2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

« 夏休みゆったり東北旅 仙台編 その2 | トップページ | ぎっくり! »

2020年10月 4日 (日)

夏休みゆったり東北旅 松島編 その1

※タイトル間違えてましたー💦

 

こんにちは。

旅から帰って以来、なぜか「仙台の天気」「青森の交通情報」などがスマホに配信されるようになったナユタです。

いやいや、東京の天気を教えてくれよ⛅

もしかして私、まだ東北にいる…?

それはそれで良いなぁ😊

 

それでは東北旅、今回は松島編です!

 

二日目、くもり。

100%雨の予報でしたが、ギリギリ持ちこたえてくれました。

仙台から仙石線に乗り、松島海岸駅へ。

この日の目玉は松島観光船でのクルーズ🚢

まだ予約の時間まで間があるので、先に観光を開始。

この道であってる?と悩みながら進んでいくと、「雄島入口」と書かれた立て札が現れました。

Csc_4768
木がうっそうとしていて、何となく重い雰囲気。

雄島は古来より僧の修行場で、「奥州の高野」とも呼ばれる死者供養の霊場でした。

かつて見仏上人という高僧が十二年にも渡ってこの地に籠って修業を行い、霊力を得たのだそう。

その名声を聞き、鳥羽上皇が松の苗木千本を下賜したことから「千松島」と呼ばれ、そこから松島と呼ばれるようになったのだとか。

Csc_4769
山を切り開いて道を作ったのでしょうか。

雨降ってたら滑って絶対歩けなかったわ…。

Csc_4771
朱塗りの橋が見えてきました。

渡月橋といい、悪縁を切る橋だといわれています。

Csc_4773
橋を渡り、いよいよ雄島へ。

Csc_4775
たくさんの岩窟。

さすがは霊場だっただけあって、何となく空気が重く感じます。

Csc_4777
島を登ったところにあった新右衛門稲荷。

Csc_4779
芭蕉さんはここでも句を詠まれていました。

そのうち、機会があれば芭蕉さんルートで旅をしてみたいものです。

Csc_4781
松島の小島を眺めます。

雄島、静かで良い場所なんだけど、雰囲気が独特すぎて…。

特に霊感はないのですが、進むにつれて怖いと感じてしまい、ここで引き返してしまいました。

自分、ヘタレなもので⤵

Csc_4785
次は瑞巌寺五大堂へ。

ここでも赤い橋が登場。

Csc_4788
すかし橋という名で、こちらは縁結びの橋として知られています。

Csc_4789
足元が見える!

これは楽しい~♪

Csc_4790
五大堂の本堂へ。

それほど大きくはないですが、立派な建物です。

1604年、伊達政宗さんが瑞巌寺とともに再興し、国の重要文化財に指定されています。

Csc_4793
サルの彫刻。

よく見ると上に十二支の繊細な彫刻が施されています。

さすが伊達さん、手は抜きませんなぁ。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


« 夏休みゆったり東北旅 仙台編 その2 | トップページ | ぎっくり! »

旅日記 ①北海道」カテゴリの記事

旅日記 ②東北」カテゴリの記事

コメント

松島、行ったのいつ以来かなあ。。。
すかし橋って言うんですね。自分名も知らず淡々とちゃっちゃっちゃっと渡っていた、、、(;''∀'')
松島クルーズ、だいぶん昔に一度だけ乗ったことがあるけど、あの時はかなり若かりしときw
また行ってみるとしますか!!って今年はもう厳しいけど(;´Д`A ```(11月に違う所行くことにしたので)

大樹さんへ♪
すみません!
コメント気付いてませんでした💦
すかし橋、私も予備知識なしでスルスル渡ってしまいました💨
渡月橋の縁切りは事前に調べてたんですけどね。
松島クルーズ、私も乗ってきましたよ🚢
11月の旅行記事も楽しみにしています✨

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏休みゆったり東北旅 仙台編 その2 | トップページ | ぎっくり! »