2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月の記事

2018年1月28日 (日)

冬の湖国パワースポット巡り旅 長浜編

皆さま、こんにちは。

今、テレ東で放送している「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」という、充電バイクで旅をする番組があるのですが、好きで毎週見ています。

過去に行ったことがある場所が多くて、見ていて「あ!あそこ行った!」っていう場所が多いんですよね。

こういう旅番組を見ていると旅情を掻き立てられて、また旅行に行きたくなります。

あぁ、出かけたいなぁ…←結局ここに行きつく(笑)

 

早く試験と研修講師の仕事終わらないかなぁ。

という現実逃避は置いといて、それではパワスポ旅長浜編をどうぞー。

 

長浜港で船を降り、長浜の町並みをブラブラします。

Csc_5567
長浜といえば長浜城

長浜城は以前行ったことがあるので、今回は別の場所に行ってみることに。

Csc_5571
長浜城横の豊公園

琵琶湖に映る夕焼けがキレイです。

まだ15時過ぎなのに、すっかり夕暮れの景色

Csc_5573
太閤井戸の碑。

逆光で何も見えん(笑)

秀吉が長浜城主だったころに使われていた井戸の跡だそう。

行ったときはちょうど水が引いてたのですが、時間によっては水没している時もあるようです。

Csc_5575 
高台でひっそりと見守る銅像。

長浜で初めて城持ちになった秀吉さん。

長浜に対する思い入れも強かったんじゃないかなぁと思います。

Csc_5578
その秀吉さんは駅前にもいらっしゃいました。

石田三成との出会いの場面を表した像で、その名も「出逢い」です。

Csc_5579
歩いてきたのは豊国神社

こちらも名前が表す通り、秀吉さんにゆかりの神社です。

Csc_5583
秀吉の死後3年後に建てられた神社で、商売繁盛の恵比寿様も祀られております。

Img_20171231_045614
こちらは御朱印。

時間ギリギリに行ったせいだからなのか、結構アクティブな文字です…

Csc_5589
東に歩いて黒壁スクエア方面へ。

Csc_5590
目的は長浜名物のっぺいうどん

片栗粉で固めた、とろみのある汁が特徴のうどんです。

老舗の茂美志やへ。

Csc_5593
近江牛が食べたかったので、近江牛しゃぶのっぺいうどんを注文。

他にしいたけ、ネギ、生姜が乗っています。

Dsc_0275
汁を掘っていくと赤身の肉が現れました!

汁が固めてあるので、いつまでも熱が逃げません

上の方の汁はプルプルだもん。

麺は結構柔らかめかな。

身体が温まりました

 

Csc_5595
海洋堂フィギュアミュージアム

あれ、前に来た時と場所が違う…?

と思ってたら、くしくもこの日、移転して営業再開したのだとか

Csc_5599
黒壁ガラス館

素敵なガラス製品がたくさんあります

短い時間で長浜観光を楽しみました。

 

Dsc_0278
この日は大津で一泊。

大好きな近江ちゃんぽんをいただきましたー

長崎ちゃんぽんと違って、昆布出汁であっさりしています。

スープは澄んでいるのですが、味はしっかりしていて美味しいのです。

野菜大盛り煮卵トッピングという贅沢なオーダー。

写真見てたら食べたくなってきた… 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年1月21日 (日)

冬の湖国パワースポット巡り旅 竹生島編 その2

こんにちは。
先週、「試験と会議が終わったー」って言ったばかりなのに、もう次の試験勉強と研修準備を始めないといけないナユタです…。
この間試験終わったばっかなのに…。
たまに「いつも勉強してて偉いね」って褒められることがあるけど、好きで勉強している訳ではないんす。
必要に迫られてしているだけなんす。
まぁ、前回は勉強を始めるのが遅かったせいで追い詰められたので、今回はちゃんと頑張ります(多分)
それではパワスポ旅竹生島編の続きをどうぞ!

 

Csc_5520_2
三重塔を見学後、階段を降りて国宝の唐門へ。
唐門は、豊臣秀吉が建てた頃の大坂城の唯一の遺構を移築したものなのだそうです。
しかし…。
Csc_5524
唐門は平成31年まで工事の予定
 
恒例の工事現場見学に(笑)
Csc_5523
と言いつつも、修復の過程が見られるので、これはこれで楽しいかも。
こちらは観音堂の修復の様子。
Csc_5526
修復前の天井が…。
Csc_5525
修復後は色鮮やかによみがえっています
元はこんな感じだったんですね。
Csc_5532
観音堂と都久夫須麻神社を繋ぐ舟廊下
秀吉の御座船「日本丸」を利用して建てられたことからこの名が付いたのだそう。
確かに天井が舟底みたいになっています。
 
Csc_5554
ちなみに舟廊下の外側は舞台造という形になっています。
Csc_5539
廊下を渡った先にある都久夫須麻神社
こちらは豊臣秀頼が伏見城から移築したのだそう。
豊臣家と縁が深いのは、秀吉がかつて長浜城主だったからなのか、それとも淀殿が浅井家の血を引いているからなのでしょうか…。
Csc_5540
境内横のお社にいらした弁天様。
彩色がキレイです。
Dsc_0249
弁天様の近くにあった小判お守り(200円)
最近、宝くじが当たらないと嘆いている母へのお土産にしました
Csc_5546
弁天様のお隣の白巳大神。
御祭神の白蛇と「金寶富貴」の言葉が示す通り、金運・財運の神様です。
Csc_5549
こちらの蛇は「阿吽の龍」を表しているのだとか。
これはお金が溜まりそう…
念入りにお参りします
Csc_5545
いよいよ八大龍王拝所でかわらけ投げを行います
Csc_5552
入口で渡されたかわらけは2枚で一組。
1枚目に名前、2枚目に願い事を書き、鳥居に向かって1枚ずつ投げます。
鳥居をくぐれば願いが叶うそうな
私が書いたお願いは以前の日記で書いた通り
 
Csc_5551
いざ、かわらけ投げ
1枚目。
名前を書いたかわらけは手前で落下
2枚目。
願い事を書いたかわらけは手前で落下
しかも割れるという…
何でやねーん
Csc_5559

こちらもパワースポットとして有名な黒龍大神、黒龍姫大神のお社。

パワースポットだと知らず、スルーしてしまったのが悔やまれます
上陸時間は80分でしたが、島を一周するのにちょうど良い時間でした
船に乗り、再び長浜に戻ります。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年1月14日 (日)

冬の湖国パワースポット巡り旅 竹生島編 その1

皆様こんばんは。
試験が終わり、そしてヘビーな会議も終わり、ひとまずホッとしているナユタです。
いやぁ、年明けからバタバタしてました!
試験勉強をしなかったのは自分の責任として、試験2日後に開催された会議の準備が大変でして。
会場準備とか資料作成とかは当たり前として(と言っても、準備期間が実質3日間というのもありえないけど)会議に私の講話が30分も予定されておりまして(笑)
私よりもベテラン社員さんが集う会議の席で講話とか無理だって!
と断ったところで聞き入れてくれる部長な訳がなく。
ギリギリまで構想を練った挙句、ポンコツ部下たちが過去にやらかした華麗なる武勇伝を話してお茶を濁すという作戦に打って出ることに。
本当はもっとお説教的な内容を指定されてたけど、そんな上から目線で話せるかー!
とりあえず参加した人からは「面白かった」って言ってもらえたけど、うちの部長には「ためになった」って言っておくれ…。
それでは、今回から4日間の琵琶湖周辺の旅をお送りいたします。
普段、行き先を決める時は大体フィーリングで決めるのですが、この当時はすごく琵琶湖に惹かれまして。
たまーにそういう無性に行きたくなる場所ってあるんですよね。
1日目。
新幹線で米原へ行き、そこから電車に乗り換えて長浜へ。
東京では晴れてたのに、西に向かうにつれてどんどん曇っていく…。
長浜駅から歩いて長浜港に向かいます。
Csc_5490
この日の目的は竹生島
琵琶湖の北に浮かぶ無人島で、古来よりパワースポットとして有名な場所です。
前から行ってみたいと思っていたのよー
長浜港から竹生島クルーズで出発

ちなみに竹生島クルーズは長浜の対岸の今津港からも出ています。
湖で水面が穏やかなのか、船が揺れず快適に過ごせました。
Csc_5496
竹生島に30分ほどで到着!
無人島だからお店はないのかと思っていたのですが、食事処や売店もありました
階段を登り、入口でお寺の拝観料、かわらけ投げ用のかわらけ代を払ってから更に階段を登ります。
Csc_5503
初っ端から165段の石段にしてやられる私。
ゼェゼェ言いながら登り、まずは納経所で御朱印をいただきます。
Img_20171231_045358
こちらが弁財天の御朱印。
竹生島の弁財天は江ノ島神社、厳島神社と並んで日本三大弁財天と呼ばれているのだそうです。
Img_20171231_045330
そしてこちらは西国三十三所霊場の御朱印。
「大悲殿」と書かれていますが、これは観音菩薩がいらっしゃる場所のことなのだそうです。
これ以外にも「御詠歌」という御歌も書いてもらえるそうです。(御詠歌の存在を知らなかったため、私は頂いてません…
Csc_5507
弁財天堂(宝厳寺本堂)でお参りします。
Csc_5510
弁天様の優しいお顔が描かれた幸せ願いダルマ
願い事記入用紙に願い事を書き、ダルマさんのお腹に入れて奉納するのだそうです。
Csc_5511
…ってめっちゃ奉納されてる
Csc_5506
本堂の外にある宝厳寺五重石塔。
鎌倉時代の作で、五重石塔で文化財の指定を受けているのは日本でわずか7基しかないのだそう。
Csc_5509
不動明王も迫力あります。
Csc_5513
弁財天堂そばの高台にある三重塔
1484年に建立されたものの、江戸時代初期に落雷により焼失。
昔の設計図を参考に、現代の宮大工が6年もかかって2000年に再建したのだそうです!
宮大工さん、すごいなぁ…
Csc_5517
三重塔付近から眺めた琵琶湖。
だんだん晴れてきて良かった
Csc_5519
竹生島の見どころが多すぎて、1回で終わらせるはずが予想以上のボリュームになってしまいました…。
今回の琵琶湖旅、果たして何回シリーズになるのやら

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ

 

 

 


 

 

 

 

 

2018年1月 8日 (月)

真夏の九州神社巡りドライブ旅 鹿児島空港周辺編

あけましておめでとうございます。

新年も一週間が経過いたしましたが、いかがお過ごしですか。

私は年末年始とゴロゴロ過ごし、テスト直前になって慌てて勉強しています…。

何でもっと早く勉強始めなかったかなぁ。

と、ちょっと前の私に問いただしたいところです。

それでは、九州旅もいよいよ最終回です。

どうぞー!

 

精矛神社を出て、次は犬飼滝滝見台へ。

Csc_4454
ここは坂本龍馬がおりょうと新婚旅行に来た時に訪れた場所だそうで、姉の乙女の手紙にも出て来るのだそうです。

Csc_4455
霧島付近の観光地では龍馬&おりょうカップルのパネルをよく見かけます。

霧島神宮にも立ってました。

Csc_4456
滝見台から滝をのぞいてみます。 

滝…滝どこ?

残念ながら、この日は滝が見えず

ここから更に遊歩道を10分くらい下ると滝が間近で見えるらしいのですが、体力・根性・時間と3拍子揃って持っていないので諦めることに

近くにある和気神社を目指します。

って、地図だとめっちゃ近くなのに、ナビだと超大回りな上にめっちゃ細い山道走らそうとするんだけど

近くをグルグル走ったものの車のルートが分からず、元の場所に再度車を停めて山道を登ってみることに。

階段…しんどい…。

Csc_4457
そしてたどり着いたのは猪が描かれた巨大絵馬。

日本一の大絵馬で、平成19年に作成されたのだとか。

Csc_4460
御祭神は和気清麻呂さん。

奈良から平安時代にかけての貴族、政治家で、神の声が聴こえるという不思議な能力の持ち主だったのだとか。

宇佐八幡宮の神託の件で、称徳天皇の寵愛を受けていた道鏡の怒りを買い、この地に流されたらしいです。

詳細につきましてはコチラが分かりやすいかと。

BUSHOO!JAPAN

清麻呂さん…何かステキ

Csc_4461
ここの神社は狛犬ではなくて駒猪。

宇佐に配流となった際に、猪に助けられたご縁で駒猪になったのだとか。

Csc_4459
ここでもやはり龍馬とおりょうの新婚旅行ネタ

結構色々回ったんですねー。

てか、この回は龍馬の新婚旅行をたどる旅みたいになってるなぁ(笑)

Img_20170916_115200
いただいた御朱印には「我独慙天地」との文字が書いてあります。

例え誰が何をしようとも、自分だけは天地に恥じない行いをする、という意味らしいです。

清麻呂さんの心意気を感じるお言葉です。

Csc_4467
最後に向かったのは塩浸温泉龍馬公園

ここも名前が示す通り、二人が新婚旅行で来た場所です。

寺田屋事件でケガをした龍馬がここで湯治をしたとも伝わっています。

なんと18日も滞在したのだとか。

Csc_4468
温泉の目の前には清流石坂川が流れています。

前にテレビで見て、一度来たいと思っていた場所だったのです

Csc_4470
坂本龍馬・お龍新婚湯治の碑。

何で近くで撮影しなかったんだろう??

Csc_4471
温泉…入りたいな…

でも飛行機の時間が…。

Csc_4474
ということで足湯に入ってきました。

かわいらしいヒヨコさんのお出迎えです

ぬるくて暑い日にはちょうど良い湯加減でした。

Csc_4479
空港目の前の西郷公園で、最後に巨大西郷さんにご挨拶。

8日間という長旅でしたが、いざ行ってみるとまだまだ行きたい場所があるものです。

またそのうち九州行っちゃうんだろうなー

 

それでは次回から12月に行った琵琶湖の旅をお送りいたします!

お楽しみにー

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »