2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月の記事

2013年5月27日 (月)

信越春探しの旅 新潟編

皆様こんにちは

夏風邪こじらせ中のナユタでゴザイマス

先週の記事があまりに短くて、読み返してちょっと笑えました

どんだけ体調不良よ…。

 

この間の長野、新潟旅から既に一ヶ月が経過してしまいました

毎度毎度遅筆でスミマセン

ということで、前回の善光寺編の続きです。

 

善光寺を後にし、信越本線で新潟方面へ。

目指すは上越、高田。

大学時代に住んでいたにも関わらず、意外と新潟には行ったことのない場所が多いんです。

何故か佐渡には5回くらい行ってるけど(笑)

高田もそんな場所の一つ。

長野からならそんなに遠くないし、夜桜には早い時間だけど行ってみよう!と思い立ったのでした。

160
高田駅に到着。

桜の時期は100円シャトルバスが運行しているので、それに乗って花見会場の高田城へ。

161
肝心の桜は…葉桜率高し

写真で見るとそうでもないように見えるけど…。

162_3
高田城三重櫓。

もう少し早く来ていたら、綺麗だったんだろうなぁ。

164
キレイな桜発見

 

高田での予定滞在時間はおよそ1時間。

雁木通りも見たいので、早々に高田駅に戻るべく、近くに止まっていたシャトルバスに乗り込みました。

…これが失敗の始まりだったのですが。

出発したバスは、駅とは反対方向へ走り始めました

いや、ちょっと待ってどこ行くんすか

そんな私の焦りなど知るはずもなく、バスは河川敷に作られた臨時駐車場へ。

165
ここ…どこ…?

とりあえず、奥の山がキレイです。

乗るバスを間違えたー

次の電車が来るまで、もう残り30分しかないんだけど…。

仕方なく、一旦高田公園まで戻り、そこから必死で駅まで走ることに。

しかし、土地勘のない場所で何度か道に迷い、結局電車に乗り遅れたのでした…。

次の電車は二時間後

…直江津まで行けば、別ルートがあるかも

と、バスで直江津まで行ってみたものの、どうすることも出来ず、結局午後の予定は丸つぶれとなったのでした。

失意のまま、新潟駅へ。

167
小雨の降る中、夜の萬代橋へ。

新潟の代表的B級グルメ、イタリアンを食べに行ったら時間が遅くて閉まっていたという

もう…今日は何やってもダメだ

 

んで、翌日。

外は大雨

当初は大学でも見に行こうかと思っていたのですが、あまりの雨のひどさに断念。

169
ばんえつ物語号を発見

乗ってみたいっていっつも思っているんだけど、未だに乗れていない列車の一つです。

 
 

そんなに時間はないけど、前日に行く予定だった弥彦神社へ。

171
弥彦駅。

ここでの滞在時間はおよそ30分。

駅から神社まで片道10分…。

あぁ、またバカなスケジュール立てちまった

172
奇しくも弥彦の桜は満開

わざわざ見に行った高田は葉桜で、たまたま桜が見れた善光寺と弥彦は見頃とは皮肉なり。

173
やばい、あと15分しか残ってない

175
雨で滑らないように、小走りに境内を駆け抜けます

まーた今回も走ってるよ…。

176
ちなみに弥彦神社、今では縁結びの神様と言われていますが、昔は縁切りの神様だったとか。

噂だと、旦那さんが遊びたいがために「あそこは縁切りの神様だから付いてくるな」って奥さんに言ったからそういう話になったのだとか…。

真偽のほどは定かではないですが、急いで悪縁切りと良縁成就をお願いし、何とかギリギリで電車に乗ることが出来ました。

ふぅ…。

 

今回ほど、予定が狂いまくる旅はく初めてでしたが、これを教訓に次回からはもう少し現実味のあるスケジュールを立てよう!と反省したのでした。

 



にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ

2013年5月21日 (火)

風邪引き…

現在、風邪引き中。

仕事を休むほどではないけど、時間給もらって医者にかかりたいレベル。

しかも、発症したのが旅先という…。

「この辺、すごく花粉飛んでね?さっきからくしゃみと鼻が止まらん…」

って思ってた私が甘かったね。

今週は出張も入ってるし、何とか気合で治さないと

 

ということで、短いですが、頭がボーッとしているので今日はこの辺で

それにしても、なぜ風邪を引くのはいつも土曜の午後なんだろうか??

土曜の午後は休診なのに

282
飛行機から見た富士山。

やっぱりキレイだねぇ

 



にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ

2013年5月12日 (日)

信越春探しの旅 善光寺編

今日は職場のバーベキュー大会でした。

天気が良くて、というよりむしろ晴れすぎ

楽しかったのですが、炎天下に長時間いたため疲れてしまい、さっきまで寝ておりました

…もしかしたら、眠かったのはビールの飲み過ぎのせいかも

夜、ちゃんと寝られるか不安になりながらの更新です。

 

二日目。

この日は善光寺参りからスタート…と思いきや、バスが来ない

15分間隔で来るって書いてあるのに、20分以上待っても来ないんだけど

初っぱなから予定は狂いまくり

146
バス停から善光寺まで歩きます。

まず最初に仁王門が見えてきました。

横にはたくさんのお寺が建っています。

147
早朝のため、仲見世も人通りはまばら。

なぜか女子高生数人がキャピキャピしながら善光寺に向かって歩いてたんだけど、長野の女子高生は早朝から善光寺参りをするのでしょうか…。

148
途中にあった六地蔵。

001
そしてこちらが「ぬれ仏」

伝承によると、明暦の大火で有名な八百屋お七の霊を慰めたものだとか。

149_2
山門を抜け…。

150
本堂に到着。

スタートからつまづいたせいで、善光寺で観光できる時間はおよそ30分

時間がないので慌ただしくおびんずる様を撫でていると、ふと近くに自動券売機があるのが目に入りました。

その名も「お戒壇めぐり」

お戒壇めぐりって何だろう?

混雑している時はすごい時間がかかるって書いてあるけど、今は参拝者も少ないから大丈夫かなぁ…?

よく分からないイベントながら、せっかく来たからには参加しないともったいない!!ということで、早速参加してみることに。

 

朱塗りの手すりの着いた階段を下りて、いよいよ地下ダンジョンへ。

すると…。

階段を下りると、その先は一面の真っ暗闇でした。

え?え?

ここで何をするの??

訳が分からぬまま手探りで壁を探し、そろそろと先に進んでみることに。

 

しばらく歩いていると、前方からカップルらしき二人組の会話が。

「鍵、ここにあるよ」

「鍵?」

「そう、この暗闇の中で鍵を見つけるんだよ」

「あ、あったー

え!!そういうルールだったんすか

慌てて鍵を探すも見つからず、そのまま出口に到着…

一瞬、戻ろうかとも思ったのですが、後ろから声が聞こえてきたので、諦めて外へ出ました。

 

ちなみにこのお戒壇めぐり、真っ暗な回廊の中で極楽の錠前を探し当て、ご本尊と結縁するのが目的なのだそう。

ちゃんと事前に調べておけば良かった…

無知ってほんと、恐ろしいわ

次に行った時は、絶対に極楽の錠前を見つけるんだから

152
善光寺ではちょうど桜が満開

153_2
よく見ると「おみくじを結ばないで」と流麗な文字で注意書きが。

154
何とか30分で回りましたが、ここは絶対一時間以上は見ておかないと全然足りません。

おやきも食べられなかったし…

157
七味唐辛子で有名な「八幡屋磯五郎」

「七味マカロン」なるお菓子を販売していましたが、時間がなくて購入できず。

002
代わりに長野駅でストラップを購入。

こちらは長野新幹線開通15周年記念モデルとのこと。

よく見ると、横に新幹線の絵が描いてあります。

 

イマイチ消化不良のまま、長野を後にし新潟へ。

<おまけ>

142
前日に飲んだ「よなよなエール」

軽井沢の地ビールで、非常に香ばしいです。

「オレンジやマスカットの香り」とありましたが、確かにフルーティな香りがします。

145
13℃と高めの温度で飲むのがオススメと書いてあるので、注いで時間が経ってから飲んでみることに。

そしてお味は…うん、濃厚。

しっかりしたお味で、苦味も結構強め。

普段、安い発泡酒しか飲み慣れていないので、この濃厚さにちょっとビックリ。

ビール好きな方にはたまらない一品だと思います。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ

2013年5月 5日 (日)

信越春探しの旅 戸隠編 その2

奥社からバスに乗り、次に向かったのは中社。

奥社で体力を削られ、体が冷え切った私はここで念願の戸隠そばをいただくことに。

ところが…。

120
またしても冬期休業!!!

こうなったら、本場の戸隠そばを食べるまで帰らんぞ

長野駅に戻って食べることも考えましたが、わざわざ本場に来たのに駅で食べるのもどうかと思い、しばらく付近を歩き回ってやっと開いているお店に入りました。

 

さて、戸隠そば。

円形のざるに「ぼっち盛り」と呼ばれる盛り方が特徴です。

ぼっち=束のことで、多くのお店で5ぼっちになっているのは、戸隠五社にちなんでいるのだそう。

しかし、あまりにも寒いので、盛りそばではなく温かいおそばをいただくことに。

121
挽きぐるみと呼ばれる製法で作られているせいか、普段食べるおそばとは風味が違いました。

何ていうのか、鼻の奥で感じる風味が違うというか…。

さすがは本場の味

とっても美味しゅうございました

123
腹ごしらえが終わったところで、いよいよ中社へ。

124
三本杉。

樹齢800年を超えているのだそうです。

128
こちらの御神木は樹齢700年以上。

127
三社目の中社にお参り。

ここには一風変わったおみくじがあると聞いて、早速引いてみることに。

おみくじ所にいる宮司さんに自分の年齢を告げると、宮司さんが奥へ行って祝詞を唱えた後におみくじを持ってきてくれる、というもの。

143
そのおみくじがコチラ。

144
結果は「吉」だったのですが、比較的良い事が書かれていて一安心。

ここで、ひとつの不安が。

年齢を聞かれたので実年齢で答えたけど、こういうのって普通「数え」で答えるものなんだろうか…。

思いっきり実年齢で答えたけど、案内板には「数え」って出てなかったから良いのかな???

もう、おみくじも貰った後だし、今更聞きに行けない…

もし、ご存知の方がいたら教えてください
 

 

当初の目標としては奥社、九頭竜社、中社の三社で終わりにする予定だったのですが、意外と中社があっさり参拝できたので、火之御子社もお参りしてみることに。

火之御子社の御祭神は天鈿女命。

天の岩屋の前で、天照大神を引っ張り出す時に踊っていた女神さまです。

しかし、火之御子社の前にはバス停がないため、バスは無情にも通過して行きました…。

マジっすか

仕方なく、その先の宝光社前で下車。

130
早速入口を登っていくと…。

132
またしても悲しいお知らせ

しかし、参拝は可能なので先へ進むことに。

133_2
お決まりの階段ダンジョンか…と思っていると、地元のおじさんに「階段が急だから気を付けてね」と声をかけられました。

おじさんもお気を付けて…。

ちょっと心和む一幕でした。

134
かなり息を切らしながらも登りきりました。

135
ここでの見所は社殿に施された彫刻。

芸が細かいです。

 

さて、ここまでで五社中四社の参拝終了。

ここまで来たら、残りの火之御子社まで参拝しないとどうもスッキリしないなぁ…。

それに、火之御子社には有名な「西行桜」と呼ばれる桜があり、これだけ気温が低いなら今がちょうど見頃になっているかも

宝光社からは「神道(かんみち)」と呼ばれる道で繋がっているため、そこから火之御子社まで行くことにしました。

137
これが「神道」

神道というより山道と呼ぶのがふさわしい道を登っていくことに。

今日は何でこんなに肉体を酷使しているんだろう…?

138
途中にある伏拝所。

奥社は冬になると登れなくなり、また、女性の足ではそもそも奥社まで行くのが大変なため、奥社が見える場所に伏拝所を建てたのだそうです。

ここでも十分登るのは大変だと思うけど…。

真ん中の伏拝所よりも、むしろ右の「NHK小鳥の声放送記念碑」の方が目立っています。

更に神道を進んでいくことおよそ数分。

140
やっっっっと火之御子社に到着。

ここまで大変な道のりだったなぁ

でも、五社全てを回れたことで、すっかり心が満たされたのでした。

そして、肝心の西行桜は…。

141
咲いちゃいねーーーー

そして、縁結びで有名な二本杉を見逃すという大失態

戸隠(と私)の春はまだまだ遠い…。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »