2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

« 北海道列車で一人旅 稚内編 | トップページ | Mr.Children Live SENSE -in the field- »

2011年9月11日 (日)

北海道列車で一人旅 根室編

さて3日目、

この日は旭川からスタート。

旭川から一度札幌に向かい、そこから一気に釧路、そして根室へ。

 

根室は当初、観光の予定を入れてなかったのですが、「エスカロップ」に惹かれて根室に行くことに。

エスカロップとは根室のご当地グルメで、タケノコ入りのバターライスにトンカツを乗せ、その上からデミグラスソースをかけた料理のこと。

元々は、地元の漁師からの「早く食べられてボリュームのある料理を」という要望を基にして作られたのが始まりなんだとか。

前回、北海道に行った時もエスカロップを食べられなかったので、今回こそはとテンションが上がる私。

 

128_2  

根室駅着。

142_2  

ちなみに日本最東端の駅は、一つ手前の東根室駅。

144_2  

 

まずはバスに乗り、納沙布岬へ。

途中、「珸瑶瑁」だの「歯舞」だの難読地名を通り、45分ほどバスに揺られてました。

 

16時40分、到着。

138  

141  

望郷の岬公園。

バスを降りた瞬間…寒い!!

何だこの寒さは!!

待合室の温度計は16℃になってました。

 

130  

到着してすぐ目に入ったアザラシの電話ボックス

昔佐渡にあった、佐渡おけさ電話ボックスを思い出しました。

 

最初に土産物屋へ。

ここでも最東端到達証明書をゲット。

110825_0831010001  

ちなみにこちらも100円。

これはステッカータイプになってます。 

 

次に向かったのは北方館。

17時に閉まるので急いで向かったところ、既に「閉館」の看板が。

まだ10分前なのに…。

 

133  

四島のかけ橋。

110822_165401  

シンボル像に近づいてみると、既に片付けの体制に。

132  

きぼうの鐘。

131  

それにしても霧の半端ない深さ!!

北方領土は全く見えず

 

137

平和の塔。

139  

日本最北端の納沙布神社。

とにかく寒くて仕方なかったので、バスが来るまでの間、あちこち歩きまわってました。

 

50分後、バスが来たのでいそいそと乗り込みました。

いやぁ、寒かった

 

さて、いよいよエスカロップだぁ~

電車の時間を考えると、食事の時間は一時間弱。

ガイドブックや食べログを見て検討した結果、駅から一番近い「ニューモンブラン」に行くことに。

ここはエスカロップ発祥の店として有名なんだそうな。

 

駅に着き、急いでお店へ。

110822_1826010001 

あれ…。

あれ……???

 

110822_182501  

マジっすか

 

この時点で残り時間40分弱。

別の店を探す時間もなく、結局セイコーマートで買ったお弁当を駅の待合室で食べたのでした…。

嗚呼、エスカロップ… 

溢れだすエスカロップへの未練を断ち切れないまま、釧路へ。 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ


« 北海道列車で一人旅 稚内編 | トップページ | Mr.Children Live SENSE -in the field- »

旅日記 ①北海道」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。根室俺が行った時もやはり霧に囲まれていました。ナユタさんの行った2週間前位ですね。良かったら見てやってくださいませw

http://sugisi.air-nifty.com/blog/


エスカロップ、名前をみて俺も食べること忘れていたのに気付きましたorz。。。

大樹さんへ。
根室って結構霧がかかりやすいんですかね??
とにかく寒くて寒くて、最悪トイレに閉じこもっておこうって思うくらいの寒さでした
 
エスカロップは次回の宿題ってことにしようかと思ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道列車で一人旅 根室編:

« 北海道列車で一人旅 稚内編 | トップページ | Mr.Children Live SENSE -in the field- »