2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の記事

2012年7月22日 (日)

春の東北一人旅 青森市内編

ワ・ラッセを十分堪能し、それでもまだ時間があったのでもう少し市内観光を。

265  

八甲田丸。

1988年まで青函連絡船として就航していた船です

 

262  

A-FACTRY。(後ろは青森ベイブリッジ)

ショップやレストランが入っています。

ここでは、青森の様々なお土産物を販売

採れたての野菜とか、色んな種類のりんごジュースなど、青森ならではのお土産が多くてテンションUP

有名どころのお菓子が個売りされているのもありがたいです。 

 

併設のシードル工房ではシードル作りの見学も出来ます

264  

シードル工房の様子。

 

レストランにて、ご当地グルメの「十和田バラ焼き」を発見。

十和田バラ焼きとは、牛バラ肉と玉ねぎを甘辛く煮て、ご飯の上に乗せて食べるというもの。

ここ数年、B-1グランプリで入賞している実力派だったりします。

うーん、食べたいけど、まだお腹すいてないなぁ…。

迷ったものの、結局は先へ進むことに。

 

266

青森ベイブリッジの下をくぐりながらさらに移動。

青森ベイブリッジは、横浜ベイブリッジからネーミングされたのだそうです。

夜になるとライトアップされているのがホテルの窓から見えて、非常に綺麗でした。

それにしても、この雲のどんより感…

 

267  

青森県観光物産館「アスパム」

「A」の形になっています。

ここも、青森の名産品などが多数取り揃えられているのですが、まぁ種類が豊富なこと

散々A-Factryで買い物をした後だってのに、またまた買い物をしてしまいました…

だって、新幹線グッズが売ってたんだもの…

 

で、そろそろお昼時。

あんまりお腹すいてないので軽く…と思ってたら、また怪しげなモノを見つけてしまいました。

268  

その名も「カレー坦々麺」

…またしても味噌味にカレー味をトッピングするとは

青森県民の味噌カレーブームはまだまだ熱いと見た!

 

前日に味噌カレー牛乳ラーメンを食べたのに、またカレー坦々麺を注文する私もどうかとは思いましたが(笑)

 

そして、お味は。

食べ始めは普通の坦々麺なんだけど、鼻と喉の奥でカレーを感じるという、やはり若干複雑なお味でございました。

ここのお店は他にも「りんご餃子」「唐揚げラーメン」「縄文カレーうどん」という、前衛的なメニューが数多く取り揃えられております。

お腹に余裕があればりんご餃子、食べてみたかったなぁ

これはまた、次回の旅の宿題ということで…。

 

ちなみにアスパム内では「ホタテソフトクリーム」なるものも販売。

結構冒険だよなぁ…魚介類をデザートにするのは

これも気になったけど、さすがに気温11℃の中で食べるのは凍死するだろうと思い、断念。

 

274  

青森といえばりんご、りんごといえばアップルパイ

本当は弘前が有名らしいのですが、リゾートしらかみで食べるおやつ用に購入。

 

269

アスパム内を散策されていた「いくべぇ」氏。

実は妖精なのだそうです。

ちびっこに紛れて写真を撮るのは非常に抵抗があったのですが、そばにいたお姉さんが「ほら、いくべぇ!写真撮るよ!」と言ってくれたおかげで撮影に成功。

(でも横向き)

 

青森駅周辺の施設はみんな新しく見えるけど、最近建てたんですかねぇ。

 

そんな疑問を抱きながら、いよいよリゾートしらかみに乗車するのでした

 


にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ

2012年7月16日 (月)

春の東北一人旅 ワ・ラッセ編

三内丸山遺跡から、バスで再び青森駅へ。

リゾートしらかみに乗るまでまだ時間があったので、その間市内観光をすることに。

向かったのは、青森駅から歩いて数分の「ワ・ラッセ」

 

244  

提灯をモチーフにした外観。

昨年1月に出来たばかりの、ねぶたがテーマの施設です。

 

246  

近代的なアーチをくぐり抜けて進みます。

 

248   

まず最初に目に入ったのは、ねぶた福笑い

自分で好きなパーツを選んでいくと…。

249

目の前にある顔のスクリーンに反映されます。

面白くて、ついついずっと遊んでしましました・・・。

 

250  

幻想的な金魚ねぶたを通り抜けて、通路へ。

 

253  

通路の壁にはねぶたの下絵が貼ってありました。

この下絵の実物が…↓

252

これ。

立体化して電気が灯ると、勇壮で綺麗です。

 

255  

何かもう…迫力ありすぎてスゴイ

 

256

こちらはねぶた内部を見せてくれるコーナー。

裏を見てみると…。

257  

木の土台に針金をくくりつけ、その上に和紙を貼っているのが分かります。

提灯みたいな素材で、あんな巨大な物を作り上げるとは素晴らしいですな。

今は電球ですが、昔は火を使っていたとのこと。

 

259  

下には発電機が入っています。

 

余談ですが、松ケンってねぶたと似てるよなぁって大河を見る度に思っています。

やっぱり青森だからなんだろうか…。

 

258

あぁもう、ねぶた祭りで実物を見てみたい

 

261

最後は、歴代のねぶた師が作ったお顔でお見送り。

正直、時間つぶし程度の気持ちで入ったのですが、予想以上にかなり楽しめました。

 

そして、まだまだ旅は続くのでありました…


にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ

2012年7月 7日 (土)

春の東北一人旅 三内丸山遺跡編

どうも御無沙汰でございました

先々週、またしても旅に出ていました。

…前の日記を書く前に旅に出るから、なかなか書ききれないのよね

まだまだ東北編です

 

二日目。

朝起きると、外は雨

 

あちゃーーーーー

 

この日は三内丸山遺跡に行く予定。

出来れば雨は避けたかった…

しかも気温は11℃

いやもう、5月で11℃て…

 

若干テンション下がり目ながら、バスで三内丸山遺跡へ。

 

206  

三内丸山遺跡遺跡とは、縄文時代中期頃の遺跡です。

その大きさと、遺跡の保存状態の良さから日本最大級と言われています。

特別史跡。

 

210  

三内丸山遺跡のシンボル、六本柱建物。

 

203_2

その横には大型竪穴式住居が。

幅は何と32メートル

 

204  

こちらは中に入ることができます。

余談ですが、建材の多くは栗材を使用していた模様。 

 

209  

元々は野球場建設のために調査を行っていたところ、大規模な遺跡であることが発覚。

とにかく広いです。

ちなみにこちらは高床式倉庫。

小学校の歴史の授業で、おそらく一番最初に覚えるのは竪穴式住居と高床式倉庫でしょう。

ちょっと懐かしい…。 

 

211  

所々、復元遺跡とは対照的な近代的なドームが。

中をのぞいてみると…。

213  

土器の破片や、墓の跡などが、湿度を保たれた状態で保存してありました。

こんなの、普通間近で見れないよね…。

 

224 

こちらは竪穴式住居復元コーナー。

 

223  

221  

222  

茅葺きは見たことがあるけど、樹皮葺き、土葺きというのは初めて見ました。

しかし、どっちにしても青森では寒いに違いない…。

 

縄文時代といえば、鉄器などはなかったはず。

当時は石や木や動物の骨くらいしかなかったような状況で、これだけの物を作ってたっていうのはやっぱりすごいよなぁ、と思わざるを得ません。

 

遺跡には縄文時遊館という建物が併設。

出土品などが展示してあります。

 

227

有名な板状土偶。

229

232  

とにかく展示品の量も半端ない。

親切なスタッフさんが「これは有名な○○で…」と説明してくれたのですが、既に残り時間は20分弱。

駈け足で見る事しかできず。

ここは2~3時間は欲しかったなぁ 

 

惜しみつつ、バスに乗り込み次なる目的地へ。

 


にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »