2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

« 富山一人旅 黒部峡谷編 後編 | トップページ | 夏休み攻防戦 »

2011年8月13日 (土)

富山一人旅 高岡・氷見編

この日はまだまだ遊びます

黒部を離れ、次に向かったのは高岡。

銅器の生産地として有名です。

 

高岡での目的は、日本三大大仏と言われる「高岡大仏」

実は、以前岐阜大仏を見に行った際に色々調べたのですが、日本三大大仏と呼ばれている大仏は全国にいくつかあるそうで。

その中でも最も第三位として有力なのが岐阜大仏高岡大仏なのだそうな。

(あくまでも噂ですが)

ならば、両大仏を見て甲乙付けようじゃないかと勝手に思った次第。

 

202  

高岡駅前には、万葉歌人の大伴家持の銅像がありました。

 

203  

大仏に向かう途中の商店街内にいらっしゃった、桃太郎御一行様

何故…。

ブレーメンの音楽隊御一行様も近くにいらっしゃいました。

 

駅から歩いて10分ほどで、高岡大仏に到着。

206  

意外や意外、アウトドア派の高岡大仏。

まさか、屋外にいらっしゃるとは

205  

元々は木製の仏像だったらしいのですが、1900年に火事で焼失。

高岡銅器の技術を生かし、その後30年かけて再建されたのだそうです。

…30年

 

下は回廊になっていて、仏画などが展示してありました。

結局、岐阜大仏と高岡大仏、どっちも甲乙は付けられず。

まぁ、どっちだって良いじゃない

 

高岡では大仏だけを見学し、次なる目的地、氷見へ。

氷見は藤子不二雄A先生の出身地なのだそう。

209  

氷見線にはハットリ君列車が走っているらしいです。

乗れなくて残念…

 

全力でハットリ君押しのご町内。

210  

号泣するシンちゃん。

211  

ニンニンとご登場のハットリ君。

212  

本名:ケムマキケムゾウって知らなかった…

213  

獅子丸カワイイ

 

219  

ハットリ君ストリートからほど近い場所にある光禅寺。

中に入ると…。

214  

何と、ハットリ君、怪物くん、プロゴルファー猿、喪黒福造の4人の石像が。

ここは藤子不二雄A先生の実家なのだそう。

ちなみに全部、等身大とのことです。

あくまでも像の高さが等身大、ってことなんでしょうか?

 

221  

光禅寺近くにある虹の橋。

時間になると、ハットリ君のメンバーが登場します。

110724_1832010001  

110724_1834010001  

ハットリ君のオープニングに合わせてフルメンバー、参上

そしてみんな、思いっきりずぶ濡れです。

 

そうこうするうちに、電車の時間が近づいてきました。

氷見カレーがすごく気になってたのですが、時間がなくて断念…

そして、再び富山に戻っていったのでした。 

3日間のうち2日は移動に充てたので、結局今回は実質この一日しか活動してなかったな…。

翌日もたっぷり時間をかけて、無事東京まで戻りましたとさ。 


にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ



« 富山一人旅 黒部峡谷編 後編 | トップページ | 夏休み攻防戦 »

旅日記 ⑤北陸」カテゴリの記事

コメント

♪や~まをと~び~谷を越え~

ハットリクンの町は熱いね!!!
シンちゃんの名前は忘れてたよ!(笑)

個人的に桃太郎がツボでした。

あっきーへ。
そうそう、桃太郎謎だよね
高岡の銅器製造技術の粋を見せられたよ。

ちなみに藤子F不二雄先生は高岡出身らすぃよ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富山一人旅 高岡・氷見編:

« 富山一人旅 黒部峡谷編 後編 | トップページ | 夏休み攻防戦 »