2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

« 旅に出てます | トップページ | 秋の新潟ドライブ旅 弥彦編 »

2016年3月 6日 (日)

秋の新潟ドライブ旅 思い出の地巡り編

皆様、どうもこんにちは。

前回の日記でもお伝えした通りですが、先週、忙しい中旅に行っておりました!

おかげ様で今週はスケジュールがカツカツです…。

やることいっぱいあるのに、全く手つかずだわ

あぁ、でもまた旅に行きたいなぁ~♪

 

今回の記事は、完全に自分の思い出語りです。

 

3日目は朝から佐渡を出発し、新潟市内に戻ります。

ちょっと早めに両津港に行き、お土産などを見ながらブラブラしていると、何故か乗り場に人だかりが。

ん、何だろう、と近づいてみると…。

207
まさかのジェットフォイル欠航
 
その次の便も就欠航未定
 
うわー、マジか…。
 
早い便のカーフェリーに間に合ったので、乗り換えの手続きをして急いでフェリー乗り場へ。
 
早い時間に来てて良かった
 
208
客室は恐らく激混みだろうと予想してイス席を取ってみたら、ちょっとセレブみたいになってしまいました
 
まさか、こんな広々スペースになるとは(笑)
 
ジェットフォイルだと1時間5分の所要時間ですが、カーフェリーだと2時間半ほどかかります。
 
結構揺れたので、結果的に寝ていけたのは良かったけど
 
209
佐渡の雄大な景色ともお別れです。
 
さよふなら~
 
 
新潟市内に戻り、えちごワンデーパスを購入。
 
そして懐かしの越後線に乗車。
 
211
…って随分オシャレになってるんだけど。
 
ボタン開閉式の車両だということに気付かず、しばらくドアの前でボーっと突っ立っておりました
 
行き先は私の母校でございます。
 
駅から大学までの距離を歩いていると、ふと自分が大学生に戻ったような錯覚に陥ってしまいました。
 
あれー、あの店なくなっちゃったんだー、あそこ新しい店になってるんだー、など独り言を連発しながら大学に到着。
 
214
あれ???
 
私の記憶と全然違うのだが
 
昔はぐるっと塀で囲まれていたのですが、塀を取っ払って解放感のある入口になっておりました。
 
いやぁ、めちゃめちゃキレイになってるやん…
 
216
こちらは学部棟。
 
キレイ過ぎて、あまり懐かしい感じがしないのぉ
 
昔は全力でビンボー感溢れる建物だったのに(笑)
 
218
図書館もやたらと近代的だし。
 
10年以上も経つと、やっぱり色々変わってしまうのね…。
 
そんな一抹の寂しさを覚えつつ、私の青春の舞台である部室へ。
 
221
音楽練習室に向かう坂、通称音練坂。
 
当時吹奏楽部だった私は、練習の都度この坂を上り下りしておりました。
 
この辺のボロボロ具合は全く変わってないなぁ
 
222
そして部室。
 
誰か練習しているのか、音楽が聞こえてきます。
 
風が強いから、チャリンコすぐに倒れちゃうんだよね。
 
うわぁ、懐かしい…。
 
部室の入り口を覗いた瞬間、色んな記憶がよみがえりました…。
 
ここで過ごした時間は濃密すぎて、思い出がありすぎて、思わず胸が詰まりました。
 
224
この辺の汚さも変わってないなぁ
 
227
部活の練習終りによく行ってた坦々麺屋
 
食券を買って、麺の太さを伝えるシステムは相変わらず。
 
226
あまり待たずに坦々麺が登場
 
程よい辛さのスープに、ひき肉と食感の良いザーサイ。
 
うわぁ、もう懐かしすぎる…。
 
ここの坦々麺に慣れ過ぎて、他の店で坦々麺を食べてもイマイチピンと来ないんだよなぁ。
 
まさに思い出の味。
 
日曜の午後ということもあって、ジャージ姿の大学生達と一緒になって麺をすすってきました。
 
229
そしてこちらも部活の飲みでは毎度お世話になっていた「はっちん」こと「八珍柿」
 
ここでの思い出も語りつくせません…。
 
主に泥酔系の思い出ばかりですが
 
230
思い出に浸りながら、次のスポットへ向かいます。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ


 

« 旅に出てます | トップページ | 秋の新潟ドライブ旅 弥彦編 »

旅日記 ③関東甲信越」カテゴリの記事

コメント

佐渡島からの脱出劇、大変でしたね。俺も徳之島で喰らい、その日は諦め宿を取らざるを得なかった記憶が。。。数日船は×で飛行機を正規料金で乗るなんて。。。と思いながら強引に帰ってきたのを思い出しますw
ナユタさんは新潟大学だったんですね。自分の母校を巡るってワクワクしますね、自分専大なんで、関東に行ったときに何度か学生時代を思い起こすべく邪魔しに行ったものです。今はもう何年も行っていませんが、また行きたくなってきました!

大樹さんへ
この日はそんなに予定をカツカツに入れたなかったから良かったものの、もし綿密にスケジューリングしてたら、予定が全部崩れたと思います
旅にアクシデントは付き物とはいえ、やっぱりテンパってしまいますよね…

私、何故か東京から新潟に進学したという変わり種でして、当時から「何で?」とよく突っ込まれておりました(笑)
青春時代を過ごした場所は、やっぱり熱いものが込み上げてきますね

まさかの欠航とは!!(゚Д゚;)
僕だったら慌てて大声出してしまいそうです!「嘘だろ?!」って感じに(笑)

ナユタさん新潟の大学に行かれていたのですか~。
”思い出の地を巡る旅”ですね!
そして音楽やってたのですか!いいな~楽器出来る人は♪

田舎のボタン開閉式の電車。気づかずに立ち尽くす事ってありますよね~(笑)

突然の欠航、あぶなかったね
セレブ席なら二時間半の船旅も快適そう

音練坂って響きが、桜坂みたいで素敵だわー!
母校に行くのって、その時の思い出が甦るよねー
特に離れたところだとなおさら懐かしい。

担担麺と居酒屋さんは続いていて良かった!
飲んだくれの思い出話を今度聞いてみたいもんだわ

ゆうきさんへ
いやぁ、欠航はかなり焦りましたね
フェリーが動いていたから良かったものの、フェリーも欠航だったら佐渡を脱出する術がないですからね

新潟にはよく遊びに行ってたのですが、大学付近まで遊びに行ったのは久しぶりで、とても懐かしかったです
やっぱり青春時代を過ごした場所は良いですなぁ

新潟に住んでた頃は、半自動ドアもボタン式の電車も普通に乗れてたのに、すっかり存在を忘れてしまっておりました…

あっきーへ
フェリーのイス席って、普通にイスがたくさん並んでるものかと思ってたんだけど、乗ってみたらエライ広いスペースの席でビックリしましたよ
無駄にセレブ席を堪能してきました

大学時代はあまりにも色んな思い出がありすぎて、10年以上経った今でも思い出が蘇りまくりだったよ。
行こうと思ってもなかなか行けない場所だけに、尚更感慨深いものがありました

私の飲んだくれの思い出は…まぁそのうち、ということで(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の新潟ドライブ旅 思い出の地巡り編:

« 旅に出てます | トップページ | 秋の新潟ドライブ旅 弥彦編 »