2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

« 初秋のみちのく一人旅 平泉編 その1 | トップページ | 初秋のみちのく一人旅 盛岡編 その1 »

2014年2月16日 (日)

初秋のみちのく一人旅 平泉編 その2

ここのところ、全国で大雪が続いていますが、皆様がお住まいの地域は大丈夫でしょうか。

私はといえば、先週日曜と祝日は出勤、昨日は雪かきと、もうヘトヘトでございます…。

そんな中、あと一月半で本社に帰る(ハズ)の出向組課長が、ここへ来て部下に当たり散らすという暴挙に出ております

指示がコロコロ変わる上に、感情にまかせて当たり散らすから、本当に何を求められているのかさっぱり分からん。

明日会社行ぎたくねぇ

久々に、本気でサザエさんシンドローム発病中

まぁ、そんなグチはさておき、平泉編の続きです。

 

毛越寺見学を終えた後、やっぱり先ほどの謎建築が気になるので戻ってみることに。

334
その名も「達谷窟(たっこくのいわや)」

毘沙門堂という名称の通り寺院なのですが、入口には鳥居があります。

335
壱の鳥居→石で出来た鳥居。

336
弐の鳥居→丹塗りの鳥居。

337
そして参の鳥居→杉の鳥居、とくぐり抜け…。

338
そしてやっと、お堂とご対面。

何でも、その昔征夷大将軍の坂上田村麻呂が、京都の清水寺を模して建立したのだとか。

345
岩がお堂を侵食しているようにしか見えん…。

339
池の周りは工事中の模様。

またしてもビニールシートに遭遇。

341
建物の奥には磨崖仏(まがんぶつ)。

342
よく見ると、左上に仏様のお顔があります。

どうやってこんな高さに顔を彫ることが出来たんだ?

343
源頼朝も参拝したことがあるのだとか。

それにしても、中尊寺からそんなに遠くないのに、観光客が少なくて残念。

ここも世界遺産なんだけどねぇ…。

349
その後、バスで平泉駅へ。

350
お昼に平泉ライスバーガーなるものをいただきました

きんぴらごぼう、カレー味のおからが中に入っております。

351
昼食後、平泉駅からバスに乗ること35分で猊鼻渓に到着。

ここからは舟下りをします。

…しかし、この大雨で乗れるのか?

352
動いているかという心配をよそに、むしろ増便していたおかげですぐに乗船出来ました。

座布団代りの救命胴衣を敷きつめて、めいめいに座っていくスタイルです。

このサイズで手漕ぎ船って、船頭さんのパワー半端ないっす

353
乗船時間は往復でおよそ90分。

船頭さんが解説をしてくれるのですが、ビニールシートの屋根に雨がバタバタ当たる音がすごくて、船頭さんの声が聞こえん…

356
あまよけの岩。

358
こちらは壮夫岩。

359
ここで下船。

20分の散策時間に入ります。

360
馬髭岩。

何だかもう、仙人が出てきそうな雰囲気。

361
獅子ヶ鼻。

そもそも、猊鼻渓の由来は岩が獅子の鼻に似ているから付けられたものらしいです。

363
そしてこちらが最深部にある大猊鼻岩。

岩の高さはおよそ124mだそうです。 

364
日本には、まだまだ目を見張るような雄大な景色があるんだなぁと思ったのでした。

 
367
当初の予定では、次にここから近い幽玄洞に行く予定でしたが、幽玄洞行きのバスがなくてタイムアップ。

バスで一関へ戻り、そこから盛岡へ。

368
この日の夕飯、盛岡名物「じゃじゃ麺」

うどんのような太麺の上に肉味噌、キュウリ、ネギ、しょうがが乗っています。

自分でお好みの調味料を混ぜて食べるのですが、ノーマルよりもニンニク、お酢を混ぜた方が個人的にはお好みでございました

何かクセになる味だわぁ

完食後、皿の中に溶き卵とスープを入れて「ちーたんたん」と呼ばれるスープにするのが通の食べ方らしいです。

 



にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ

« 初秋のみちのく一人旅 平泉編 その1 | トップページ | 初秋のみちのく一人旅 盛岡編 その1 »

旅日記 ②東北」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
達谷窟に行かれたんですね。
2年前平泉に行った際、行きたいと思っていたのですが、時間の関係で諦めました。
やはりいいところですね。
次も楽しみにしています。

猊鼻渓、初めて聞いた場所ですが、この渓谷美はすごいですねえ。傘を差している猊鼻岩の川べり見てみたいです!!
船下り、ゆったり見れて楽しそう!瀞峡のやつ、いつか乗ってみたいんですよねえ。。。

ナユタさんはじゃじゃ麺お好きなんですねwおいらは盛岡冷麵にハマリマシタwww

まー坊さんへ
私もバスからあの景色が見えなければ、おそらく行くことはなかっただろうと思います
いやぁ、でも面白い場所でしたね
こんな景色、初めて見ました
まー坊さんもぜひ

大樹さんへ
猊鼻渓は景色のスケールが大きくて、ただただ圧倒されっぱなしでした
瀞峡はモーターボートでの移動だったのでスピードがありましたが、猊鼻渓は船頭さんの手漕ぎなので、ゆっくり楽しめましたよ

じゃじゃ麺は、自分でお好みの味が作れるところにハマりました(笑)
冷麺も最終日にいただきましたよー

達谷窟すごくいいですね。
知りませんでした。
matsu好みの雰囲気醸し出してます。
その課長も一度こうゆう場所で修行でもされたら
いかがでしょうか(^^)

matsuさんへ
達谷窟も立派な世界遺産なのに、意外と人が少なくて、厳かな雰囲気を堪能することができました

課長の性根を叩き直すには良い場所かもしれませんが、正直ここには来て欲しくないです(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初秋のみちのく一人旅 平泉編 その2:

« 初秋のみちのく一人旅 平泉編 その1 | トップページ | 初秋のみちのく一人旅 盛岡編 その1 »