2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

« 秋の新潟ドライブ旅 弥彦編 | トップページ | 初春の和歌山一人旅 和歌山城編 »

2016年3月20日 (日)

秋の新潟ドライブ旅 新潟市内編

皆様、どうもこんばんは。

三連休、いかがお過ごしですか?

私といえば昨日、久々に高校時代の友達とご飯に行ってきました

昔の友達と集まると、やっぱり話が止まらなくなるよねー

時間が経つのも忘れて、長いこと女子トークを繰り広げてきました

これでまた、しばらく仕事頑張れそうです

それでは新潟旅最終編をどうぞー。

 

新潟旅最終日は、市内散策をいたします。

越後線の白山駅で下車。

駅前もすごく変わっちゃったなぁ…。

265
新潟市民芸術文化会館「りゅーとぴあ」
 
ここで昔、部活の定期演奏会で演奏会を行ったことがあります
 
こんな素敵なホールで演奏会が出来たなんて、今考えると贅沢だったなぁ。
 
中にはパイプオルガンもあるのですよ。
 
267
りゅーとぴあには屋上庭園があるので行ってみようと思ったところ、この日は何とお休み…
 
なので、りゅーとぴあの周りを散策。
 
壁面のガラスに景色が写ってキレイだなぁ~
 
266
謎の「What's NIIGATA」
 
よく見ると「N」のところに「What's Michael?」のマイケルが描いてあります
 
昔はなかったと思うのですが、一体何なんでしょう?
 
269
この日は天気が良くて、素晴らしい景色を堪能いたしました。
 
272
最後に訪れたのは、おなじみの白山神社
 
ご祭神は菊理媛(くくりひめ)、縁結びで有名な神社です。
 
279 
学生の頃、バイト先が近かったので毎回ここでお参りをしてました。
 
来るたびにおみくじ引いてたなぁ
 
10月末ということで、七五三のお参りで賑わっておりました。
 
275
縁結びの御神木「むすびの銀杏」の木の下で、おみくじをしっかり結んできました
 
結構新潟って縁結びスポットが多いんですね
 
277
こちらは縁結びの絵馬
 
赤と白の紐が結ばれているデザインでかわいいです。
 
白山神社はしょっちゅう来てたけど、絵馬を書くのはそう言えば今回が初めてだなぁ
 
283
新潟で最後に食べるのは、新潟が誇るB級グルメ、イタリアンです。
 
285
薄味で太麺のソース焼きそばに、ミートソースがかかっております。
 
最近ではホワイトソースとか色んなバリエーションが出ていますが、ここはやっぱりオーソドックスなミートソースで
 
麺がモチモチしております。
 
286
新潟が誇る「万代レインボータワー」
 
実は、気になりつつも一度も登ったことないという…。
 
今回も、何だかんだで乗りそびれてしまいました(笑)
 
287
レインボータワーのゆるキャラ「ばんにゃい」
 
 
以上で新潟旅は終了です
 
思い出の地巡りが後半のメインになってしまいましたが、懐かしさに浸るのもたまには良いなぁと思いました
 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ


 

« 秋の新潟ドライブ旅 弥彦編 | トップページ | 初春の和歌山一人旅 和歌山城編 »

旅日記 ③関東甲信越」カテゴリの記事

コメント

レインボータワーはもう乗れません。営業終了してますよ。

続けてお邪魔します。
新潟、市内はフェリーに乗るために駅前~フェリーターミナルの辺りしか知らなので、これはまたお邪魔せねばなりませんね。
B級グルメ、イタリアン。。。
ケチャップパスタではない辺り、ご当地グルメ感満載です!!

ななしさんへ
レインボータワー、営業終了していたのですか!
ビックリ
それじゃ、どっちみち乗れなかったのですね

すみません、お名前がなかったので「ななしさん」と呼ばせていただきました。

大樹さんへ
前は新潟駅の中にあるフードコートに「みかづき」があったので、イタリアンを食べられたのですが、今は駅から一番近くでイタリアンを食べられるのは、万代のみかづきだと思います。
みかづきのイタリアンと、白山神社に出てる屋台のポッポ焼きは、新潟に来たら是非とも食していただきたいと思います

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の新潟ドライブ旅 新潟市内編:

« 秋の新潟ドライブ旅 弥彦編 | トップページ | 初春の和歌山一人旅 和歌山城編 »