2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

« 夏の山口歴史を巡る一人旅 錦帯橋編 | トップページ | 夏の山口歴史を巡る一人旅 宮島編 その2 »

2019年3月24日 (日)

夏の山口歴史を巡る一人旅 宮島編 その1

こんにちは。

ナユタでゴザイマス。

私がこのブログを書いているココログが先日リニューアルしたのですが、かなり使い勝手が変わってうろたえる日々です…。

officeに操作性が近づいたものの、機能が減ってしまったような気がするんだよな。

使いこなせてない機能もいっぱいあるけどね。

個人的には絵文字が減ったのが悲しいのぉ。

ぱそこんおんちなもんだから、まだアップしていない記事が何故かTwitterに上がってたりとか、トンチンカンなことばかりしています(´;ω;`)

なので、変なことをしてても許してください!←言い訳

それでは山口旅宮島編をどうぞ!…って宮島は山口じゃないけど。

 

6日目。

この日になってやっと晴れ。

しかし、朝から頭が痛い…。

薬を飲んで、しばらくして痛みが治まったので出発します。

岩国から電車で移動して、広島県は宮島へ。

フェリーで10分ほどの船旅なのですが、USBでスマホが充電出来たり、Wi-Fiが使えたりと何かと便利!

最近はフェリーも進化しているんだなぁ…。

Cimg9910
宮島に上陸

この日は祝日だったので、観光客がとにかく多い‼

道がよく分からないけど、とりあえず人の流れについていくことに。

Cimg9917
大鳥居キタ――(゚∀゚)――!!

ちょうど干潮の時間帯だったので、大鳥居の下を歩いてくぐっている人がいました。

一回くぐってみたいなぁ。

Cimg9922
早速鹿に囲まれた💨

カワイイ~

すっかり気を抜いて鹿の写真をパシャパシャ取っていると、横から「カバン!カバン!」と叫び声が。

よく見ると、私のカバンがかじられようとしているではないですかっ

ビ、ビックリした…💦

Cimg9925
坂を登ってまずは千畳閣へ。

Cimg9932
豊臣秀吉が戦没者の慰霊のために建立した建物で、畳で857畳の広さ。

名前の通り、めちゃめちゃ広い

しかし、秀吉が途中で亡くなったため、未完成のままになっています。

江戸時代にはここで歌舞伎の興行も行われていたのだとか。

Cimg9926
天井には歴史を感じさせる額が、たくさんかけられています。

中にはしゃもじの形の額も❗

さすが宮島やー🎵

Cimg9937
すぐそばには五重塔。

こちらは室町時代に建てられたものです。

Dsc_1737
千畳閣でいただいた御朱印。

御朱印がしゃもじだー❗

Cimg9943
そして、いよいよ厳島神社へ。

さすがに結構な人出です。

Cimg9947
本殿前に、参拝する前にお祓いする用の串がありました。

前からあったっけ?

せっかくなので、串でお祓いしてからお参りします。

Cimg9949
鏡の池。

ちょうど潮が引いて手鏡のようになっていました。

良いタイミングで来れて良かったなぁ。

Cimg9951
回廊を歩いて見学します。

どこでカメラ構えても絵になるもんなぁ⤴

Cimg9957
平舞台から見た祓殿。

ちょうど後ろに先ほどの五重塔が見えています。

Cimg9962
能舞台。

満ち潮の時は海中に浮かぶ能舞台で、重要文化財です。

大鳥居が良い感じに写り込んでいます🎵

Dsc_1738
厳島神社でも御朱印をいただきました✨

ありがたやーありがたやー。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

 


一人旅 ブログランキングへ

 

« 夏の山口歴史を巡る一人旅 錦帯橋編 | トップページ | 夏の山口歴史を巡る一人旅 宮島編 その2 »

御朱印集め」カテゴリの記事

旅日記 ⑦中国」カテゴリの記事

コメント

ココログ大変だったみたいですね。
リニューアルしたとは・・・久しぶりに前のブログにログインしてみようかなあ。

旅も6日目とは!!
6日間も旅したこと無いので未知の領域です。
宮島にまで行かれていたとは…・行こう行こうと思いつつ行けてない場所なので写真見て唸ってます。

こんばんは。
宮島懐かしい。僕はここ朝の満潮時にシーカヤックでくぐって、昼の干潮時に歩いていきました。
鳥居の表と裏では鳥居に書かれている文字が違うんですよ♪
千畳閣ほどでなくてもいいけど40畳くらいの部屋でのんびりしてみたいww

ゆうきさんへ♪
ぜひココログにログインしてみてください!
記事の編集から戸惑いまくりだと思います…。
私もまだ全然使い方分からん。

広島って遠いですよねー。
今回、山口県のお隣なので足を延ばしてみましたが、なかなか行く機会がないんですよね。
個人的にはまた尾道に行きたいです。

大樹さんへ♪
大樹さんの宮島をシーカヤックでくぐった記事、覚えてますよ!
大鳥居を見た時に思い出しました。
行った時、干潮とは言いながらも水が残ってたので、靴が汚れるのを気にして行けなかったんですよね…。
ビーサンだったら良かったのですが。

40畳もあったら空気清浄機も暖房も効かなそう(現実的)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の山口歴史を巡る一人旅 宮島編 その1:

« 夏の山口歴史を巡る一人旅 錦帯橋編 | トップページ | 夏の山口歴史を巡る一人旅 宮島編 その2 »