2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月の記事

2013年10月27日 (日)

北海道自然満喫一人旅 釧路湿原編

どうも皆様、こんばんは。

本当は今日試験の予定だったのですが、台風が接近していたために延期

今回はバタバタしてて試験対策をしてなかったので、良かったような悪かったような

ここのところ、台風に予定を崩されまくりだわ

そんな訳で、ひたすら二日間惰眠を貪っておりました…

まぁ、良い休養になったということで。

 

それでは、舞台を北海道に移しての旅行記、スタートです

 

南国沖縄から北国北海道まで、一日で2000km以上の大移動をした私。

北海道…やっぱり沖縄と比べるとかなり寒い

その日はそのまま札幌で一泊。

 

翌日、晴れ

北海道旅が本格スタート

433
まずは札幌から釧路へ。

スーパーおおぞらさんです。

435
お隣にいたのはスーパーカムイさん。

北海道も特急列車カッコ良いんだよなぁ…

それだけに、今回の件は残念でなりません。

旅行に行く前に今回の事件が明るみになってたら、周りから北海道行きを止められてたろうなぁ

436
札幌から4時間かけて釧路に到着。

この日の予定は、ノロッコ号に乗って釧路湿原へ。

ノロッコ号とは、道内の観光地を走るトロッコ列車のこと。

釧路湿原以外にも、富良野・美瑛ノロッコ号や流氷ノロッコ号などがあります。

結構人気のある列車なのですが、この段階ではまだ予約を取っておらず…

まぁ、予約が取れなかった時は早めにホテルに入って休養しよう、と思いながらみどりの窓口に行ってみると、意外とあっさり予約が取れました

437
乗車する前に、駅の近くの薬局で風邪薬を購入。

今回の旅で2瓶目の風邪薬…

439_2
早速、乗車。

二人掛けの座席と窓向きの一人掛けの座席という配置。

右手前は売店になっていて、グッズが売られています。

441
乗ってしばらくすると、乗車証明書が配られました。

こういうのをもらうと、ちょっとテンション上がるよね

442
東釧路を過ぎたあたりから景色が変わり、湿原の風景へ。

岩保木水門が見えてきました。

釧路川と新釧路川の分岐点です。

444
一面に湿原が広がっています。

445
列車は釧路川沿いを走ります。

447
この辺はエゾシカやタンチョウが訪れるそうですが、全く見られず…

こればっかりは自然のものだから、仕方ないよね。

450
ノロッコ号は45分ほどで終点の塘路駅へ。

451
塘路駅そばの見晴台からの風景。

空も大地も広いー

 

当初は塘路駅で二時間ほど過ごしてから知床に向かう予定だったのですが、意外と何もすることがなく…。

なので、戻りのノロッコ号で一旦釧路方面に行き、そこからまた知床行きの電車に乗り直すことに。

453
帰りこそは何か動物が見られるのか…

458
と思ってたらエゾシカ発見

左上の電線下に小さく写っています。

その他にもタンチョウもいたようですが、写真に撮ることは出来ず

467
釧路湿原駅で途中下車。

466
釧路湿原駅の駅舎は、タンチョウの姿をモチーフにしているのだそう。

虫がものすごかったので、一旦駅舎の中で避難

468
在来線に乗って、今日の目的地である知床斜里駅へ。

469
18時過ぎに知床斜里駅に到着。

現代的な建物ですなぁ。

470
この日の夕飯。

何故か、最近北海道に行くとやきそば弁当を一度は食べている気がします

472
今回は中華風醤油味をチョイス。

オイスターソース風味で美味しい

お土産用に買ってくれば良かったなぁ

471
そして、こちらはレモンカツゲン

何となく、栃木のレモン牛乳のようなお味がいたします

セイコーマートに寄ってカツゲンを買うと、北海道に来たという実感が湧く不思議(笑)

旅情の感じ方が歪んできているのかもしれない…

 



にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ

2013年10月22日 (火)

夏休み沖縄ぶらり旅 沖縄からの大移動

皆様、どうもこんばんは。

前回お話した発表も無事に終わってほっと一息…ということで、旅に出ておりました。

最近、仕事に関して理不尽過ぎることが多くて多くて

もう、毎回指示がコロコロ変わる上司に振り回されっぱなしですよ

なので、自然に癒されに行ってきました

ま、来週試験なんですけどね←現実逃避

 

沖縄旅二日目。

この日も絶不調

当初の予定では観光船で珊瑚礁を見る予定だったのですが、潮風に当たって悪化してはいけないという家族の配慮によりキャンセル。

早めにホテルに向かうことに。

もう、同行者がいる時に体調崩すなんて、本当に申し訳ない…。

特に母は今回の沖縄行き、ものすごく楽しみにしていたのに

ただ、全く観光できないのももったいないので、万座毛でバスを途中下車。

バス停から10分ほど歩いて万座毛へ。

420

421
謎オブジェ…。

414
さすがは安定の万座毛さん。

青色がお美しいです。

少しだけ元気出たー

418
反対側は今にも降りそうな天気…

同じ場所の景色とは思えん。

沖縄も、結構天気変わりやすいよね。

 

万座毛の売店を覗いていると、ホタル石のキレイなアクセサリーが並んでいました。

素敵だけど3000円かぁ、と思いながら手にとって見ていると、すかさずオバちゃんが登場。

「こんなのも、こんなのも、こんなのもあるよー。1000円でいいから

「あぁ、この形もカワイイかも、こっちも良いかなぁ」

「石が二つ付いてる方が素敵でしょ、1000円でいいから

と、語尾が毎回「1000円でいいから」なオバちゃん。

こっちが何も言う前から66%もディスカウントし続けるオバちゃんの熱意に負け、ついついピアスを購入。

001
これが結構可愛くて、旅行中ずっと付けてました。

画像がボケてスミマセン。

ホタル石って書いてあったけど、ガラスなんですね

427
結局、ホテルについても動けず…

私は静養するために沖縄まで来たのだろうか…。

写真は、することなくて売店で買った「琉球コーラ」

お味は、普通のコーラと変わりなし、かな?

普段コーラを飲まないのでよく分からんけど

430
そして3日目。

少し体調が良くなり、最終日になってやっと沖縄料理を食べることが出来ました

沖縄そばにスパムが乗っています。

せっかくの沖縄そばなのに、コーレーグースと呼ばれる調味料を大量に投入してしまい、スープがまさかのピリ辛泡盛味に…。

なぜ、一滴ずつ出てくるようになってないんだ

最後まで全力で残念旅になったのでした…。

どこにも行ってなさすぎて、書くネタがなくてスミマセン

 

この日は国際通りを少しだけぶらぶらし、その後は那覇空港で搭乗時間まで休んでいました。

これだけ旅行中に何もしなかった旅も、今までなかったなぁ

無念としか言いようがない。

昼過ぎに飛行機に乗り、夕方には羽田に到着。

 

そして、2時間後…

再び飛行機に乗って、今度は一路北海道へ。

一日で2000km以上の移動という、自分史上最高距離移動となったのでした。

今、何かと話題のJR北海道で販売している「北海道フリーパス」を相棒に、ここからは北海道一人旅へ。

 

続く。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ

2013年10月13日 (日)

夏休み沖縄ぶらり旅 首里編 その2

皆様こんばんは。

気がつけば10月になってまだ一度も日記を更新してないことに気づきました…。

申し訳ございません

相変わらず土日出勤が続いたりと多忙ですが、この三連休は珍しく家に引き篭っております。

その理由とは…。

 

先週木曜のこと。

仕事中に、支店長から声をかけられました。

「ナユタさん、来週、支店会議に行くでしょ?」

「え?そんな話、聞いてませんけど…」

「そうだっけ?まぁいいや。来週の支店会議でね、ナユタさんにうちの支店の業績が好調だから、支店の取り組みについて発表をして欲しいって要請が来たんだけど、請けて良いかな?」

「(断れるなら断ってくださいよー←心の声)…分かりました」

「あ、そう、良かった。ちなみに持ち時間10分だって。頑張ってね」

「…10分も

参加者100人くらいいるらしいけど、緊張しないでね」

「…ひゃくにん

いやいやいや、朝礼のスピーチだって緊張するのに、知らない人100人の前で発表とか、考えただけでお腹痛くなるわ…。

しかもさぁ、せめてもう少し前に言って欲しかったんですけど

かくして、今度の水曜日の発表原稿を急遽作らなくてはいけなくなったのでした…。

NOと言えない私のバカー

まぁ、まだ1行も進んでないのですが。

ということで、現在絶賛現実逃避中の私ですが、沖縄旅首里城編の続きです。

 

首里城の中を見学。

と言っても、首里城自体は沖縄戦で破壊されており、今建っているのは戦後復元されたもの。

外観は写真が残っていたために復元出来たのですが、内部の写真は残っていないため、資料館という体裁にしたのだそうです。

まずは南殿の展示室を見学し、書院へ。

廊下を歩いていくと、「御鎖之間」なる場所に到着。

古来から伝わる沖縄菓子とさんぴん茶を振舞ってくれるとのことで、ここで一旦休憩を取ることに。

387

390
説明によると「王子などの控所であり、諸役の者たちを招いて懇談した場所といわれている」

とのこと。

比較的最近復元されたようです。

384
そしてこちらが沖縄菓子とさんぴん茶。

さんぴん茶とはジャスミン茶のことです。

お菓子とお庭の解説付きで300円とリーズナブル。

385
左側の大きなお菓子が花ぼうる、右側が上からちんすこう、くんぺん、ちいるんこう。

昔ながらの作り方をしているということで、素朴な甘味で美味しかったです。

ちなみにちんすこうは、昔は菊の形をしていたのを、食べやすいように今の細長い形にしたのだそう。

388
御鎖之間のお庭。

元々は琉球石灰岩という、たくさん穴のあいた石灰岩で出来ていたのですが、復元する際に大きな琉球石灰岩が取れなかったために、わざわざ石灰岩に穴を開けて復元したのだとか。

 

そして正殿へ。

393
正殿の床に突如現れた見学スペース。

実は世界遺産に登録されているのは「首里城跡」であって、復元された首里城が世界遺産な訳ではないのです。

地下に眠る遺構こそが本当の世界遺産という、ちょっと目からウロコの展示でした。

397
御差床(うさすか)

国王の玉座です。

401
柱には龍と雲が描かれています。

赤と金がきらびやかです。

630
こちらは玉座をバックに記念撮影出来る場所。

ここも改修中ならではのサービスなんでしょうか…。

404
そして北殿へ。

ここではミニチュアが展示してあり、当時の首里城の様子を伝えていました。

細かい作りで思わずガン見。

407
一通り見学し終えた時には、すでに夕方。

夕日がキレイで、しばらく眺めていました

411
首里城近くの石畳道。

昔ながらの風景の残る場所。

もう少し先まで行くと、テレビでよく見かける有名な場所に出るのですが、この時点で私の体力はすでに限界を超えていました…。

仕方なくここからバスに乗り、予定していた国際通りの見学もすっ飛ばしてホテルへ戻ったのでした。

結局、食事も食べられず、早々に就寝。

沖縄料理…楽しみだったのに…。

 



にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »