2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

« 初春の京都一人旅 京都編 その1 | トップページ | 初春の京都一人旅 宇治編 その1 »

2014年4月21日 (月)

初春の京都一人旅 京都編 その2

どうもこんばんは。

先週から体調を崩し、しばらく寝込んでおりました

熱はないんだけど、めまいやら食欲不振やら色々な症状が出て、久々に会社を休んでしまったよ

どうやら、4月になって緊張状態から一転、気が緩んでしまった模様

どうせなら、3月中に体調崩せば良かったのにさぁ

ということで、またしても間が空いてしまいましたが、京都編の続きをどうぞ

 

三十三間堂を出たのは16時過ぎ。

京都の寺院は閉まるのが早いので、少しスピードアップ

274
次の目的地は清水寺

参道は産寧坂と茶わん坂の二つのルートがありますが、行きは近道の茶わん坂を選択。

普段はスニーカーなのに、今回はブーツなんて履いて行ったものだから足が痛い…

275_2
早速、仁王門をくぐっていきます。

どんどん歩を進めていくと…。

 
276
あれ?またしても工事中のニホイが…
 

277
まさかこんな場所でビニールシートに遭遇するとは

278
そしてこちらも工事中

なーんてこったい

最近、どうも工事運に恵まれて(?)いる模様

293
シート側から舞台方面を見る分には、特に問題なし。

279
せっかくなので運だめし

おみくじを引いてみると「末小吉」という聞いたことのない運勢が…

どんな運勢なんだ???

280
そして、清水寺境内にある地主神社へ。

縁結びで有名な神社だけあって、混み方が半端ない

281
カップル達に紛れて参拝。

283
敷地はさほど広くないのですが、所狭しと良縁スポットがあるので、片っぱしから参拝。

良縁のためならと人目も憚らず、とりあえず銅鑼を叩いてきました

284
恋占いの石。

同じ石が10メートルほど先にあり、目をつぶってもう片方の石まで辿りつけられれば恋が成就する、というものなのですが、人が多すぎてとても歩くどころではないという…。

一度、トライしてみたいけどね。

286
入口にある大黒様。

290
契り糸。

今まで何度か来てたのに、全く気付いてなかったスポット。

赤と白の糸の先に紙が結んであり、男性は白、女性は赤の紙に名前を書いてもう片方の紙には願い事を記入します。

そして両方の糸を合わせて大黒様に結びつけると願いが叶う、というもの。

289
それは面白そうじゃ、ということで、私も早速挑戦。

とりあえず、地主神社が閉まる前に参拝出来て良かった…

294_2
帰りは産寧坂方面を通ることに。

参道にはたくさんの店が立ち並んでいて、覗くだけで楽しいです。

295
お腹がすいたので、抹茶まんじゅうを購入。

297
中にはあんこと抹茶味の求肥が入っています。

求肥のほろ苦さがあんこの甘さとマッチしていて、ちょっと大人の味わい。

 

そして、清水寺からほど近い、今回最大の目的地である、とあるパワースポットへ…。

298
その目的地とは「安井金比羅宮」

縁切りで有名な神社です。

何となく、ここに呼ばれているような気がして、今回京都を目的地に設定したんだよね。

301
安井金比羅宮と言えば、こちらの「縁切り縁結び碑」

巨石に開いている穴をくぐり抜け、縁切りと縁結びをお祈りします。

302
碑にはたくさんの「形代」が貼られています。

これがまた、結構エグイ願い事が多いんですわ…。

私も形代にお願い事を書き、数人のオーディエンスが見守る中、碑をくぐってきました。

見られながらはちょっと恥ずかしい

足をばたつかせたせいで、若干足の関節を痛めながらも無事にくぐり抜け成功。

305
ちなみに安井金比羅宮の近くには比較的「アダルトな建物」が多く見受けられます。

あまり遅い時間の参拝はオススメできないかも。

306
この日のシメは、祇園の八坂神社へ。

307
この時、既に18時過ぎ。

一体、何時まで参拝出来るのかね、と思ったら、一応終日可能なようです。

309
「縁」と書いてあるハート型の絵馬に、良縁を祈願してきました

313
八坂神社に来た時に必ず参拝する、美御前社。

名前の通り、美容の神様です。

314
そばには「美容水」が湧き出ていて、毎回塗りたくっております

結局、神様仏様の前でも煩悩丸出しのまま、一日目は終了。

 



にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ


« 初春の京都一人旅 京都編 その1 | トップページ | 初春の京都一人旅 宇治編 その1 »

旅日記 ⑥関西」カテゴリの記事

コメント

京都はやはりいいね(^-^)
安井金毘羅宮は気になった!
ぜひ行きたいわあ(*^^*)

実は三十三間堂から八幡神社まで、昨年のGW明けくらいに俺も全く同じコース出かけているんですよねえww(間逆コースでwww、ブログにはUPしてないんですけどねえw)俺も安井金比羅宮で「別れ」を願ってきました。(色々あるんですわww)

あっきーへ
ご無沙汰だねぇ
忙しい中、わざわざ見に来てくれてどうもありがとう
安井金比羅宮のパワーは、黄昏時に行ってこそ真価を発揮するような気がします
結構人がいる中、碑をくぐるのはちょっと勇気が要りましたよ、ハイ。

大樹さんへ
別れですかぁ~
どんな話なのか気になる所ではありますが、やっぱり縁切りと言えば安井金比羅宮ですよね
私は過去二回、ここで祈願してから職場が異動になったので、今回の鬼課長の異動もここのおかげだったのかなぁ、と思っています

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初春の京都一人旅 京都編 その2:

« 初春の京都一人旅 京都編 その1 | トップページ | 初春の京都一人旅 宇治編 その1 »