2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

« 和歌山世界遺産の旅 高野山編 その2 | トップページ | 信越春探しの旅 戸隠編 その2 »

2013年4月30日 (火)

信越春探しの旅 戸隠編 その1

どうも皆様こんにちは。

現在、絶賛体調不良中のナユタです。

どうもGWの頃になると、体調を崩すんだよなぁ…。

最近、妹と熱く語ったテーマが「胃カメラ」という、もはやオッサン同士の会話みたくなっている今日この頃。

それなのに、今日(29日)も出勤

まぁ、最近鬼門の課長が10連休で、しばらく顔を合わせないのは良かったかな…。

部下が休日出勤してるのに10連休だってさ、ぷっ。

 

まぁ、そんなグチはさておき、先週またしても旅に出ていました。

今回、最初の目的地は「戸隠」

以前行った高千穂旅でも出てきた天岩屋の伝説の中で、手力雄という力自慢の神様が天照大神を引っ張り出す時に持ち上げた岩戸というのが、実は戸隠山という話がありまして。

その話(と戸隠そば)が気になり、今回の旅行先に決定したのでした。

 

ということで、大宮から新幹線で長野へ。

この日は折しも寒波の到来により、4月中旬というのに長野は激寒

真冬の装いで来たのに寒い

早速、駅前で戸隠フリーきっぷというバスのきっぷを購入。

戸隠には奥社、九頭竜社、中社、火之御子社、宝光社の五社があるとのことで、最初は一番遠い奥社から行くことにしました。

093
一時間ほどバスに揺られ、終点の奥社へ。

ここからは2キロの参道を歩きます。

ガイドブックには片道40分程度と載っているので、若者の私はそれよりもタイムを縮める事を目標にスタート。

094
まだ若干雪が残っています。

113
途中で面白いものを発見。

近づいてみると…。

114
絵が描いてあります。

これは拓本集印と言って、この上に紙を当てて絵柄を写し取っていくものなのだそうです。

097_2
随神門が見えてきました。

ここまでで大体20分目安のところ、15分で到着。

うむ、なかなか好タイムである。

101
奥社の杉並木。

パワースポットとして有名で、JRのCMでも使われていたそうな。

103
同CMで、吉永小百合が入ったとされるうろ

このCM、全く覚えてないんだよなぁ…。

109
およそ3/4通過。

この頃になるとだんだん雪深くなり、人が歩いた後は雪が溶けてツルツル滑り、人が歩かない所は足が沈むという、どこを歩いても悪路状態。

ちょっとした冬山登山。

歩くのに必死で、写真もほとんど撮ってないという(笑)

凍った階段で滑って転落したらシャレにならんので、とにかく足腰を踏ん張って登りました。

登っても登っても山道は続き、「これもう絶対迷子だわー」と思い始めた頃にやっとこさ鳥居が。

104_2
しかし、階段が凍結しててこれがまた上るのが大変

105
やっと着いたー

大変だった分、ありがたみが倍増。

こちらの神様は、例の天岩戸を放り投げたという手力雄です。

結局、標準タイムを下回る50分で到着。

 

お参りを済ませ、隣にあるという九頭竜社を探すも見つからず…。

そんな遠い場所じゃなかったはずなんだけどなぁ。

107
…と思ったら、雪に埋もれていました。

神様には申し訳ないけど、正直、最初物置かと思ったよ

108
さて帰り道。

気が緩んだのか、二度ほどすっ転ぶ羽目に。

ジーパンが雪まみれ

凍結した道は、上りより下りの方が危険だと思い知らされたのでした…。

帰りは30分で入口に到着。

いやぁ、ガイドブックには「トレッキングシューズで」って書いてあったけど、トレッキングどころではなかったよ…。

冬に来るのはオススメしません!!

まぁ、来たのは4月中旬ですが。

119
バスが来るまであまりに寒かったので、付近を散策。

忍者からくり屋敷なる、気になる施設を発見

しかし…。

117_2
「次年度営業は四月下旬の予定です」

ちなみにこの日は4月19日。

あと二日待てば良かったのだろうか

戸隠の冬は長い…。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ

« 和歌山世界遺産の旅 高野山編 その2 | トップページ | 信越春探しの旅 戸隠編 その2 »

旅日記 ③関東甲信越」カテゴリの記事

コメント

ナタユさん、お疲れ様!スキーでしか行ったことない戸隠だったので、一緒にお参りさせてもらいました!内田康夫さんの世界ですね。

拓本集印って、文字が逆じゃないけど、
写したらちゃんと文字になるの?

吉永小百合さんが穴にはまってるのは覚えてるよ!
素敵なところだと思ったら戸隠だったんだね。

忍者屋敷残念・・・
私もやってたら、絶対入ってるわ!

具合は大丈夫??
ダメ上司の尻拭いはツライね(´;ω;`)

体調万全にするようとりあえず、ゆっくり休めるといいね。

こんにちは。
matsuは戸隠奥社大好きでもう4,5回行ってます。
最後の坂道かなり大変だった事想像できます。
お疲れ様でした。
でもここはなんかピーンと張り詰めた空気がパワー有りそうな気にさせてくれますよね。
高千穂と連動してるところがまたたまらない魅力ですね。
からくり屋敷は大人も結構楽しめると思います。

続けてこんにちは。
戸隠、まだ行ったことがないんですう。。。
なんか神秘的な雰囲気がありますねえ。。。流石は戸隠!しかし山を登らねばならんのですね(;´Д`A ```
少したるんだお腹を減らすには行ってみる価値ありそうですww
20度超えの日が多くなっててもまだまだ今年は寒さを感じること多いですよねえ。写真の雪を見て「う゛~」となってしまいました。。。

キハ58さんへ
行ってみたら本当に神秘的な場所でした
長野駅からバスで二時間、そして徒歩で片道40分と行くだけでも結構時間がかかりましたが、だからこそ神秘さが際立っていたのかもしれません

あっきーへ
拓本集印は、紙を乗せて上から直接絵柄を写し取るので、文字は反転しなくても大丈夫なのよ

忍者屋敷はちょっとだけ気になるよねぇ
この辺は何でも「四月下旬から営業」ってなってて、もう少し遅い時期に行くべきだったと思い知らされたよ

matsuさんへ
戸隠奥社の坂道は、雪があるせいで大変さ2割増になっていました
帰りに、ヒールの高い靴で登ってる女性が何人か見かけましたが、果たして最後まで登れたのか謎なところ
でも、戸隠はパワースポットと呼ばれているだけあるなぁって思いました

大樹さんへ
戸隠、登るだけの価値は十分にあると思います
でも、大樹さんは普段からアウトドアで鍛えられているので全く問題ないと思いますよ

行った日は、前日比-17度とかいう驚異的な寒さの中だったので、本当に遭難するかと思いました(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信越春探しの旅 戸隠編 その1:

« 和歌山世界遺産の旅 高野山編 その2 | トップページ | 信越春探しの旅 戸隠編 その2 »