2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

カテゴリー「御朱印集め」の記事

2022年6月19日 (日)

ふらっと埼玉一人旅 吉見観音編

こんばんは。

昨日、相続人で集まって遺産分割協議書を作成しました。

仕事で遺産分割協議書を見る機会は今まであったのですが、自分で作成するのは当然初めて。

結構苦労しました…。

これを持って来週、一部ですが父の遺産の処分をしに新潟へ行ってきます。

 

さて、埼玉旅ですが、今回は吉見観音編です!

 

吉見百穴を出た後、近くに寺院があるので行ってみることにしました。

車で走ること10分弱。

Csc_9837
岩殿山安楽寺、通称吉見観音。

Csc_9836
実は、蒲殿こと源範頼に縁のある場所と伝えられています。

蒲殿…蒲殿…(´;ω;`)ブワッ

通説だと修禅寺で誅殺された蒲殿ですが、生き延びて吉見観音に隠れ住んだという伝説も残っております。

個人的にはそうであってほしい!

Csc_9811
山門の仁王像

立派なお仁王様で、じっくり見てしまいました。

なのに、なぜかこれしか写真がない💦

Csc_9813
境内は思った以上に広いです。

こちらの安楽寺、パワースポットとしても人気があります。

Csc_9827
心落ち着く表情の阿弥陀如来さまにお出迎えいただきました。

まずは、本堂でお参り。

Csc_9817
奈良時代、行基がこの地に菩薩像を安置したのが始まりとされ、その後、平安時代に坂上田村麻呂が堂宇を建立したと伝えられています。

しかも、本堂は蒲殿が建立したのですが、その後の比企能員の変で焼失…。

本堂には伊東四朗似の大黒様が安置されておりました。

Csc_9819
おっと比企一族とな!

もう、比企といったら佐藤二朗の顔しか思い浮かばなくなってしまった(笑)

大河に毒されすぎです。

Csc_9820
さて、御朱印をいただきに社務所へ。

Dsc_0175_20220619173201
書置きタイプの御朱印が多い中、こちらは御朱印帳にお書入れしてくださいました。

ありがたや、ありがたや。

少しだけお寺の方とお話ししたのですが、穏やかな方で、とても癒されました✨

Csc_9823
もう少し散策してみようということで、奥の方へ行ってみると、優しい表情のお地蔵さんがいらっしゃいました。

Csc_9825
三重塔。

こちらも蒲殿の建立(後に焼失)。

二朗め、二朗め…(違)

本当に、蒲殿に縁のありまくる場所でした。

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

岩殿山安楽寺HP

https://yoshimikannon.jp/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2022年6月 5日 (日)

ふらっと埼玉一人旅 喜多院編

こんばんは。

相続手続きは一旦中断と言いますか、小休止と言いますか。

毎日そればっかり考えていると、疲れてしまいますからね。

土日は終日寝ていたい派の私ですが、なかなか寝てもいられませんな。

 

さて、今回の旅ネタですが、一か月前ほど前に、日帰りで埼玉をウロウロしてきました。

GWに旅行に出られなかったからという理由で、勢いだけで出かけてきたのですが、ある意味このタイミングで出かけられて良かった。

まさか、その翌週に父の葬儀を営むことになるとは思いもよらなかったので。

 

出発日前日、急に翌日の日帰り旅を発案

しかし、自宅付近のレンタカーに空きがなく、諦めかけていたところ、所沢で車が借りられることが判明。

やったー✨

そこから夜遅くまでかけ、予定を組み立てていったのでした。

おかげで寝不足だ…。

Csc_9740
到着したのは川越の喜多院

Csc_9741
まずは慈恵堂でお参り。

喜多院の創建は奈良時代頃

勝手に江戸時代の創建だと思っていたのですが、思った以上に歴史があるんですね。

Csc_9743
多宝塔

1639年の建立で、当時は現在の境内の外に建てられていたのですが、1973年に解体修理の上、現在の場所に建てられました。

境内が広くて、建物が密集して建てられていないのがすごいなぁ。

Csc_9745
いよいよ拝観へ。

庫裡、客殿、書院と繋がっているのですが、これらは川越大火で焼失後、徳川家光の命により皇居から移築された建物です。

皇居から移築とか…!

客殿には徳川家光公誕生の間、書院には春日局化粧の間という、何とも豪勢な名前が並びます。

徳川家に長年使え、信任の厚い天海僧正が住職をしていたからなのですが、それにしても随分厚遇されているのが分かります。

他にも、室町時代後期の仏師や研師、蒔絵師など、職人の仕事ぶりを伝える絵画も展示してありました。

Dsc_0176
御朱印を2か所でいただいたのですが、よく見たら同じ御朱印でした(笑)

たまにやっちゃうんだよね…。

まぁ、筆跡が違うから良しとしますか。

 

庫裡を見学後、五百羅漢を見学へ。

お土産物屋さんの横から入っていくと…。

Csc_9747
おぉ!大量の羅漢さんだ!

ここには538体の羅漢さんがいらっしゃって、日本三大羅漢と呼ばれているのだそうです。

Csc_9757
長い巻物を持っている羅漢さん。

めっちゃ目立ってるやん🤭

Csc_9759
寝っ転がっている方も(笑)

皆さんめいめいに楽しんでますなぁ。

Csc_9760
羅漢さんを見学後、山門へ。

見学の順番がめちゃくちゃになってしまった💦

1632年、天海僧正の建立で、他の建物は川越大火で大半が焼失してしまったため、喜多院で一番古い建造物だそう。

Csc_9761
隣に立っているのは鐘楼門

Csc_9763
この立派な建物は慈眼堂

中には天海僧正の木像が安置されています。

古墳の上に建っているため、少し小高いところにあります。

Csc_9765
喜多院の外に建っている天海僧正像

本当は明智光秀だった説とか、100歳以上の長寿だった説とか、謎の多い人物です。

近場にこんな有名スポットがあるのに、何で今まで行かなかったんだろう…。

やっぱり、関東もしっかりと攻略しなくてはいけませんな。

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

喜多院HP

https://kitain.net/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2022年4月24日 (日)

冬の栃木歴史旅 佐野厄除大師編

こんばんは。

今週も家でゴロゴロしていたナユタです。

土日休めるなんて、幸せだなぁ✨

しかし、3月までは残業代が出てたけど、4月からは残業代が出なくなって給料はダダ下がりという(笑)

休みを取るか、給料を取るか…。

うーん、やっぱり休みの方がありがたい!

今年はしっかりと旅に出たいなぁ!

 

それでは栃木旅、いよいよ最終日に突入です!

 

3日目、最終日。

天気は晴れ。

この日は佐野からスタート。

佐野といえば、やはりここ!

駐車場がたくさんあるとは知らず、結構手前で駐車してしまいました💦

Csc_9252_20220424171401
ということで、到着したのは佐野厄除大師

年末になるとテレビでCMがバンバン流れていますよね。

入口には、佐野のゆるキャラ「さのまる」がお出迎え。

…写真が遠すぎて、さのまるがよく見えん💧

Csc_9255
金ぴかの釣り鐘がお目見えしましたぞ!

さのまる、カワイイのぉ。

Csc_9256
年末ということで比較的落ち着いておりました。

年始は混んでてお参りするのも大変だからね…。

Csc_9263
飲み物かと思いきや、おみくじの自販機!

「目をとじて生年月日を唱えながらボタンを押して下さい」と、おみくじの作法が書かれております。

Csc_9264
絵馬やお守りも自販機対応。

ここまで自販機が充実しているお寺は初めて見た気がする…。

Dsc_0297-1
御朱印は書置きのタイプ。

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

佐野厄除大師HP

https://sanoyakuyokedaishi.or.jp/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

 

Csc_9266
佐野厄除大師を出た後、駐車場に戻る途中で気になるスポットがあるので立ち寄ることに。

Csc_9267
縁結びと御朱印の幟がはためいております✨

これは行かざるを得ないでしょ…。

Csc_9268
壁にはお釈迦さまからのお願いが。

お願いっていうより注意喚起な気がしますけど…💧💧

Csc_9276
人が少なく、落ち着いてお参りすることができました。

わざわざ大混雑の中お参りするより、人が少ないうちにお参りした方がお願い事も届きそうな気がします。

Csc_9273 
ここの見どころは佐野大仏

座高3.13メートル、1699年に建立。

写真では分かりづらいですが、静かな表情をされておられます。

Csc_9279
御朱印は通常版2種と月替わり限定1種の合計3種類。

月替わり、華やかで素敵すぎる!

ということで、月替わりの方をいただくことにしました。

Csc_9278
すると、「この中からお選びください」と、御朱印の上に貼りつける用の水引を差し出されました。

どれも色とりどりでカワイイ…。

得意の優柔不断が発動し、しばらく迷ってしまいました(笑)

Dsc_0298-1
悩みに悩んで、御朱印と色を合わせて外側が白、内側が赤の水引をチョイス。

そういえば、自分で作ろうと水引キットを買ったけど全然作ってない⤵

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

佐野大仏HP

https://kuyounosato.com/sanodaibutsu/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

 

Csc_9281
佐野といえばラーメンも有名。

しかし、まだ時間が早くてラーメン屋は開いておらず😭

む、無念。

Csc_9282
「ラーメン つるり つるつる つるり」

おじさんの表情、いいですなぁ🍜

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2022年3月27日 (日)

冬の栃木歴史旅 貴船神社編

こんばんは。

今週も土曜出勤していたナユタです。

異動に向けて仕事を片付けようと思っているのですが、なかなか終わらん😭

この調子だと、今度の土曜日も出勤しないといけないかもしれん💧

異動後も残務整理とか…行きたくねー⤵

最近、ずっと休日出勤しているし、金曜から新しい環境になるということもあって、心身ともにお疲れモードです。

 

話は変わりまして、ブログのリラックマデザインが3月末で使用不可になるということで、かなり久々にデザインを変更しました。

さよならリラックマ…😖

リラックマ、気に入っていたんだけどなぁ。

 

それでは、栃木旅は群馬県に突入です!(もはや栃木ではない)

 

足尾銅山観光を出て、更に車を南西に向けて走らせます。

めっちゃめちゃ押してしまった💦

次の行先は草木ダム。

栃木を過ぎて群馬に突入だぜ!

ナビで草木ダム展望台を入力すると、なぜか示されたのは湖上を走るルート。

私、飛んでる!(物理)

ダムに行きたいからって本当にダムの上を走らせるなよ(笑)

Csc_9192_20220327193901
しばらくウロウロしつつ、やっとこさ草木ダムへ到着。

Csc_9187_20220327193801
展望台から草木湖を臨みます。

草木湖は、1977年に草木ダムのために造られた人造湖です。

癒されますなぁ。

Csc_9188_20220327194001
謎の物体を発見。

かぐや姫が入っていた竹でしょうか。

Csc_9189_20220327194001
すでに日が暮れ始めてきちゃったよ。

ふと、東屋をみると先客が。

Csc_9185
まったりしているプー氏とスヌ氏。

何でこんなところでたそがれてるんすか(笑)

 

よし、先に進むぜ!

しかし、道はさらに悪路に。

一通の道幅しかないところを、対向車が来ないことを祈りながら走行。

南無三!(半泣き)

Csc_9205
到着したのは貴船神社

Csc_9204_20220327194601
貴船神社というと京都が有名ですが、やはり京都の貴船神社を分霊して建てられたのだそう。

祈雨、止雨にご利益があるとのこと。

Csc_9196
年季の入った狛犬さん。

うん、風情がある!

Csc_9193
創建は956年で、現在の場所には1668年に建立されたのだそう。

歴史のある神社ですなぁ。

静かで落ち着いた雰囲気でした。

Dsc_0259
何とかギリギリで御朱印をいただくことができました。

良かったー✨

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

貴船神社HP

https://kifune-gunma.com/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

 



にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2022年3月21日 (月)

恒例のご挨拶

どうもこんばんは。

三連休、皆さまいかがお過ごしでしたでしょうか。

私はといえば、土日出勤して「三連休?何それおいしいの?」状態でした💦

なぜかというと、4月に異動することになりまして。

また異動かい!

この時期は毎年落ち着かないなぁ。

ただ、今回の異動については自分で希望していたので、良かったといえば良かったんですけどね。

今の仕事があまりに激務なことと、仕事の関係者から嫌がらせみたいなことをされていて、心身ともに疲れてたので…。

 

次の仕事は現場のマネジメントです。

現場なんて何年ぶりだ…?

そろそろ、ちゃんと休みが取れる仕事がしたいものです。

 

Dsc_4846
一年間、苦楽を共にした上司は残留。

今回異動できず相当がっかりしていたので、土曜に病院へ行く前に寄り道。

私が異動できたのも、上司が残留になったからだと思うので、何か恩返しをせねば。

四谷三丁目から歩いて5分ほどのところにある於岩稲荷 田宮神社へお参り。

Dsc_4847
いつも人がいないのですが、この日は数名先客がいました。

異動の挨拶と、上司の悪縁切りを祈願。

Dsc_4848
賢そうなお顔のキツネ様です。

Dsc_4849
於岩稲荷のすぐ向かいにある陽運寺

Dsc_4850
こちらは田宮神社の方と比べると派手で、若い女性に縁結びで人気があります。

Dsc_4851
この日も結構な人数の参拝客。

ここでも先ほどと同様、上司の悪縁切りを祈願。

私ってば良い部下じゃね?(笑)

Dsc_4855
せっかくなので、御朱印をいただきました。

三月なのでお雛さま仕様。

驚いたことに、裏がシール式になっていました!

これは便利だ…。

Center_0001_burst20220319135136316_cover
前に並ぶ女子たちが「私、美守りにしよっかなー💖」「私は縁結びにするー✨」とか言っている中、「縁切り守りください💀」といただいたお守り。

土曜に「今までありがとうございました!」と感謝の意を込めて上司に渡してきました。

 

上司、苦笑していたけど、もしかして「お前とは縁切りじゃー!」という意味に取られたか?💦

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

陽運寺HP

https://oiwainari.or.jp/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2022年3月 6日 (日)

冬の栃木歴史旅 日光編 その4

こんばんは。

先週に引き続き、今日まで0歳児が家にいまして、土日に目いっぱい一緒に遊びました✨

土曜くらいからやっと私の顔を覚えてくれたみたいで、あやすと笑ってくれるようになりました。

楽しかったなぁ。

でも、すぐにまた私の顔を忘れるんだろうな…⤵

 

それでは栃木旅、まだまだ日光編です!

Csc_9039
日光二荒山神社を出て、大猷院(たいゆういん)へ。

予定よりかなり時間を押しているけど、拝観券が大猷院もセット券になっているので行かなきゃ…💨

Csc_9040_20220213032201
こちらは徳川三代将軍家光公の廟所です。

早速仁王門に到着。

Csc_9042
仁王像の彫刻が精巧で写実的。

さすがは世界遺産なだけあります✨

Csc_9043
続いて二天門。

陽明門よりも大きく、日光二社一寺の中で最大なのだそう。

これまた立派な建物だ…。

Csc_9044
華麗な装飾が施されている像。

この像、長らく広目天だと思われていたそうですが、実は増長天と判明したのだとか。

Csc_9046_20220213042301
内側には風神雷神。

このお顔、浜ちゃんに似ている気がするのだが。

Csc_9049
うぎゃー、また階段か…⤵

さっき、東照宮の奥院に行って足が死んでるのに💦

Csc_9054
しかし、ここまで来て引き返す訳にはいかん!

これまた壮麗な夜叉門へ。

Csc_9061
竹刀持ってるヤンキーみたいなのに、左手がお茶目な鍵陀羅さん。

顔の部分がキレイに撮影できなくて我ながらガッカリです⤵

Csc_9059
こちらに至っては「どなたですか」状態。

ひ、ひでぇ💧

烏摩勤伽(うまろきゃ)という夜叉なのですが、膝が象になっているんです!

そこから膝のことを「膝小僧」と呼ぶようになったという説もあるのだとか。

Csc_9062
やっと唐門へ到着。

とても立派なんですけど、いかんせん写真がショボくてすごさが伝わりませんねぇ⤵

Csc_9065
大猷院本殿。

家光公の遺言で、東照宮よりも控えめな造りになっているのですが、それでも十分豪華絢爛です。

Csc_9067_20220213043301
竜宮城みたいな建物が出てきたと思ったら、竜宮造りという建築様式で竜宮門とも呼ばれています。

正式名称は皇嘉門といい、奥に家光公の霊廟があるのですが、中に入れるのはここまで。

Dsc_0256
いただいた御朱印は2種類。

日光だけで相当な数の御朱印をいただくことが出来ました✨

日光、2時間くらいで回る予定だったのですが、3時間以上かかってしまった上に駆け足になってしまったという💦

半日以上は時間見ないとダメだったなぁ。

Csc_9078
駐車場方面へ向かう途中、レトロなバスに遭遇🚌

カラーリングといい、可愛らしい💖

 

時間は既に13時過ぎ。

お腹空いた⤵

Dsc_0163_20220213043501
ということで、東照宮の門前にあるお土産屋さんでお昼。

Dsc_0164_20220213043501
日光名物の湯葉も付いてる!

 

さーて、お昼もいただいたし、次の場所へ向かうか…。

と思ったら、車を停めた場所が分からん!

輪王寺の駐車場、いくつあるんじゃ💦

しばらくウロウロ彷徨い、やっと見つけることが出来ました。

来た道をそのまま戻ってくれば良かった⤵

時間がないのに大幅にロスしてしまった😭

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2022年2月21日 (月)

冬の栃木歴史旅 日光編 その3

こんばんは。

日曜の午前中、3回目のワクチン接種をしてきました。

うむ、左腕が痛いぞ。

まだ熱は出ていないのですが、なぜか家に帰ってからめっちゃ睡魔に襲われるという(笑)

副反応に「眠くなる」ってあったっけ?

本当は土曜日出勤の予定だったので、月曜に振替で休もうと思っていたのですが、急に土曜日出勤がなくなりまして。

月曜休めねぇ⤵

月曜に熱が出たらどうしよう💧

あんまり調子悪かったら休むことにします…。

 

それでは栃木旅、今回は日光二荒山神社へ行ってきます!

Csc_9008_20220213030301
御仮殿を出て、今度は日光二荒山神社へ。

こちらは二荒山と書いて「ふたらさん」と読みます。

地図を見て気付いたのですが、奥宮からだと近かったのに、一度御仮殿に戻ってしまったので結果歩くことに💧

Csc_9009_20220213030301
ご祭神は男体山、女峰山、太郎山の日光三山ですが、それぞれの山に大黒様こと大己貴命(おおなむちのみこと)、妻の田心姫命(たごりひめのみこと)、子の味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)を当てています。

家族総出で祀られているのもスゴイな💦

Csc_9038_20220213031801
鳥居前には、大黒さんの巨大打ち出の小槌が飾ってありました。

Csc_9011_20220213030401
本社拝殿。

ご利益は大黒様といういうことで、もちろん縁結びと開運

あまり時間はありませんが、少し境内の中をうろついてみます。

Csc_9018_20220213030601
化灯籠

なんでも、明かりを付けるとすぐに消えてしまったり、物が二重に見えたり灯籠の形が変わったりしたのだそう。

Csc_9019
警護の武士たちが切りつけた刀傷が所々残っています。

伝説じゃなくてマジで切りつけられていたのか💧

Csc_9024_20220213031501
お菓子の神様、大黒田道間守。

美味しいお菓子が食べられますように✨

Csc_9027
朋友神社(みともじんじゃ)。

少彦名命という、医学と知恵の神様をお祀りしています。

大黒様と一緒によく登場する神様です。

これは…歴史を感じる建物だ。

Csc_9029
霊水。

智恵の水、酒の水、若水と3つのご利益が書かれています。

ふふっ、これはいただきませんとね!(特に若水)

Csc_9030
持ち帰るためには容器を購入する必要がありますが、その場で飲むのは無料とのこと。

では、いただきます!

トイレが近くなるのも構わずグビグビ飲んできましたよ✨

Dsc_0153
「良い縁 狛犬」と書かれた像。

狛犬というより三越のライオンにしか見えんぞ。

Csc_9034
と思って見ていると、日本に伝わった当初は獅子の形だったのだとか。

いつの間にか、日本の風土に合った狛犬の形になったんですかね。

Dsc_0258
御朱印は大黒さんの小槌の朱印が押されています。

時間があれば、もっとゆっくり見られたんだけどな…。

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

日光二荒山神社HP

http://www.futarasan.jp/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

 



にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2022年2月13日 (日)

冬の栃木歴史旅 日光編 その2

こんばんは。

久々に三連休でゆっくり休めたナユタです。

おかげで連日10時間以上爆睡しておりました。

人間は寝だめ出来ないらしいのですが、何でこんなに寝ちゃうんだか…。

ま、来週は土曜日出勤で忙しくて寝られないんですけどね(投げやり)

あーあ、大雪に備えてテレワークにしてくれれば良いのに、しれっとテレワークを廃止した弊社のダメぶりに呆れております。

 

気を取り直して、栃木旅は日光編の続きです!

 

やっと東照宮の中に入り、すぐに目に入ったのは…。

Csc_8960
神厩舎。

Csc_8961
三猿キターーーーーー!

画像がボケてるけど💦

2017年に修復した際、以前とは顔が変わったとよく言われていましたよね。

Csc_8962
神厩舎ですが、三猿だけではなく猿の一生を象った彫刻が並べてあります。

三猿が有名すぎて、いつも三猿にばかり注目していました。

Csc_8976
次は薬師堂へ。

行列が出来ているので、よく分からないまま行列に並んでみることに。

建物の中に入り、言われるがままに天井を見上げると龍の絵。

これは、かの有名な鳴き龍!

お寺の方が龍の下で拍子木を鳴らすと、「カァァァァァン」と音が響きます。

龍の下から離れた場所で拍子木を叩いても音は響かず、何とも不思議な建物です。

しかも、こんな有名スポットなのに、なぜか外観を撮影していなかった⤵

今回、そんなのばっかり💧

Dsc_0253_20220213045601
御朱印は「鳴き龍」と金で書かれた「薬師如来」の2種類。

Csc_8977
さて、次は陽明門

…ってここも工事中かい!

彫刻が素晴らしいのに彫刻が見えない(笑)

Csc_8981
こちらは唐門

白くて美しい建物です。

写真が下手すぎて良さが伝わりませんが😭

Csc_8984
煌びやかな建物が多いですな。

さすがは日光東照宮じゃ。

次は坂下門へ。

ここでの有名人(?)といえば…。

Csc_8985
眠り猫!

いきなり登場!

こんなにすぐに登場するものだっけ?

そしてこの写真も若干ボケてる…😭

Dsc_0254
こちらで東照宮の御朱印をいただきました。

新元号「令和」記念の眠り猫シールも一緒に渡されました✨

 

いやぁ、日光ってこんな見所多いんだっけ?

1~2時間ほどで日光から移動しようとしていたのですが、まだまだ全然回れていない💨

Csc_8987
なのに…人の流れに続いていくうちに階段へ進んでしまった⤵

わしはもう疲れておるのに💦

207段の階段をぜいぜい言いながら登っていきます。

Csc_8991
登った先にあるのは、奥院

家康公のお墓です。

おぉ、疲れた分だけありがたく感じるなぁ。

Csc_8994_20220213192801
奥にそびれるのは「叶杉」、願いが叶う杉とのことです。

ここはお祈りしておかないと!

ということで、列に並んでお祈り。

株価~⤴株価~⤴

その後、1月に買った株がすぐに値下がりしたのはヒミツです🤐

Dsc_0255
奥宮でも御朱印を。

書置きが無人で置いてあるのに気付かず、探し回ってしまいました💧

あぁ、もう宝物館に行く余裕ない…。

Csc_9004_20220213025901
観光客とは思えない早足で東照宮を後にします。

すると、何か気になる建物。

なになに、御仮殿ですと?

名前の通り、本殿を修復する際に一時的に祭神などを遷す建物で、1639年に建てられたのだそう。

期間限定で特別公開しているとのことなので、ちょっと寄り道。

人が少なくて落ち着きますなぁ。

普段は1月に公開することが多いらしいのですが、たまたま行った時に見学できて良かったです。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2022年2月 6日 (日)

冬の栃木歴史旅 日光編 その1

こんばんは。

2月も既に一週間が経過しましたが、皆さまお元気でしょうか。

私といえば、年初からの株の暴落に耐えかね、損切りフィーバーが止まりません⤵⤵⤵

ここ2週間ほどで数十万円ほど資産が減っちゃった、てへっ😭

来年は確定申告して少しは取り戻すこととしよう…📚

それでは栃木旅、今回はいよいよ日光に突入です!

 

2日目、晴れ。

朝から温泉にどっぷり浸かり、極楽気分。

はぁ~♨

やっぱり温泉はええのぉ✨

温泉でゆっくりしすぎて、予定より遅れて宿を出発。

 

この日は朝から日光へ。

輪王寺の駐車場に着いてみると、予想通りの混雑で駐車場が空いてない…。

車を停めた後も、拝観券を買うのに行列ができていました。

Csc_8944
階段の下で、まずは案内の人から説明を受けます。

「日光でこんなに天気が良いのは珍しいんですよ。皆さんの日頃の行いのおかげですねと案内の人。

何でも、日光は名前とは裏腹に、晴れる日が少ないのだそう。

Csc_8945
最初に見物したのは三仏堂。

輪王寺は奈良時代の766年、勝道上人により開山し、弘法大師や慈覚大師もこの地に来たことがあると伝えられています。

戦国時代に一時衰退するも、南光坊天海が貫主となることにより復興、徳川家康の霊を祀る東照宮が建てられました。

三仏堂の前でお参りすると、作務衣を着たお寺の方が、朗々と説明をされます。

由来から始まり、九星学などの運勢についてなど、様々なお話をされて、思わず聴き入ってしまいました。

そっか、私、今年(2021年)だけじゃなくて来年(2022年)も運勢が悪いのか⤵

4月に今の職場に異動してから、ロクなことがないからなぁ😓

最後に、ありがたいお守りの説明。

Dsc_0249
気が付けば、鬼門除けのお守りをお分けいただいてしまいました…。

木の板に白地で金文字で梵字と鳳凰(かな?)が描かれています。

Center_0001_burst20211211214028154_cover
裏には鬼が封じられています。

その後、三仏堂の中に入り、千手観音、阿弥陀如来、馬頭観音の三体を拝観。

しかも、仏様の真下から見上げるように拝観。

うわぁ…。

金色と鮮やかな彩色が目を引きます。

Dsc_0251
御朱印は2種類。

どちらも素晴らしい文字です。

 

次に案内されたのは裏手にある大護摩堂。

参拝の作法や数珠の使い方や選び方を説明いただきます。

…って書こうと思ってたのですが、ここから先の写真がない⤵

建物とか数珠とか撮影したのに💦

間違えて消したのかな…😓

Dsc_0252_20220206204001
こちらでは、先ほどのお守りに描かれていた鬼の御朱印をいただきました。

じっくりと説明を聞けるのはありがたいけど、このペースで拝観をしていたら一日はかかるなぁ…。

ということで、ここからはペースアップ。

Csc_8949
一旦、輪王寺を出て東照宮へ。

どこからか指笛が聴こえてきます。

Csc_8950
輪王寺と比べると、東照宮は人が多いなぁ。

Csc_8951
五重塔の前では人だかり。

さぁ、ちゃきちゃき進むぜ!

と思ったら、また拝観チケットを買うために長蛇の列ができていました。

え、マジで…。

チケットのためにどれだけ並ぶんだか💧

Csc_8954
20分以上かかって、やっと中に入れました。

何かもう、既に疲れたのだが💦

Csc_8953
下神庫は改修中。

旅先でのビニールシートは私の旅ではおなじみの風景です😓

Csc_8955
歴史のありそうな石灯籠、発見!

 

日光の良さを伝えられないまま、次回へ続く(笑)

ここから定番スポットが続くので…。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2022年1月23日 (日)

冬の栃木歴史旅 大谷寺と大谷石アート体験編

こんばんは。

今年になって初めて休日出勤がなかったナユタです。

2日も休めるだなんて幸せだなぁ(白目)

今の仕事になってから毎日残業だし、有休を取れないどころか休日出勤しまくりだし、本当にろくでもない部署に飛ばされたものです。

コロナも激増しているし、在宅勤務に切り替えさせてくれよ…⤵

久々にゆっくりできたので、上司からもらったで大根の漬物を作ってました。

…他にやることなかったんかーい!

 

さて、栃木旅は大谷資料館を出たところからスタートです!

 

大谷資料館を見学後、少しだけ元来た道を戻ります。

Csc_8900
目的地は大谷寺

創建は810年、弘法大師によるものと伝えられています。

中に入ると…。

Csc_8901
お、お堂が岩に食われている⁉

前に一関で見た達谷窟(たっこくのいわや)と似ている…。

早速拝観してみます。

中には巨大な大谷石の岩肌に直接刻み込んだ、磨崖仏の大きな千手観音のお姿。

国の重要文化財に指定されています。

写真撮影はNGだったため、千手観音のお姿はHPをご覧ください。

Csc_8906
改めてみるとすごいなぁ…。

宝物館もあるので見学します。

何でも、大谷寺洞穴遺跡という縄文時代の遺跡があり、完全な姿の縄文人の人骨が出土したのだとか。

20代男性の人骨ということで、復元したお顔が展示されていたのですが、結構イケメンでした(笑)

でも、現代人と比べると歯の噛み合わせが全然違うのだそう。

きっと日本人の祖先なんだろうけど、1万1000年前ともなると噛み合わせが違うものなのですね。

その他、出土した石器や土器も展示してありました。

やばい、意外と時間を食ってしまった!

Csc_8909
弁天堂のお参りは駆け足になってしまいました…。

Center_0002_burst20211210194012325
御朱印は書置きで。

Csc_8911
すぐ近くにある平和観音

世界平和と、太平洋戦争の戦没者を祀るため、大谷石の壁面に総手彫りで作成された石仏です。

高さは88尺8寸8分(約27メートル)、末広がりの数字になっています。

時間がないから、後でゆっくり見よう💨💨💨

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

大谷寺HP

http://www.ooyaji.jp/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

 

Csc_8914
さて、私が急いでいたのは、この後体験モノの予約を入れていたため。

Csc_8915
今回は大谷石を使ったアート体験です。

準備されたのは7センチ四方ほどの正方形の大谷石。

カードスタンドとして、真ん中に切れ込みが入っています。

Csc_8916
そして、カラフルなロウがたくさん準備されています。

何をするかというと。

Dsc_0098
大谷石の穴の開いた部分にロウを置き、ロウを半田ごてで溶かしていきます。

作りたいイメージはキレイなグラデーション。

Dsc_0099
しかし、溶けると色が混ざってしまう⤵

これは、なかなか自分の思い通りにならないなぁ。

濃い色から溶かし、冷えて固まってから薄い色を溶かしていくことで、何とかグラデーションになりました。

底面以外の5面に、色を入れていきます。

ここでも遺憾なく優柔不断を発揮し、何色を使うのか迷った挙句、全色使うという暴挙に出てしまいました(笑)

Dsc_0101
うーん、色にまとまりがない💦

次は、はみ出たロウをヘラで削っていきます。

Dsc_0102_20220123183801
ヤバい、ロウが固すぎる…!

腕が疲れる⤵

半田ごてでもう一度ロウを溶かし、柔らかくなったところをヘラでこさいでいきました。

目安時間40分の体験でしたが、1時間以上かかって完成。

Dsc_0318
完成品はコチラ。

大谷石には腐敗防止効果があるということなので、私の心が腐らないよう、今は寝室に置いてあります(笑)

もう手遅れかもしれんが…。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


より以前の記事一覧