2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の記事

2011年7月30日 (土)

富山一人旅 富山市編 

月曜に休みをもらって、富山まで旅に出ていました。

待ちに待った、青春18きっぷの季節の到来です

 

一日目はほぼ移動のみ

赤羽から高崎線で高崎、上越線で六日町へ行き、そこからほくほく線で犀潟、直江津を過ぎて北陸本線で富山へ。

所要時間、およそ9時間

これが青春18きっぷの醍醐味でもあります。

 

248  

129  

ただし、ほくほく線はJRではないので別途運賃がかかります。

初ほくほく線です。

 

富山到着は17時頃。

この日の観光は諦め(というより、最初から予定に入れてなかったけど)近隣地域の国盗りへ。

 

130  

135  

市電、その名も「セントラム」

何だか超カッコ良いっす

私が乗る時は普通の車両しか来なくてガッカリ

 

国盗りを終え、その後向かったのは西町大喜というラーメン屋さん。

富山のご当地麺である「富山ブラック」を食するためです。

富山ブラックとは、元々戦後労働者のために考案されたラーメンなのだとか。

 

133  

富山駅前店。

131  

店内には有名人のサインがいっぱい貼られてました。

ちなみにメニューは中華そばのみ(サイズは選べます)

 

132  

注文してすぐに登場の富山ブラック。

黒い思った以上に黒過ぎる

真黒いスープの上に、ぶつ切りのチャーシューと厚切りネギとメンマ、そして上に乗ってるブラックペッパーの香りが何とも香ばしい

110723_2053010001  

麺は太麺。

そしてお味は…ものすごく塩辛い!!

ご飯に合うおかずとして考案されただけあって、かなりのしょっぱさです

正直、ビックリするレベルでした

初めての人は生卵をトッピングした方が良いかもしれません。

 

そんな驚きの富山ブラックとともに、富山一日目終了。 

 


にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ



2011年7月23日 (土)

極道の…!

前回の日記でネタにしたサカイさん(通称:組長

先日、機嫌が悪かったのか、全くもって理不尽な内容でキレられ、さすがにムカついた私は一週間奴の仕事をほったらかしてやることに。

悔しかったら自力で書類全部完成させてみろってんだ!

 

しょせん、営業能力以外はただの人以下の組長にとって、さすがにこれはこたえた模様。

申込書も請求書も処理出来ないんじゃ、仕事にならんもんね。

その分、部下のハセベさんにしわ寄せが来てたみたいだけど、それは組長に私のメアドを教えた報い、ということで。

 

ざまーみれっっっ

事務屋をナメたらいかんぜよ

 

ただ悲しいかな、事務屋には「提出期限」という時限爆弾がございまして。

組長がミスりまくった書類をほったらかす事により、センターから催促が来てしまうのです。

それに、土日を挟んでしまうのはさすがにヤバいだろ、という事で今日、仕方なく組長に進捗状況を確認に。

すると、営業用カバンから出てきたのは未処理の書類の山

 

…こんなに書類を溜めとくなんて、どーいう神経してんの?

アンタ、一週間何やってたのよ!!

 

苛立ちを抑えながら、そして表面上は苦笑いを浮かべながら、組長の書類を全部預かる私。

結局、ボイコットしても自分の首を絞めるだけという、事務屋の悲しい末路を思い知らされたのでした…。

当の組長は「オメーが取りに来ないから、こんだけ仕事溜まっただろ」と言わんばかりの態度。

 

誰か、この人を要介護認定してー!!

 

その時、隣で一連のやり取りを見ていた課長が口を挟んできました。

「これだけナユタさん仕事手伝ってるんだから、サカイさんから少し給料貰いなよ」

「そうですね、2割くらい貰っても良いですよね(実際、8割貰っても割に合わないけどなっ)」

 

すると、組長。

「あ?いいぜ。その代わり、はんこ押す勇気があれば、だけどな」

 

 

え?

はんこ??

銀行印でも出せってこと?

恐喝でもしようってか?

 

 

 

「婚姻届に、だよ」 

 

 

 

……???

はあああああああ??

 

 

ドヤ顔しながらしょーもないこと言っちゃってんの??

いっこもカッコ良くないんですけど!!

必要なのははんこを押す勇気じゃなくて、極妻になる勇気でしょーが!!

あるかそんなもん!!

生まれた時からカタギだわ!

 

とりあえず、返事に窮した私は「はぁ…」と、ニホンゴワッカリマッセーン的なリアクションをしてその場を離れたのでした…

つーか、この状況下でのベストアンサーがわかんねーよ。 

 

…そう言えば組長、いい年こいて独身だったっけ。


にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ



2011年7月18日 (月)

仁義なき…!

以前の日記でもお話した通り、4月に異動してきた人たちとイマイチ仲良くなれていない私。

特に、一番苦手なのがイシザワさんと交代で異動してきた営業のサカイさん。

 

営業成績は確かにすごいんだけど、事務処理能力が皆無

それを「事務はオメーらの仕事だろーが」と言って、私たち事務担当に押しつけてくる訳です。

いやいや、私たちの仕事は完成した書類の処理であって、不備だらけの書類の訂正ではないから

 

今までも事務処理出来ない営業の人は結構いたけどさ。

でも、今までは「教えてもらう前提」で聞きにきてくれる人ばっかだったんだけどね。

尻拭いはテメーらでやれ、って完全に上から目線で言っちゃうあたりが苦手ポイントなんです…。

まぁ、課長だから上から目線でも多少は仕方ないんだけど

しかも、部長達もその性格のキツさから彼には何も言えないもんだから、完全に暴君化

直属の部下は怒鳴られるわ、土日出勤を強要されるわ、立ちっぱで一時間以上説教されるわで大変な様子 

 

そんなサカイさんですが、私服のセンスが半端ない。

黒のYシャツの胸元から金のゴツイネックレスをのぞかせ、腕には金のブレスレット、腰からチェーンをぶら下げている様はどう見ても「893」にしか見えず…

 

40半ばでそのカッコって…

一人バブル真っ最中???

そしてそのチェーンは人をシバくためにぶら下げてるの??

しかも金ブレで金属アレルギー起こしてるし(笑)

 

たまたま目撃したパートのオバちゃんも、その格好には驚いたみたいで、

「ちょっと、サカイさんのこと組長かと思っちゃった」

とつぶやく始末。

あぁ、確かにあのカタギでない感じは組長だわ…。

 

それでも、異動当初は組長とは接点がなかったので、「超ムカつくんだけど」って思ってるだけで済んだんだけど。

途中で私の担当業務が変わったせいで、思いっきり組長と関わらなくてはならない事に…。 

おかげさまで現在、「組長のお世話係」を仰せつかっております

 

組長は、機嫌が悪い時は返事すらしないので、彼の顔色を伺いながら話しかけ。

しかも最上級の敬語と最高級の笑顔で対応しないとキレられ。

そして、記憶力が非常に悪いので、何度も同じ説明をして差し上げ。

たとえ勤務時間外でも、組長が必要とする書類を準備してお渡しして。

 

ふっざけんじゃねーよ

あたしはアンタの秘書じゃねーんだよ

自分の尻も拭けないんなら営業なんてやめちまえ!

 

って言えるだけの権力と腕力をください…。

 

まぁ、でも仕事だけの付き合いだから、と半分諦めモードで接していたのですが。

 

ある日、突然知らないアドレスからメールが。

また迷惑メールかいな、と思ってタイトルを見てみると…。 

 

「こんにちは(*゚▽゚)ノ サカイです♪」

 

…く、組長やんけ!!!!!

 

そこにはコワモテの組長からは想像もつかないような、顔文字、絵文字だらけのメールが入ってました

どうも、組長の部下のハセベさんが、恐喝されてアドレスを教えた模様。

ハセベさん…何てことをしてくれたんだ

 

それ以来、組長は自分が休みの日は私宛にメールを送ってくるようになり。

それも結構頻繁に。

しかも、すぐに返事を返さないと「さっきメール送ったんだけど、何で返事来ねーんだよ

と、会社に取り立て督促の電話をかけてくるようになったのです

 

どうせ会社に電話してくるんだから、私にメールする必要ないと思うんだけど。

何なの?私とメル友になりたいの?

 

なぜか最近では、組長のメールのお相手まで仰せつかるようになったのでした 

もう…めんどくせーよ…。 

 


にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ



2011年7月10日 (日)

会津一人旅 塔のへつり編

みなさま、ご無沙汰でございます

最近、夏バテやら仕事のストレスやらでグッタリしているナユタです。

何で、こんなに毎日暑いんですかね

そんなこんなで、もう一ヶ月前のお話になってしまいますが、会津旅完結編です。

 

さて、喜多方から電車に乗り、午後からは塔のへつりへ。

塔のへつりとは、変わった岩の並んでる断崖のことです。

前に写真で見て気になっていた場所だったので、行ってみることに。

会津若松からは、只見線→会津鉄道で1時間弱で塔のへつり駅へ。

 

071  

途中にある湯野上温泉駅

日本で唯一の茅葺き屋根の駅舎として有名。

近くには大内宿行きのバスも出ています。

 

073  

赤い橋が美しいです。

その名も「塔のへつり橋」

 

074  

075  

塔のへつり駅。

この風情のありすぎる佇まい、何とも言えません。

 

ここから歩いて10分ほどで目的地へ到着。

076  

077_3  

木がうっそうとしてて分かりづらい…

078  

何て良い感じの吊り橋なんだ

吊り橋好きにはたまりませんな

途中には土産物屋が立ち並び、無料でお味噌をふるまっていました。

 

更に塔のへつりへ近づいてみることに。

 

079  

だんだん、変わった岩の柱が見えてきました。

見学出来るのは一部だけですが、かなり近くまで行く事ができます。

080  

吊り橋からの景色。

すごい不思議な光景です。

081_2  

遠くに「塔のへつり橋」も見えます。

110611_140001  

吊り橋の対岸に書いてあった注意書き。

さり気に恐ろしいこと書いてあるんだけど(笑)

 

083  

塔のへつり内部から吊り橋撮影。

これまた奇観。

 

084  

それにしても、予想以上に面白いところでした。

オススメです

 

087

大量に売っていたナメコのオブジェ

なにゆえナメコなんじゃ??

 

こんな感じで会津を満喫してまいりました


にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ



« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »