2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

2021年5月の記事

2021年5月30日 (日)

秋の加賀百万石の旅 那谷寺編 後編

こんばんは。

今週、次年度採用社員の面接をすることになったナユタです。

私が面接ですと…💧

就活生の皆さんも緊張されるでしょうが、私の方が緊張しそうです…⤵

学生から面接官に質問されることもあるので、私も事前に色々考えておけ、とのこと。

まーじーかーよー!

あの当時なんて、深く考えずに就活してたよー😭

いやぁ、色んな仕事が回ってくるなぁ😖

 

それでは加賀旅、前回に続いて那谷寺を散策いたします。

Csc_6449
胎内くぐりを終え、更に奥へ進みます。

立派な三重塔が見えてきました。

国の重要文化財で、4代将軍徳川家綱の生誕祝いとして、前田利常が建立したのだそう。

Csc_6444
目に鮮やかだなぁ🍁

Csc_6452
その先にある楓月橋(ふうげつきょう)へ。

風流な朱塗りの橋を歩いていきます。

Csc_6453
先ほど見た奇岩遊仙境の全景が見えてきました。

あんなところに鳥居があったんだ。

残念ながら、現在は立ち入り禁止となっています。

Csc_6460
ふと、橋から下を眺めてみると…。

何このキレイな色!

自然界にこんな色が存在するなんて✨

Csc_6461
芭蕉句碑

前回ご紹介した、御朱印にも書かれている芭蕉さんの句碑ですね。

Csc_6462
こちらが句碑。

文字がイマイチ見えませんが、説明版を見ると「石より 石山の 白し秋の 風」と書かれているようです。

何で語順がバラバラなんだろう?

Csc_6464
句碑の隣に立つのは「翁塚」

山中温泉から那谷寺に至るまでの、奥の細道に書かれている文章が記載されています。

1843年の芭蕉さん150回忌に建立されたものだそうです。

Csc_6465
庚申さん。

縁結びの神様として信仰されているのだそう。

近くに行きたいけど、女性がひっきりなしにお参りしていて近付けん💦

Csc_6466
奥の白山神社にも行ってみます。

Csc_6467
これまた心落ち着く景色です🍁

Csc_6471
白山神社ということは、白山比咩神社から勧請してきたのでしょうかね。

詳しい説明がなくて詳細は不明でしたが、せっかくなのでお参りします。

Csc_6473
凛々しいお顔の狛犬さん。

こりゃイケメンさんですな。

Csc_6474
狛犬のお顔って、本当に色々ありますね。

最近は、狛犬の姿が気になるようになりました✨

1時間以上、じっくり見学させていただきました。

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

那谷寺HP

http://www.natadera.com/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2021年5月24日 (月)

秋の加賀百万石の旅 那谷寺編 前編

こんばんは。

今週、土曜出勤したせいでヘロヘロのナユタです。

普段、土日でアホほど爆睡するのですが、爆睡できなかったから寝不足だわー。

いくら仕事にまだ慣れてないとはいえ、私の業務の最繁忙期とはいえ、昨年と比べると休みも取れてないし、残業量も桁違い。

人事異動は業務命令だとはいえ、何でこんな部署に…と思わずにはいられません。

休み欲しいなぁ。

 

さて、一週間開いてしまいましたが、加賀旅は那谷寺編です!

どうぞ!

 

獅子吼高原を出て、小松市方面に戻ります。

紅葉で有名な那谷寺(なたでら)へ。

着いたのは11時前。

しかし、かなり広い駐車場にもかかわらず、駐車場は既に満杯。

ちょうど紅葉の季節だものね。

仕方ない、待つか…。

Csc_6392
30分近く待って、やっと中に入ります。

立派な山門です。

Csc_6393
那谷寺は、717年に泰澄法師によって開創されました。

この泰澄法師、当時誰も入ることができなかった白山に登り、開山した方とのこと。

白山を開山したということは、その前に行った白山比咩神社とも縁のあるお方だったのですねー。

南北朝時代に戦乱により荒廃しましたが、その後加賀藩2代目藩主前田利常が復興。

こちらの金堂華王殿も、南北朝で焼失したものの、1990年に再建されました。

Dsc_4279
中で御朱印をいただきます。

御朱印の隣は芭蕉さんの句が。

「石山の いしより白し 秋の風」

芭蕉さん、弟子の河合曾良と別れた後に那谷寺に来ており、句碑も建立されています。

Csc_6397
まずは書院。

この几帳、インテリアに欲しいなぁ…などと余計なことを考えていました✨

Csc_6400
お庭の色合いが素敵です🍂

石灯籠の苔むした感じ、いいねぇ👍

Csc_6407
三尊石

岩が三つに裂けた姿が阿弥陀三尊のご来迎に似ているところから、その名が付いたのだそう。

なぜか、石の全体像を撮影していなかったのが悔やまれます⤵

下の紅葉を写したかったのかな、当時の私は。(最早覚えていない)

Csc_6408
お庭はちょうど良い紅葉ぶり。

キレイな紅葉目当てに、たくさんの人が見に来られていました。

松には、冬に備えて雪吊りもしてあります。

Csc_6413
トンネルをくぐり、一般参拝エリアへ。

これは出口側の写真。

Csc_6412
中はこんな感じ。

まさか境内にトンネルがあるとは💧

Csc_6415
引き続き、広い庭園を散策します。

緑の風景が癒されますねぇ🍃

Csc_6420
奇岩遊仙境。

海底火山が隆起してできた岩で、「おくのほそ道の風景地」として2014年に国の名勝に指定されました。

なんとなく、魔物が口を開いているようにも見える…。

Csc_6424
近くで見ると、笑っているようにも見えます。

意外とフレンドリーなのかも。

Csc_6430
奥に進み、本殿の大悲閣へ。

国の重要文化財に指定されています。

めっちゃ混んでる!

まぁ、当時はGoToトラベル中止前でしたからね…。

Csc_6431
本殿は加賀の一向一揆に巻き込まれて一時荒廃しましたが、2代目加賀藩主前田利常の庇護により再建。

彫刻が細かいなぁ✨

Csc_6437
さて、本殿では胎内くぐりを体験することができます。

胎内くぐりっていうと、仏像とかの狭い中を歩いていくイメージ。

それとも、善光寺のご戒壇巡りみたいに真っ暗な中を歩くのかな?

などと、色々考えながら中へ。

ご本殿の奥は薄暗い洞窟となっていて、その洞窟を母親の胎内に見立て、罪を祓い外に出ることで生まれ変わる、「ウマレキヨマル」ことを祈る場所なのだそう。

なるほど、ここで生まれ変わるのか。

私の穢れも少しは祓えた…と思います。多分。

Dsc_4277
胎内くぐりの入り口前でも御朱印がいただけました。

しかし、この御朱印。

Dsc_4275
さっきいただいた御朱印と同じじゃね?

どうりで誰もいただいてなかったのか⤵

でも、横に胎内くぐりの証明が書かれているから、別のものということで…。

 

長くなったので後編に続きます。

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2021年5月17日 (月)

マスターピース

こんばんは。

明日の会議資料にまだ目が通せていないナユタです💦💦

仕事中に読み切れなくて持って帰って来たんだけど…。

あーあ、仕事中心の生活なんて送りたくないんだけどなぁ。

 

さて、今週は旅行の話はちょっとお休み。(書く時間がなかったもので…)

土曜日にお芝居を見に行ってきました。

緊急事態宣言の延長で、一時は中止になるんじゃないかとヒャヒヤしていました。

Horizon_0001_burst20210515134918543_cove
会場は六本木ヒルズにほど近い、「EX THEATER ROPPONGI」です。

2015年以来の訪問。

外回りをしていた頃、この辺の担当だったので、建物の近くはウロウロしてたのですけどね。

入口の公演名の表示、テンション上がるわー⤴

Dsc_02582
3年ぶりのTEAM NACSさんの公演でございます!

もう、これだけを楽しみにここしばらく生きていたと言っても過言ではございません!

分散入場、検温、アルコール消毒、チラシは手渡しではなく自分で持っていくなど、コロナ対策をしっかり取られていました。

舞台の空調も少し肌寒いくらい、しっかり効いていましたよ。

 

まだまだ公演が残っているので詳細は書きませんが、今回も笑いましたー!

そして、安田さんの演技がすごかったっす。

今回は5人芝居で、全員が一人二役していたのですが、安田さんだけ別人が演じているのか思うくらい。

この人、昔はろくろと一緒に回ってたのになぁ…と思いながら見ていました。

6月6日にライブビューイングと配信があるので、興味のある方はぜひ✨

Dsc_0252
公演の前に、六本木ヒルズでお昼ごはん。

メトロハットにあるここりこ庵という焼き鳥屋さんへ。

普通のお味とは別に、塩味も選べる親子丼も美味しいのですが、何よりオススメなのがコチラ。

Dsc_0250
数量限定の焼鳥丼です!

炭火の焦げ目が香ばしくて、美味しいのです!😋

いつも親子丼と迷いつつ、焼鳥丼が残っているとこっち選んじゃうんだよなぁ✨

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2021年5月 9日 (日)

秋の加賀百万石の旅 金劔宮と獅子吼高原編

こんにちは。

GW明け、2日間しか出勤しなかったのにヘロヘロだったナユタです。

ちなみに、先週はやることがなさ過ぎて、大量のニンニクの皮をひたすら剥いておりました(笑)

当然食べきれず、ほとんど冷凍しましたけどね。

 

 

ニンニク食べて健康になろう!と思っていたのですが、ニンニクって一日4片が適量なんですって。

知らずに危うく10片近く食べてしまったのですが、10片以上は身体に良くないらしい(笑)

…GWの話題がニンニクしかないとか💧

 

それでは、加賀旅は引き続き白山市周辺をウロウロいたします。

どうぞ!

 

白山比咩神社をお参り後、元来た道を少しだけ戻ります。

Csc_6365
2015年にも来た金劔宮(きんけんぐう)へ寄り道。

日本三大金運神社の一つに数えられる神社です💸

とネットで見かけたのですが、日本三大金運神社ではないと公式が否定していた模様。

Csc_6366
それほど広くない境内に、建物が立ち並んでいます。

どこが拝殿だっけ…と思いながら、色々お参り。

玉垣で囲われているのは天の真名井という井戸。

干ばつの時も大雨の時も同じ水量を保っていたという、不思議な井戸です。

Csc_6367
こちらは義経腰掛石

奥州へ落ちる途中の源義経が、金劔宮を参拝した際に腰掛けたといわれる岩です。

Csc_6368
北陸方面も結構義経さんと遭遇する率高いんだよなぁ。

Csc_6369
こちらは、太古に神霊が降臨したといわれる天忍石

Csc_6370
別名牛石のとおり、寝そべった牛に似ています🐄

Csc_6372
狛犬さん、カッコ良すぎでしょ!

Csc_6373
こちらはアニメチックな表情です。

Csc_6375
拝殿。

金釼宮と呼ばれる前、かつて「劔宮」や「劔神社」と呼ばれており、そこから鶴来(つるぎ)という地名が生まれたのだそう。

それだけ、この町の中心をなす神社だったということですね。

お参りを終えて駐車場へ戻ると、駐車待ちの車が何台も…。

いやぁ、早く行動していて本当に良かった。

 

金釼宮を出て、再び白山比咩神社方面へ。

何でこんな無駄な動きをしているかというと…。

Csc_6385
獅子吼高原でゴンドラに乗りたいからでしたー✨

↑これで「ししく」ってすごい名前だ。

オープン5分前の9時55分着。

またしてもベストタイミング。

しかし…。

「強風につきゴンドラ運行見合わせ」の看板が💧

えー!

Csc_6386
動くまでの間、近くをウロウロしてみます。

ゴンドラ乗り場に隣接する、木像の建物へ。

Csc_6388
中には獅子舞の面の制作過程が展示してありました。

何で獅子舞?と思ったものの、獅子吼だから獅子舞なんでしょうかね…?

Csc_6387
風、収まらないかなー。

しばらく待っていたのですが、ゴンドラが動く気配がなかったので、次なる目的地へ。

まぁ、仕方ないですやね💦

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2021年5月 5日 (水)

秋の加賀百万石の旅 白山比咩神社編

こんばんは。

GWも残り1日ですが、皆さまいかがお過ごしですか?

私は、普段の土日と変わらず、朝寝て昼に起きるという見事な昼夜逆転生活を送っておりました。

自然に起きると、きっちり8時間で目覚めてワロタ。

普段は8時間なんて絶対眠れないですからね。

おかげ様で、お肌の調子も良くなって健やかに過ごせております。

はぁ、世の中週休三日制にならんかな…。

 

さて、加賀旅もそろそろクライマックスへ突入です。

それではどうぞ!

 

3日目、晴れ。

この日は車を走らせ、白山市方面へ。

Csc_6340
向かったのは、全国に2,000ほどある白山神社の総本社、白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)

日本三霊山に数えられる、白山という山がご神体の神社です。

Csc_6342
早速、芭蕉さんの句碑を発見!

やはり芭蕉さん、有名どころには必ずいらっしゃいます✨

Csc_6343
「風かをる 越の白嶺を 國の華」

白山を褒め称える句なのだとか。

いつか芭蕉さんの歩いた道を辿る旅に出たいものですなぁ。

といっても、スタート地点が北千住なのか南千住なのかで悩みそう(笑)

Csc_6345
樹齢推定1000年の大ケヤキ。

Csc_6346
白山比咩神社には2015年にも来たことがあるのですが、その時は電車+バスで、下の参道から結構歩いたので今回も歩くんだろうな…と思っていたのですが、北参道の駐車場に停めたおかげで、ほとんど歩かずに到着しました。

しかも、朝9時5分というベストタイミング。

七五三の時期で、混雑する前に滑り込み。

Csc_6348
幣拝殿手前にある荒御前神社(あらみさきじんじゃ)。

全く関係ないですが、大体春先とか秋口はライダースジャケットを着て旅に出ることが多いのですが、バイカーさんも同じような格好しているのをよくお見かけします。

この時もライダースジャケットの方をお見かけして、勝手に仲間だと思ってました。

…てか、私はバイク乗りではないですが💧

Csc_6355
白山比咩神社のご祭神は、菊理媛命(くくりひめのみこと)と伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、伊弉冉尊(いざなみのみこと)。

菊理媛命は名前の通り、縁をくくる、結びつけるという縁結びの神様です。

黄泉の国でイザナギさんとイザナミさんがケンカしている時に仲裁に入った神様なのですが、古事記には登場せず、日本書紀にもちらっとしか出てこないという、謎多き神様でもあります。

Csc_6350
菊理媛繋がりではないでしょうけど、菊の花が飾られていました。

秋だねぇ。

Csc_6353
幣拝殿の横にあった「疫病退散の水」

こ、これはいただかなくては!

清らかなお水で、少し健康になれたかも。

Csc_6359
境内の木も、ほど良く紅葉していました。

これはほかの場所も期待が持てそうだ🍂

Csc_6362
スレンダーな狛犬さん。

うーむ、いかつくてカッコ良いですな。

でも、やっぱりアイツくらい愛嬌が欲しいですのぉ。

Dsc_0160_20210504144501
ばっちり御朱印もいただきましたよー✨

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

白山比咩神社HP

http://www.shirayama.or.jp/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »