2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

« 信越春探しの旅 新潟編 | トップページ | 縁結び出雲一人旅 松江編 その1 »

2013年6月 3日 (月)

縁結び出雲一人旅 玉造湯神社編

4月の長野・新潟旅から一ヶ月後。

またしても旅に出ておりました。

今回の行き先は、平成の大遷宮で熱い出雲

まぁ、平成の大遷宮があること自体、忘れてたんですが…。

161
今回は、飛行機で一気に出雲に行ってしまう作戦。

出発時間が遅かったので、羽田空港内にある「航空神社」にお参りを。

事務室っぽい一室にあります。

旅行中無事に過ごせますように…

 

出雲縁結び空港に到着したのは15時40分。

これからの3日間はバス移動がメインになります。

005
今回の相棒、その名も「縁結びパーフェクトチケット」

3000円で出雲、松江方面のバスや一畑交通の電車に三日間乗り放題という、使い勝手の良いきっぷです。

空港から松江までのバス代が1000円ということを考えると、空港往復+αで元が取れるというおトクなきっぷでもあります。
 

ただ、名前がちょっと恥ずかしい…。

 

まずは松江駅に行き、そこから玉造温泉へ。

バスでおよそ30分ほどで玉造温泉へ。

ここでの目的は、縁結びで有名な「玉作湯神社」

163_3
バスを降りてすぐに見えてくる「宮橋」、またの名を「恋叶橋」

164_2
橋と鳥居を一緒に写真に収めると恋が叶うとかで、橋には写真を撮る女子が群がっておりました。

その横でコソコソと写真を撮る私。

165
いよいよ中へ。

最初に、社務所で「叶い石」(600円)をいただきます。

169
ちなみに私の叶い石。

真っ白な石と、願い事を書く紙と、お守り袋が入っています。

中身は見えないので、ここは直感で。

166
階段を登り、境内へ。

168
まずはお参り、と右手の方を見ると…。

167
右手に長蛇の列

浴衣姿の人はおそらく、玉造温泉の宿泊客なのでしょう。

どうりで遅い時間まで開いてる訳だ。

そして、意外と一人で来ている男性も多いなぁ。

170
行列の先にあるのは「願い石」

この願い石に、先ほどの叶い石を当てながらお願い事を三回唱えると、願いが叶うのだとか。

これを一人ずつやるものだから、なかなか行列が進まないのよね。

中には、石がめり込んじゃうんじゃね?ってくらい押し当てて、熱心に祈っている方もいて。

切実な思いは何となく伝わりました。

こうやって後ろの人に見られながらお祈りするのも、何となく恥ずかしいなぁ

そうこうしているうちに、私の順番がやってまいりました。

後続の方々に見守られ(?)ながら、私も無事にお祈りすることが出来ました。

171
小高い所にも神社が並んでいるので、そこもお参りしてきました。

もう、この頃には既に体調不良だったのですが。

そう言えば縁結びばっかりで「健康」をお祈りし忘れたなぁ…とか、ぼんやりと考えていました。

174
お尻を上げた狛犬。

島根に多いのでしょうか、何ヶ所かで見かけました。

 

参拝を終えて、バスが来るまで周辺をブラブラ。

175
湯薬師広場。

肌に良い源泉が湧き出ており、手前に写っているスプレーボトルを買えば、持ち帰る事も出来ます。

もちろん、私は持って帰りましたけどね

177
橋まで勾玉仕様。

オシャレです。

 

この後、お店に寄ったりしたのですが、あまりにも調子が悪いのでバスで松江駅へ。

閉店間際のドラッグストアで風邪薬を買い、早く治る事を祈りながら床に着いたのでした…。

一日目から体調不良なんてついてねぇぜ

 



にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ

« 信越春探しの旅 新潟編 | トップページ | 縁結び出雲一人旅 松江編 その1 »

旅日記 ⑦中国」カテゴリの記事

コメント

1年前に松江へ行きました。玉造はいっていないので、写真見られて嬉しいです。歴史ある温泉、よくわかりました!

キハ58さんへ
玉造温泉は、ところどころに足湯があったり、パワースポットが点在していたりと、なかなか面白い温泉街だと思います
ただ、この時は具合が悪すぎて、思考停止状態に陥っていたのが非常に残念です
体調良かったらもっと楽しめたのになぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 縁結び出雲一人旅 玉造湯神社編:

« 信越春探しの旅 新潟編 | トップページ | 縁結び出雲一人旅 松江編 その1 »