2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

« 真夏の九州一人旅 高千穂編 その1 | トップページ | 真夏の九州一人旅 高千穂編 その3 »

2012年10月29日 (月)

真夏の九州一人旅 高千穂編 その2

三日目、晴れ

この日は早朝から移動開始。

高千穂バスセンターからバスに乗り、最初に向かった場所は天岩戸神社

天照大神がお隠れになった岩戸のある場所です。

朝一の路線バスに乗っていると、急に土砂降りの雨が

…と思いきや、天岩戸神社に到着した頃には雨はやんでいました。

高千穂の天気は変わりやすいなぁ。

437
入口にいらっしゃる天照大神。

438
またしても芭蕉さん登場。

どこにでも出没しますなぁ。

 

天の岩戸の見学開始時間より早く着いてしまったので、先に天安河原(あまのやすかわら)へ行くことに。

ここは、天照大神が岩戸に閉じこもっていた時に、神々たちが相談をするために集まった場所と言われています。

440
天岩戸神社から天安河原までは大体徒歩20分ほど。

滑りやすい道をくだり、川原へ向かいました。

442
何となく黒部と似ているイメージ。

445
朝の空気は気持ち良いですなぁ

そして、河原に到着。

446
小さな鳥居がありました。

ここで小石を積むと願いが叶うんだとか…。

そうとは知らず、そのまま帰ってきてしまいました
 

448
 

450

451
それにしても神秘的な景色

木漏れ日が降り注いでいる光景は、神様がいそうな雰囲気を十分に醸し出していました。

452
早朝のせいか、水辺のせいか、8月なのに暑さはあまり感じず。

ただ、階段の登り降りで体力は奪われます…。

 

再び、天岩戸神社へ。

454
天岩戸の見学は無料ですが、事前に社務所に申し出が必要です。

一定の人数が集まると見学が始まります。

463
神主さんから説明を受けてお祓いをしてもらい、いよいよ天岩戸へ。

ここからは撮影となっております。

本宮にある扉から入っていくと、木で作られた舞台のような場所へ案内されました。

足元には岩戸川が流れており、その対岸にはうっそうと木が生い茂っています。

「あの奥にある木々の割れている場所、あれが天岩戸です。
木々は自然に伸び、台風などで自然に落ちていきますが、その時に岩も少しずつ崩れてきています」

神主さんの祝詞のような抑揚のある説明と、その場の厳かな雰囲気にのまれ、しばらく見入ってしまいました。

神話の世界を体感できる、まさにパワースポットと呼ぶにふさわしい場所だと思います。

あぁ、ありがたやありがたや。

 

456_2
本宮の横にある要拝殿。

457

 
 

460_2
オガタマノキ。

この実を振って天鈿女が舞を舞ったところから、神楽鈴はオガタマノキの実を模して作られたのだとか。

 

朝一で行って、本当に良かったと思える場所でした。

日本にも、まだこんな景色が残ってるんだなぁ。

 

467
バスで再び高千穂バスセンターへ。

途中で雨が降ったものの、バスセンターに着く頃には雨がやんでいました。

この辺だけ降ってるのかしら…

 



にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ

« 真夏の九州一人旅 高千穂編 その1 | トップページ | 真夏の九州一人旅 高千穂編 その3 »

旅日記 ⑨九州・沖縄」カテゴリの記事

コメント

天照様の銅像もあるんだね。
もっと日本的なお顔立ちかと思ったら西洋的だね。

撮影禁止とか聞くと、なんかますます神がかっている感じだね。
洞穴が岩で閉じられているイメージだけど、実際そんな感じなのかな?

最後の写真に写っている橋は、高千穂鉄道の橋梁のようですね。日本の始まりの地、幻想的です!

こんばんは。流石高千穂!神秘的な光景が!!
こんなところに神がいないはずがありませんね。
俺もパワーもらいに高千穂これは近いうちに行かねばなりません!!

あっきーへ
銅像については多分、比較的最近に作られたので西洋的になったのではないかと思われます
ちなみに天照大神はめちゃめちゃ美人だったらしい。
岩戸は、木が生い茂っていて、正直岩の様子はほとんど見えなかったよ
それはそれで神秘的なんだけど。

キハ58さんへ
最後の写真は、天の岩戸神社からの帰り道、バスに揺られながら撮影したものです。
高千穂鉄道、見学に行ってみたかったのですが、今回は残念ながら行けませんでした

大樹さんへ
ここをパワースポットって呼ばずして、どこをパワースポットって呼ぶのか!と思わずにはいられないくらい、神秘的な場所でした
予想以上に素敵な景色だらけでした

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の九州一人旅 高千穂編 その2:

« 真夏の九州一人旅 高千穂編 その1 | トップページ | 真夏の九州一人旅 高千穂編 その3 »