2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月の記事

2017年11月24日 (金)

真夏の九州神社巡りドライブ旅 青島編

こんばんは。

夜分遅くにひっそり更新しております。

もしかして、巷では金曜日も休みで四日連休の方も多いのでしょうかね。

私はといえば、来週月曜日開催の会議資料の作成を水曜の夜に部長から言われ、あまりの急な言われようにその日はそのまま帰ってきてしまいました(笑)

…。

……。

………。

前から無茶ぶりする部長だと常々思ってたけど、バカじゃねーの!!!

木曜が祝日だって知ってますよね?

しかもオッサン金曜休んでゴルフだってよ。

さーて、金曜は何時間残業なのかなー(棒)

という怒りを抱えながら更新しております。

それでは九州ドライブ旅青島編をどうぞ。

 

6日目、晴れ。

この日は青島からスタート!

事前に無料駐車場を調べておいたので、そこに車を停めて海岸まで歩きます。

ちょっと遠いけど、近くの有料駐車場って高いんだもん…。

Dsc_2544
海岸に行く途中、気になった薬屋さんの看板。

インテリなお顔からは想像もできない肉体美を惜しげもなく披露されていらっしゃいます

力強い文字もまた良し。

セクシーすぎてドキドキが止まらねーぜ(笑)

Csc_4290
早朝の青島海岸。

清々しいですなぁ

鬼の洗濯板を見ながら青島神社に向かいます。

Csc_4293
青島神社には毎回吸い寄せられるように行ってしまいます(笑)

何でですかねぇ。

Csc_4298
青島神社に来たら必ず行う海積の祓(わだつみのはらえ)

人型の願い符に願い事などを書き、息を吹きかけて…。

Csc_4299
御神水器に願い符を浮かべ、水を注ぎます。

すぐに願い符が溶ければ願いが叶うというもの。

毎度のことながら私の願い事は秒殺で溶けていきました

この調子で私の良縁も秒殺で叶うと良いのですが…。

Csc_4302
早朝に来たのにすでに結構な人数の参拝者が。

合宿中の大学生かな?

静かにお参りしたかったんだけど、まぁ仕方ないですね。

Csc_4303
面白い占いがたくさんありました。

前よりも増えてる

貝を投げるものや賽を投げるものなど。

これだけあると目移りするなぁ…

Csc_4305
大学生集団が本殿でザワザワしている隙をついて元宮へ。

たくさんのお願い事が書かれた絵馬をくぐり抜けて、奥へ進みます。

Csc_4306
元宮のお社。

元々はここに本殿があったので元宮と呼ばれています。

誰もいない!

これはチャンス

Csc_4308
天の平瓦投げ。

素焼きのかわらけに願いを唱えて投げ、磐境というしめ縄で作られた場所の中に落ちれば心願成就、かわらけが割れれば開運厄除というものです。

これがねぇ、いつも変な方に飛ぶのよね。

だから未だに嫁に行けないのか…???

Csc_4307
今度こそ!いざっ!

…残念ながら手前で落下。

まぁ割れたから厄除ということで。

Csc_4313
こちらは産霊紙縒(むすびこより)。

願い事に合わせて色を選び、そばに生えている夫婦ビロウ樹に結びます。

私の選んだ色は…。

Csc_4314

もちろんピンク

今度こそご縁をお願いいたしますよー

Img_20170916_115149
こちらが青島神社の御朱印。

Img_20170916_115218
印鑑のデザインが南国っぽくてお洒落な弁財天。

両方とも青島神社でいただくことができます。

Csc_4316
かつては神域として入島を禁じられていたという青島。

参拝を終えると青空が広がっていました。

今日も暑くなりそうだぜっ

車を走らせ日南海岸ドライブ開始!

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年11月19日 (日)

真夏の九州神社巡りドライブ旅 霧島編

最近、帰宅後割と時間に余裕あるなぁと思ってたら、実は来月頭に試験があったことを思い出したナユタです。

さり気にあと2週間くらいしか時間ないじゃん…。

来月から怒涛の3か月連続で試験があるってのをすっかり忘れてました、てへっ。

合格したところで特にお給料が上がるとかはないのに、微妙に難易度高いんですよね。

これでまたしばらく試験勉強漬けか…。

 

話は変わりまして、3回に渡って富山旅をお送りしておりましたが、今回から再び九州ドライブ旅に戻りたいと思います。

前回までの記事はコチラ↓

真夏の九州神社巡りドライブ旅 別府編

真夏の九州神社巡りドライブ旅 宇佐~九重編

真夏の九州神社巡りドライブ旅 天草~高千穂編

真夏の九州神社巡りドライブ旅 高千穂神楽編

真夏の九州神社巡りドライブ旅 高千穂編 その1

真夏の九州神社巡りドライブ旅 高千穂編 その2

真夏の九州神社巡りドライブ旅 高千穂編 その3

 

それでは九州ドライブ旅霧島編をどうぞ!

Csc_4252
5日目、晴れ。

この日は熊本駅からスタート!

熊本駅で「いさぶろう」に乗って吉松駅に行き、そこから「はやとの風」で嘉例川へ行くという、観光列車豪華二本立てというラインナップです。

駅のお土産屋さんでめいっこちゃんにあげるお土産を物色。

…そういえば電車の時間って何時だっけ?

と思って切符を見ると、まさかの発車時刻1分前

うわー!!!!やってもうたーーーー!

慌てて改札にダッシュするも、時すでに遅し…。

久々にやっちまった

どうしよう?どうする?

別のルートを慌てて検索し、新幹線で鹿児島中央まで行き、それから嘉例川駅まで向かうことに。

観光列車…乗れないなんて…。

バカだバカだバカだーーーー

過去にも何度か電車に乗り遅れたことがあるのですが、なぜか駅にいるのに時間を勘違いして乗り遅れることが多いんですよね。

全力で自分を罵倒しながら嘉例川駅に到着。

Csc_4256
ノスタルジックな佇まいが素敵なこの駅舎。

明治36年(1903年)の開業で、大隅横川駅と並んで鹿児島最古の駅舎だそうです。

こんな素敵な景色を邪魔するかのように、ベンチに荷物を置いて撮影してしまったことが悔やまれます(笑)

Csc_4260
嘉例川観光大使にゃん太郎のお住まい。

残念ながら、猛暑のため体調を見ての出勤をされているとのことで、この日はいらっしゃいませんでした。

Csc_4258
にゃん太郎さん、今は元気に出勤されているのでしょうか…。

Csc_4264
この駅名表示、味わい深いですね。

 

嘉例川からバスに乗り、鹿児島空港へ。

ここでレンタカーを借り、これから4日間ドライブ旅を続けます。

車で最初に向かったのは日当山温泉

かの西郷さんもお気に入りだったというこの温泉、後輩からすすめられたので行ってみます。

Dsc_2537
優湯庵という温泉施設に行ってきました。

効能は神経痛・関節痛など、とのことですが、お湯がやわらかくてお肌がスベスベになりました

西郷さんのお気に入りというのもうなずける気がします。

鹿児島空港から近いので、お時間があればぜひ

霧島美人の湯 You湯

温泉に入った心地よさと程よい疲れとともに、車を走らせ鹿児島神宮へ。

Csc_4276
思ったよりも温泉に長く浸かってたせいで、日が傾きかけています。

遅くなってもうた

御朱印をいただくないと…と、にわかに御朱印ハンターになりつつある私。

Csc_4277
鹿児島という名が付いている割には、意外と敷地は狭いような…。

Csc_4278
しかし彩色が鮮やかですねぇ

Dsc_2729
無事に御朱印をいただけました

16時半までに間に合って良かったー!

更に車を走らせ霧島神宮へ。

Csc_4284
相変わらずの長階段…

今日一日の目まぐるしさと風呂上がりの気だるさで、階段を登るのがしんどく感じられます。

って体力ないだけか(笑)

Csc_4286
すごく良い場所なんですけど、ちょっとお声の大きい海外からの参拝客が多いんですよね…。

もう少し静かに話していただけないかなぁ、と思ったり。

Csc_4289
天岩戸神社でも登場したオガタマノキ。

Dsc_2731
霧島神宮の御朱印。

こちらは18時まで開いているで、問題なくいただくことができました。

ここから一気に車を飛ばして宮崎県の青島へ。

…ってまた宮崎戻るんかい!(笑)

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年11月12日 (日)

秋の富山紅葉一人旅 氷見編

皆さま、どうもこんばんは。

めっきり寒くなってきましたね。

9月、10月と仕事が忙しくて飲みに行く暇がなかったのですが、11月になって仕事が落ち着いてきたので、最近飲みに行く機会が増えてきました。

飲むのは好きなのですが(そんなに飲めないけど)、家の帰りが遅くなるのがしんどくて…。

とりあえず0時前には家に帰りたいなぁと思うナユタでした。

それでは富山旅最終回、氷見編をどうぞー!

 

車は高岡から氷見に向かいます。

その途中、地図上で気になるワードを発見。

その名も「義経岩」

ほほぅ、それは行ってみたいですなぁ。

ということで、雨晴海岸(あまはらしかいがん)へ行ってみます。

Csc_4762
線路の切れ間から見える女岩。

天気が良かったら絶景だったんだろうなぁ

万葉歌人大伴家持もこの地で多くの歌を詠んだそうです。

駐車場から地下遊歩道が伸びていたので、道路をくぐって海の方へ行ってみました。

Csc_4760
雨晴とは、源頼朝に追われた源義経一行が奥州平泉へ向かう際に、雨宿りをしたところから付いた名だと言われています。

Csc_4759
こちらが弁慶が岩を持ち上げて雨宿りをしたという義経岩。

弁慶ってどこへ行っても怪力伝説を残しているなぁ…。

それだけ人気がある証拠なんでしょうけど。

柱の部分は後から足したのでしょうか…?

Csc_4757
階段を登ってみると、義経神社がありました。

ちなみに歌舞伎の演目でおなじみの勧進帳は、この近くの如意の渡しでの出来事がモデルになったそうです。

Csc_4754
すごいナイスなタイミングで電車が来たっ

一時間に1~2本という氷見線がちょうど目の前を通るなんてラッキー

踏切が写り込んだって気にしねーぜ

Csc_4753
この景色、晴れてたらいい感じだったのになー

まぁ、台風が近づいてたから仕方ないですね…。

 

今回、お昼は絶対名物の氷見うどんにしよう!と決めていました。

Dsc_0077_2
ということでお昼はうどん茶屋 海津屋へ。

寒いから温かいものが食べたい

そして肉も食べたい

ということで肉うどんとばち麺コロッケをオーダー。

Dsc_0082
まずはうどん。

昆布のお出汁で優しいスープ。

細い麺がやわらかくて美味しい

こういう細いうどん、好きだなぁ。

Dsc_0081_4
そしてばち麺コロッケ。

うどんの切れ端が中に入っているコロッケなのですが、中はとってもクリーミー。

なのに時々スパイシー。

そしてたまに現れる麺。

これは、食べたことのない味だわ

とてもクセになるお味でした

 

昼食後、足を延ばして能登へ。

Csc_4752
羽咋市にある氣多大社へ。

前回登場したのは富山県の氣多神社で、今は石川県の氣多大社。

名前が同じなのでややこしいです。

駐車場に到着する頃、今まで曇っていたのに急に大雨に。

何でやねん

傘を差して中へ入ると、神門で巫女さんが参拝の順番を説明してくれました。

いざお参りしようと目を向けると…。

Csc_4749
拝殿は修繕中の模様。

またしても工事中とは(笑)

た、多分工事とか関係なく神様はお願い事聞いてくれるから…

縁結びで有名な氣多大社さんにお願いすることといえば、もちろん良縁祈願

Csc_4747
縁結の道と呼ばれる、絵馬がたくさんかかっているところも歩いてきましたよ。

Csc_4745
氣多大社といえば有名なのが入らずの森。

原生林が広がる中に奥宮があるそうなのですが、立入禁止となっています。

Dsc_0101
氣多大社さんでも御朱印をいただきました

Csc_4739
氣多大社から車を走らせ千里浜なぎさドライブウェイへ。

ここは世界でも珍しい、車が走れる砂浜として有名です。

一回ここを車で走ってみたかったのよー

念願叶ってドライブすることができましたー

Point_blur_20171028_235157
砂にタイヤが取られることもなく、普通に走ることができます。

たまにデコボコしてるところで車体が宙に浮くことがありましたが(笑)

窓のすぐ外に海があるというのは何とも不思議な光景です。

Dsc_0089
夜は富山らしいものを!ということで、白エビのかき揚げが乗ったうどんとますのすし

…ってそういえばお昼もうどんだった

白エビは小さいけどしっかりと歯ごたえがありました。

かき揚げは別で注文して、パリパリ感を楽しんだ方が良かったかもなぁ。

ますのすしって発酵したお寿司なのかと思ってたのですが、普通の酢飯のお寿司でした。

くせがなくて美味し。

そして二日目も終了。

 

本当は翌日も旅行するはずだったのですが、台風が直撃するとのことだったので、途中で切り上げて帰宅。

残念だけど、わざわざ台風の中出歩くのもねぇ…。

もう少し遊びたかったなぁー。

2泊3日の短期間でしたが、富山を楽しむことができました

 

それでは、次回からは再び九州ドライブ旅に戻ります!

 


 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

2017年11月 5日 (日)

秋の富山紅葉一人旅 高岡編

皆さま、どうもこんばんは。

三連休は久々に姪っ子ちゃんたちと遊んできました。

いやぁ、子どもって本当に元気の塊ですよね(笑)

突然室内でかけっこしたり、ぶつかり稽古みたいなことしたり、ヘロヘロになるまで遊びに付き合わされました…。

それでは富山旅高岡編をどうぞ!

 

二日目、曇り。

この日は一日レンタカーで富山を巡ります。

Csc_4795
最初は高岡古城公園へ。

ほどほどに紅葉が色づいております

紅葉エエですなぁ

Csc_4788
高岡城を築いた加賀藩二代目藩主・前田利長公の像。

父上の前田利家公といい、長い兜がお好きのようで

Csc_4794
訪れたのは射水神社

随分古びた鳥居だと思っていたら、何と伊勢神宮外宮の豊受大神宮板垣北御門を移築したものなのだそうです。

しかも、元々は一般の参拝客が入ることのできないところの鳥居だったとのこと。

これはありがたくくぐらないと…

Csc_4792
創建はおよそ1300年ほど前と、かなりの歴史があります。

社殿は明治33年の高岡大火で焼失したのを受け、明治35年に再建したのだそう。

Csc_4791
良縁祈願として絵馬をしたためます。

この絵馬、割れ目があるんだけど、と思ってよく見ると…。

Csc_4790
何と2枚の絵馬が1つになっているじゃありませんか

中に願い事を書ける仕組みになっています。

…って気づかず外側に思いっきりお願い事書いちゃった…

願い事を見せびらかしたい奴みたいになってるんだが

Dsc_0092
射水神社の御朱印。

巫女さんの笑顔が素敵で運気が上がりそう

ぶっちゃけ、場所によっては感じの悪い巫女さんもいらっしゃるので、こういう笑顔にお会いできると嬉しくなります。

 

お次は射水神社にほど近い高岡大仏です。

ここは2度目の訪問。

日本三大大仏の三番目のポジションを籠大仏こと岐阜大仏とともに争っていらっしゃいます。

Csc_4784
なぜか大仏に足場が組まれているのですが…。

看板をよく見ると工期は10月1日から10月31日までとなっています。

何で一か月しかない工期中に訪れてしまったんだか(笑)

Csc_4783
プライバシー保護のために目線が入っております(笑)

元々は木造の大仏でしたが、何度も焼失等したために昭和8年に高岡銅器の技術を用いて銅製の大仏が造られました。

Dsc_0093
御朱印はこちら。

美しい文字で惚れ惚れしてしまいます。

Csc_4780
続いて高岡大仏から歩いてすぐの高岡関野神社にお参り。

高岡御車山祭はここのお祭りなのだそうです。

射水神社・高岡大仏・高岡関野神社の三社寺を結ぶ道は「願道」と呼ばれています。

Dsc_0100
高岡関野神社の御朱印。

…心なしか墨が薄い気がするのですが。

Csc_4774_2
次は車を走らせて氣多神社へ。

御朱印は駐車場から坂を下ったところでいただけます。

Csc_4769_2
718年、僧行基による創建と伝わっているそうです。

御祭神は大国主命、つまり大黒様。

ということは縁結びですね

Csc_4768_2
同じ敷地内にある大伴神社。

大伴家持が越中国司として赴任したことから祀られたようです。

Dsc_0099_2
先ほど駐車場の下でいただいた御朱印。

無人の社務所で御朱印帳に貼るタイプのものをいただきました。

 

車は北に向かって走ります~

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ

 

 

 

 

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »