2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

« 富山一人旅 黒部峡谷編 前編 | トップページ | 富山一人旅 高岡・氷見編 »

2011年8月 8日 (月)

富山一人旅 黒部峡谷編 後編

前回の続きです。

 

192  

欅平駅。

トロッコ列車を降りて、最初に向かったのは人喰い岩

駅から徒歩5分のところにあります。

 

167  

奥鐘橋を渡り…。

168  

169  

頭上に迫る岩が人を食べてるように見えるところから、人喰い岩の名が付いたそうです。

 

171  

人喰い岩の先にあった、謎のヘルメット置き場。

何だろう、と思って隣の看板を読んでみると…。

170  

落石の可能性があるので、自己判断で進んでください、とのこと。

なるほど…

 

172  

再び奥鐘橋を渡り、今度は猿飛峡へ。

 

175  

猿飛峡は、黒部峡谷の中で一番川幅が狭く、猿が飛び越えて渡ったというところから付いた名前なのだそうです。

欅平駅から徒歩20分と表示してあるものの、結構アップダウンが激しいのと、所々水が垂れてて滑りやすくなってるのとで、歩くのにちょっと難儀しました。

サンダル履きとか超ナメてたわ…

 

176  

気温20度とは言え、歩くと汗が吹き出しました。

風景はとても涼しそうなんだけどね。

 

178  

至る所にある「落石注意」の看板。

184  

確かに、こんな岩がゴロゴロしてて怖いっちゃ怖いです。

 

179  

180  

そして、いよいよ猿飛峡展望台へ。

水の色がキレイ

 

181  

涼しい風が吹いて、非常に心地よいです。

182  

183  

水が澄んでいます。

 

187  

帰りはヘロヘロになりながら、来た道を戻りました。

 

190  

欅平の足湯。

189  

近くには滝が。

マイナスイオン~

191  

乳白色のぬるめのお湯が、疲れを癒してくれます

 

ここまでの所要時間、約一時間。

余った時間で軽くお昼を取り、再びトロッコ列車に乗車。

195_3  

帰りは車中、ずっと爆睡してしまいました

せっかくのリラックス客車がもったいない

 

110724_1355010001  

宇奈月駅売店にあった「肉巻きドッグ」

「B級グルメ」を自称する謙虚さが気になり、ついつい購入。

ソーセージに肉でも巻いてあるのかと思いきや。

Photo  

甘辛く煮たバラ肉の中に、ご飯とチーズが入っていました。

何これ、超ウマイんだけど

これは隠れた逸品と勝手に認定。 

 

思いっきり遊び、思いっきり食べて次なる土地へ移動…。


にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ



« 富山一人旅 黒部峡谷編 前編 | トップページ | 富山一人旅 高岡・氷見編 »

旅日記 ⑤北陸」カテゴリの記事

コメント

黒部いいよねー。
ナユタの行ったところじゃないかもだけど、
黒部ダムを上から見たよー。

それにしても水が本当に綺麗だねーー。
これ、実際に見たら感動するだろうね。
いたる所の落石注意看板は怖い・・・
雨が降っても大丈夫なんだろうか。

あっきーへ。
ほんっと、黒部良かったよー
最近、自然に妙に触れ合いたくて仕方ないのは年を取ったからだろうか…

私が行った時は、直前まで雨が降ってたみたいで行けない場所もあったよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富山一人旅 黒部峡谷編 後編:

« 富山一人旅 黒部峡谷編 前編 | トップページ | 富山一人旅 高岡・氷見編 »