2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月の記事

2012年11月25日 (日)

秋の味覚食べ放題の旅

先週は試験があり、更新出来ませんでした

スミマセン

宮崎旅の記事がまだ書けてないので、先々週に行ったはとバスツアーの様子でも

またしても、前の職場の人達とはとバスツアーに参加してきました

朝8時に新宿を出発し、関越道、上信越道を通って信州上田へ。

061
車窓からの風景。

気がつけば、世の中はすっかり紅葉シーズンなんだな…

とは言え、この写真も既に二週間前のものですが

 

三時間ほどで佐久市へ。

最初のイベントはお蕎麦食べ放題と信州味噌すくい取り

すくい取りって何???と思っていると、お店の人から案内が。

「あそこにある味噌をしゃもじですくって容器に入れてくださーい!

ただし、入れるのは一度だけでーす!詰め放題ではないですからねー!」

062
ということで、味噌がデーン

なんだこのイベント

と思いつつ、ついつい興奮した奥様方と一緒になって味噌をすくってきました

恐らく1kgはすくえたと思われ

そしてイベント終了後、バス車中に戻ると見たことのあるお釜が配られ始めました

これは…「おぎのや」の釜飯

しかし、たった今お蕎麦を食べたばかりなんですが…

 

次に向かったのは真田昌幸、幸村父子で有名な上田城跡。

063

ちょうど今の時期は「けやき並木紅葉まつり」の真っ只中。

駐車場にはたくさんの屋台が出店してました

うわぁ…ラーメン美味しそう…

でも、私の手元には先ほど配られた釜飯が

 

まずは、ボランティアガイドの方と一緒に二の丸のお堀跡を散策。

067_2
けやき並木の中を歩いていきます。

068

074
城内には真田神社があります。

076
真田井戸。

伝説によると、この井戸は抜け穴になっていて城外の砦につながっていたとのこと。

抜け穴って、何だかワクワクするよね

079
上田城公園内の紅葉。

081
こんな景色が見られるなんて、日本人に生まれて良かった

094
とにかく時間がないので、急いで写真を撮りまくること小一時間。

もっと上田の街並みとか見たかったけど、バスツアーだから仕方ないよね

…って釜飯食べ忘れたーーー

20121112_003657
という事で、結局バス車内で食べたのでした

美味しいけど…お腹いっぱい…

 

満腹の中、次のイベントはなんとりんご狩り

腹ごなしをする間もなく、バスはりんご農園へ

しばらく山を登っていくと、りんご狩りスポットに到着

りんごは食べ放題なので、もいだりんごをみんなで分けて食べました

096
やっぱりふじりんごは美味だすなぁ

098
こちらは「アルプス乙女」という、ひめりんごサイズのりんごです。

屋台のりんご飴にも使われているらしいのですが、甘酸っぱくてこれも美味

「満腹」とか言いながら、結局モリモリりんごを食べたのでした

食欲の秋ですから

 

そして、お次のイベントは「ワインの試飲」

また食べ物イベントかい

099
ワイナリー見学を終えてから、ワインの試飲へ

でも、もう何も入りまひぇん

ということで、余った時間で散策を

100
ワイナリー隣にある「万酔園」

109_2

107
誰かのいたずらでしょうか、松の枝に楓の葉とどんぐりが添えられてました。

コントラストが美しいです

 

こうして、これでもかというくらい秋の味覚を堪能し、最後に向かったのは横川のおぎのや。

ここで晩ご飯をいただくことに。

まぁ、まだ夕方5時なんですけど

110

111

112
松茸ご飯ともち豚のお鍋。

今年初の松茸だわ

お鍋のお出汁がしっかりしてて美味しい~

 

まさに「食い倒れ」の名にふさわしい、食べっぱなしの一日を過ごしたのでした



にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ

2012年11月11日 (日)

真夏の九州一人旅 宮崎編 その1

四日目、怪しい雲行き

この日は日南海岸に行く予定だから、雨だけは降らないで欲しいんだけどなぁ…。

と思いながら宮崎駅前に向かった時には、既に豪雨

今回、本当に雨ばっかりじゃ

しかも、バスの乗り場を間違えたせいで、初っぱなから予定は狂いまくり

 

まずは、前回も行った青島神社へ。

ここも日本神話に縁の深い場所です。

502
弥生橋を渡って青島へ。

晴れてたら素敵な景色なんですが…

504
砂浜に建つ狛犬。

この時点でサンダルは砂でザラッザラ。

508
まずは参拝。

恋みくじを引くと、なんと「大吉」

縁結びの神社で大吉なんて、幸先良いわ~

509
それから、右手にある元宮へ。

入口横には巨人軍の必勝祈願絵馬も飾ってありました。

510
中はまさに亜熱帯、ジャングル

それにしても雨が写りこみすぎです

512_2

元宮。

元はここに本殿があったことから命名されたそう。

513_2
前回行った時は気づかなかったのですが、「天の平瓦投げ」なるものがありました。

なぜ、こんな斜めに写真を撮ってしまったのだろう

514_2
的である御幣の周りに縄が引いてあり、その中に瓦が入れば心願成就、瓦が割れれば開運厄除だそう。

結果は…すべてとんでもない方向に飛んで行きました

き、きっと傘を差しながら投げたからに違いないわっ

まぁ、割れたからいいか

505_2
元宮を出て、海積の祓(わだつみのはらえ)へ。

506
前回もやったのですが、願い符という人型の紙に願い事を書き、息を吹きかけて水に浮かべるというもの。

516_2
こちらが願い符。

テーブルがビチョビチョだったために、手帳の上で記入。

517
それを、御神水器と呼ばれる瓶の中に浮かべ、竜の口から流れる水をかけます。

今回も、願い符は秒殺で沈んでいきました…。

今度こそ、今度こそ…

519
参拝が済んだ頃には雨はやんでいました。

でも、空は厚い雲で覆われています…

520_2
鬼の洗濯板。

海水に足をつけてみると、ぬるくて気持ち良い~

 

それから、参道のお土産物屋を見ながらバス停へ。

次のバスまでまだ結構時間あるなぁ…

と、本を読みながらバスを待っていると、しばらくして若い男性がやってきました。

「すみません…。次来るバスって鵜戸神宮に行きますか?」

「はい、大丈夫だと思いますよ」

「そうですか…。もしかして地元の方ですか?」

「いや、一人旅をしてるんです」

「実は僕もなんです!」

 

といったやりとりをしているうちに、バスが来たので乗り込みました。

 

縁結びの神様の前で話しかけられるなんて、もしや早速お参りの効果が出た??

でも、私は鵜戸神宮の手前のサンメッセ日南に行くから、もうお別れだけど。

 

と思っているうちに、サンメッセ日南にバスが停車。

一応、一声かけて降りた方が良いのかな…と悩んでいると、何故かその男性もバスを降りていました。

あれ?この人もサンメッセに行くの??

 

 



にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ

2012年11月 5日 (月)

真夏の九州一人旅 高千穂編 その3

天岩戸神社からバスに乗り、再び高千穂バスセンター着。

ここからは、バスの本数が少ないので徒歩移動。

一応、レンタサイクルもあるのだそうですが、タクシーの運転手さん曰く「電動の自転車を貸してるけど、この坂道の多さは男子大学生でも音を上げるけん、やめたほうがよか」とのこと。

468
それに、徒歩だとゆっくりと景色が見られるしね

昨日お会いした手力雄さんがいらっしゃいました。

 
 

前日に引き続き、高千穂神社へ。

470
 

472
夜とはまた違った雰囲気です。

前日、ちゃんとお参り出来なかったので、ここでしっかりお参りを

473
根元がつながっているという、夫婦杉

何だか写真愛好家の会?みたいなのを開催していたのか、非常に人が多かったので早々に退散

 

そして、ここも再びやってきた高千穂峡。

暑さ&思った以上に長い距離&アップダウンの多さ&間違えて車道を歩いて濡れた路面ですべり、と体力は削られまくり

483
ヘロヘロの状態で到着。

早速、真名井の滝へ。

今回、一番楽しみにしていた真名井の滝。

写真で見て「ここに行きたいって思ったから今年の旅行先に選んだ場所。

ライトアップされた夜の姿じゃなく、昼の姿も見てみたい

遊歩道を下っていった、その先には…。

482
本当にここ日本なの?的風景が。

何これもう素敵すぎる…。

切り立った岩、水しぶきを上げる滝の下を進むボート…。

この景色が見たくてここまで来たんだよね

聞いた話によると、大雨による増水の影響で、しばらくボートは運休していたのですが、私が高千穂に来た前日に再開したのだとのこと。

タイミング良かったー

まぁ、激混みと聞いていたので、ボートには乗りませんでしたが

477_3
下ではキーキーきしむ音と、ガツガツぶつかる音が響いていました。

結構、皆さん壁に追突していた模様。

 

天の安河原、高千穂峡と歩き、体力の限界はとうに超えていましたが、また車道を歩いて戻るのは嫌だったのでそのまま遊歩道を歩いていくことに。

484_2
仙人の屏風岩。

488_2
槍飛。

川幅が狭くなっています。

戦国期、落城し逃げた兵士たちが槍を使って川を渡ったという言い伝えから命名。

489
橋発見

「神橋」というのだそうです。

 

高千穂大橋まで歩いたあたりで、完全ギブ。

ここから歩いて高千穂バスセンターに行くのは気力、体力、時間共に不可能と悟った私は、禁断の一手「タクシー」を使うことに。

前日の「ポッキリプラン」は別だけど、ビンボー旅にタクシーは御法度という自分ルールを曲げるくらい、疲労がピークに。

たまたま停車していたタクシーを見つけ、乗り込みました。

ひゃー、冷房効いてて涼しい

 

高速バスの出発までまだ時間があるので、荒立神社に寄ってくれました。

ここは天鈿女と猿田彦が結婚した時に、切り出したばかりの材木で新居を建てたことからこの名が付いたのだそう。

493
七福徳寿板木。

横にある木槌で思いっきり叩くと願いが叶うとか。

運転手さんに「さぁ、早く」と急かされ、人を押しのけてぶっ叩いてきました

写真が斜めになってるのは、慌てて撮影したからです、多分。

 

そんな感じで、慌ただしく槵触神社にもお参りだけして高千穂バスセンターへ戻ってきたのでした。

そこから高速バスに乗り、延岡へ。

さらにちょっとだけ寄り道して大分へ行き、今度は宮崎へ。

 

まだまだ続く。

 

<番外編>

以前、宮崎に行った時に見つけた「クレープの自販機」

まだあるかな?と思い、3年前の記憶を頼りに探してみることに。

それにしても宮崎駅、3年で随分発展したなぁ…。

なんて思いながら歩いていると、ありました!!

20121105_002905
3年前と同じく、怪しい佇まいで立っていました。

反射してて見づらくてすみません

3年前はビビって買えなかったけど、今回は挑戦しなきゃ!

…って、意外と種類が豊富

結局、普通のチョコを購入。

20121105_002931
「ゴトン!」と重い音と共に、ビン入りのクレープが出てきました。

確か値段は200円くらいだったような…?

写真は蓋を外した状態。

20121105_003013
ビンから出すとこんな感じ。

お味は…いたって普通でした。

200円ならこんなもんかな。

ま、3年越しのクレープ購入が出来て良かった、ということで。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »