2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

« 夏休みのんびり九州一人旅 唐津編 | トップページ | 夏休みのんびり九州一人旅 佐世保編 »

2015年10月18日 (日)

夏休みのんびり九州一人旅 佐賀編

皆様、どうもこんばんは。

ここのところ、頭痛、肩こりが止まらないナユタです…。

初っぱなからどんな挨拶なんだか(笑)

頭痛薬を飲みまくっていたせいで、胃まで痛くなってきちゃったよ…。

相変わらずの体調不良ではございますが、九州旅佐賀編をどうぞ!

 

2日目。

この日の観光の目玉は、呼子に行って七ツ釜という洞窟を船で回るというもの。

その名も「いか丸」!!!

呼子行ったらイカしゅうまい食っちゃるけん!

と息巻いておったのですが、前日からの大雨のせいで船は欠航…。

マジか。

仕方なく呼子は諦め、そのまま電車で佐賀へ。

大雨のせいで電車もなかなか進まないし。

佐賀で荷物を一旦預け、それから吉野ヶ里公園駅へ。

駅から更に650mほど先の吉野ヶ里遺跡を目指します。

東京よりも気候が爽やかだなぁ~。

032
吉野ケ里歴史公園入り口。
 
これだけ好天なのに、なぜ呼子は欠航したんだよ…
 
吉野ヶ里遺跡は東京ドーム25個分という広さで、園内を循環するバスが走っています。
 
体力温存派の私はここでも楽をすることに。
 
まずは古代植物館という建物までバスで行き、そこから歩いて甕棺墓列へ。
 
暑い、暑すぎる
 
034
草むらを歩きまわり、甕棺墓列に到着。
 
吉野ヶ里遺跡っていったらこの風景ですよね
 
甕棺墓とは、死者を土器製の甕に入れて埋葬する方法で、弥生時代の北部九州で盛んに行われていたようです。
 
家族単位で埋葬されていたため、たくさんの甕棺が埋まっています。
 
039
更に先に進んで北環濠墓地へ。
 
こちらは有力者のお墓ということで、発掘時に出土した状態で保存してあります。
 
冷房が効いてて涼しいのぉ
 
040
こんな感じで見つかったようです。
 
こんなの発掘したら、そりゃテンション上がっただろうなぁ。
 
およそ2100年の時を越えてこんな大発見があるとは
 
050
建物を復元しているコーナー。
 
懐かしの高床式倉庫です。
 
052
お約束のねずみ返し
 
057
更に歩いて北内廓へ。
 
ここは政が行われていた場所です。
 
ちなみにここでは、建物の場所も向きも同じ場所に建っているというこだわりっぷりです
 
植物も当時のものを植え、外来種はスタッフがすべて抜いているとのこと
 
060
主祭殿に登ってみます。
 
064
中ではお偉い衆が集まっての会議が行われていました。
 
米の配分とかを話し合っているのでしょうか。
 
068
最上階では巫女が神託を聞いております。
 
070
お昼ごはんはちょっと豪勢に
 
古代米と天ぷらでゴザイマス
 
071
呼子で食べられなかったイカしゅうまいや~
 
思った以上にイカよりもしゅうまい寄りのお味なんですね
 
083
吉野ヶ里から佐賀へ戻ってきました。
 
佐賀駅からバスに乗って佐賀城跡へ。
 
076
鯱の門
 
佐賀城は、江藤新平の佐賀の乱で建物の大半が焼失しましたが、この鯱の門は1838年に再建された当時のままの姿を残しています。
 
080
鯱の門の先にある佐賀城本丸歴史館へ。
 
佐賀城の本丸御殿を復元した建物で、中には幕末を中心とした展示物がありました。
 
081
入口にはアームストロング砲が展示されています。
 
入口を入ってすぐに登場したのが、まさかの「プロジェクションマッピング」
 
広い部屋を全面障子で区切り、幕末の佐賀の変遷を映像で見ていくというもの。
 
畳と障子という意外さと、音響のあまりの良さにビックリしてしまいました。
 
まさか城内でプロジェクションマッピングとは
 
折しも三重津海軍所跡が世界遺産に認定されたことを受け、ドックの仕組みの展示や、缶バッジ作成体験など面白展示が多数ありました。
 
特に十代目藩主、鍋島直正の政策を中心とした展示は見ごたえアリです。
 
それで入場料が無料とは、何という太っ腹
 
佐賀は昔から教育県と言われているだけあるなぁと思いました。
 
 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ


 

« 夏休みのんびり九州一人旅 唐津編 | トップページ | 夏休みのんびり九州一人旅 佐世保編 »

旅日記 ⑨九州・沖縄」カテゴリの記事

コメント

え、え、なんですかこの古墳。吉野ヶ里遺跡?(2枚目の写真)
なんか中にツボみたいの入ってるんですか??え?なにこれ??
不思議な遺跡ですね~。かなり驚きです。

ゆうきさんへ
私が小学生くらいの時に吉野ヶ里遺跡が発掘調査され、その当時は邪馬台国の存在を裏付ける大発見ではないか?などとかなり話題になっていたのを覚えています
特に、甕棺墓の中から首のない人骨や銅剣、ガラスの管玉などの副葬品も多数発見され、考古学フィーバーが巻き起こっていた記憶があります。
甕棺墓といえば吉野ヶ里遺跡と思っていたのですが、意外と全国的に幅広く出土していたんだなぁ、と今回吉野ヶ里遺跡に行ってみて思いました

俺も吉野ヶ里遺跡には行ったことがあるけど、甕棺墓列のコーナーはまだできていなかったのか、今回初めて見ました!!すごい風景ですね。これはいいもの拝めましたね。

呼子、、、おっと!これは俺もチェック漏れておりました!唐津行ったのに。。。
次回リベンジすることがあったら、必ずチェックいたしますわw

大樹さんへ
甕棺墓列は、復元といえども壮観な眺めでした
ご先祖様も2100年ほど前にこうやって埋葬されたのかな、とか竪穴式住居に住んでたのかな、とか色んなことに思いを馳せながら見学をしておりました

呼子のイカといか丸の洞窟観光は、私も次に行った時にリベンジしたいと思います
ついでに宝当神社も

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みのんびり九州一人旅 佐賀編:

« 夏休みのんびり九州一人旅 唐津編 | トップページ | 夏休みのんびり九州一人旅 佐世保編 »