2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

« 極道の…! | トップページ | 富山一人旅 黒部峡谷編 前編 »

2011年7月30日 (土)

富山一人旅 富山市編 

月曜に休みをもらって、富山まで旅に出ていました。

待ちに待った、青春18きっぷの季節の到来です

 

一日目はほぼ移動のみ

赤羽から高崎線で高崎、上越線で六日町へ行き、そこからほくほく線で犀潟、直江津を過ぎて北陸本線で富山へ。

所要時間、およそ9時間

これが青春18きっぷの醍醐味でもあります。

 

248  

129  

ただし、ほくほく線はJRではないので別途運賃がかかります。

初ほくほく線です。

 

富山到着は17時頃。

この日の観光は諦め(というより、最初から予定に入れてなかったけど)近隣地域の国盗りへ。

 

130  

135  

市電、その名も「セントラム」

何だか超カッコ良いっす

私が乗る時は普通の車両しか来なくてガッカリ

 

国盗りを終え、その後向かったのは西町大喜というラーメン屋さん。

富山のご当地麺である「富山ブラック」を食するためです。

富山ブラックとは、元々戦後労働者のために考案されたラーメンなのだとか。

 

133  

富山駅前店。

131  

店内には有名人のサインがいっぱい貼られてました。

ちなみにメニューは中華そばのみ(サイズは選べます)

 

132  

注文してすぐに登場の富山ブラック。

黒い思った以上に黒過ぎる

真黒いスープの上に、ぶつ切りのチャーシューと厚切りネギとメンマ、そして上に乗ってるブラックペッパーの香りが何とも香ばしい

110723_2053010001  

麺は太麺。

そしてお味は…ものすごく塩辛い!!

ご飯に合うおかずとして考案されただけあって、かなりのしょっぱさです

正直、ビックリするレベルでした

初めての人は生卵をトッピングした方が良いかもしれません。

 

そんな驚きの富山ブラックとともに、富山一日目終了。 

 


にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ



« 極道の…! | トップページ | 富山一人旅 黒部峡谷編 前編 »

旅日記 ⑤北陸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富山一人旅 富山市編 :

« 極道の…! | トップページ | 富山一人旅 黒部峡谷編 前編 »