2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

2021年12月 5日 (日)

晴れの国 秋の岡山一人旅 奥津湖と片上鉄道編

こんばんは。

先日、上司から声をかけられました。

「この間のライブ楽しかった?キングギュー行ったんだよね?」

…キ、キングギュー???

「あ、キングヌーです」

いつの間にかKING GNUが特大牛丼みたいな名前に…⤵

まぁ、そう見えなくもない…のか?

これが先週の私のトピックスでした(笑)

それでは岡山旅も残りわずかです、どうぞ!

 

妖精の森ガラス美術館を出て、車を南へ走らせます。

この日も結構無理めなスケジュールを詰め込んでいたので、途中休憩を兼ねて道の駅奥津温泉へ。

…外観を撮影するのを忘れてた!

Csc_7891
入口近くでは立派な唐辛子が一面にびっしり。

名産品なのかしら。

売り物だったら買うのになぁ。

Dsc00161
道の駅の建物にはオシャレな手ぬぐいがたくさん飾ってありました。

目に鮮やかですなぁ✨

スカイアンブレラもあったのですが、撮った写真が残ってなかった…💦

スマホが水没したから😓

Dsc_0017-2
謎すぎるオブジェ。

恐らく縁結びなんでしょうが、両サイドに立つ木像が何となくおどろおどろしい(笑)

人ならざる者との縁を結んでくれそうな気が😲

Csc_7892
奥津湖は2005年に作られた人造湖です。

Csc_7894
遊歩道があるので降りてみます。

しかし、途中まで降りたところで蜘蛛の巣だらけになり、ギブアップ。

危うく蜘蛛の餌になるところでした(笑)

 

この日は夜に岡山駅でレンタカーを返却予定。

時間はないけど、このまま戻るのも芸がない⤵

何か面白そうな所はないかね?

検索すると、気になるスポット発見!

…またしても片側通行ばりに狭い道を通り、着いたのは…。

Csc_7887
小ぢんまりとした駅舎。

駐車場が分からずウロウロしてしまいました💧

Csc_7886
廃線になった駅なんでしょうか?

中に入ってみます。

Csc_7889
お!電車だ!

Csc_7888
こ、これは…。

何という保存状態(笑)

Csc_7880
どうやら片上鉄道の跡地のようです。

片上鉄道とは、この先にある柵原鉱山から採掘される硫化鉄を運び出すために敷設された鉄道で、1991年に廃線となりました。

Csc_7875
鉄道が開通する前までは、高瀬舟と呼ばれる船を使っていたのだそう。

こちらは高瀬舟の復元模型。

何の説明もなく置いてあるので、最初何だか分かりませんでした💧

Csc_7871
うーん、それにしてもこの保存状態、何とかならんのですかね…。

思いっきりサビサビやん!

多分、貴重なものだと思うんだけど…。

Csc_7870
奥にきれいな建物が。

何の建物なんだろう?

覗いてみると開館中だったので寄ってみることに。

中の様子はまた次回~♪

 



にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2021年11月28日 (日)

日本全国御朱印集めの旅 大宮氷川神社編

こんばんは。

昨日、King Gnuのライブで埼玉に行ってきました!

さいたまスーパーアリーナに行くの、何年ぶりだろう?

ライブに行くこと自体、昨年11月のKing Gnuライブ以来!

今日は疲れて爆睡していたので、岡山旅はお休みして昨日の話でも。

 

土曜日、晴れ。

少し早めに家を出て、ライブ前にちょっと寄り道。

大宮で電車を降り、路地を抜けて歩いていくと…。

Horizon_0001_burst20211127140944837_cove
大きな鳥居に遭遇。

Horizon_0002_burst20211127140950563
狛犬は割といかつい系(笑)

Dsc_0035
鳥居からまっすぐ伸びる参道を歩いていきます。

Dsc_0039
参道周辺ではキレイな紅葉が🍁

Dsc_0041_20211128183501
紅葉ってテンション上がるよね。

思いがけず、良い景色が見られて良かった✨

Dsc_0047_20211128183501
駅からおよそ1.7キロ。

関東にある氷川神社の総本社、大宮氷川神社に到着。

創建は二千数百年前と伝えられています。

え、卑弥呼の時代より古いの⁉

早速、楼門から中へ入ります。

Horizon_0001_burst20211127142222450_cove
舞殿。

中には七五三の参拝でしょうか、鮮やかな着物ではしゃぐ子ども連れの家族が多数いました。

七五三ってもう少し早い時期だと思ってたけど、コロナの関係で今参拝しているのでしょうか。

Dsc_0051
拝殿。

…この写真、何でこんなに暗いんだ(笑)

まともに撮れている写真が一枚もなかった💧

 

全力で職場の異動をお願いしてきました(笑)

Dsc_0053_20211128183701
地元、大宮アルディージャの必勝祈願絵馬。

Dsc_0061_20211128183901
空気が清浄で、心洗われるなぁ🍁

北風が寒かったですが、素敵な紅葉が見られて良かったです。

Dsc_0113
久々に御朱印をいただきました。

最近、社務所の開いている時間にお参り出来てなかったもんな。

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

大宮氷川神社HP

https://musashiichinomiya-hikawa.or.jp/

○o。+..:*○o。+..:○o。+..:*○o。+..:*○o。

 

Dsc_0095
参拝終了後、さいたまスーパーアリーナへ。

時間より早く着いてしまいました💦

Center_0001_burst20211127155709070_cover
うぉぉぉぉ!

テンション上がる⤴⤴⤴

Dsc_0093
着いた時はグッズ売り場がシステムトラブルで休止中で、グッズを買うために長い列に並んでみたり。

でも、早く着いたおかげで、落ち着いて行動できて良かった。

寒さに震えながら、開演30分前にやっと中へ入ることができました。

Horizon_0001_burst20211127164106561_cove
隣は思いっきり機材席

マジか!

Dsc_0102
パソコンモニターに「King Gnu」の文字が!

ある意味貴重な体験をしました。

 

ライブ中、機材トラブルで中断という珍しい場面に遭遇しましたが、そのおかげでサプライズで1曲多く聴けました!

ラッキー🎶

 

これからコロナがどうなるか分からないけど、無事にライブに参加できて良かったです。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2021年11月21日 (日)

晴れの国 秋の岡山一人旅 妖精の森ガラス美術館編

こんばんは。

昨日、久々に美容院でカットとカラーをしてきました。

今週、面接官の予定があって、赤毛で面接したらさすがに怒られそうな気がしたので…😰

別に好きで明るい色にしている訳ではないんだけど、時間とともに色が抜けるんですよね。

これで、赤から緑がかったアッシュ系へ、色違いのキャラ変完了。

ここしばらく、土日に予定が入り続けていたので、やっと美容院に行けて良かったよ⤵

 

それでは岡山旅は2日目に突入です、どぞー。

 

2日目、晴れ。

朝から温泉にゆっくり浸かってのんびり。

おかげで出発が遅くなってしまいました💦

さて、出発だ!

すると、雲行きがだんだん怪しくなり、いつの間にかひどい雨☔

さっきまで晴れてたのに!

しかも、気付いたら鳥取県を走っていました(笑)

なんで朝一でこんなに距離走ってるんだ…。

 

1時間近くかけて到着したのは妖精の森ガラス美術館

めっちゃ雨降ってたので外観の撮影を忘れてしまいました(笑)

ここではウランガラスという、珍しいガラスを使った作品が展示してあります。

ウランって、原子力発電とかで聞くあのウラン?

と思ったら、まさにそのウランのことで、着色料としてごく微量のウランが混ぜられています。

紀元1世紀ごろからウランガラスは使用されていたのですが、19世紀頃から人工的にウランガラスが製造されるようになり、欧米でさかんに作品が作成されるようになりました。

放射能とか大丈夫なん?と思ったのですが、ウランガラス100グラムあたりから発せられる放射能と人体のカリウムから発せられる放射能は、ほぼ同量なのだとか。

人体も放射能を発してるのか!

むしろ、そっちがびっくりしたわ💧

Csc_7922
さて、そのウランガラスですが、いったいどんな特徴があるのかというと。

白色灯などの光の下では黄色っぽいガラスですが。

Csc_7921
紫外線を当てると、美しい蛍光の緑に光るのです!

何、この幻想的な色!

Dsc_0004-2
展示室には、白色灯と紫外線を切り替えるボタンがあります。

Dsc_0005-2
先ほどのグラスも、紫外線ボタンを押すとこんな感じ。

これは魅入られてしまいます…。

Csc_9866_20211121231401
入口では紫外線を発するブラックライトを貸してくれるので、自分で光を当てることも出来ます。

Csc_9867_20211121231401
ブラックライトをピンポイントで当てた方が、よりはっきりとした緑色になります。

これは欲しい…ブラックライト込みで欲しい…。

Csc_7915
ウランガラス自体も素敵ですが、美術品としても素敵な作品ばかり。

Csc_7913
こちらはエミール・ガレというガラス工芸家の「花蝶文花器」という作品。

Csc_7904
19世紀当時のガラス作家が、ウランガラスで作品を作りたがったのも分かる気がします。

ただ、残念ながら、現在個人がウランを使用するのは難しいため、ウランガラスの製造量は少量なのだそう。

しかし、岡山県鏡野町では、地場産業の育成目的で、ウランガラスの開発を行っているのだとか!

マジですか!

Dsc_0058-1
ということで、お土産にウランガラスの置物と、ペーパーウェイトを買ってきました✨

貴重なガラスだけあって、普通のガラス製品よりお高め。

100均で売ってたブラックライトを当てると…。

Csc_9877_20211121231401
めちゃめちゃキレイな緑色!

これはスゴイ!

姪っ子ちゃんたちに見せなきゃ…と思っていたのに、すっかり忘れてました(笑)

まぁ、遊んで壊されても困るから、もう少し大きくなったら見せてあげよう…。

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

妖精の森ガラス美術館HP

https://fairywood.jp/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2021年11月15日 (月)

晴れの国 秋の岡山一人旅 満奇洞編

こんばんは。

日曜に、生後半年になった姪っ子ちゃんと久々に再会してきました。

前にあった時より表情がしっかりしてて、最初は不信感いっぱいの顔で出迎えてくれたのですが、数時間経つうちに笑いかけてくれるようになりました。

うわぁ、カワイイ!!

抱っこも最初は居心地悪そうにしていたのですが、そのうち諦めたのか、なすがままにされていました(笑)

いい子すぎる…。

笑ってくれる子と抱っこしても泣かない子は無条件で良い子です!

これで一週間、元気で過ごせそうだー。

今週、毎日会議が待っているけどね⤵

 

それでは岡山旅、今回は満奇洞編です!

 

済渡寺を出て、この日の最後の目的地は満奇洞という鍾乳洞。

何でも「映える」鍾乳洞らしい。

入場は16時30分までなので、急いで向かいます。

…ってやっぱり道が悪い⤵

何ですか、私のルートチョイスが悪いのですか?(ヤケクソ)

岡山を縦断するのは危険だ…。

細道にぶーたれながらも何とか時間内に到着。

Csc_7956
駐車場に車を停めてからもめちゃめちゃ登るのか…💦

ゼイゼイ言いながら登ります。

途中の小屋に貼ってあった幟には「金田一耕助の小径」と書いてあります。

何でも、八つ墓村のロケ地として、この満奇洞が使用されたのだそう。

祟りじゃー!

Csc_7955
入口はネットで覆われていて、ある意味恐怖を掻き立てる仕様。

ちなみに満奇洞という名称は、与謝野晶子がここを訪れた際に「奇に満ちた洞」と絶賛したことから付いたのだそう。

Csc_7954
いざ、中へ。

入口からして天井が低い…。

Csc_7953
すると、そこには洞窟らしからぬ色彩が…。

しかも、時間とともに色が変わっていく…!

Dsc_0004-1
カラフルというより、派手すぎない?

この時、脳内には「エレクトリカルパレード」がエンドレスで流れておりました。

Csc_7947
道はところどころ狭く、反対側から来る人と離合するのもやっと、というポイントが随所にありました。

そして、上からは冷たい水がピチャピチャ垂れてきます。

私まで鍾乳石になってしまう…。

Csc_7937
恋人の泉に到着。

下に書かれているのはダイイングメッセージでしょうか。

色々気になって仕方がない(笑)

Csc_7936

後で調べて分かったのですが、恋人の泉と書かれているところの手前で撮影すると、洞窟の形がハートに見えるというものだったらしいです。

知らずに中まで入って、挙句ダイイングメッセージとか言って、すみませんでしたっ!

Horizon_0001_burst20210923160427462_cove
普通の照明の所もあるのですが、結構な割合でカラフルな部分が多い洞窟でした。

ある意味、八つ墓村のおどろおどろしさを感じずに済んでよかったですが。

Csc_7927
最後、水曜どうでしょうでいうところの「デブの穴」的な狭い場所を抜けて終了!

道幅は狭いものの、中は思った以上に距離がありました。

外に出ると、少しだけ蒸し暑い…。

あんまり洞窟の涼しさを感じてなかったけど、少しは涼しかったんだなぁ。

 

満奇洞を後にし、この日は湯原温泉で一泊。

久々の温泉やー✨

泉質はナトリウム泉ということで、入ると皮がはがれたかのようにツルツルになりました。

あー、気持ちいいー!

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2021年11月 8日 (月)

芸術の秋? ~ミルフィオリ体験編~

こんばんは。

日曜に、とある資格試験を受けてきました。

テキストを買ったのは一か月前ですが、勉強を始めたのは2週間前。

そしてテキストを読み終わったのが、試験前日の夜。

よし、ここから模擬問題解くぞ!

と、にわかにやる気を出し始めたのですが。(既に遅い)

しかし、テキストに付属されていた模擬問題は1回分のみ。

もう少し問題解かないと不安だ…。

ということで、過去問をネットで探してみたのですが、掲載されているのはサンプルとしての一部のみ。

てっきり数年分掲載されていると思ってた…💧

それを当てにして問題集を買ってなかったのに…。

仕方ない、今からネットで問題集を注文しても間に合わないから、電子書籍で問題集を探すか!

(この時点で試験12時間前)

が、しかし。

冊子の問題集は売っているものの、電子書籍の問題集が売ってない!

もしかして、問題集って電子書籍化されてない…?

よく考えれば、問題集は紙の書籍の方が使いやすいですもんね⤵

結局、問題多めのテキストを電子書籍で購入。

そこから問題を解いて、解答を確認して…とやっていたら、いつの間にか2時になってました💧

さすがに今日は辛かった…。

もう少し早くから勉強していれば良かっただけの話なのですが。

そして、肝心の試験は。

テキストに載ってない内容が結構出てたんですよね…。

2冊もテキストを買ったのに載ってない内容が出てくるってどういうこと?

まだ答え合わせしていなにので、合否は不明です!(笑)

だって、家に帰ったら疲れて寝ちゃったんだもん⤵

ということで、かなり前置きが長くなりましたが、今回は旅の話ではなく、ミルフィオリ体験についてです!

どうぞー!

 

9月某日、某所。

ミルフィオリに挑戦してきました!

ミルフィオリとは。

イタリアのヴェネツィア生まれのガラス細工のことで、様々な模様の小さなガラスを、ガラス板の上に並べて焼き上げてアクセサリーなどを作るというもの。

前にテレビで見て、面白そうって思っていたんですよね。

今回は、ネックレスとピアスを作成します。

Dsc_0043-1
まずは、元になるガラスを選びます。

色がいっぱいあって悩む~✨

Center_0001_burst20210925103711869_cover
金太郎飴のようにして作られたガラスで、花柄や星柄などのかわいらしいガラスがたくさん!

Dsc_0044-1
優柔不断が災いして、なかなか決められません(笑)

配色も考えないといけないしなー。

Dsc_0038-1
柄が決まったら、丸く切り出したガラスの上に並べていきます。

まずはネックレス作り。

並べた後も配置に悩む…悩む…(笑)

Dsc_0042-1
こんな感じで配置してみました🌼

並べ方が決まったら、今度はガラス板に糊を塗って、先ほどと同じ配置で乗せ直します。

あれ、さっきは乗ったのに糊を塗ったら乗らなくなった💦

Dsc_0040-1
同じようにピアスも作成。

ピアスはネックレスと反対の配色にしてみます✨

体験はここで終了。

後は焼いてもらい、完成品の到着を待つばかり。

どんな感じになるのかな…ワクワク!

 

そして一週間後。

作品が送られてきました!

Dsc_0070
おぉ!

カワイイではないか✨

ガラスが溶けるとこんな感じになるんだー。

特にネックレスの配色が良かった!(自画自賛)

アクセサリー以外にも、ガラスの小皿など、色んな物が作れるミルフィオリ。

また体験してみたい✨

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


«晴れの国 秋の岡山一人旅 吹屋ふるさと村編