2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

トップページ | 2006年9月 »

2006年8月の記事

2006年8月24日 (木)

夏の落とし物

何気なく自分の両腕を見た所、

すっごく日焼けしてる!!

おいおい、こんなに焼けたのは高校の時以来じゃね?
つまり、八年(ちょい)ぶりじゃん!

ちょっと落胆。


よく見ると、肩の辺りなんて服の跡がくっきり残ってるし。
そう言えば、ここ数日ずっとヒリヒリしてたもんな。
でも、二の腕は一部しか焼けてない。

…何じゃこの焼け方!
ちょっと恥ずかしいんだけど!
こんなんじゃオヨメに行けないわよ!

…すみません、今のは全く日焼け関係ないです。ノリで言ってみただけです。


五年前ならいざ知らず、お肌の曲がり角を華麗なハンドルテクでコーナリングしている現在としては、こいつは痛い。

北海道の日射しを侮ってたなぁ。


こうなったら、仕方ないから逆にガンガンに焼くか。
そして、アフロヘアーでファンキーに生きていくか。
それしかあるまい。←本当にそれしかないのか?


…そう言えば、うちにあったアフロのヅラ、どうしたっけなぁ。


〈写真解説〉
1 北海道限定土産、網走キューピー。口まわりのヒゲがとってもワイルドです。
前科2犯はかたいと見た。

2 これまた北海道限定土産のジンギスマン。ヒーローという触れ込みでした。
ジンギスカン鍋が輝いてます。
奴ならばきっと、ちょっとした平和くらいなら守ってくれるでしょう。

2006年8月23日 (水)

風聞

今朝、職場の更衣室にて総務課の人に

「ねぇねぇ、北海道誰と行ったの?彼氏?彼氏?彼氏?

と聞かれました。

…その三択、どれを選んでも「彼氏」って選択肢にしかならないんですけど。

おっかしいなぁ。
周りにはちゃんと「妹と一緒に行きます」と言ったはずなんだが、どこがどうなってそんな話になったんだ?

よくよく話を聞いていくと、どうやら先輩が「誰と行ったのか、本人に聞いてみてください、ムフフ」と言ったのが、
     ↓
「ムフフ」って事はもしや彼氏と行くのか?
     ↓
きっと彼氏に違いない
     ↓
そうだ、冷やかしちゃろ

という流れになったようです。

いやはや、噂とは恐ろしい。

ちゅーか、何で先輩、含み笑いとかするんですか!!
総務課の人、ちょっとがっかりしてたじゃないですか!!

2006年8月22日 (火)

北海道見聞録〜函館編〜

果たして楽しんで読んでくれてる人がいるんだか知らないけど、まぁ、旅の思い出として書きますよ。
なので、適当にお付き合いください。
仕事始まったら、書くヒマなくなるしね…(;_;)

あ、今回も長いです。

さて三日目。
函館へ向かう前に「どうでしょう」バカの聖地、HTBと平岸高台公園へ。
北海道の伝説番組、水曜どうでしょうを製作しているテレビ局と、撮影に使われている公園でございます。

今年はジャンボリーの影響か、ものすごい人出でした。
去年はここまで人いなかったもんなぁ。
どこまで人気出てくるんだろうなぁ。

ちょっと寂しく思いながら、札幌駅へ。
出発まであと一時間。
…函館行きの電車に乗るには、まだ時間あるんじゃない?
魔が差した私は、一旦江別方面へ。

そう、国盗りでございます。

北海道でも国数を稼いで行きたい私は、妹の(大丈夫かよ)という視線を尻目に江別行きの電車に乗り込みました。


…電車が止まっちゃったよ!!

何故か電車が途中で止まってしまい、動き出してからも途中待ち合わせたりして、札幌駅に戻ってきたのは出発ギリギリ。

函館行きスーパー北斗の自由席、もはや空席なし!!
次の一時間後の電車を待つか、デッキに乗り込むか…。

悩んだあげく、デッキを選びました。
いや、高崎から新潟まで新幹線のデッキに乗った時あったけど、そんな厳しくなかったし。

…またまた甘かったね。

すんごく揺れるんです、これが。横揺れがひどい。吹っ飛ばされるんです。
これに比べたら、新幹線なんて揺れてない!
これがあと三時間!!
地獄!!
厳しい!!
無理!!

私はまだ自業自得として、巻き添えをくった妹がデッキで揺さぶられてる姿は、不憫としか言いようがない。

二時間でギブアップでした。
駅に着く度に客席にダッシュし、力業でどうにか座席確保。

…帰りこそ、この教訓を生かそう、と少しだけ成長の跡をうかがわせてみました。


函館でホテルにチェックイン後、再び街へ。

有名なハリストス正教会、聖ヨハネ教会、旧函館区公会堂と坂の上のポイントを見学。
もう少し遅い時間だと、ライトアップされてキレイだったんだけどねー。


その日朝の天気予報、函館は雨。
この時点で、雨は降ってはいなかったものの、空には厚い雲がかかっておりました。
今日は夜景を見る!と意気込んでいた私ですが、色々アンラッキー続きだったため、「どーせ見れないべ」と半ばふてくされてました。

夕飯後、路線バスでいざ函館山へ。

…ん?

晴れてきた??

もしや、いい感じじゃね???

そして、いよいよ山頂へ。

夜景、はっきり見えました。
今年の夏は、なかなか夜景が見える日が少なかったそうですが、その日はバッチリでした。

珍しくラッキー!

人間、悪い事ばっかりって訳でもないんだなぁ、としみじみ思いました。

だって、本当にキレイだったんだもん。

だから、この日は相対的に良かった、という事で。

〈写真解説〉
1 平岸高台公園の景色。
2 この日の夕飯、ステーキピラフ。お肉が柔らかかったです。
ここの店長が面白い人で、「次回来た時は、僕の事『パンダ』と呼んでください」と言ってました。
もちろん快諾。
3 函館の夜景。肉眼の方がこれよりもキレイです。

北海道見聞録〜札幌編〜

《最初におことわり》

「札幌編」って札幌関係ないじゃん、というツッコミはナシの方向で。
だって、タイトルを「○○編」で統一したかったんだもん。

えーっと、一昨日の事になりますが、(もう一昨日なのか…)札幌におりました。
この日の目標は、CUEドリームジャンボリー、そしてCUE展というイベントに参加する事。
なので、午前中はちゃっちゃと時計台、テレビ塔などを見学。

ジャンボリーは12時開演なので、まぁ二時間前くらいに行けば良いか、と悠長に構えていたのですが、

甘かった。

「何じゃこの列ぁ〜!!」

グッズを買うための長蛇の列。
あんたたち、何時間前から並んでんのよ!

…負けた。

仕方なく、最後尾に並びました。

それから一時間余。
グッズはほとんど完売。
マジっすか。
時計台なんて回ってる場合じゃなかったのか!

不覚でした。
それでもまだ、買えた方かもしれないけど。
恐るべし、CUEファン。

ここで妹と別れ(チケット一枚しかなかったので)少し落胆の色を隠しきれない状態で中へ。

えっ!!
一番後ろ!!
そして一番はじっこ!!

そっか、こりゃ一番最後に売れたチケットなんだなぁ、と妙に感心。
そりゃ、一枚しか取れない訳だわ。


ジャンボリー自体は、もう最高でした。
前半はお馴染みの曲をメドレー形式で、後半は山田家のその後を舞台で、という風になっておりました。

もう、歌ったし、爆笑したし、踊ったし、泣いたし。
…泣いちゃいました。どうせ、知り合いいないし良いやって思って。

久々だったなぁ、泣いたの。今もこれ書いてて泣きそうになってます。

あんま詳しく内容に触れるのも何なので(ちゅーか、携帯で打つのが面倒)割愛しますが、感動しちゃいました。

良かった。
二年後、また行ったる!!


その後、大通公園をプラプラして、それからCUE展を見るためにパルコへ。

…入れませんでした。
午後3時には既に入場制限してたとの事。

こればかりは、悔やんでも悔やみきれなかったわ。
この日は最終日だったので、もう見れないって事だからね。

なかなか「仕方ないな」って踏ん切りがつかなくて、しばらくその場にいました。

色々と甘かったなぁ。


そんな感じで、この日は喜怒哀楽全部を出し切ったような一日でした。


よし、札幌編、終わり!!
引き続き、函館編執筆に入ります!

〈写真解説〉
1 お馴染みの時計台。
2 今回参加した、CUEドリームジャンボリーののぼり(のぼり?)
3 札幌市白石区菊水にある、円形歩道橋。本当にどこから見ても円形。

2006年8月20日 (日)

北海道見聞録〜小樽編〜

もう、出発前から色々ありましたよ。小樽編とか言って、小樽の話が出てこなくても許してください。

羽田に着いてから、まずは昼飯でも買おうと言う事になり、羽田のampmで昼飯を購入。
しかし、時間がなくてそのまま機内に持ち込むことに。

…仕方ないので、昼飯も共に手荷物検査を受ける羽目になってしまいました。

おいおい、チキンドリアが思いっきりエックス線を浴びせかけられてるよ…。

トレーに乗せられたチキンドリアが私の元に流れてきた時は、正直笑ったけどね。

チキンドリアは無事通過したのですが、もう一つの手荷物は引っ掛かってしまいました。
化粧ポーチの中のカミソリが原因だったのですが、うろたえた私は「ハサミも入ってます!」と思わず自己申告。
「いや、ハサミは良いです」と係員の人も思わず半笑いしてました。


そんなこんなで北海道上陸。
いやぁ、北海道は爽やかです。カラッとしてる。さすがは亜寒帯。
亜熱帯から来た者からすれば、若干寒いくらいでした。

そして小樽へ。

小樽は、街並みがキレイです。街全体に統一感がある。
古い建築物が残ってるってのは良いね。

今日は、運河周辺と北一ガラス、オルゴール館などを回ってまいりました。

あれ、小樽短くね?
いや、もう限界です。眠い。

じゃ、やけに半端ですがこの辺で。

そうそう、すすきののゲーセンでUFOキャッチャーをしたら、巨大コリラックマをGET。
出資金額500円。

…これ以上荷物増やしてどーすんだよ!


〈写真解説〉
1 小樽運河の夜景。一応。
2 三段ソフト。ラベンダー、バニラ、夕張メロン味でした。
3 今日の戦利品。隣はテレビのリモコンです。わかりづらいけど。

2006年8月13日 (日)

国盗り物語

今、ケータイサイトで「国盗り合戦」というのがあるのはご存知でしょうか。

トラベルナビゲータのサイトなんですが。

ルールとしては、場所ごとに位置情報を送信して、それでその地域を制覇したことになる、というもの。
私、今それにはまっておりまして。

だって「国盗り」ですよ。
 
卑賤の身から成り上がって行く訳ですよ。
 
下克上ですよ。
 
最終的には天下人ですよ。
 
小学生の頃、戦国大名になりたかった者としては「国盗り」というだけで心が躍る訳です。←この辺から趣旨を間違えてきているけど。
「国盗り」って付いてなかったら、ここまで無理してないなぁ、多分。
 
まぁ、それは良いとしてここ数週間、休みの度に遠出しています。

で、本日の目標としては武蔵野を押さえる!ということ。
まず最初に八王子を出発して大宮を盗りに行く予定だったんですが、武蔵野線に乗りっ放しの方が面白いんじゃないかと思い直し、そのまま船橋方面まで行くことに。
もはや武蔵野ですらなく。

更に、このまま常磐線に乗ってやれ!って事で、土浦方面まで出向いてまいりました。

うーん、普段平日夜11時に帰宅して、夕飯も食べられない位疲れてる奴の休日の過ごし方とは思えない。
昨日だって出勤だったのに。
でも、天下人になるためには、仕方あるまい。
日々、強行軍でございます。

そんなこんなで今日は中央線に始まり、武蔵野線、常磐線、埼京線、川越線、八高線と乗り継いで無事八王子までたどり着いたのでした。

〈今日の戦績〉
武蔵野国…越谷、草加、大宮、川越、飯能
常陸、房総国…松戸、船橋、取手、土浦

総取得国数…40国/300国中

まだまだだね。

トップページ | 2006年9月 »