2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

« 開運日和 | トップページ | 後輩君 »

2009年3月 5日 (木)

たまには書籍案内

最近、本を読む機会がめっきり減ったような気がします。

 

学生の頃はヒマを持て余してたので、毎月結構な量の本を買っては読んでたのに。

(引っ越し時にそれが荷物となって私を苦しめたのは言うまでもない)

同じ本だって、何度も暗記するまで熟読してたのに。

そんな、かつては「本の虫」だった私も今ではただの「ケータイ依存症」。

 

…これじゃイカン、これじゃイカンぞー

 

ということで、活字離れのはなはだしい私が、今回リハビリがてらに読んだ本がこちら。

ズッコケ中年三人組age43 Book ズッコケ中年三人組age43

著者:那須 正幹
販売元:ポプラ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

小学生の頃にハマって読み漁ってた「ズッコケ三人組」シリーズ。

多分、20代、30代の方なら一冊は読んだことがあるんじゃないでしょうか。

私は結構このシリーズが大好きで、新刊が出る度に読んでたっけ。

そんな永遠の小学6年生だった彼らが、40過ぎのオッサンになって帰ってきたのです。

今回は第四弾として、43歳になった彼らの活躍(?)が描かれています。

 

今作は、コンビニの店主となったハチベエが裁判員に選ばれ、中学教師になったハカセが相変わらずの研究熱心ぶりで裁判員制度について説明し、塗装工になったモーちゃんがハチベエの勇姿を応援しに行く、というのが簡単なあらすじ。
↑めちゃくちゃ簡単すぎ。

花山第二小学校のメンバーのその後についても書いてあり、往年のファンには「あぁ、あの子かぁ」と思うこと間違いなし、と思われ。

 

何より今回面白いと思ったのが、ハカセが随所で「裁判員制度」について説明するところ。

もうすぐ始まる裁判員制度について分かりやすく説明してあり、それだけでも読む価値あったなぁと思います。

もちろん裁判員制度についての専門書ではないので、その辺はあしからず

 

私にとってはかなり読みやすい本でした。

 

昔ズッコケ三人組シリーズを読んでた方、一度読んでみてはいかがでしょう?

« 開運日和 | トップページ | 後輩君 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たまには書籍案内:

« 開運日和 | トップページ | 後輩君 »