2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

« 今ふたたびの新潟へ | トップページ | ふらっと埼玉一人旅 古代蓮の里編 »

2022年7月11日 (月)

今再びの新潟 八海山尊神社編

こんばんは。

今日は休日出勤だったナユタです💧

電車がガラガラだったので、おかげさまで往復とも電車内で爆睡できましたよ。

いつも、こんなに空いていたら良いのに。

そして、仕事帰りに選挙にも行ってきました。

ここのところ、土日に何かしら用事が入っていて、休みは一日寝ていたい民にとっては睡眠不足でたまりません💧

 

そして、日記は八海山尊神社編です。

 

父の遺品整理で新潟に行った際、前から気になっていた場所へ行ってみることに。

Csc_0211
行先は、八海山尊神社(はっかいさんそんじんじゃ)

南魚沼市にある神社です。

Csc_0215
狛犬の後ろに写っていますが、境内に個人名を刻んだ石碑がたくさん並んでいたのが気になりました。

奉納…なんだろうか。

Csc_0218
そして、狛犬は正統派のイケメン揃いです。

足元にあるのは鞠なんでしょうかね?

Csc_0221
八十八段の階段の中腹にいらっしゃるのは龍。

Csc_0212
実は、この階段の下で手を叩くと、龍鳴が聴こえるとのこと。

龍鳴ってなんだ?と思って、階段の下で手を叩いてみると…。

グワヮーン…グワヮーン…」という不思議な音が跳ね返ってきました。

何だこれ!

 

Csc_0224
階段を登った先にあるのは、涼しげなお手水。

Csc_0225
金剛霊泉の水といい、昭和60年に新潟県名水に指定されたのだそうです。

少し掬って飲んでみると、冷たくて気持ち良いお水でした。

Csc_0228
神社に名を冠する八海山、お酒のイメージが強いですが、山自体が御神体として崇められています。

八海山信仰の歴史は古く、かの中臣鎌足が御神託を聞いて、祠を建てたのが信仰の始まりなんだとか。

役小角や弘法大師も修行したという霊山です。

Dsc_0453
ご本殿でお参りをし、御朱印をいただくと、神社の方から「里宮もすごく素敵な場所なので、行ってみてください」と言われました。

そう言われたら、行くしかないっすよね!

Csc_0230
少し迷いながら、ご本殿の横を歩いていくと、里宮に到着。

これは、確かに神秘的だ…✨

Csc_0231
泰賢行者という、八海山信仰を広めた方が三年間籠って修行したという祠がそばにありました。

これまた霊験あらたかそうな場所ですな…。

Csc_0235
里宮でもお参り。

重かった気持ちが、少し軽くなったような気がしました。

ここは、今でも近くの不動滝での水垢離や護摩祈祷、五穀断ち等の修行が行われているそうです。

Csc_0240
たまたま気になって寄った場所だったけど、来て良かった。

だって、こんな素敵な景色に出会えたし。

Csc_0245
八海山、すごく雄大でした。

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

八海山尊神社HP

https://hakkaisan-sonjinja.jp/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


« 今ふたたびの新潟へ | トップページ | ふらっと埼玉一人旅 古代蓮の里編 »

御朱印集め」カテゴリの記事

旅日記 ③関東甲信越」カテゴリの記事

コメント

休日出勤お疲れ様です。
折角の休みが取れないと厳しいですよね。
俺も週休二日、しっかりお休みが欲しい。。。
せめて土曜出勤の週は平日に休みを、、、と切なお願いです。

八海山ってかなり上るのに厳しいと聞いたことがありますが、その麓?にある神社だと、神聖さも相当なものなんでしょうね。
龍鳴、自分も手をたたいて聞いてみたいです。

大樹さんへ♪
ここのところ、休みの日でも父の件で外出することが多く、身体が休まりません💧
今回の三連休も勉強で潰れたし…。

八海山、そもそもお酒の名前としか知識がなかったという、お恥ずかしい話でして(笑)
ふもとにこんな素晴らしい神社があるとは知りませんでした。
ここはぜひともオススメしたいです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今ふたたびの新潟へ | トップページ | ふらっと埼玉一人旅 古代蓮の里編 »