2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

« 一応の決着 | トップページ | 同窓会 »

2009年11月23日 (月)

もう一つの決着…?

前回、送別会でH君に再会した話をしましたが、今回の転勤に関してはもう一つ、しょーもない話がありまして…。

それは思いこみ暴走系恋愛男、Mさんについて。

(Mさんの詳細はコチラ:職場環境わろし想い混線

日記には書いてないけど、あれからも様々なMさんからのアプローチがありーの、気付かないふりをしーの、他の人からからかわれたりしーの、あったんですが。

 

なんとMさん、今回の私の異動を転勤2日前まで知らなかったようで。

(一応、内命ってことで秘密ではあるけど、普通は大体一週間前にはみんな知ってるもんなんです)

慌てたMさんは、2日前、1日前にそれぞれ別の人を呼び出して、私の転勤の詳細を聞き出していたそうな。

 

「ナユタちゃんごめん昨日、Mさんから転勤の事を聞かれて、つい喋っちゃったー。

Mさん、『そうなんですか!!!』って、あり得ないくらいビックリしてたよ

「何で今更驚いてるんだろうね…。どこまで情報弱者なんだろ?」

困惑する私に、そばで話を聞いてたYさんが、

 

「私も今日、色々聞かれたよ。

転勤先を聞いてくるから教えたら『何でそんな遠い所に』って驚いてて。

『引っ越すらしいよ』って言ったら『まさか…一人暮らしですか?』だって。

よっぽど『結婚するらしいよ』って言おうかと思ったんだけど、そしたらM君、ナユタちゃんの所に『おめでとうございます…』とか訳の分からない事を泣きながら言いに行きそうだったから、一応本当の事を言っといたけど」 

「ナユタちゃんさぁ、気をつけないとまた待ち伏せされるんじゃない?」

「そうそう、最終日とか危なくない?帰りは誰かと一緒にいた方が良いよ」

「あー、でもそれ見てるの面白そう

「いいねー、みんなでこっそり見てよっかー

そこにいた女子たちは、無責任にキャイキャイ言って笑ってたんです、が。

 

最終日。

お昼休みに遅れて入った私は、更衣室に荷物を取りに行ってました。

すると、更衣室のドアをガンガン叩く音に続き「ナユタさん、いますかー!」の声。

 

…昼間から奇襲とは!!

 

しかも、そこにいたオバちゃんが「ナユタさん?いますよー!」と返事する始末。

味方から内応者か!!
(オバちゃんは知らなかっただけだけど) 

 

しぶしぶ更衣室を出ると、そこには顔を真っ赤にしたMさんの姿がありました。

 

「あの…ナユタさんが転勤するって聞いて…。

自分、もっと一緒に仕事をしたかったんだけど…。

自分にとって、ナユタさんは憧れだったし目標だったし…」

 

口をもごもごさせてMさんが話している所に、遅番の女子達が更衣室へ。

私たちのツーショットを見かけた途端、大笑いする女子連中。

 

見られた…。

 

結局、イマイチ意図の掴み切れない話を一方的に延々10分強も話し続け、Mさんは去って行きました。

 

「やっぱりMさん来たんだー!!」

「ちょっと、目撃しちゃったんだけどー」

「で、何だって?好きって告られたの?

「…いや、何だか私のことを目標にしてたとか言ってたけど…」

「えー!だって奴の方が何年先輩よ?自分が目標にされないといけなくね?」

「つーか、結局何を言いに来たんだろうね?」

「相変わらず遠回しな人だよねー!!!」

 

女子たちは好き勝手しゃべりまくり、この話は瞬く間に多方面に知れ渡ったのでした。

 

これって…

公開処刑ですか???

 

何で最後の最後までこんな目に…orz

« 一応の決着 | トップページ | 同窓会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もう一つの決着…?:

« 一応の決着 | トップページ | 同窓会 »