2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

« 四国お遍路紀行 桂浜・四万十 | トップページ | まずは、はじめまして。 »

2008年7月30日 (水)

四国お遍路紀行 松山

連休明けて仕事に行ったら、予想以上に仕事がたまってて、少々困惑しておりました。
なのに、「金ないから残業するな」とか言われるし!!

いやいや、君たち2、3人クビになれば少しは金浮くんじゃね?


そんな訳で、忙しくてまたまたアップが遅くなった日記でございます。


21日、やっぱり晴れ。

この日の目玉は松山観光。
中でも楽しみにしてたのが道後温泉。
何でも、道後温泉本館は千と千尋のモデルになったとかならなかったとか…。

あと、松山は正岡子規、高浜虚子はじめ、沢山の人材を輩出している場所でもあります。
できれば司馬遼太郎の「坂の上の雲」を読んでから行きたかったのですが、時間がなくて今回は不勉強のまま観光しました。

ちなみに今、「坂の上の雲」を読み始めているのですが、これがなかなか面白い。
正直、明治時代以降の日本史には疎いのですが、物語として充分な読みごたえがあります。
ドラマ化もされる事だし、一度読んでみることをおすすめします。

…話が逸れた。


まずは松山城見学。
小高い山の上に建てられたお城なので、8合目まではケーブルカーかリフトで上り、そこから先は自力で登るという、猛暑にはうってつけのプランを敢行。
そこの係員さん達は夏目漱石の「坊っちゃん」にあやかって、男性は坊っちゃん、女性はマドンナスタイルというこだわりぶり。

…暑い中、お疲れ様です。

城中は、若干展示スペースなど改装されつつも、急勾配の階段は残してあったりと、基本的にはそんなに手を加えてない印象でした。

城は、それくらいが丁度良い。

個人的に気になったのは、松山城内でひっそりと行われていた「甲冑着用体験」
昔、小田原で見たような雑兵の甲冑ではなく、武将の甲冑を着させてくれてたんですが、さすがに一人で甲冑着るのが気恥ずかしくて、スルーしちゃいました…。
せめて兜だけでもかぶりたかったんだが…。

自分の引っ込み思案が憎い!!


そして道後温泉に向かった訳ですが、長くなったのでまた近日中に。

果たして書くのかは謎だけど。

« 四国お遍路紀行 桂浜・四万十 | トップページ | まずは、はじめまして。 »

旅日記 ⑧四国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 四国お遍路紀行 桂浜・四万十 | トップページ | まずは、はじめまして。 »