皆様、どうもこんばんは。

まだまだ風邪の抜けませんナユタです。

薬がどうも強いのか、飲んだ後に強烈な睡魔にやられてしまい、毎食後ぶっ倒れております。

もう、そんなに症状もないし、飲むのやめようかなぁ…。

そんなどうでも良い悩みとともに、石川旅兼六園編をどうぞ!

 

金沢城公園の次は、いよいよこの日のメインディッシュである兼六園へ。
 
こちらの兼六園。
 
今更言うまでもないですが、岡山の後楽園、水戸の偕楽園とともに日本三名園と呼ばれております。
 
兼六園とは、中国の故事にならい、「宏大」「眺望」「蒼古」「人力」「幽邃」「水泉」という六つの景観美を兼ね備えた庭園という意味で名付けられました。
 
金沢城公園から一番近い、桂坂口という入口から入っていきます。
 
651
徽軫灯籠(ことじとうろう)
 
兼六園の象徴がいきなり登場。
 
足が二股になっていて、琴柱(ことじ)に似ていることからこの名が付いたのだそうです。
 
天気が悪くても、それはそれで様になってるもんなぁ~。
 
652
徽軫灯籠の後ろに広がるのは、「宏大」を表す霞ヶ池
 
左に浮かぶのは蓬莱島、右奥の建物は内橋亭というお茶屋さんです。
 
655
こちらは眺望台
 
「眺望」の景色を表現するために、標高53.3mの位置に造られていますeye
 
よくよく考えると、アップダウンの激しい庭園って確かに珍しいかも…。
 
656
いちいち「絵になるなぁ~」と言ってみる。(藤やん風)
 
659
唐崎松
 
水面を這うように広がる枝は、鶴を表現しているのだそう。
 
毎年11月1日に行われる「雪吊り」は、この唐崎松から始めます。
 
661
雁行橋
 
11枚の石でできた橋で、雁が列を作って飛んでいる姿を模しています。
 
石の形が亀甲の形になっているところから、「亀甲橋」とも呼ばれています。
 
664
七福神山
 
七つの石を七福神になぞらえています。
 
668
かきつばたの青と緑が目にも鮮やかです。
 
670
明治記念之標
 
西南戦争の戦死者を弔うために建てられた、日本武尊の像です。
 
彼の足もとには三すくみを表す「ヘビ」「ナメクジ」「ガマガエル」がいます。
 
671
根上松
 
土を盛り上げて松を植えて、成長してから土をのぞいて根が見えるようにしたという松です。
 
写真では分かりづらいですが、根は最大2mほどの高さがあるそうです。
 
676
途中で兼六園に隣接する成巽閣に寄り道。
 
こちらは前田家13代齊泰の母のために建てられました。
 
外側は割と質素に見えますが、中は豪華な造りになっています。
 
一番驚いたのが、入口からすぐの「謁見の間」
 
一枚板を透かし彫りにした欄間には、彩色がほどこされていて、非常に華やかです。
 
その他の部屋も、障子の腰板に蝶や亀などの細かい絵が描かれていたり、二階は部屋ごとに違う色で統一されていたりと、女性の住まいらしい造りだなと思って見ていました。
 
人形もたくさん展示してあったのですが、何故か昔の人形って顔面センターが多いんだよね…。
 
昔はそういうお顔が好まれていたのでしょうか…。
 
679
栄螺山
 
霞ヶ池を掘った際に出た土を盛り上げて造られた人工の山。
 
らせん状に階段が続いているところから、さざえ山と呼ばれているのだそう。
 
683
夕顔亭
 
園内に現存する最古の建物だそう。
 
684
竹根石手水鉢
 
竹の化石に見えるので竹根石と名が付いていますが、実際には椰子類の根の化石だそうです。
 
化石を手水鉢にするって、それも何だかスゴイなぁ…dash
 
688
瓢池
 
兼六園が作庭された時、最初に造られた場所です。
 
奥にある翠滝がちゃんと写ってなかった…sweat02
 
相変わらず写真が上手くなりませぬ。
 
692
日本最古の噴水。
 
高低差を利用した「逆サイフォンの原理」で、ポンプを使わずに水を噴きあげさせているのだそうです。
 
こういう技術って、経験則で知っていたのでしょうか…。
 
知識がないと造れないよね。
 
 
割とメジャーな場所を中心に回りましたが、それでも後で確認してみると、見逃したスポットが点々と…down
 
うむ、残念。
 
比較的時間に余裕を持って見学することをオススメします。
 
2025
夕飯は、金沢で有名な「8番らーめん」へ。
 
とにかく野菜がてんこ盛りですnoodle
 
スープが醤油、塩、味噌、とんこつから選べるのも嬉しいところ。
 
私は迷わずとんこつをチョイス。
 
太麺と野菜のシャキシャキ感がマッチしてて、うまうまですshine
 
結局、今回の旅も麺修行に入ってしまったのでした(笑)
 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ


 

2015年5月25日 (月)

春の石川歴史と景色堪能旅 金沢城公園編

皆様、どうもこんばんは。

久々に体調を崩してしまったナユタです。
 
おかげで土日は寝込んでおりました…。
 
どうもこの時期は毎年風邪を引くなぁ。
 
過去の記事を読み返してみたところ、4月5月は欠かさず体調不良になっておりました(笑)
 
もはや、私の中で春の風物詩になりつつあります…。
 
 
それでは、石川旅、いよいよ始動です!!
 
 
一日目、雨。
 
新年度一発目の旅は「石川県」
 
今まで一人旅で行ったことのない場所だったのですが、北陸新幹線に乗りたい!ということで今回行き先に決めました。
 
1432031020584
E7系先生が大宮駅に御入場shine
 
もちろん、初対面でゴザイマスbullettrain
 
あっちこっちでカメラを構える方がズラリcamera
 
今回乗車した「かがやき号」は全席指定だったので、一週間前に乗車券を購入したのですが、それでも乗りたい時間の便は取れず。
 
GWが終わった直後というのに、かなりな人気すなぁ…。
 
およそ2時間で金沢駅に到着。
 
金沢の地に降り立った私の目に、最初に飛び込んできたものは…。
 
1432031033626
とんでもない人だかりと報道陣、そして腕章を付けた警官とパトカー…sweat02
 
最初は「金沢って人が多いんだなぁ」くらいに思っていましたが、実はこの日、天皇・皇后両陛下が19年ぶりに石川県に御来県になるということで、金沢駅は大騒ぎになっていたのでした…。
 
橿原に行った時の件といい、今回の件といい、最近皇室の追っかけみたいになってるなぁ(笑)
 
このまま駅に残っていようかとも思ったのですが、和菓子作りの予約時間がせまっていたので、兼六園方面へ移動bus
 
616
和菓子作り体験が終わり、いざ観光スタートnote
 
なぜか兜だけ金ピカの利家氏。
 
623
スタートから坂道が待ち構えております。
 
お土産屋さんが並んでいるので、のぞきながら坂を登ります。
 
6241
初めに訪れたのは金沢城公園
 
兼六園のすぐ近くにあります。
 
6261
まずは石川門から中に入っていきます。
 
629
左右で積み方の違う石垣。
 
左は創建時のもの、右は江戸時代に改修をした時に積んだものだからのようです。
 
当時の文書に「左右で違い分けて積むのはおかしい」という内容が載っていた、と近くの説明書きには載っていました。
 
た、確かに…。
 
630
さすがは百万石sign03
 
なんだこの広さはっ!coldsweats02
 
634
唐破風の出窓が付いているのが金沢城の特徴なんだとか。
 
638
橋詰門一の門。
 
639
こちらは二の門。
 
最も格式高い門として建てられたとあって、とても華やかな門です。
 
641
菱櫓、五十間長屋、橋詰門続櫓は繋がっていて、中に入ることができます。
 
伝統的な工法に則って復元されたということで、釘を使わずにほぞで固定してあります。
 
櫓の長さと、数メートルおきに設置されているモニターには驚かされました。
 
645
菱櫓の最上階からの眺め。
 
こういう景色を見ると、つい「殿様になりたい」と思わずにはいられませんshine
 
646
石川門(重要文化財)
 
金沢城の中でも数少ない、現存建築物です。
 
647
中はこんな感じ。
 
フラッシュをたいているのでかなり明るく写っていますが、実際はかなり暗いです。
 
そしてここもひたすら長いsign03
 
 
建物の大きさに圧倒されっぱなしの金沢城公園でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ

 
 



2015年5月19日 (火)

金沢和菓子作り体験記

皆様、どうもこんばんは。
 
ナユタでゴザイマス。
 
昨日(月曜)旅から戻ってきました!
 
今回の行き先は石川県
 
北陸新幹線延伸により、東京から2時間半ほどで行けるようになりました。
 
今回、初っ端から番外編ということで、和菓子作り体験の様子を記事にしたいと思います!
 
本格的な石川旅の様子は次回、ということで…。
 
622
今回、和菓子作り体験をしてきたのは「石川県観光物産館」です。
 
兼六園の入り口からすぐのところにあります。
 
ちなみに体験ができるのは基本的に土日祝、かなり人気らしいので、事前に予約を取っておくことをオススメしますshine
 
620
体験料は1230円(平成27年5月現在)
 
季節のお菓子を三つ作ります。
 
今回は「花菖蒲」「小菊」「早苗きんとん」の三つ。
 
左端のお菓子は職人さんが作ったお土産のお菓子です。
 
621
テーブルに案内されると、材料と道具が既に準備されていました。
 
前に立っている職人さんがお菓子を作り、各テーブル毎にその様子がモニターで配信されるので、それを見ながら作ります。
 
2016
最初は「花菖蒲」です。
 
紫のあんで白あんを包み、てっぺんに白あんと黄色のあんを塗って、やさしく布巾で絞ります。
 
一番簡単ということでしたが、んなこたぁないsign03
 
結構あんが手につきやすいのと、長いことこねくり回していると日持ちしなくなるということで、さっさと作っていかないといけないのですよ、これが。
 
優しく絞りすぎたせいか、見本みたいな絞り跡がちゃんと出ませんでした…sweat02
 
作ったお菓子は、乾燥しないようにすぐに容器に入れます。
 
2017
お次は「小菊」です。
 
途中までは最初の花菖蒲と同じですが、平たくした後に三角柱の形をした棒を使い、中心に向かって筋を入れていきます。
 
最後に黄色のあんを乗せて完成。
 
筋を入れる時、バランス良く入れましょうというアドバイスが職人さんからあったのですが、これは意外と上手く出来ましたshine
 
2018
そして最後は「早苗きんとん」
 
ここでこし器が登場。
 
固い黄緑のあんを、前方に押し出すようにしてこし器でこします。
 
2019
こんな感じ。
 
これに、柔らかい柚あんに箸で突き刺すように全体に押し込んでいきます。
 
何だかバランスが難しい…。
 
ということで、最後は全部乗せたれ!と強引に全部乗せてしまったのでしたsweat01
 
2021
完成した姿がコチラheart04
 
意外とそれらしく見えますhappy01
 
1432031351069
 
その後、しばらく持ち歩いていたために、ホテルに戻った頃には若干ひしゃげておりました…down
 
その場で食べることも出来たのですが、もったいなくて持ち帰ったからなんだけどね。
 
お味は…めちゃめちゃ美味shine
 
楽しくお菓子が作れて、最後においしく食べられるなんて、こりゃええですなぁ。
 
和菓子作り、定期的に習いに行きたいくらいなんだけどnotes
 
初っ端から観光そっちのけで、和菓子を作っておりましたflair

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ

  



2014年11月29日 (土)

秩父紅葉探しの旅 その2

皆様、どうもこんばんは。

もうすぐ12月ですね。

仕事がこれから繁忙期に入るので、健康だけは損ねないようにしないと…。

と思いながら、コタツで昼寝しちまいました。

風邪引きフラグ立ちまくり!!!

去年みたいにノロにかかりませんように…。

それでは、秩父旅完結編です!

 

和銅黒谷駅を出て、長瀞駅へ。

長瀞といったらラインくだり!ということで、駅前のラインくだりチケット売り場へ。

ラインくだりには全部でコースが3つあり、上流まで車で行ってから船に乗るAコース、駅前から船に乗り、下船後車で駅まで戻るBコース、そしてAとBの両コースをくだる全コースとなっています。

私が行った時は、Aコースならすぐに案内できるということだったので、Aコースをお願いすることに。

すると「Aコースは取材船となっておりますがよろしいですか?」とのこと。

しゅ、取材船?

「ええ、本日取材が入ってまして、Aコースですと取材陣とご同乗いただくことになります。

お嫌でしたらBコースもご案内できますが、でも…めったにそういう機会ってないと思いますよ♪

と、係員の方に言われ、ミーハー根性丸出しの私は迷わずAコースを選択。

202
車で上流まで運ばれ、機材の準備等のため車内で待機。
 
取材って何だろう…。
 
雑誌?ラジオ?テレビ?
 
ここでメイク直しとかしてたらテレビ出たい人って思われちゃうよなぁ…。
 
などと、明らかにどうでもよい事を考えながら待っていると、年配の方が車の中に入ってきました。
 
「本日、取材させていただきますN○Kです!どうぞよろしくお願いいたしますsign03
 
え、まさかのN○Ksign02
 
211
ということで、取材陣とともにラインくだりスタートmist
 
002
レンガ造りの荒川橋梁。
 
この上を秩父鉄道が走ります。
 
電車が走ってる瞬間をカメラに収めたかったなぁtrain
 
011
舟は穏やかに川を下ります。
 
天気が良くて、舟の上でも思ったほど寒くなく。
 
013
亀の形をしている「亀の子岩」
 
両側に奇岩が立ち並びます。
 
023
コースには何ヶ所か急流を下る場所があり、その度にガクンと船が揺れてスリリング。
 
水しぶきも上がり、何度か濡れる事態に(笑)
 
猊鼻渓の舟下りをイメージしていたので、これほどアクティブだとは思いませんでした。
 
026
横から岩畳が迫ってきています。
 
042
およそ20分のラインくだり、終了notes
 
結局、N○Kのどの番組で放送されるのか、未だに分からす…。
 
もし、長瀞ラインくだりの映像で茶色のライダースジャケットに赤いカメラの女性がいたら、それはおそらく私です。
 
044
お昼はおそばと秩父名物、みそポテト
 
じゃがいもを天ぷら生地で揚げ、甘めの味噌を付けたB級グルメです。
 
おいもの天ぷら好きにはたまりませんshine
 
046
昼食を終え、最後に向かったのが寶登山神社
 
秩父神社、三峰神社と並んで秩父三社と呼ばれております。
 
三峰神社まで行けたら秩父三社フルコンプできたのですが。
 
048
拝殿。
 
元々は「火止山」という名称で火災除けの神様だったそうですが 、「宝の山に登る」という名前から、金運にも御利益があると最近では人気なんだとか。
 
049
拝殿は色鮮やかな彫刻が施されています。
 
秩父の神社はとにかく華やかだなぁhappy01
 
 
055
寶登山神社から、山道を登って宝登山ロープウェイへ。
 
道を間違えたのか、かなり山道を登りました…shoe
 
056
ロープウェイ「もんきー号」
 
山頂までの832mを、およそ5分で結びます。
 
061
山頂駅に到着sign03
 
062
秩父の山並みがよく見えます。
 
山の上だけあって、めっちゃ寒いsnow
 
064
山頂駅近くでは寒桜が咲いていましたcherryblossom
 
満開の時期は11月下旬ということで、まだまだ二分咲きといったところ。
 
でも、紅葉を探しに来て桜に出会えるなんて…heart02
 
068
紅葉、やっと発見maple
 
宝登山は12月下旬頃からロウバイが見頃になり、観光客も多数訪れます。
 
ロウバイも見てみたかったなぁup
 
 
せっかくここまできたのだから、山頂まで登ってみることに。
 
…山に登るんだったらスニーカーで来れば良かったshoe
 
069
寶登山神社奥宮
 
山頂駅からおよそ6分。
 
ふもとの拝殿があまりにも豪華だったため、奥宮の質素っぷりにちょっとビックリ。
 
それから更に登っていくと…。
 
070
山頂に到着sign03
 
…特に何もなし!!
 
072
山頂からの風景。
 
程よくたそがれています。
 
 
日帰りで観光気分を味わうのなら、秩父オススメですbleah
 
いつか夜祭にも行ってみたいなぁflair
 
 


にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ


より以前の記事一覧