2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

« 夏休みゆったり東北旅 津軽塗砥ぎ出し体験編 | トップページ | 夏休みゆったり東北旅 三内丸山遺跡編 »

2020年12月 6日 (日)

夏休みゆったり東北旅 五所川原から龍飛岬編

こんばんは。

以前から何度となく「ブログの容量が残り少ない」的な事をお伝えしておりましたが、とうとうマックスに到達してしまいました。

過去のブログの写真を小さくして容量を減らしたりと色々やってみたのですが、いかんせん面倒くさい。

なので、有料プランに移行しました。

これで、あと数年は延命できそうです(笑)

他のサイトへの移行も考えていたのですが、それはそれで面倒なので…(笑)

ということで、引き続き当ブログをよろしくお願いいたします😃

それでは東北旅をどうぞ!

 

5日目、くもり⛅

この日は青森市内から五所川原へ。

五所川原といえば揚げたい焼きや立佞武多の館、木造駅のビックリ駅舎など色々見所がありますが、今回は初めての場所に行きます。

十和田の温泉の脱衣所でご一緒したご婦人におススメされた、太宰治の生家へ。

Csc_5037
1時間ほどで到着。

正式名称は「太宰治記念館『斜陽館』」です。

小説「斜陽」から名付けられたこの館は、かつては旅館として宿泊できましたが、現在旅館は廃業し、資料館となっています。

Csc_5039
外観だけではそこまで大きいとも思わなかったのですが、中に入ると広い!

確かに金持ちとは聞いていましたが、一般人のお宅とは思えない広さです。

母屋に続いている資料室には遺品や原稿用紙など展示してありました。

Csc_5047
太宰が生まれる2年前に建てられたという斜陽館。

名士であった津島家は、地元で「金木の殿様」と呼ばれていたというのもうなずけます。

Csc_5048
お庭も広くて立派。

Csc_5051
和洋折衷の建物で、2階には洋室もあります。

一体何部屋あるんだ?

Csc_5053
中学時代、太宰が寝そべってサイダーを飲んでいたというソファー

こんな立派なソファー、普通のお宅にはないよね。

これだけ金銭的に恵まれていても、満たされないものがあったんでしょうね。

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

太宰治ミュージアムHP

https://dazai.or.jp/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

Csc_5080
斜陽館を出ると、向かいに雲祥寺というお寺があるので行ってみることに。

Csc_5083
幼い頃、太宰は乳母に連れられてここによく来ていたそうです。

Csc_5084
中を拝観させていただきます。

謎のピンボール😲

おみくじ代わりに運勢が書いてあるのですが…全然入らん💧

結局、運勢は分からずじまいでした(笑)

 

さて、この日は夕方には車を返却する予定。

時間がないので一気に走ります!

次の行先は龍飛岬。

かつて、青函トンネル内にあった竜飛海底駅を見学するツアーがあり、行こうと予約していたのですが、電車に乗り遅れて参加できず💧

あれから9年かぁ…(遠い目)

北海道新幹線が開通した今となっては見学することはできませんが、せめて陸から眺めてあの時のリベンジをします!

とりあえず龍飛岬灯台へ。

しかし…。

Csc_5088
ここどこ💧

間違えて龍飛岬の先端にある帯島まで来てしまいました⤵

何というコレジャナイ感。

Csc_5092
近くを散策してみると太宰治の「津軽」の碑がありました。

なぜかゴリラとかライオンとかの動物像に囲まれていました🦍

うーん、龍飛岬を感じられる場所に行きたいんだけど😖

Csc_5098
ということで、近くにある道の駅みんまやへ。

誰も人がいないんだけど💧

Csc_5101
青函トンネル記念館は閉館中❗

マジか…⤵

後になって、階段国道とか津軽海峡冬景色の碑の存在を知りました😖

ちょっとリサーチが甘かったな。

龍飛岬をイマイチ感じられないまま、龍飛岬観光終了。

Csc_5103
せっかくなので、奥津軽いまべつ駅へ。

2016年の北海道新幹線の開通に合わせて開業した駅で、青函トンネルを抜けて北海道の木古内駅へ繋がっています。

Csc_5102
駅前に居並ぶのは、今はやりのお歴々。

鬼滅の案山子かい!

どうやら、かかしコンテストで大賞に輝いたかかしのようです。

Dsc_4015
まだお昼を食べていなかったので、併設の道の駅でいまべつ牛の乗った味噌ラーメンをいただきました。

牛肉食べるの、久々だなぁ😋

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


« 夏休みゆったり東北旅 津軽塗砥ぎ出し体験編 | トップページ | 夏休みゆったり東北旅 三内丸山遺跡編 »

旅日記 ①北海道」カテゴリの記事

旅日記 ②東北」カテゴリの記事

コメント

五所川原、スルーしかしていなかったので、青森の中でも空白地域だったんですよね。
見所たくさんありそうなので青森再訪時の楽しみに残しておこうと思います。
太宰治の生家も拝見できるとあれば、これは青森観光の上位にあげておかないと!!

竜飛岬懐かしい!青函トンネル記念館残念でしたね。コロナ禍の影響でしょうか。あの坑道までケーブルカーみたいなのに乗って海底まで行けるんですよ♪是非ここはリベンジを!
階段国道も写真撮ったなあ、と過去記事を読み返すともう10年以上も前の話だったんだ、としみじみ。。。

大樹さんへ♪
私も前から斜陽館は気になっていたのですが、前回は揚げたい焼きに惹かれてしまい、斜陽館に行けなかったんです。
今回はちゃんと行けて良かったです。

うわぁ、やっぱり青函トンネル記念館行きたかったなぁ!
ケーブルカーとトンネルと言われたら、興味が湧かない訳がなく。
しかし、あそこまで行くとなると、次は何年後になるかなぁ…(遠い目)

とうとうブログの写真容量がいっぱいですかー。
僕はそれが理由でココログ終了したんですよー。。。ココログは可愛いデザインだから好きなんですけどね!

太宰治が寝転がってサイダー飲んでた・・・全然想像つかない・・・これは面白いです。

ゆうきさんへ♪
前までは有料プランに変更しても2Gのままだったのですが、月額250円で3Gまで使えるようになったので、今回変更しました。
10年以上で2G消費したので、あと5年はいけるかと踏んでおります。
まぁ、月250円かける価値があるかは分かりませんが(笑)

太宰治の斜陽館、以前は旅館業を行っていただけあって、本当に大きなお屋敷でした。
ゆかりの品が見られるって貴重ですよね。
愛用のマントとかも展示してありました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏休みゆったり東北旅 津軽塗砥ぎ出し体験編 | トップページ | 夏休みゆったり東北旅 三内丸山遺跡編 »