2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月の記事

2019年8月26日 (月)

バースデー北近畿一人旅 夕日ヶ浦と豊岡カバンストリート編

こんにちは。

今日は会社が休み。

昨日お出かけして疲れがたまってたんですかね、昼近くに起きて夕方から昼寝してました…⤵

最早乳幼児と変わらんレベルで睡眠を取るという💦

涼しくなったせいで最近よく眠れるよねー。

それでは北近畿旅の続きをどうぞー。

 

海沿いに車を走らせ、夕日ヶ浦へ向かいます。

名前の通り、夕日のきれいなスポットなのですが…。

Csc_00741
雲が分厚くて夕陽が見える気がしない!☁

浜辺にはインスタ映えしそうなブランコ。

Csc_00811
良い感じに寄り添うカップルと、一人波に乗るサーファー。

うーん、絵になるなぁ。

最後まで雲は晴れなかったけど、良い景色が撮れて良かった📷

丹後半島一周、以上で終了です!

Dsc_2325
豊岡でレンタカーの返却まで時間があったので、ラーメン屋で夕ご飯🍜

地元の有名店塩元帥へ。

Dsc_2326
塩ラーメンに煮卵トッピング。

透明スープなんですが、しっかりした味です。

オニオンフライの甘味がスープに溶け込んでいて美味しい❗

柚子の風味で後味さっぱりです。

美味しかったー

Csc_00821
夜のお散歩。

豊岡駅から1キロほどの豊岡カバンストリートをブラブラ。

Csc_00841
豊岡は昔からカバンの制作で有名な街。

珍しいカバンの自販機があるということで、カバンストリートに探しに来ました👜

実は朝も車で探しに来たのですが、見つけられなかったのです…。

お店が開いてる日中に散策したかったな…💨

Dsc_2333
カバンの自販機見っけ❗

色んな柄があるのですが、残念ながら売り切れがちらほら…。

Csc_00871
カバンの値段は1500円。

つり銭が出ないのかっ💧

ありったけの小銭をかき集めて、何とか1500円を準備しました💥

Csc_00881
自販機から出てきたのはコチラ。

プラスチックの容器の中にカバンが入っています。

Csc_00891
豊岡のカバンについての説明書きも一緒に入っています。

Csc_00921
私が買ったのは、カバンの写真がいっぱい乗っている柄のもの。

小ぶりなトートバッグで、片手のハンドルが付いています。

両手のハンドルだったらもっと使い勝手良さそうなんだけど。

でも、可愛いので現在使っております💕

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング

 

 

 


 

2019年8月18日 (日)

バースデー北近畿一人旅 丹後半島編

こんばんは。

毎日暑くて、外回りをしているとついつい冷たいものに手を出してしまうナユタです。

休憩と言いながら、パフェやあんみつを食べてアイスコーヒーをがぶ飲みする日々…。

このままじゃ体重増加は避けられない予感💧

夏バテどころか夏太りとか笑えない…💦

でも…甘いものはやめられん(笑)

それでは北近畿旅丹後半島編をどうぞー。

 

天橋立を出発し、丹後半島を反時計回りに回ります。

Csc_00301
到着したのは浦嶋神社

何と、浦島太郎伝説の舞台といわれている場所なのです!

Csc_00311
寂しい場所にあるのですが、建物は立派です。

創建は825年。

Csc_00321
資料館には、浦島太郎の物語が描かれている浦嶋絵巻や玉手箱などがあるそう。

歴史の重みを感じさせる建物だなぁ。

Dsc_2389
御朱印の「宇良神社」とは、浦嶋神社の別名「うらのかむやしろ」のことだそう。

「石で出来ている印なので、綺麗に押せていないですけど…」とのことですが、素敵な印だと思いました。

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

浦嶋神社HP

http://www.urashimajinja.org/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

さて、時間は既にお昼をとっくに過ぎています。

めっちゃお腹空いた❗

でも、近くに食べるところなんてあるかなぁ…。

と、駐車場に戻っていくと、浦嶋神社の隣にオシャレな建物が。

Dsc_2300
お、イタリアンレストランじゃないですか❗

早速入ってみます✨

メニューを見てみると、パスタやステーキに交じって、地元産のお蕎麦やぜんざいなどのメニューも🍴

何とも守備範囲の広いレストランです…。

Dsc_2292
お蕎麦めっちゃ気になるけど、イタリアンレストランだしなぁ。

ということで、パスタランチをオーダー。

Dsc_2293
やっぱりカルボナーラが好きなんだな💓

うーん、美味しい🎵

サラダ、パンとドリンクが付いて1200円とお手頃でした⤴

Csc_00571
更に丹後半島を回ります。

次は経ヶ岬

海に点在する島…風光明媚ですなぁ📷

Csc_00531
白い灯台も遠くに見えます💡

Csc_00591
更に更に丹後半島を巡って、間人へ。

「間人」と書いて「たいざ」と読むんだそうな。

こりゃ難読❗

こちらは行者が岩といって、修行者が行を行った事に由来するのだそう。

Csc_00691
こちらは立岩

昔、麻呂子親王が鬼退治をした際に、この立岩に鬼を閉じ込めたのだそう。

岩の中からは、いまだに鬼の泣く声が聞こえてくるのだとか…(;・∀・)

何それ怖い(´;ω;`)

Csc_00631
遠くに見える母子の像は、幼少期の聖徳太子と間人皇后の像です。

間人の地名は、聖徳太子の母「間人(はしうど)皇后」が騒乱を避けてこの地に身を寄せ、その後ここを離れる際に自分の名前を贈ったことが由来なのだそう。

こりゃまたすごい由緒のある地名だったんだなぁ。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング

 

 

 


 

2019年8月12日 (月)

バースデー北近畿一人旅 天橋立編

 

こんばんは。

現在、9月に行く旅行プランを組み立て中のナユタです。

この時間が楽しくもあり、しんどくもあり(笑)

時間も予算も制約があるし、自分の行きたい場所全部に行ける訳ではないからねぇ。

その辺の取捨選択が難しいよねぇ。

毎年、早めに予定立てようって思っているのに、気が付けばギリギリになるんですよね。

今回こそは、早めに予定立てようっと。

それでは北近畿旅、天橋立編をどうぞ。

 

三日目、くもり。

この日は豊岡から丹後半島に向けて出発します。

Csc_99821
最初に向かうは籠神社(このじんじゃ)

伊勢神宮外宮の御祭神、豊受大御神がかつて鎮座していた場所といわれていることから、別名「元伊勢」とも呼ばれています。

Csc_99851
茅の輪くぐりだー✨

厄落としすべく、今回もきっちりくぐります🎵

ちなみに境内の中は撮影禁止。

それにしても境内は人で溢れているのですが、笠松公園への通り道だからなのか参拝しないで通過していく観光客が多いのが気になる…。

ちゃんと後で参拝するのかなぁ?

 

参拝を終え、せっかくなので奥宮の眞名井神社にも行ってみることに。

何だか普通の道なんだけど、この道で合ってる???

途中で鳥居がなかったら引き返すところでした。

細い道を登っていき、迷子か?と心配になってきた頃やっと到着!

Csc_99921
静寂さが良いですなぁ。

Csc_99931
これまた雰囲気のあるお手水。

Csc_99951
眞名井水神社。

右の栓をひねると水が出てきます。

そういえば、天の真名井って神様が地上に降り立つ際に天から持ってきた水のことだっけ。

神様のお水、ありがたくいただきます❗

Dsc_2388
御朱印は籠神社で眞名井神社の分も一緒にいただきました。

元伊勢宮と書いてあります。

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

籠神社HP

https://www.motoise.jp/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

Csc_00051
さて、次は天橋立を見るために笠松公園へ。

笠松公園へはケーブルカーかリフトで行くことができるのですが、ここは待たずに乗れるリフトでしょ❗と、リフトを選択。

乗り場でリフトを待っていると…突然の大雨☔

何で急に雨降りだすの⁉

Csc_00071
バタバタと大雨が降る中、およそ6分で笠松公園へと登っていきます。

リフトに小さい屋根あるけど、めっちゃ濡れるんだけど…⤵

さて、笠松公園から見える天橋立は…。

Csc_00111
雲は厚いながらもちゃんと見えたー✨

雨に濡れながら股覗きもやってきましたよ。

Csc_00161
笠松公園のキャラクターかさぼう。

よりによってこんな濡れ方(笑)

 

さて、帰り。

下りのリフトから見える天橋立が素晴らしいので、帰りももちろんリフトに乗ります。

Csc_00221
…大雨のせいで誰も乗ってないっ(笑)

しかも、定期的に低速運転に切り替わる始末。

うん、これはこれで貸切状態だから良いか❗

Csc_00261
ケーブルがちょうどすれ違ってるところに遭遇‼

見られて何だかラッキー✨

Horizon_0001_burst20190623115823837_cove
やっぱりリフトからの眺めは最高っす❗

高所恐怖症でなければ、絶対下りはリフトが良いと思います💓

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング

 

 

 


 

2019年8月 4日 (日)

バースデー北近畿一人旅 玄武洞編

こんにちは。

梅雨が明けた瞬間に暑くなりましたね💦

外回りにとっては地獄の季節になってまいりました…。

暑すぎて眠りも浅くなってるし、体力的にもキツイっす💧

快適さを求めて首掛け式の扇風機と冷風扇とか、片っ端から暑さ対策グッズを買いまくる日々

もう少し涼しくなってくれい…。

それでは、北近畿旅玄武洞編をどうぞ!

 

余部鉄橋を出て、城崎方面に戻って玄武洞へ。

当初は城崎駅から1駅なので電車で行こうかと思っていたのですが。

玄武洞駅は玄武洞と川を挟んで対岸にあり、駅からは予約制の渡し船でないと行けないとのこと。

何で玄武洞側に駅がないんだ…。

ということで、今回は車で行ってみました。

Csc_99541
階段を登ってビックリ❗

何じゃこの岩ー‼

幾筋もの石の流れと、岩肌にポッカリ空いた穴。

そして水の流れる音。

Csc_99531
近くには玄さんがキレ気味に岩を砕く顔出し看板。

なぜにそんな所から顔を出させるのだ(笑)

Csc_99601
見れば見るほど、不思議な景色だ…。

ここはかつて玄武岩の砕石場だったのだそう。

しかも、玄武岩という石の名前は、ここ玄武洞の名前が由来になっているのだとか。

勉強になるなぁ✨

Csc_99641
玄武洞から右手に進むと出てくる青龍洞。

このように柱状に規則正しく並ぶ岩を柱状節理といい、福井にある東尋坊も柱状節理なのだそう。

手前に水が溜まっているため、当時は橋を渡して砕石を行っていたのだとか。

Csc_99681
階段を登り、白虎堂へ。

岩の柱が横向きに伸びてる❗

こんなの初めて見た…。

Csc_99691
柱状節理の断面。

まるで東尋坊を空撮したかのよう。

それにしても…蚊が多い⤵

蚊に食われまくりながら散策します。

Csc_99701
あ、カニだ❗

お散歩中のカニに遭遇。

川が近いもんね。

Csc_99711
最後は朱雀洞。

こんなに変わった岩ばかりの景色、初めてでした。

Csc_99761
玄武洞駅側の風景。

大きな川が流れています。

川が近くにあって運搬しやすいので、この立地は都合が良かったのでしょうね。

Csc_99781
時間が余ったので、最後にもう少しだけ北上。

海沿いまでやってきました。

お目当ては…。

Csc_99801   
はるか遠く海に浮かぶ建物。

竜宮城だ❗

私有地なので上陸は出来ないということで、遠くから眺めておりました。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング

 

 

 


 

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »