2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月の記事

2010年8月29日 (日)

米沢一人旅 後編

二日目。

この日は朝から観光。

まず駅でレンタサイクルを借り、それから上杉神社へ。

上杉謙信と上杉鷹山を祀っている神社です。

034   

036  

037

100816_085401   

同じ敷地にある稽照殿という宝物館には、有名な兼続の「愛」の兜や謙信愛用の刀など、貴重な物が展示してありました。

謙信愛用の着物とか自筆の書簡とか、保存状態があまりに良くて驚き。

謙信には「実は女性だった説」なんて説もあるけど、確かに優美なひらがなの筆跡を見ると女性かも?って思わず考えざるを得ません。

その八代あとの鷹山の達筆ぶりもすごい。

謙信は生涯独身だったし、鷹山も養子なのでもちろん血は繋がってないのですが、上杉家は文武に優れた家系だったんだろうなぁ、というのが良く分かります。

 

それにしても米沢は涼しいのぉ。

レンタサイクルでも苦にならない暑さというのは実にありがたいです。 

 

その後、南下して旧米沢高等工業学校本館(現山形大学工学部)へ。

実はここは父上の母校だったりします。

100816_102201  

米沢駅はこの建物をモデルにしているそうな。

残念ながら、現在は入口を改修中。

044_2

中は山大工学部の資料館になっていました。

超文系の私にはイマイチ分からん…。

ちなみに今年は工学部創立100周年だそうです。

 

それから、すぐ近くの春日山林泉寺へ。

ここは上杉家代々の位牌や廟所、それに直江兼続、お船などのお墓があるところです。

049  

100816_113601  

048  

直江兼続、お船のお墓。

 

ちょうどお盆の時期だったので、普通に子連れの家族がお墓参りに来ていました。

有名人の眠るお墓に先祖代々のお墓があるっていうのも、何だか良いですなぁ。

なんて事を考える30代女子(独身)

 

100816_120401 

上杉神社に行く途中にあった「きよえ食堂」のチャーシューメン。

スープのあっさりして素朴な感じと、麺の縮れ具合が何だか懐かしい味でした。

米沢ラーメン、実にシンプル。

 

こんな感じで、今回は歴史と食を楽しむ旅となりました。

こういう旅が一番好きなんだよねぇ。

携帯アクセス解析

↓クリックよろしくです↓

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

2010年8月24日 (火)

米沢一人旅 前編

8月に予定していた夏休みが、講習会参加のために9月に延期になった私。

その前の休みも前倒しで7月に移動しちゃったし。

「8月に休みが全然ないのってしんどいんですけど

ってゴネていたら「じゃ、休んで良いよ」と課長からまさかのが。

ふぉっふぉっ、課長も甘いのぉ。

 

そういう事で、またまた旅に出ておりました。

今回の行先は米沢。

のあふれる街でございます。

 

とは言え、初日はずっと電車に乗っていて、特に何も観光はせず。

なので、前編は街中のお写真でも。

 

033  

米沢駅前。

032  

この日はお祭りが行われていました。

そう言えば、去年も秋田でお祭りに遭遇したなぁ。

 

100815_201001  

駅の中にあった兼続像。

サイズのデカさと妙にリアルな感じがちと怖い…。

 

100815_203701  

今回、完全にコイツが目当てでした

牛肉どまん中弁当。

100815_203801  

中身はこんな感じ。

すき焼き風に煮た牛肉とそぼろがご飯の上に乗っていました。

おかずが寄ってるのは気にしないでください…。

大人気の駅弁だけあって、食べ応え十分でした

全く美味しそうに写メが撮れなかったのが残念すぎ。 

100815_181901  

かねたんにいつの間にかお仲間が。

その名も「かげっちさま」「おせんちゃん」

それ以外にも前田慶次のキャラクターの「けーじろー」もいました。

うーん、大分くだけた感じですなぁ。

ま、カワイイから良いか。 

 

それにしても、米沢って意外と近いのね。

在来線を乗り継いでも東京から6時間ほどで到着しました

 

後編は米沢観光編です

 

 

事務連絡:

サイト内の記事が検索出来るようになりました!(パソコンのみ)

ちなみに「ポチっとよろしく」ボタンもパソコン対応となっております。

前回の記事をケータイからご覧になった人は、明らかに「何じゃそりゃ?」状態だったと思います…。

説明が足りなくてスミマセヌ


携帯アクセス解析

↓クリックよろしくです↓

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

2010年8月21日 (土)

関西一人旅 大阪編

前日、和歌山から大回りをして大阪に到着後、懲りずに国盗りを続けていた私。

おかげさまで、大分国を盗る事が出来ました。

 

そして三日目。

まず最初に、宿近くにあった大阪天満宮へ参拝。

054  

それから盗り漏れた場所を中心に国盗り続行。

している間に観光の時間がなくなっている事に気づく。

うーん、せっかく大阪まで来たのに…。

これでは寂しすぎるので、駈け足で大阪の観光地を見て回りました。

 

道頓堀。

056  

057  

100801_134001  

100801_134101  

100801_134401  

 

それからちょっと足を伸ばして新世界へ。

100801_142301 

 

大阪城とか色々行きたい所はあったのですが、きっとまた行くだろうという推測のもと、今回は断念…。

 

写真ばっかりになってしまいましたが、今回は以上です。

何だかもう記憶が…

  

 

記事の下に「ポチっとよろしく」ボタンが出来ました。

読んだ際にはポチっと押していただけると嬉しいなー、なんて思ってます。


携帯アクセス解析

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

2010年8月17日 (火)

関西一人旅 和歌山編

二日目。

朝7時に起きて、まず向かったのは神戸のポートタワー

前日、国盗りのために行くのを断念した場所です。

南京町からだと徒歩で10分弱ほどの近距離にあります。

045  

逆光のポートタワー。

044  

朝のメリケン波止場。

既に暑さが身にしみる…。

 

それから和歌山へ移動。

二年前、熊野の友達の家に遊びに行ったことはあるのですが、和歌山市内に行くのは今回が初めて。

和歌山駅に着くと、9番線に回って和歌山電鉄に乗り換え。

たま駅長に会いに行こうと思い立ったのでした。

 

最初に乗ったのは「たま電車」

車内のいたるところがたま仕様になっているという、こだわりの電車です。

100731_1117010001

046   

 

途中、伊太祁曽駅で降りて伊太祁曽神社へ。

奇しくもこの日は茅輪祭というお祭りが開催されていたのです。

伊太祁曽駅に着いたのは11時50分頃。

047  

鳥居をくぐり抜け、拝殿へ。

階段を登っていくとそこにはお目当ての茅輪が。

048  

紙で出来た人形(ひとがた)に名前などを書き、そこに半年の穢れをうつし、それから三度輪をくぐると穢れが祓われる、というもの。

でも…何だかまだお祭り開始前の雰囲気がプンプンしていたので、三度も輪をくぐる勇気もなく

せっかく伊太祁曽まで来たのに、茅輪を見学しただけで戻ったのでした…。

 

それからまた電車に乗り、終点貴志駅へ。

いよいよたま駅長とご対面です

 

…ご対面……。

…どこ???

 

050  

駅長室。

049  

駅長いらっしゃった~

しかし、あまりの暑さに元気なさげ。

しばらくねばっていたのですが、その後も駅長は駅長室からお出になることはなく。

 

053

新駅舎。

屋根は全て桧皮葺だそうです。

しかも私が行った一週間後に完成という…。

またしても何というタイミング!!

 

それから和歌山まで戻り、橋本経由で大阪へ。

 

三日目へ。


携帯アクセス解析

↓クリックよろしくです↓

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

2010年8月14日 (土)

関西一人旅 神戸編

新潟から戻ってきて3日。

突然上司から「8月の休み取れなくなったから、代わりに今週末休んで」と言われ、急きょ旅に出ることに。

ということで、準備もままならないまま関西に行こうと思い立ったのでした。

月曜に新潟から戻ってきたってのに、金曜には神戸に旅立つというハードスケジュールを敢行。

 

一日目。

本当は青春18きっぷを使って在来線で行きたかったのですが、それだと神戸までで一日かかってしまうので名古屋までは新幹線で。

(それを私の中で『名古屋ルール』と呼んでいます)

名古屋からは在来線を乗り継いで神戸は三ノ宮駅へ。

最初に向かったのは生田神社。

三ノ宮駅から歩いてすぐのところにあります。

040

幕末、勝海舟が住んでいたこともある生田。

100730_173301  

生田の森。

時間外で見れなかった…。

 

お次は新神戸に移動してロープウェイに乗りました。

ロープウェイ、あるとつい乗っちゃうんだよなぁ…。

043_2  

新神戸ロープウェイは頂上の布引ハーブ園駅の前に風の丘駅という駅があり、途中下車することができるという、ちょっと変わったロープウェイでした。

 

この後、ポートタワーに行く予定でしたが、国盗りしたい!!という欲求に負けて延々と電車に乗っていた私…。

せっかくの神戸だったのに。

思った以上に観光していなかったことに自分でビックリ

100730_151001  

100731_0745010001  

泊まったホテルは南京町の近く。

カオス渦巻く街でした。

 

今回、青春18きっぷと併用したのは「スルっとKANSAI 3dayチケット」

関西の私鉄、地下鉄、バスが連続三日間乗り放題というスグレモノです。

ただ、通年使用できる3dayチケットの場合、関西以外の旅行会社などであらかじめクーポンを購入し、引き換え場所で交換してからでないと使えないので注意が必要です。


携帯アクセス解析

↓クリックよろしくです↓

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

2010年8月11日 (水)

新潟お祭り旅 後編

さて、翌朝。

弥彦を出発した私たちは一路、月岡へ。

ここでの目的は体験モノ。

三人旅の基本コンセプトは「お祭り」「体験モノ」

毎年、旅行の最中にどこかに立ち寄っては陶芸やらトンボ玉作りやらを行っているのです。

 

弥彦からおよそ2時間。

目的地の月岡カリオンパークへ。

パーク内にあるガラス工芸館で、ガラス細工の体験モノを行うことに。

100726_1037010001  

 

今回、私とAちゃんが作ったのはオイル式の万華鏡。

100726_1049010001

↑材料。

外側に巻くための赤い紙は使わないでテープを巻くことにしました。

100726_105601  

まずは、中に入れる鏡をテープで貼り合わせて…。

100726_111001  

筒の中へ。

100726_111201  

試験管みたいな筒の中にビーズを入れて、透明なオイルを注ぎ込みます。

100726_112601

その間、本体の筒にテープを貼っていきます。

100726_115701  

こんな感じ。

100726_120301  

筒に試験管を通して完成

100726_120401  

中をのぞくとこんな感じ。

素人が作ったにしてはまぁまぁの出来ではないか!と自画自賛。

 

そこで、ガラスのコップに絵を描く作業をしていたU君が

「二人ともガラス関係なくない?筒にテープ貼るのに一番時間かかってたじゃん」

とポツリ。

 

…そう言えば。

 

ま、でも面白かったから良し、と。

 

100726_103801  

月岡カリオンパークと言えばカリオンタワー

恋人同士でラブロックキーなる南京錠を付けると良いらしいですよ。

関係ない私たちは全力でスルーしましたけどっ!!

 

100726_1327010001  

お昼に食べたおそば。

ふのりを使ったへぎそばで、歯ごたえのしっかりしたおいしいおそばでした。

 

こんな感じで、毎年のんびり旅行をしています。

来年はどこに行こうかねぇ。


携帯アクセス解析

↓クリックよろしくです↓

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

2010年8月 8日 (日)

新潟お祭り旅 前編

一週間のご無沙汰でした。

土日に連投で旅行に出ていたせいで、しばらくブログの更新が滞ってました。

さあ、ザクザク書くぞぉ~

 

もう先々週になりますが、大学時代からの悪友Aちゃん、U君と3人で旅に行ってきました。

場所は3人が出会った思い出の地、新潟

大学の頃、ゼミで3人で組んで発表したのが縁となり、それから毎年3人で集まって旅をするというのが恒例になっているのです。

 

去年は飛騨高山に行きました。

 飛騨高山 お祭り旅 前編

 飛騨高山 お祭り旅 後編

 

日曜日。

高崎で集合した私達は車で新潟へ。

目的は弥彦の燈籠祭り。

予想以上に早く新潟に着いたので、ちょっと足を伸ばして大学や昔住んでたアパートを見に行くことに。

 

…懐かしい!!

 

大学周辺のお店は大分変わってたけど、大学も随分小ぎれいになってたけど、それでも独特の空気感は変わってなくて、色んな思い出が蘇ってきました。

あの頃は楽しかったなぁ…と思わずみんなでしみじみ。

 

それから弥彦へ戻り、宿で夕食を取った後に燈籠祭り見学へ。

何でもこの弥彦の燈籠祭り。

千年の伝統ある神事で、日本三大燈籠祭りにも数えられているそうな。

小燈籠と大燈籠が一キロほどの道を2時間に渡って練り歩く、というもの。

043  

弥彦神社の境内へ。

046  

まずはお参り。

ちなみに弥彦神社は縁切りで有名な神社だとか。

047  

いよいよ小燈籠が神社を出発。

050  

そして大燈籠も出発。

大燈籠ごとに色んな種類の花などの飾りが付いています。

051 

神社の鳥居前で一度大燈籠を置くと…。

052_2

大燈籠をグルグル回し始めました

ものすごい勢い!!

057

058

そして花火。

降ってくるような大迫力!!

 

こうして一時間以上お祭りを見学していたのでした。


携帯アクセス解析

↓クリックよろしくです↓

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »