2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

« 東北・北海道一人旅 北海道~秋田編 | トップページ | 女だらけの佐野厄除け・日光旅 前編 »

2009年9月24日 (木)

東北・北海道一人旅 酒田~新潟編

最終日、朝。

前日にお祭りを見に行ったり、ホテルの岩盤浴で3時間ほど粘ってみたりしたせいで、軽く寝坊。

循環バスの運転手さんが電車の時刻に合わせてぶっ飛ばしてくれたおかげで、ギリギリ特急いなほに乗ることが出来ました。

 

(女性の運転手さん、あの時は本当に助かりました。

「スピード出すからつかまっててください」

って言うセリフ、なかなかカッコ良かったです。

どうもありがとうございました

 

そして電車は酒田へ。

 

酒田。

「おくりびと」のロケ地で一躍有名になったせいか、中高年の観光客で賑わっていました。

まずは循環バスの時刻を確かめる。

(大概二時間に一本程度しか走ってないので、さほど期待はせず)

そして、予想に違わず次のバスは一時間後。

 

そんな時は、お約束のレンタサイクル。

酒田はチャリンコ貸出無料、となかなか良心的だったりします。

ちなみに明日香村は1000円でしたからねぇ。

だんだん、全国のレンタサイクル相場にも詳しくなってくる私。

しかし、その良心さが仇となり、チャリは全台出払っていました…。

 

…歩きましょう。

 

そうして、まずは山居倉庫を目指して歩き出すことに。

歩くこと20分余。

086088風流な橋を渡ると、CMなどでおなじみの倉庫群が見えてきました。

吉永小百合もCMで歩いてるっけねー!!

087

 

逆側から見てみると、何だか印象が違うけどね。

 

ここは現在もJAが使用しているらしく、一部は資料館となっています。

時間の都合で寄らなかったけど。

 

次は、旧鐙屋。

江戸時代、酒田の廻船問屋を営んでいた豪商の家です。

井原西鶴の「日本永代蔵」にも出てくる、というから驚き。

091

 

鐙屋外観。

 

095

094092

097

100   

 

 

098 099

中は、調度品などが展示してありました。

お金持ちの暮らしぶりがうかがえます。

生活感の溢れる展示品って、大好きなんだよなぁ。

 

 

そうこうしているうちに二時間が過ぎ、再びいなほに乗って新潟へ。

 

090921_145001

090921_145501

090921_145802

新潟駅南。

 

いつの間にやらビックカメラと直結!!!

あまりの変わりっぷりにちょっと驚きました。

政令指定都市めー!!(関係ない)

  

新潟は思い出深い土地なのでどこへ行こうか迷った挙句、白山神社に行くことにしました。

新潟駅から越後線で一駅、白山駅から徒歩10分くらいの所に白山神社はあります。

昔、バイトをしてた頃は毎週通ってた道。

通るたびに神社でおみくじを引き、毎週一喜一憂していたあの頃。

 

…うーん、懐かしい。

 

090921_154001

りゅーとぴあ。

すごく綺麗なホールなんですが、イマイチ綺麗さが伝わらないなぁ

103 105

白山公園と白山神社。

何故か境内ではなく、門のお写真

  

090921_161301ポッポ焼きの屋台。

週末の白山公園ではよく見る風景です。

 

そして、久々に引いたおみくじは「大吉」

非常に縁起よし。

 

もう少しゆっくりしたかったのですが、ここでタイムアップ。

泣く泣く新潟をあとにしたのでした。

 

日本海側って、何か良いよねー

出来れば、夕方に特急いなほに乗りたかったなぁ。

日本海側って、夕日がすごく綺麗なんです

次回は、もう少し遅い時間に行こうっと。

« 東北・北海道一人旅 北海道~秋田編 | トップページ | 女だらけの佐野厄除け・日光旅 前編 »

旅日記 ①北海道」カテゴリの記事

旅日記 ②東北」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北・北海道一人旅 酒田~新潟編:

« 東北・北海道一人旅 北海道~秋田編 | トップページ | 女だらけの佐野厄除け・日光旅 前編 »