2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

« 秋の味覚食べ放題の旅 | トップページ | 真夏の九州一人旅 鹿児島編 »

2012年12月 9日 (日)

真夏の九州一人旅 宮崎編 その2

またしてもご無沙汰しています

毎日職場で問題が発生して、もう…もう…大変でした

そろそろ年賀状を印刷しなきゃと思いつつ、8月の日記を更新しようかと…

何の話をしてたか、自分でも読み返さないと覚えてないわ

 

サンメッセでバスを降りた二人。

でも、この微妙に知り合い未満な感じが居心地悪かったので、私は一人でさっさと先に進みました。

ここサンメッセ日南と言えば、モアイ像。

イースター島の長老が復刻を認めたという、本場のお墨付きのモアイ像があります。

しかし…入口からモアイ像までが遠い、遠い。

しばらく丘を登っていくと、やっとモアイ像の前に。

522

「歩くの早いんですね」

後ろから声がして振り返ると、そこにはさっきの男性が。

「僕、何も予定立ててないんで一緒に行動しても良いですか?

と言われ、結局二人で行動を共にすることに。

523
左から三番目のモアイは縁結びに効果があるんだとか。

527_2
予想以上に広い園内。

水平線が見えます。

530
時々、こういった芸術作品的なものも置いてあります。

 
 

聞けば彼は現在大学生。

祖父の家が九州にあるので、夏休みを利用して遊びに来たのだとか。

大学生の頃にバイトしてた塾の教え子(小学生)と同い年かぁ…。

うわ、さすがにそれは若いな…なんて事を考えていると、

「今、おいくつですか?」

と、唐突に質問を投げかけてくる彼。

「…それ、聞いちゃいます???」

よっぽどサバ読んでやろうかと思ったのですが、実年齢を答えましたよ

「えぇ!!同い年くらいだと思って声かけたんですが…」

ってそのリアクション、アンタ正直すぎやろ

若く見られるのは嬉しいけど、一回り近くも間違えられるのはさすがにビミョー…

528
話によると彼は、彼女と別れた傷を癒すために祖父の所に遊びに来たものの、することがないので一人旅に出た、とのこと。
 

「でも、一人旅って一人の時間が多いから、逆効果じゃない?」

「そうなんですよ!ずっと考えちゃうから逆に落ち込んじゃって…」

一人旅って、色々考える時間を取るのには良いけど心の傷を癒すのには向いてないと思うよ。

と、姉さんは心の中でつぶやいていたのでした。

することもなくなり、お土産物を見てからバスに乗って鵜戸神宮へ。

532
最寄りのバス停は「鵜戸神宮入口」なのですが、そこからが遠い…。

534_2

535
そして、敷地に入ってからも遠い…。

538
ひたすら階段を降り続け、膝がガクガクになる頃にやっと到着。

540
鵜戸神宮は、海幸山幸で有名な山幸彦と結婚した豊玉姫が、出産をするために産屋を建てた場所だとのこと

豊玉姫は実はワニの化身であり(日本書紀によると龍)、出産時に本来の姿に戻ってしまい、「出産シーンは見ないで!」と夫に言っていたにも関わらず姿を見られた事を恥じた豊玉姫は、妹の玉依姫を養育係に残して海に帰ってしまったという伝説があります。

見るなって言われても、つい見ちゃうのは人間も神様も同じだったりします

543
鍾乳洞の中にある御本殿。

丹塗りの綺麗な建物です。

545
本殿の奥にある「お乳岩」

豊玉姫が、我が子を育てるために残していった胸だとか。

なぜか斎場の案内看板みたいな矢印で示してあります

この矢印、むしろ卑猥な感じがするんだが…

546
本殿の参拝終了後、二人は亀岩へ。

ちょうど甲羅に当たる部分に正方形の窪みがあり、そこに「運玉」と呼ばれる素焼きの小さな玉を男性は左手、女性は右手で投げ入れます。

これがねぇ…難しいのよ。

結局、甲羅付近で砕けただけで一つも入らず

 

次のバスまで時間がかなりあったので、二人でお昼を食べることに。

556
私が注文したのは「冷や汁」

冷や汁とは、豆腐、キュウリ、大葉、ゴマが入った冷たいお味噌汁を、ご飯にかけて食べるという宮崎の名物です。

最初は「ねこまんま?」とか思ってたのですが、これがさっぱりしてて美味しいんですわ

暑かった身体がグングン冷えていきました。

夏バテにも効果があるらしいので、夏場に食べるのをオススメします

 

再びバスに乗り、一時間半ほどで宮崎駅に到着。

二人とも、次の移動先は同じく鹿児島だったのですが、私の方が一本早いバス便だったのでここでお別れ。

「お疲れ様でした!!」と勢いよく挨拶をして、私はすぐに鹿児島行のバスに乗り込みました

そういえば、連絡先を交換しなかったなぁ…

と思いながら、思わずハッとする私。

そもそも名前すら聞いてなかったわ

 



にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ

« 秋の味覚食べ放題の旅 | トップページ | 真夏の九州一人旅 鹿児島編 »

旅日記 ⑨九州・沖縄」カテゴリの記事

コメント

きましたー!サンメッセ!
待ってました~~

この男子ウケル(笑)
旅のイイ出会いがあったね★

ナユタ若く見られてよかったね(●´ω`●)
イイなぁ~。

最近年下と付き合う人も多いから
新たな選択肢が増えたかも

それにしても、黄色いベンチに座った銅像?
なあに?
画面前でポテチ吹いちまった(笑)

ナユタさん、初めましてこんばんはです。

更新されると楽しく見させてもらってますが、今日は寒い日だったので途中出ててきた「冷や汁」まっさきに思ったのは「寒っ!」て思っちゃいました^^ それにしても色々なところに行かれるでんすね。羨ましいです。
僕の方はと言うと行きたいけど人付き合いが苦手なのもあって中々行けないですね。
これからも更新楽しみにしてます。

<お乳岩>に<亀石>って
矢印以上に卑猥な揃い踏みで(笑)

興奮したところでひや汁で冷ますところは
さすがにお姉さんですね。

こんばんは。宮崎から日南へ。。。バスの旅いいですよね。そして素敵な?出会いもあったようで。。
俺もサンメッセ日南いこうかどうか迷ったんですが、モアイ像。。。うーん。。。と言うことであきらめましたww

鵜戸神宮の運玉、難しいですよね。俺なんか左利きで有利なのに入らなかったですもんw
冷汁、いいなあ、、、これでも一応宮崎人の血が入っている俺としては溜まりません!!

あっきーへ
彼から年齢を聞いた時、何故か小柳ルミ子を思い出したよ(笑)
瀬戸の花嫁のBGM付きで
さすがに一回りはダメでしょー

黄色い像は何だろうね…?
(゚ν゚)ゲイジュツッテムズカスィネー

petaさんへ
コメントありがとうございます
本当に今更ながらの更新で、季節がおかしなことになってますよね…
どうもスミマセン

私もあまり人付き合いが得意ではないので、気ままに一人旅に出ています
一人って気楽ですよね~

matsuさんへ
さすがにそこまでは考えませんでした…
うーん、お姉さんもまだまだです

大樹さんへ
サンメッセはオススメ度としては…イマイチかなぁ??
お土産屋さんのモアイグッズの充実ぶりは、結構なものがありますけど

冷や汁、美味しいですよね
今度、夏になったら見よう見まねで作ってみようかな?と思いました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の九州一人旅 宮崎編 その2:

« 秋の味覚食べ放題の旅 | トップページ | 真夏の九州一人旅 鹿児島編 »