2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

« 秋の東海歴史巡り旅 大井川鐵道編 その2 | トップページ | 秋の東海歴史巡りの旅 天下泰平の竹あかり編 »

2024年4月14日 (日)

秋の東海歴史巡りの旅 久能山東照宮編

こんばんは。

パソコンに続き、スマホも買い替えてますます金欠なナユタです。

買い替える気はなかったんだけど、スマホを会社のトイレに落としましてね…。

家のトイレならまだしも、よりによって会社のトイレって(´;ω;`)

防水だから故障はしなかったんだけど、気持ち的に買い替えたくなりまして💦

スマホをトイレに落とすって分かってたら、パソコンの買い替えはもう少し先にしたのになぁ😖

 

では、東海旅は再び静岡市へ戻ります!

 

千頭駅から島田経由で100キロ近く走り、到着したのは日本平。

これから久能山東照宮に参拝します!

前日に千頭駅の近くで宿が取れれば良かったのですが、静岡市で宿を取ったがために、静岡→千頭→静岡と移動することに。

Dsc_4550
日没が近づいてきましたが、何とか滑り込みでセーフ!

久能山東照宮へは、太平洋に向かって日本平からロープウェイで下っていきます

目的地に向かってロープウェイで下るって、何だか新鮮。

Dsc_4555
楼門が見えてきました。

Dsc_4609_20240414014501
裏にはちょこんと狛犬が収まっています。

Dsc_4560
家康公が亡くなった際、最初に葬られたのが久能山。

その後、久能山東照宮が創建されました。

Dsc_4573
唐門。

精緻で色彩豊かな鳥の彫刻が施されています。

さすがは東照宮だけあって、素晴らしい彫刻です。

Dsc_4561
静岡がプラモの町ということと、宮司さんの趣味で大量のプラモが飾られています。

Dsc_4565_20240414002601
日枝神社に飾られた歴代将軍の家紋の彫刻

時代によって、将軍家の家紋も少しずつ変わっているのだそう。

Dsc_4568
日枝神社の横から中へ入っていきます。

Dsc_4570
御社殿。

権現造と呼ばれる様式で建てられています。

こちらも煌びやかですなぁ。

Dsc_4583
更に階段を登って神廟へ。

石造りの宝塔が西向きに建てられています。

薄暗い時間に来ると、ちょっと怖いなぁ💦

Dsc_4587
金の成る木。

本当に金がなる訳ではなく、家康公が「よろず程の良き」「志ひふかき(慈悲深き)」「志やうぢ木(正直)」の3つを常々信用すれば富貴が得られると話したところから来ているのだそう。

Dsc_4608
そして、唐突に出現する家康くんの手形!

36歳頃のものだそう。

身長155センチにしては掌が大きい気がする!

2404140258372492
金陀美具足の御朱印をいただきました。

家紋と具足が金色になっていて、ご本殿部分と具足の一部が透かし彫りとなっています。

金の成る木御朱印も素敵だったんだけど、大河ドラマで金陀美具足がクローズアップされていたので、こちらにしちゃいました。

 

o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o

久能山東照宮HP

https://www.toshogu.or.jp/

o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o

 

Dsc_4641
ロープウェイを下りた後、駐車場近くにある日本平夢テラスへ。

中には入れませんでしたが、展望デッキは歩けるようなので行ってみます!

Dsc_4637
ちょうど黄昏の刻限。

マジックアワーや!

今日は本当に空に癒されるなぁ。

Dsc_4648_20240414003301
そうこうするうちに、上空に月。

何て素敵な景色なんざましょ!

Dsc_4661
ちなみに日本平夢テラスは隈研吾都市設計事務所による設計。

木材が多用されているデザインです。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


« 秋の東海歴史巡り旅 大井川鐵道編 その2 | トップページ | 秋の東海歴史巡りの旅 天下泰平の竹あかり編 »

御朱印集め」カテゴリの記事

旅日記 ④東海」カテゴリの記事

コメント

静岡を北へ南へめっちゃ動き回ってますね!!
静岡と言えば東へ西へ!って感じですが北へ南へと静岡県の広さを思い知りますね。
久能山東照宮と日本平も懐かしい♪
よく大阪に戻って10年くらいは毎年静岡に言っていたものですが、ここ何年も静岡とはご無沙汰です。
また遊びに行きたくなってきた。。。

大樹さんへ♪
こんな静岡をグルグル回る予定ではなかったのですが、宿を取るのが遅すぎで、こんな無駄ルートを通ることになってしまいました💦
日本平って名前は聞いたことがあったけど、実際に行くのは初めてでして、久能山東照宮の煌びやかさに目を奪われました。
これは静岡に遊びに行かないと、ですね!

む!?
大井川鉄道の後に、今度は久能山東照宮ですと?!
なかなかハードな旅ですね!
ここは日本平からの眺めも含めて良いですよね!あー久しぶりに行きたい。調べたら9年も行ってない・・・羨ましい・・

まずは狛犬です。目についたのは。
そして家康の手形です。背は低いけど手は大きかったんですね。
家康は女性の心の掴み方も上手かったとか。

ゆうきさんへ♪
この日は結構移動しましたねぇ。
どうしてもこの日大井川鐵道と久能山東照宮に行かないといけなくて、移動に時間を大きく割いてしまいました。
これはゆうきさん、静岡へ行くっきゃないんじゃないですか?

マンゲンサイさんへ♪
狛犬、黄金に輝いていて立派でした。
家康の身長は私と大して変わらないのですが、比べるとかなり大きく感じました。
当時の男性にしては普通の身長みたいですけどね。
家康は側室も多かったですからね…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の東海歴史巡り旅 大井川鐵道編 その2 | トップページ | 秋の東海歴史巡りの旅 天下泰平の竹あかり編 »