2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

« 冬の東海不思議探しの旅 関・美濃編 | トップページ | 岩手童話と民話を巡る旅 一関編 »

2017年6月18日 (日)

冬の東海不思議探しの旅 名古屋編

皆さま、どうもこんばんは。

金曜日に休みを取ったので旅行に行こうと思っていたのですが、思った以上に疲れていたので家で寝ておりました。

るるぶまで買ったのに(笑)

でも、無理して旅に出ても身体もお金ももたないので、たまにはのんびりしたお休みを過ごすのも良いかなぁと。

結局、3日間何もせず、ゲームばっかりしてました…。

さーて、また明日から頑張ろうっと。

それでは東海不思議旅、最終回は名古屋編をどうぞー。

 

3日目、晴れ。

朝起きた瞬間から具合悪い…。

1日目に行けなかった岐阜城に行こうかと思っていたのですが、熱を測ると37℃越え。

これ、旅行続けられるのかなぁ。

10時近くまでホテルに滞在し、ひとまず名古屋まで行って旅を続けるか判断することにしました。

名古屋に着くと、風邪薬が効いたのか若干調子が良くなってきたので、地下鉄乗り放題「ドニチエコきっぷ」で少しだけ観光を。

Csc_2331
まずは大須観音へ。

大須観音に来るのはこれで2回目。

日曜日だからか人が多いです。

Csc_2335
大きな提灯。

ハトがいっぱいいるせいで、ハトの匂いがスゴイなぁ

Csc_2339
商店街の賑わいがすごいです。

行ってみたいけど…そんな元気はない…。

Csc_2340
ビルにでーんと描かれているお仁王さま。

相変わらずパンチが効いています。

Csc_2343
「いざさらば 雪みにころぶ 所まで」

松尾芭蕉さん、ここにもおいでになっていらっしゃるのですね

意外と暑い気候にやられ、ひとまず退散

Csc_2344
電車を乗り換えて、次に行ったのは「高牟神社(たかむじんじゃ)」

入口は割とこじんまりしています。

Csc_2345
が、中は広々。

Csc_2355
高牟神社は尾張物部氏の拠点があった場所で、物部氏の武器庫があった場所に建てられています。

ちなみに高牟とは、武器の鉾の美称なのだそうです。

Csc_2351
境内の井戸から湧き出る「古井の水」

古井の水→恋の水となり、飲むと恋が生まれると言われています。

Csc_2353
建物の裏側に井戸らしきものを発見。

Csc_2352
城山八幡宮、山田天満宮とともに「恋の三社めぐり」をやっている模様。

三社めぐりしてみたいけど、もはや体力の限界です…

Csc_2358
百度石の上にちょこんと乗っているフクロウが可愛らしいです

ここで完全にギブアップ。

名古屋に戻り、お昼を食べることに。

…って何で具合悪い時って道に迷いまくるんだろう

名古屋駅に行くつもりがなぜかKITTEに行ってしまい、HP0の状態で名古屋駅へ。

Dsc_1613
名古屋コーチンだしのラーメン、めっちゃ美味しかったなぁ。

その後、東京に戻り病院に行ったところ、何とインフルエンザに罹ってました

5日間仕事を休んだのは言うまでもありません。

体調不良の時は無理しちゃいかんなー…。

 

ということで、東海不思議旅は完了です。

次回からは5月に行った童話旅(仮)をお送りいたします。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ

 

 

 


 

 

 

 

 

« 冬の東海不思議探しの旅 関・美濃編 | トップページ | 岩手童話と民話を巡る旅 一関編 »

旅日記 ④東海」カテゴリの記事

コメント

大須観音、僅か数十分の滞在だった場所だあw
あの商店街、今度行くことあったらもう少し細部攻めてみたい!
ドニチエコきっぷ便利ですよね。自分も結構活用させていただきました!
インフルエンザ、冬場は猛威を振るいますよね。俺はあまり罹らない性質なんですが、(年長担任の時には必ず罹りますがww)風邪はしょっちゅう罹ります(;'∀')

西九州の旅を終え、次はまた俺も出掛けてきますww

大樹さんへ
大須観音の商店街、エネルギッシュな感じが気になりますよね(笑)
とにかくこの当時は身体がしんどくて、ほとんど記憶がありません
体温調節ができなくて、2月なのにダラダラ汗かいて上着脱いでたことしか記憶がないなぁ

風邪は仕方ないにしても、インフルは他人にうつしてしまうと大変なので、十分気を付けないとなぁと反省しました。
って私も、実は職場でうつされたという事実を最近知ったのですが(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の東海不思議探しの旅 名古屋編:

« 冬の東海不思議探しの旅 関・美濃編 | トップページ | 岩手童話と民話を巡る旅 一関編 »