2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

« 冬の紅葉鑑賞旅 浜松・方広寺編 | トップページ | 冬の紅葉鑑賞旅 かんざんじロープウェイ編 »

2020年1月27日 (月)

冬の紅葉鑑賞旅 龍潭寺編

こんばんは。

土曜に姪っ子ちゃんたちの家に遊びに行ってきたナユタです。

上のお姉ちゃんが星に興味があるみたいで、一緒に図鑑を見ていました。

姪っ子ちゃんは古代インドの宇宙の考え方が面白かったみたいで、亀の上に乗っているゾウを見て「これマンモスだよー」って言っていました。

むしろ私がその図鑑じっくり読みたかった…。

ブラックホールの記述とか、読んでるだけでワクワクするもんね。

今度行ったら借りて読もうっと。

 

それでは紅葉旅、今回は龍潭寺編です❗

 

最終日のこの日は浜松から再び北上します。

行先は、2017年大河ドラマ「おんな城主直虎」の中で、主役のおとわが出家したお寺として登場した龍潭寺

方広寺や竜ヶ岩洞の近くなので、本当は前日に行きたかったのですが、時間の都合で翌日に行くことに。

Csc_28541
龍潭寺へ向かう前に、すぐ近くにある井伊家初代の井伊共保出生の井戸と伝わる場所へ。

Csc_28591
大河ドラマの中でも、ここの井戸はよく出てきたよね。

あの時は一面緑の風景だったけど。

Csc_28581
井戸の中を覗いてみます。

竜宮小僧、いらっしゃるかしら…。

Csc_28651
山門をくぐって龍潭寺の中へ。

Csc_28711
イメージだともっと狭いお寺なのかと思ってましたが、結構な広さがあります。

風情のあるお庭を眺めながら、本堂へ。

Csc_28721
傷だらけの仏像。

丈六の仏という名で、明治時代の廃仏毀釈の際に子どもが登ったりして傷が付いたのだそう。

時代の流れとして仕方ないものの、今まで信仰していたものに傷を付けるなんてなぁ。

Csc_28751
直虎と虎松像。

血の繋がりのない親子ながらも暖かい眼差しを感じます。

Csc_28901
そして龍潭寺で有名なのがこのお庭。

江戸初期に造られた池泉鑑賞式庭園です。

紅葉もちょうど見頃で、しばらくぼんやりと眺めておりました。

心落ち着くなぁ。

こんな格調高いお寺に直虎さんは修行されていたのね。

Csc_29801
御朱印にも井伊家の家紋とともに「直虎之寺」と書かれています。

Csc_29011
直虎さん、許婚の直親さんと結ばれることはありませんでしたが、お墓は隣同士並んで建てられています。

許婚を待って未婚でいたのに、当の許婚は別の女性と結婚した挙句、早々に戦死。

そして遺された子どもを引き取って育てて、女性ながらに領主として政治も行ってたんだから、直虎さん、スゴイとしか言いようがないなぁ。

そもそも何で他の女と結婚したんだ直親ー❗

って直虎さん隣で罵ってたりして。

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

龍潭寺HP

http://www.ryotanji.com/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

Csc_29041
井伊家墓所を通り過ぎた先にも道があるので行ってみることに。

Csc_29071
そこにあったのは井伊谷宮

井伊谷に身を寄せていた後醍醐天皇第四皇子宗良親王をご祭神としています。

和歌に秀でており、学業成就にご利益があるのだそう。

今回、結構学業成就の神社にお参りしているから、これで少しは賢くなるかしら❓

Csc_29811
もちろん御朱印もいただきました☆

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

井伊谷宮HP

http://www.iinoyaguu.or.jp/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング

 

 

 


 

« 冬の紅葉鑑賞旅 浜松・方広寺編 | トップページ | 冬の紅葉鑑賞旅 かんざんじロープウェイ編 »

御朱印集め」カテゴリの記事

旅日記 ④東海」カテゴリの記事

旅日記 ⑥関西」カテゴリの記事

コメント

直虎の大河ドラマの始まる直前の正月に行ったなあ。あの時は開場時間すぐに訪れたのでゆっくり見て廻れたけど、今もまだ結構人気のスポットだと思うし、多くの方がおいでになっているのでしょうね。
浜松、やっぱり良いですよねえ。写真見ているだけでやっぱ浜松愛が沸々沸いてきます。
実は大学卒業時の就職活動で浜松思いきり来ていたんですよ。福祉事業団に旅行会社と。。。毎週東京から鈍行で通っていた自分に驚きですw

大樹さんへ♪
そうそう、大樹さんが大河の時期に龍潭寺に行かれてたのを思い出して、今回行こうと思ったんですよねー。
私が行った時は、ご年配の方たちがたくさん縁側に座ってお庭を眺めていらっしゃいました。

大樹さんが実は浜松にご縁があったとは!
しかも鈍行で東京から浜松とは…💦
その当時からバイタリティに溢れてますね…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬の紅葉鑑賞旅 浜松・方広寺編 | トップページ | 冬の紅葉鑑賞旅 かんざんじロープウェイ編 »