2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

« そらにみつバースデー大和路一人旅 談山神社編 | トップページ | そらにみつバースデー大和路一人旅 石舞台古墳編 »

2020年7月26日 (日)

そらにみつバースデー大和路一人旅 岡寺編

こんにちは。

先週末から左目がすごく充血していたので、仕事終わりに眼科で診てもらったところ「角膜に傷が付いている」との診断が。

確かに目に違和感はあったけど、角膜に傷が付くと白目が充血するとは思いませんでした💧

4連休中はメガネ生活だったおかげで充血はほとんど引いたのですが、明日からまたコンタクト生活だなぁ。

しかし、角膜の傷以上に両目のドライアイがひどかったみたいで、治療用の目薬とは別にドライアイ用の目薬も併せて処方してもらいました。

ドライアイ…😢

心が乾いているから目も乾いているのでしょうか😖

とりあえず充血が改善されたのは良かったけど、ドライアイのためにあまりスマホとか見ないように気を付けないとなぁ。

…多分無理だけど⤵

それでは大和路旅は岡寺編です。

 

談山神社を出て、明日香村方面へ。

石舞台古墳に行きたいんだけどな…。

ところが、残念ながら石舞台古墳の駐車場は満杯。

どこか駐車場あるかなぁと車を走らせると、ちょっと先に駐車場を発見。

車を停めて場所を確認すると、岡寺の有料駐車場。

あ、間違えた💧

出ようにも、管理人らしき人が手ぐすね引いて待ち構えてました(笑)

もうちょっと先に行くと無料駐車場があったらしいのですが⤵

Csc_3596
せっかく駐車場代を払ったので岡寺に行ってみることに。

創建は663年頃で、義淵僧正の開基と伝えられています。

日本最初の厄除け霊場で、西国三十三霊場第七番札所です。

Csc_3597
仁王門をくぐって中へ。

仁王門は1612年の建立で、重要文化財に指定されています。

分かりづらいですが、屋根の四隅には龍などの石像がちょこんといらっしゃいました。

Csc_3599
手水には色とりどりの花が。

何てキレイな…🌺

入っているのはダリアと紫陽花で、華手水舎と呼ばれているのだそう。

Csc_3612
1805年上棟の本堂。

岡寺は他の場所に比べるとめちゃめちゃ参拝客が多いなぁ。

Csc_3608
龍蓋池

岡寺は古くは龍蓋寺と呼ばれていました。

飛鳥の民を苦しめていた悪い龍を、義淵僧正が右下の石で蓋をして改心させたというのが寺名の由来になったのだそう。

蓋をしている要石に触れると雨が降るという言い伝えがあるということで、今は誰も触りませんように…。

Csc_3616
お寺って境内に色んな建造物があるよね。

こちらは弘法様の像。

Csc_3615
境内の上の方に建つ三重宝塔

かつて岡寺の旧境内に建っていたのですが1472年の大風で倒壊し、使用されていた木材は仁王門や楼門に転用されたのだそう。

その後、昭和61年に再建。

階段を登る元気がなかったので遠くから眺めておりました。

Csc_3613
涼しそうな桶が置かれています。

よく見ると魚が泳いでる~🐟

Csc_3763
岡寺では9種類の御朱印の中から選んでくださいと言われたので「厄除仏」を選びました。

厄年ではないですが、厄は払いたいなぁということで。

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

岡寺HP

http://www.okadera3307.com/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

Csc_3618
岡寺に行く時に気になっていた、治田神社にも寄り道。

岡寺の西に位置する治田神社ですが、岡寺は創建当時ここに建てられていたと言われています。

Csc_3620
岡寺の喧騒と比べると、参拝者もほとんどなく静かな佇まい。

これくらい静かな方が明日香っぽい気がするなぁ。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


« そらにみつバースデー大和路一人旅 談山神社編 | トップページ | そらにみつバースデー大和路一人旅 石舞台古墳編 »

御朱印集め」カテゴリの記事

旅日記 ⑥関西」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« そらにみつバースデー大和路一人旅 談山神社編 | トップページ | そらにみつバースデー大和路一人旅 石舞台古墳編 »