2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

2022年1月17日 (月)

冬の栃木歴史旅 大谷資料館編

こんばんは。

先週、先々週に引き続き、またしても土曜に休日出勤をしていたナユタです。

今のご時世って休日返上で働くモーレツ社員って流行っているんでしたっけ?

とにかく、一人でこなすには絶対無理な量の仕事が降ってくるんですよ。

しかも、月曜は面接官の仕事が入っていて自分の仕事が出来ないので、結局自主的に休日出勤するしかないんだけど。

来週こそ2日休ませろ。てか、有休取らせろ。

と思ってたら、今度は本社の方から「応援で土日出てこい」とか言ってくる始末。

残業代で全部株買ってやる😠

 

それでは栃木旅、今回は大谷資料館編です。

 

宇都宮二荒山神社を出て、次は以前から行きたいと思っていたあの場所へ。

Csc_8817
それは、宇都宮市にある大谷資料館

宇都宮特産の大谷石の採掘場跡を見学できるスポットです。

大谷石は柔らかくて比較的加工しやすい石で、古墳時代には石棺として使用されていたのだとか。

マイナスイオンと遠赤外線を放出していて、癒しの効果があり、更には消臭効果や腐敗防止の効果もあるのだそう。

これもう、枕元に置いておくしかないよね。

Csc_8820
早速、狭い階段を降りて中へ。

Csc_8822
階段の途中で、肉体労働をされている方がご登場。

前掛けがオシャレっすな。

Csc_8823
おおお!

B’zのMVで使用されたスポット!

ここに来る前に「May」のMVを見て予習してきたのよ!

しかし…。

肝心の現場が暗すぎて、カメラを向けても何も写らず(笑)

もう少し性能の良いカメラが欲しい⤵

Csc_8825
見学スポットには、このような看板が設置されています。

言われるままに上を見上げると。

Csc_8826
天井、高!

すごい深いところまで降りてきたんだなぁ。

Csc_8827
照明が良い仕事をしていて、神秘的過ぎて見とれてしまいました。

Csc_8840
またしても神秘的なスポットが!

ここが古代遺跡だと言われても信じてしまいそう!

この不思議な文様は何なんだ…。

Csc_8847
と思ったら、機械掘りの跡なのだそう。

整然と並んでいる姿が芸術的です。

Csc_8852
このライティング、もはや祭壇にしか見えない…。

素敵すぎる…。

Csc_8862
テレビドラマや映画、歌番組などのロケ地として多数使用されています。

そりゃね、東京から近くにこんな素敵な場所があったら撮影したくなるよねー。

Csc_8863
訪問した時はちょうど、修学旅行中の小学生らしき集団とブッキング。

楽しそう✨

Dsc_0076
ここも何だか素敵だなぁ。

Csc_8877
50年ほど前には政府米を貯蔵していたこともあったとのことで、大型トラックが入れる場所も。

Csc_8885
普通の遺跡とは違って、現代でも使用されているのも何だかスゴイ。

こちらは、るろ剣のロケで使用された場所。

 

広いし見応えあるしで、予定よりも長く滞在してしまいました。

Csc_8898
坑道外にある滝と。

Csc_8896
素敵な手水鉢。

うむ、満足であった!

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

大谷資料館HP

http://www.oya909.co.jp/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

 



にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2022年1月11日 (火)

冬の栃木歴史旅 宇都宮二荒山神社編

こんばんは。

3日に引き続き、8日も出勤していたナユタでございます。

仕事嫌いなのに、なんでこんな毎日仕事しているのか謎でしかない(笑)

しかも、職場が寒いのでお腹にカイロを貼って仕事をしてたら低温やけどする始末。

水ぶくれが破けるまで気が付かず、後日医者に診せたところ「治るまで2週間以上かかるし、跡が残ります」って言われてしまいました⤵

普通のやけどより、低温やけどの方が重症化するとは聞いていたけど、本当にそうなんだね。

新年早々、なにやってんだか。

そして、今年もすっかり忘れていましたが、今年でブログ開設13年を迎えました!←中途半端

我ながら、よくここまで続けたもんです。

コロナが流行してから旅行に行く機会もすっかり減ってしまいましたが、これからも何卒よろしくお願いいたします!

 

さて、今回は12月に行った栃木旅について書いていきます。

そもそも最近、関東方面に旅行に行ってないな、と気付きまして。

急遽、一日だけ休みを貰えることになったので、予定を立てる暇もなくバタバタと旅立ったのでした。

 

一日目、宇都宮到着。

別に在来線だけで行けたのですが、旅行気分を味わいたくて、強引に大宮から宇都宮まで新幹線に乗車。

…すぐ着いたよ。

宇都宮駅に来たのは実に12年ぶり。

まずは、この方にご挨拶。

Dsc_0011_20220110170101
餃子の皮に包まれたヴィーナス🥟

12年ぶりの再会でございます✨

前に来た時と場所が変わっていて、探してしまいました。

うーん、いつ見ても謎だ(笑)

 

レンタカーを借りて、最初に向かったのは宇都宮二荒山神社

日光二荒山神社は「ふたらさん」と読むのに対し、宇都宮の方は「ふたあらやま」と読みます。

Csc_8801
神門。

歩道側から行くと95段の石段を登ることになりますが、今回は駐車場から行ったので石段はショートカット。

Csc_8793
訪問した時は12月中旬。

平日ということもあり、割と落ち着いていました。

新年早々参拝に行けなさそうなので、今のうちにしっかりお参りしておきます。

4世紀ごろの創建で、源頼朝や徳川家康も参拝したと伝えられています。

奇しくも今年と来年の大河に縁のある人物が参拝していたとは。

Csc_8794
拝殿横にいる狛犬氏。

何という雄々しいお顔…!

最近、どんどん狛犬フェチになっているような…。

Csc_8791
境内は綺麗に紅葉しておりました。

今年は紅葉を見られないかと思ってたから嬉しい🍁

Csc_8803
末社の初辰稲荷神社にも参拝。

Csc_8804
稲荷ということで、五穀豊穣、商業の神様が祀られています。

手前にいらっしゃるのは、味わい深い表情のキツネ様です。

Csc_8805
商売繁盛(異動させてくれ!)をお祈り。

ふと、横を見ると!

Csc_8807
歯をむき出しにしたキツネ様!

何ちゅうお顔をされているんですか…!

さっきのキツネ様とあまりに作風が違いすぎる!

Csc_8809
ライティングが素敵だったので思わず撮影。

冬の優しい日の光も良いなぁ✨

Csc_8797
さて、御朱印。

いっぱいあって悩みます、が。

Dsc_0124
こちらの御朱印をいただきました。

宇都宮では疫病退散として黄ブナがお守りとされているのだそう。

今のご時世だったら、やっぱりこれが一番かと思いまして。

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

宇都宮二荒山神社HP

http://futaarayamajinja.jp/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2022年1月 3日 (月)

晴れの国 秋の岡山一人旅 海の彼方へ編

皆さま、あけましておめでとうございます。

初夢は服が汚れるのも構わずバイキングで山盛りに料理をよそっている夢だったナユタです…。

これは願望なのか予知夢なのか(多分正夢)

新年早々、ろくな夢見てないんだけど(笑)

そして、私は3日から出勤です⤵

人事異動案を1月中に提出することとなっているのですが、その作業が大詰めでして。

会社自体は休みなので、「自主的に」出勤するのですが、正月もまともに取れない部署なんてマジで異動したいっす。

はぁ、早く金貯めてFIREしたい!

 

気を取り直して。

年内に岡山旅を完了させるつもりだったのですが、思った以上に年末忙しくて、最終回だけ年越してしまいました💦

それでは岡山旅、ラストは恒例の「タイトルに岡山付いてるけど岡山じゃないじゃん」編です!

 

岡山旅、3日目。

この日、午後には新幹線で東京へ戻る予定。

特に予定は決めずにブラブラします。

Dsc_0035-1
まずは岡山駅にて。

岡山の英雄、桃太郎氏

彼にお会いしないと岡山に来た気がしない!

Dsc_0055-1
そしてあなたは…!

立派だからつい写メ撮ったけど誰やねん!

と思ったら、1900年に設立された旧制第六高等学校の学生像なのだそう。

うーん、なかなかイカつい。

岡山駅、銅像多めじゃね?

Csc_7767
とりあえず岡山城でも行ってみるべ、とてくてく歩いてみます。

って、え!?

Csc_7768
開いてる気がしねー!

岡山城、令和4年11月まで改修中なのだそう…💦

マジか、調べが甘かった。

Dsc_0037-1_20220102212201
まぁ、途中で山田耕筰ゆかりの地という石碑が見られたから良かった。

全然知らなかったのですが、少年時代、山田耕筰は一時期岡山にいたことがあったのだそう。

 

再び岡山駅へ。

うーん、こうなったらあそこへ行くしかない…!

Csc_7760
ということで、発作的に電車に乗り込んでしまいました!

Dsc_0048-1
海がキレイだー!

やっぱり、天気が良いと海を見たくなっちゃうよね!

Dsc_0049-1
橋も渡っちゃったりなんかしてー!

島がいっぱいありますなぁ✨

Csc_7763
そうです、海を越えて香川県は高松駅に行ってしまいました!

駅舎がニッコリお出迎えしてくれます。

2年ぶりに四国上陸だ!

Dsc_0050-1
目的は駅チカのセルフうどんのお店「岡じま」

2年前もここに来たんだよね。

入店して目の前の洗面台で手を洗うという、以前戸惑ったミッションも今回はすんなりクリア。

Dsc_0052-1
前回は釜たまチーズという攻めたオーダーをしてしまったので、今回は温玉ぶっかけにかしわ天とちくわ天をオーダー。

麺のコシの強さがたまんねー🍜

そして、思った以上にかしわ天がずっしり💧

この後、四国土産をしこたま買い込み、土産だけ見るとどこに行ったのか分からない状態に(笑)

岡山ー高松間のちょっと旅行気分の味わえる距離感、いいね!

 

ということで、岡山旅なのに最後は岡山情報薄めでお送りいたしました!

個人的には、岡山の色んな所に行けたので良かったです。

ただし、次回岡山駅から北上する時は、悪路多めなのでルートに気を付けます…。

それでは次回から、12月に訪問した栃木旅をお送りいたします!

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2021年12月26日 (日)

晴れの国 秋の岡山一人旅 和気神社編

こんばんは。

土日、やっと年賀状に着手し始めました。

毎年のことなんだから、とっととやれば良いのにね…(他人事)

ここ数年、毎年異動しているので、年賀状を出す相手も増え続けてまして⤵

と思って去年よりも多く買ったものの、気が付けば70枚も余っていたという(笑)

まぁ、出していない相手から20枚くらいは来るんだろうけど…。

そういえば、去年も買いすぎて妹たちに買い取ってもらったんだった💧

去年余ってたのに去年以上に買い増ししたら、そりゃ余るじゃん😓

仕方なく、今年も妹にまとめて送りつけました(笑)

毎年すまねぇ、妹よ…。

 

では、岡山旅は和気神社編です!

 

柵原鉱山資料館を出て、岡山を南下していきます。

行先は和気神社

Csc_7812
岡山県和気町出身の和気清麻呂さんが祀られています。

めちゃめちゃ凛々しいお顔立ちをされてますなぁ✨

和気神社といえば、その昔鹿児島でも和気神社を参拝したことがあったなぁ。

その時の記事はコチラ

Csc_7802
「我独慙天地」と書かれた石碑。

和気清麻呂の真筆で、「誰がどうあろうとも、自分は天地に恥じることがないように正しい道を歩む」という心がけを表しているもの。

名前の通り、清い心の人物だったようです。

Csc_7800
早速、境内へ。

…あ!

Csc_7799
狛犬ならぬ狛猪だ!

Csc_7793
猪たちはこちらにも。

和気清麻呂さんといえば、宇佐八幡宮信託事件が有名。

769年、称徳天皇(女帝)が、寵愛していた僧・道鏡を皇位に就かせるにあたり、大分県の宇佐八幡宮に神託の確認をするように命を受けた清麻呂さん。

道鏡に忖度すれば大臣への任官も約束されていたそうですが、神託は道鏡を皇位に就かせることを拒んだ内容だったため、その旨報告をします。

怒った道鏡は、和気清麻呂を「別部穢麻呂(わけべのきたなまろ)」と改名させ、大隅国に流罪にしたのでした。

…子どもの嫌がらせレベルのネーミングセンス💧

宇佐八幡宮に参拝する時に猪に助けられたことから、神社には狛犬ならぬ狛猪が置かれるようになったのだとか。

Csc_7789
こちらはお姉さんの和気広虫。

本来、宇佐八幡宮に行くよう命じられていたのは広虫さんの方ですが、病弱な事を理由に清麻呂さんに代わりに行ってもらったのでした。

弟の流罪に合わせ、お姉さんも「別部狭虫(わけべのさむし)」と改名され、備後の国に流罪になりました。

この人も弟同様清廉潔白な人物で、他人の過ちを責めることがなかったのだとか。

また、孤児の養育にも力を入れ、優しい人だったのだそうです。

Csc_7787
姉弟とも仲が良く、家財を共有し、互いに思いあう気持ちが強かったのだとか。

きょうだいで徳に優れているって…素晴らしいですねぇ。

Csc_7786
拝殿で参拝。

明治20年に建て替えられました。

Csc_7785
狛猪さん、マスクしてらっしゃる!

Csc_7776
拝殿の横を歩いていくと、本殿を見ることも出来ます。

Csc_7777
こちらは明治18年に建て替え。

こちらも立派な建物です。

Csc_7772
境内外にあるカエルさんで、旅の無事を祈願。

Csc_7805
境内近くには藤公園がありました。

100種類もの藤が植わっている、日本一の藤公園なのだそう。

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

和気神社 HP

http://wake-jinjya.com/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

 

この日は岡山駅で車を返却予定。

時間がないので、この後はひたすら車を飛ばして岡山市へ。

あぁ、お昼ごはん…⤵

Dsc_0034-1
結局、車を返却後、岡山駅前のイオンモールで早めの夕飯を取ることに。

またしてもカルボナーラに走ってしまった(笑)

岡山関係ない!

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2021年12月20日 (月)

晴れの国 秋の岡山一人旅 柵原鉱山資料館編

こんばんは。

今週、生後7か月の姪っ子ちゃんが遊びに来ていまして。

平日は早朝の数十分、夜はお風呂上がりの数十分くらいしか会えず、毎回顔を合わせる度に「あんた誰」という顔をされていました(笑)

そうだよね、短時間だから覚えられないよね⤵

それでも、土日で大分覚えてくれたようで、近づくと抱っこをせがまれるようになりました。

カワイイのぉ

まだ体重は軽いとはいえ、抱っこしすぎてさすがに腕が筋肉痛だ…。

土曜は他の2人の姪っ子たちも遊びに来て、賑やかすぎる一日を過ごしておりました。

賑やかというより、もはや台風だったけど💦

 

そんなことで、更新がすっかり遅くなってしまった訳ですが、岡山旅の続きをどうぞ!

 

片上鉄道の車両奥にあったキレイな建物。

その正体は「柵原(やなはら)鉱山資料館」でした。

早速中に入ると…。

Csc_7865
昭和の街並み。

こういうレトロな雰囲気、大好きなんだよねー✨

Csc_7864
建物の中に入ると、生活音と共に当時交わされたであろう会話が流れてきます。

この方言…千鳥やん(笑)

さすが岡山です。

Csc_7854
雑貨屋の再現。

いつまでも見てられるわ…。

これだけ懐かしい日用品を集めるの、結構大変なんじゃないですかね。

Csc_7861
奥には片上鉄道のコーナーや、

Csc_7846
当時の鉱山の生活を案内したコーナーがありました。

当時、柵原鉱山は東洋一の鉱山として栄えていたのだそう。

Csc_7845
地下の展示室に向かうエレベーター。

当時の坑道エレベーターを模しています。

扉が開くまで時間がかかって「もしかして開かないんじゃないか」と少しビビりました(笑)

Csc_7843
鉱山での採掘の様子。

かなりリアルです!

Csc_7840
運搬するトロッコなど、本物が展示されています。

Csc_7839
当時の採掘図でしょうか。

どれだけ地中深く掘っていたのかが分かります。

Csc_7835
大正時代に使用されていた保安帽。

今でいうヘルメットなんでしょうが、これ被ってても不安しかない⤵

Csc_7834
昭和25年頃の保安帽。

昭和でまだ紙製なの⁉

何というリアル紙装甲

Csc_7827
鉱山で採掘されていたのは硫化鉄鉱。

まだ地中深くに鉱物は眠っているのだそう。

今は採掘をしていないということは、コストに見合わないからなんでしょうか…。

Csc_7820
硫化鉄鉱の使用されている製品と用途の説明。

てっきり鉄のみ使用するのかと思っていたら、こんなに幅広い用途で使われていたのですね…。

資料の充実ぶりと、ビジュアルで分かりやすい資料館でした。

立地が良かったら、もっと人気のスポットになってるんじゃないかなぁ。

 

さて、最後に謎のスペースが。

入ってみると「さいたまんぞうの部屋」とありました。

…さいたまんぞうって誰?

どうやら、岡山県出身の歌手で、埼玉とは関係ないみたいです(笑)

ノートに住所と名前を書くとカセットテープがもらえるとのことだったのですが、残念ながら再生できないので貰ってきませんでした。

Dsc_0066
その代わり、書置きのサインを貰ってきました。

そのうちプレミア付くかな?

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


«足腰絶賛疲労中