2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

カテゴリー「御朱印集め」の記事

2022年1月11日 (火)

冬の栃木歴史旅 宇都宮二荒山神社編

こんばんは。

3日に引き続き、8日も出勤していたナユタでございます。

仕事嫌いなのに、なんでこんな毎日仕事しているのか謎でしかない(笑)

しかも、職場が寒いのでお腹にカイロを貼って仕事をしてたら低温やけどする始末。

水ぶくれが破けるまで気が付かず、後日医者に診せたところ「治るまで2週間以上かかるし、跡が残ります」って言われてしまいました⤵

普通のやけどより、低温やけどの方が重症化するとは聞いていたけど、本当にそうなんだね。

新年早々、なにやってんだか。

そして、今年もすっかり忘れていましたが、今年でブログ開設13年を迎えました!←中途半端

我ながら、よくここまで続けたもんです。

コロナが流行してから旅行に行く機会もすっかり減ってしまいましたが、これからも何卒よろしくお願いいたします!

 

さて、今回は12月に行った栃木旅について書いていきます。

そもそも最近、関東方面に旅行に行ってないな、と気付きまして。

急遽、一日だけ休みを貰えることになったので、予定を立てる暇もなくバタバタと旅立ったのでした。

 

一日目、宇都宮到着。

別に在来線だけで行けたのですが、旅行気分を味わいたくて、強引に大宮から宇都宮まで新幹線に乗車。

…すぐ着いたよ。

宇都宮駅に来たのは実に12年ぶり。

まずは、この方にご挨拶。

Dsc_0011_20220110170101
餃子の皮に包まれたヴィーナス🥟

12年ぶりの再会でございます✨

前に来た時と場所が変わっていて、探してしまいました。

うーん、いつ見ても謎だ(笑)

 

レンタカーを借りて、最初に向かったのは宇都宮二荒山神社

日光二荒山神社は「ふたらさん」と読むのに対し、宇都宮の方は「ふたあらやま」と読みます。

Csc_8801
神門。

歩道側から行くと95段の石段を登ることになりますが、今回は駐車場から行ったので石段はショートカット。

Csc_8793
訪問した時は12月中旬。

平日ということもあり、割と落ち着いていました。

新年早々参拝に行けなさそうなので、今のうちにしっかりお参りしておきます。

4世紀ごろの創建で、源頼朝や徳川家康も参拝したと伝えられています。

奇しくも今年と来年の大河に縁のある人物が参拝していたとは。

Csc_8794
拝殿横にいる狛犬氏。

何という雄々しいお顔…!

最近、どんどん狛犬フェチになっているような…。

Csc_8791
境内は綺麗に紅葉しておりました。

今年は紅葉を見られないかと思ってたから嬉しい🍁

Csc_8803
末社の初辰稲荷神社にも参拝。

Csc_8804
稲荷ということで、五穀豊穣、商業の神様が祀られています。

手前にいらっしゃるのは、味わい深い表情のキツネ様です。

Csc_8805
商売繁盛(異動させてくれ!)をお祈り。

ふと、横を見ると!

Csc_8807
歯をむき出しにしたキツネ様!

何ちゅうお顔をされているんですか…!

さっきのキツネ様とあまりに作風が違いすぎる!

Csc_8809
ライティングが素敵だったので思わず撮影。

冬の優しい日の光も良いなぁ✨

Csc_8797
さて、御朱印。

いっぱいあって悩みます、が。

Dsc_0124
こちらの御朱印をいただきました。

宇都宮では疫病退散として黄ブナがお守りとされているのだそう。

今のご時世だったら、やっぱりこれが一番かと思いまして。

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

宇都宮二荒山神社HP

http://futaarayamajinja.jp/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2021年11月28日 (日)

日本全国御朱印集めの旅 大宮氷川神社編

こんばんは。

昨日、King Gnuのライブで埼玉に行ってきました!

さいたまスーパーアリーナに行くの、何年ぶりだろう?

ライブに行くこと自体、昨年11月のKing Gnuライブ以来!

今日は疲れて爆睡していたので、岡山旅はお休みして昨日の話でも。

 

土曜日、晴れ。

少し早めに家を出て、ライブ前にちょっと寄り道。

大宮で電車を降り、路地を抜けて歩いていくと…。

Horizon_0001_burst20211127140944837_cove
大きな鳥居に遭遇。

Horizon_0002_burst20211127140950563
狛犬は割といかつい系(笑)

Dsc_0035
鳥居からまっすぐ伸びる参道を歩いていきます。

Dsc_0039
参道周辺ではキレイな紅葉が🍁

Dsc_0041_20211128183501
紅葉ってテンション上がるよね。

思いがけず、良い景色が見られて良かった✨

Dsc_0047_20211128183501
駅からおよそ1.7キロ。

関東にある氷川神社の総本社、大宮氷川神社に到着。

創建は二千数百年前と伝えられています。

え、卑弥呼の時代より古いの⁉

早速、楼門から中へ入ります。

Horizon_0001_burst20211127142222450_cove
舞殿。

中には七五三の参拝でしょうか、鮮やかな着物ではしゃぐ子ども連れの家族が多数いました。

七五三ってもう少し早い時期だと思ってたけど、コロナの関係で今参拝しているのでしょうか。

Dsc_0051
拝殿。

…この写真、何でこんなに暗いんだ(笑)

まともに撮れている写真が一枚もなかった💧

 

全力で職場の異動をお願いしてきました(笑)

Dsc_0053_20211128183701
地元、大宮アルディージャの必勝祈願絵馬。

Dsc_0061_20211128183901
空気が清浄で、心洗われるなぁ🍁

北風が寒かったですが、素敵な紅葉が見られて良かったです。

Dsc_0113
久々に御朱印をいただきました。

最近、社務所の開いている時間にお参り出来てなかったもんな。

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

大宮氷川神社HP

https://musashiichinomiya-hikawa.or.jp/

○o。+..:*○o。+..:○o。+..:*○o。+..:*○o。

 

Dsc_0095
参拝終了後、さいたまスーパーアリーナへ。

時間より早く着いてしまいました💦

Center_0001_burst20211127155709070_cover
うぉぉぉぉ!

テンション上がる⤴⤴⤴

Dsc_0093
着いた時はグッズ売り場がシステムトラブルで休止中で、グッズを買うために長い列に並んでみたり。

でも、早く着いたおかげで、落ち着いて行動できて良かった。

寒さに震えながら、開演30分前にやっと中へ入ることができました。

Horizon_0001_burst20211127164106561_cove
隣は思いっきり機材席

マジか!

Dsc_0102
パソコンモニターに「King Gnu」の文字が!

ある意味貴重な体験をしました。

 

ライブ中、機材トラブルで中断という珍しい場面に遭遇しましたが、そのおかげでサプライズで1曲多く聴けました!

ラッキー🎶

 

これからコロナがどうなるか分からないけど、無事にライブに参加できて良かったです。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2021年9月 5日 (日)

日本全国御朱印集めの旅 四谷編リターンズ

こんばんは。

昨日、一番下の妹夫婦と生後3か月の姪っ子ちゃんが遊びに来ました。

姪っ子ちゃんは重さは6キロになっていましたが、まだまだ軽い!

抱っこすると「あんた誰よ」という顔をしていました。

そうだよね、この間会った時はまだ生後1か月だったもんね。

まだおしゃべりはできませんが、機嫌が良い時は言葉にならない音を発していました。

カワイイのぉ…✨

もはや、おばあちゃんの気持ち。

祖母じゃなくて伯母だけど💧

 

さてさて、相変わらず書くネタがありません…。

旅行ブログとして書き始めた当ブログ、旅行に行かないと記事が書けないっす(笑)

ということで、写真を見返していたら1度目のワクチン接種の際に出かけた写真が出てきたので、今回は四谷編リターンズということで。

 

2021年7月17日。

ワクチン接種1回目の前に、かかりつけの病院がある四谷三丁目へ。

病院へ行く前にお参りをしていきます。

Dsc_4285_20210726003601
昨年5月にもご紹介させていただいた陽運寺

四谷怪談のお岩さんにご縁のあるお寺です。

Dsc_0275_20210726003701
なぜか本殿の撮影を忘れていたので、以前撮影していた写真を使用。

ものすごい雨(笑)

当時、仕事の関係で大きなトラブルを抱えていたこともあり、縁切りの思いを込めて参拝してきました。

マジで縁が切れて欲しい!(現在進行形)

Dsc_4287_20210726003601
本堂のすぐ後ろにあったのは、釣り竿で釣るおみくじ!

「一年安鯛おみくじ 福を釣り鯛」と書いてあります。

北海道のえぞみくじテイストのダジャレですな。

Dsc_4289_20210726003601
お稲荷さんということで、キツネ様がいらっしゃったり。

Dsc_4290
心願成就の石というものも。

願いを込めて叶玉という玉を一つずつ投げ入れる仕様になっています。

中に入ると結構広くて、カフェも併設されています。

Dsc_4344_20210726003801
この時にいただいた御朱印は、7月ということで朝顔が描かれています。

3年前にいただいた御朱印よりも華やか!

Dsc_4343_20210726003801
今回はもう一種類もいただきました。

12時から一時間、社務所が昼休みに入ってしまうので、ギリギリいただけて良かった!

 

本当は仕事関係のネタを書こうとしていたのですが、どうにも笑えない内容になってしまいまして…。

このままじゃどんよりしてしまうので、もう少しポップに書き直してお披露目します、多分💧

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2021年8月30日 (月)

日本全国御朱印集めの旅 新宿編

こんばんは。

私が濃厚接触者となり、自主隔離をしていたのが7月末から8月頭のこと。

2週間近く家に引きこもり、カップラーメンばっかり食べる生活を送っていました。

あれから3週間。

体重が減らねぇーーー!!!

何とか1キロは落ちたけど、それ以上減りません。

何だ、年だからか?代謝が落ちてるからか?

引き続き、地味に身体を動かすことにします…。

 

さて、自主隔離期間に出来なかったことを、週末に少しずつやっております。

今週は、3か月ぶりに髪のカットとカラーをしてきました。

カラーが退色して、会社的にNGな明るい髪色になっていたので、ずっと気になっていたのですよね…。

土曜日に予約を取って美容院へ行くと。

「あれ、予約明日ですよ?」

間違えて日曜に予約を取っていたのでした💦

「3時間後で良ければ、今日でも大丈夫ですけど…」

「よ、よろしくお願いします!」

当日中に予約を取り直すことが出来たものの、突然のフリータイム。

うーん、どうしようかな…。

ということで、前から行ってみたかった所へ行ってみることに。

 

最初に向かったのは、新宿の若松河田付近にある抜弁天厳嶋神社へ。

創建は平安時代、源頼朝の曾祖父に当たる源義家が戦勝祈願をしたという神社。

当時はこの辺で一番高い場所にあったため、富士山も見えたのだとか。

開運や縁切りにご利益があると言われています。

縁切りと言われたら行かない訳には行かん!(使命感)

Horizon_0001_burst20210828145735321_cove
思ったよりもかなり小ぢんまり💧

抜弁天ってこの辺の地名にもなっているのに、この小ささは驚きでした。

Dsc_4623
それでも、意外と参拝客は多く、私の他にも3名ほどお参りしておりました。

さて、お参りお参り…。

Dsc_4621
御手水の近くには池があり、鯉が泳いでいました。

さて、抜弁天から坂を下って5分ほど。

Dsc_4627
次は西向天神へ。

先ほどの抜弁天厳嶋神社の兼務社となっています。

Dsc_4629
1228年の創建で、社殿が西向きに建てられていることから「西向」の名が付いたのだそう。

ご祭神は菅原道真公。

ここでも参拝いたしますよー。

Horizon_0001_burst20210828152027274_cove
こ、これは…。

Horizon_0001_burst20210828152021136_cove 
何と良い表情の狛犬でしょうか!

しっかりした造りですが、ユーモラスなお顔をされています。

Dsc_4636
思ったよりも広い神社で、こちらも2名ほど参拝されておりました。

 

神社訪問を予定していなかったので、御朱印帳を頒布いただき、抜弁天と合わせて御朱印をいただきます。

Dsc_4652

Dsc_4653
赤い帳面で、裏面には梅があしらわれています。

Dsc_4658
何とも味わいのある文字ですね。

 

さて、まだまだ時間があるので、もう一か所へ。

Dsc_4639
歌舞伎町近くにある花園神社です。

Dsc_4643

Dsc_4642
こちらの唐獅子さん達、先ほどの西向天神の狛犬に比べると、かなりいかついお顔立ち。

Dsc_4645
ゴールデン街にほど近い場所に、こんな厳かな雰囲気の場所があるんですよね。

Center_0001_burst20210828154000594_cover
しかし、参道横にはビルの室外機。

うーん、風情ないのぉ。

Dsc_4648
花園神社には度々訪問していて、昨年だと酉の市の時と3月に訪問しています。

そういえば、まだ記事にしていなかったので、そのうち書きますかね。

徳川家康が江戸に来た頃にはあったとのことなので、江戸時代前には創建されていた模様。

先ほどの2社と比べると、交通の便が良いこともあり圧倒的に参拝客が多かったです。

Dsc_4665
御朱印には「新宿総鎮守」の文字。

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

花園神社HP

http://www.hanazono-jinja.or.jp/mt/cms/webdir/index.html

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

3社巡ったところでまだ時間は1時間ほど残っていたのですが、体力的にギブ。

近くのガストでドリンクバーをがぶ飲みしておりました(笑)

パフェまで食べてしまった…。

せっかく歩いたのに、消費したカロリー以上を摂取するという⤵

いやぁ、暑かったもので…。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2021年7月12日 (月)

日本全国御朱印集めの旅 港区編

こんばんは。

自動購入したコミックスの存在に気付かず、夜遅くなってから読み始めてしまったナユタです。

買ったなら買ったと教えてくれれば、昨日読んだのに…。

そんな訳で、更新が遅くなりました!(言い訳)

 

さて、毎度のことながら、旅の話はネタ切れにつき、過去訪問した神社をご案内いたします。

結構色んな場所に訪問していたんだなぁ…。

今回は港区編です、どうぞ!

 

まずは一か所目。

3年前、仕事のついでに寄り道。

Dsc_0611
麻布十番駅からすぐ近くにある、十番稲荷神社へ行ってみました。

こりゃまた縁起の良さそうな宝船ではありませんか!

港区七福神のうちの一つなのだそう。

鳥居をくぐり、階段を登っていきます。

Dsc_0606
どっしりと鎮座するカエルさん。

江戸時代に大火が起こった際、山崎主税之助という人の屋敷だけ延焼を免れたのですが、それは池の大カエルが水を吹きかけたおかげだったのだそう。

そのことから、防火ややけど、旅行から無事帰る、若返るなど、様々なご利益があるとして参拝されているのだそう。

これはありがたやありがたや!(切実)

Dsc_0610
元々は、末広神社と竹長稲荷神社という2つの神社があったのですが、戦災で焼失し、戦後隣接して再建されたのを合併して十番稲荷神社と改めたのだそう。

Dsc_3734
訪問したのは3年前の戌年。

御朱印の犬が可愛らしいですな。

その後、近くの中華屋さんで一人でランチした思い出(笑)

有名なお蕎麦屋さんとかあるけど、ランチでも手が出ない金額だったので…💧

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

十番稲荷神社HP

https://www.jubaninari.or.jp/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

 

お次は、乃木坂駅からすぐ近くの神社へ。

有名なジャニーズ事務所のすぐ近く、割と静かな場所に立っています。

Dsc_3231_20210711192401
乃木神社

地名の由来となった、乃木希典大将とその奥さまを祀った神社です。

明治時代の軍人で、明治天皇が崩御された際に夫婦そろって殉死を遂げ、その忠誠心に国民は涙したのだそう。

今では考えられないけど、すごい事ですよね。

Dsc_3230
隣には旧乃木邸があります。

この日は仕事途中(サボり)だったので、参拝のみで訪問せず。

Dsc_3229
乃木大将は、玉木文之進という人の遠縁に当たり、玉木から厳しい教育を受けたのですが、玉木文之進の甥で、同じく厳しい教育を受けた人として吉田松陰がいます。

自分に厳しい性格という部分で、吉田松陰とも共通していると思います。

Dsc_3228
という繋がりで、玉木文之進と吉田松陰を祀った神社が摂社としてあります。

Dsc_3688
小さな資料館も併設されていて、何となく身の引き締まる思いのする場所でした。

そう言えば、この辺は何度となく訪問したけど、一度もジャニーズに遭遇したことなかったな💦

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

乃木神社HP

https://nogijinja.or.jp/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

 

さて、三か所目。

六本木駅から芋洗坂を下って行った先にある神社です。

本当に「芋洗坂」という坂があって、初めて行った時はビックリしました。

Dsc_3647
それが、こちらの朝日神社

六本木駅から徒歩5分くらいの近さという、ガチで大都会にある神社です。

Dsc_0643
提灯の森ビル率の高さ(笑)

まぁ、六本木ヒルズがすぐ近くにあるからね。

そして、さり気にテレ朝の社長の名前まで。

テレ朝と朝日神社って、朝日繋がりで何か関係があるのかと思ったのですが、特段関係はないみたいです。

Dsc_3643
小ぢんまりした神社ですが、創建は940年とかなり由緒ある神社です。

平安時代じゃん!

Dsc_3677
日付を見るに、異動が決まった直後に訪問した模様。

まさか、その翌年にまた異動になるとも知らず…⤵

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

朝日神社HP

http://www.asahi-jinjya.com/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

 

意外と大都会にも神社仏閣ってあるものなんですね。

特に港区は昔からお寺が多く、幕末にお寺を大使館代わりに使用したところから、現在も大使館が多いという話を聞いたことがあります。

三か所とも電車で1駅で回れるところなので、興味があるお方は行ってみてください✨

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2021年7月 5日 (月)

日本全国御朱印集めの旅 赤坂日枝神社編

こんばんは。

土曜日に、下の妹が生後一か月の姪っ子ちゃんを連れて遊びに来ました。

赤ちゃん、可愛すぎでしょ!

小っちゃくて軽くて体温高めで、まだ人見知りもしない時期なので抱っこしても泣かないしね。

見ていて飽きないねー😊

2週連続で姪っ子ちゃんたちに会えて、伯母は少し元気をいただきましたよ✨

 

さて、旅行ネタのストックも切れ、人事ネタも重い話ばかりで気軽に書けず、こうなったら過去の遺産で食いつなごう、ということで、まだ書いていなかった御朱印のお話です。

昔過ぎてほぼ記憶なしですが、どうぞ!

 

2018年6月。

赤坂日枝神社にお参りに行きました。

Dsc_0971
最寄りはメトロ千代田線の赤坂駅。

勝手に港区だと思っていたら、所在地は千代田区でした💧

鳥居の上部が三角形の巨大鳥居が目印です。

Dsc_0973
この鳥居の形は山王鳥居といって、全国の日吉神社などで見られます。

日枝神社の創建は15世紀、太田道灌が川越日枝神社を勧請したのが始まりで、徳川家康の時代になってから江戸城鎮守となったとのこと。

Dsc_0307
エレベーターで上に上がれるのですが、横の階段で上へ。

Dsc_0991
すごい!

千本鳥居じゃん!

記憶はないけど、この鳥居を見たくて階段を登ったのかなぁ?

Dsc_0987
奥に進んでいくと、鳥居を奉納できる場所がありました。

Dsc_0319
江戸三大祭りの一つ、山王祭りで使用される山車が展示されていました。

人形の着物に描かれている猿がリアル…💧

 

そして、本殿で参拝。

…なぜか本殿の写真がない!!

何でだ当時の私!

Dsc_0983
本殿横のお猿さんはちゃんと撮ってるのにね…。

全国の日枝神社、日吉神社はお猿さんが神の使いとして考えられています。

神猿(まさる)と呼ばれ、「勝る」「魔が去る」ということらしいです。

更には猿は「えん」と読むことから、縁結びにもご利益があるのだそう。

何という万能な存在…🐵

Dsc_0323
御朱印をいただく際に渡された番号札。

めっちゃオシャレじゃない?

Dsc_0572
いただいた御朱印には「皇城守護」の文字。

多色使いの御朱印って、いいよね💓

Dsc_0326
神門は撮影していたのに、なぜ本殿は撮ってないんだ…(2回目)

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

日枝神社HP

https://www.hiejinja.net/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2021年5月30日 (日)

秋の加賀百万石の旅 那谷寺編 後編

こんばんは。

今週、次年度採用社員の面接をすることになったナユタです。

私が面接ですと…💧

就活生の皆さんも緊張されるでしょうが、私の方が緊張しそうです…⤵

学生から面接官に質問されることもあるので、私も事前に色々考えておけ、とのこと。

まーじーかーよー!

あの当時なんて、深く考えずに就活してたよー😭

いやぁ、色んな仕事が回ってくるなぁ😖

 

それでは加賀旅、前回に続いて那谷寺を散策いたします。

Csc_6449
胎内くぐりを終え、更に奥へ進みます。

立派な三重塔が見えてきました。

国の重要文化財で、4代将軍徳川家綱の生誕祝いとして、前田利常が建立したのだそう。

Csc_6444
目に鮮やかだなぁ🍁

Csc_6452
その先にある楓月橋(ふうげつきょう)へ。

風流な朱塗りの橋を歩いていきます。

Csc_6453
先ほど見た奇岩遊仙境の全景が見えてきました。

あんなところに鳥居があったんだ。

残念ながら、現在は立ち入り禁止となっています。

Csc_6460
ふと、橋から下を眺めてみると…。

何このキレイな色!

自然界にこんな色が存在するなんて✨

Csc_6461
芭蕉句碑

前回ご紹介した、御朱印にも書かれている芭蕉さんの句碑ですね。

Csc_6462
こちらが句碑。

文字がイマイチ見えませんが、説明版を見ると「石より 石山の 白し秋の 風」と書かれているようです。

何で語順がバラバラなんだろう?

Csc_6464
句碑の隣に立つのは「翁塚」

山中温泉から那谷寺に至るまでの、奥の細道に書かれている文章が記載されています。

1843年の芭蕉さん150回忌に建立されたものだそうです。

Csc_6465
庚申さん。

縁結びの神様として信仰されているのだそう。

近くに行きたいけど、女性がひっきりなしにお参りしていて近付けん💦

Csc_6466
奥の白山神社にも行ってみます。

Csc_6467
これまた心落ち着く景色です🍁

Csc_6471
白山神社ということは、白山比咩神社から勧請してきたのでしょうかね。

詳しい説明がなくて詳細は不明でしたが、せっかくなのでお参りします。

Csc_6473
凛々しいお顔の狛犬さん。

こりゃイケメンさんですな。

Csc_6474
狛犬のお顔って、本当に色々ありますね。

最近は、狛犬の姿が気になるようになりました✨

1時間以上、じっくり見学させていただきました。

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

那谷寺HP

http://www.natadera.com/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2021年5月24日 (月)

秋の加賀百万石の旅 那谷寺編 前編

こんばんは。

今週、土曜出勤したせいでヘロヘロのナユタです。

普段、土日でアホほど爆睡するのですが、爆睡できなかったから寝不足だわー。

いくら仕事にまだ慣れてないとはいえ、私の業務の最繁忙期とはいえ、昨年と比べると休みも取れてないし、残業量も桁違い。

人事異動は業務命令だとはいえ、何でこんな部署に…と思わずにはいられません。

休み欲しいなぁ。

 

さて、一週間開いてしまいましたが、加賀旅は那谷寺編です!

どうぞ!

 

獅子吼高原を出て、小松市方面に戻ります。

紅葉で有名な那谷寺(なたでら)へ。

着いたのは11時前。

しかし、かなり広い駐車場にもかかわらず、駐車場は既に満杯。

ちょうど紅葉の季節だものね。

仕方ない、待つか…。

Csc_6392
30分近く待って、やっと中に入ります。

立派な山門です。

Csc_6393
那谷寺は、717年に泰澄法師によって開創されました。

この泰澄法師、当時誰も入ることができなかった白山に登り、開山した方とのこと。

白山を開山したということは、その前に行った白山比咩神社とも縁のあるお方だったのですねー。

南北朝時代に戦乱により荒廃しましたが、その後加賀藩2代目藩主前田利常が復興。

こちらの金堂華王殿も、南北朝で焼失したものの、1990年に再建されました。

Dsc_4279
中で御朱印をいただきます。

御朱印の隣は芭蕉さんの句が。

「石山の いしより白し 秋の風」

芭蕉さん、弟子の河合曾良と別れた後に那谷寺に来ており、句碑も建立されています。

Csc_6397
まずは書院。

この几帳、インテリアに欲しいなぁ…などと余計なことを考えていました✨

Csc_6400
お庭の色合いが素敵です🍂

石灯籠の苔むした感じ、いいねぇ👍

Csc_6407
三尊石

岩が三つに裂けた姿が阿弥陀三尊のご来迎に似ているところから、その名が付いたのだそう。

なぜか、石の全体像を撮影していなかったのが悔やまれます⤵

下の紅葉を写したかったのかな、当時の私は。(最早覚えていない)

Csc_6408
お庭はちょうど良い紅葉ぶり。

キレイな紅葉目当てに、たくさんの人が見に来られていました。

松には、冬に備えて雪吊りもしてあります。

Csc_6413
トンネルをくぐり、一般参拝エリアへ。

これは出口側の写真。

Csc_6412
中はこんな感じ。

まさか境内にトンネルがあるとは💧

Csc_6415
引き続き、広い庭園を散策します。

緑の風景が癒されますねぇ🍃

Csc_6420
奇岩遊仙境。

海底火山が隆起してできた岩で、「おくのほそ道の風景地」として2014年に国の名勝に指定されました。

なんとなく、魔物が口を開いているようにも見える…。

Csc_6424
近くで見ると、笑っているようにも見えます。

意外とフレンドリーなのかも。

Csc_6430
奥に進み、本殿の大悲閣へ。

国の重要文化財に指定されています。

めっちゃ混んでる!

まぁ、当時はGoToトラベル中止前でしたからね…。

Csc_6431
本殿は加賀の一向一揆に巻き込まれて一時荒廃しましたが、2代目加賀藩主前田利常の庇護により再建。

彫刻が細かいなぁ✨

Csc_6437
さて、本殿では胎内くぐりを体験することができます。

胎内くぐりっていうと、仏像とかの狭い中を歩いていくイメージ。

それとも、善光寺のご戒壇巡りみたいに真っ暗な中を歩くのかな?

などと、色々考えながら中へ。

ご本殿の奥は薄暗い洞窟となっていて、その洞窟を母親の胎内に見立て、罪を祓い外に出ることで生まれ変わる、「ウマレキヨマル」ことを祈る場所なのだそう。

なるほど、ここで生まれ変わるのか。

私の穢れも少しは祓えた…と思います。多分。

Dsc_4277
胎内くぐりの入り口前でも御朱印がいただけました。

しかし、この御朱印。

Dsc_4275
さっきいただいた御朱印と同じじゃね?

どうりで誰もいただいてなかったのか⤵

でも、横に胎内くぐりの証明が書かれているから、別のものということで…。

 

長くなったので後編に続きます。

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2021年5月 5日 (水)

秋の加賀百万石の旅 白山比咩神社編

こんばんは。

GWも残り1日ですが、皆さまいかがお過ごしですか?

私は、普段の土日と変わらず、朝寝て昼に起きるという見事な昼夜逆転生活を送っておりました。

自然に起きると、きっちり8時間で目覚めてワロタ。

普段は8時間なんて絶対眠れないですからね。

おかげ様で、お肌の調子も良くなって健やかに過ごせております。

はぁ、世の中週休三日制にならんかな…。

 

さて、加賀旅もそろそろクライマックスへ突入です。

それではどうぞ!

 

3日目、晴れ。

この日は車を走らせ、白山市方面へ。

Csc_6340
向かったのは、全国に2,000ほどある白山神社の総本社、白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)

日本三霊山に数えられる、白山という山がご神体の神社です。

Csc_6342
早速、芭蕉さんの句碑を発見!

やはり芭蕉さん、有名どころには必ずいらっしゃいます✨

Csc_6343
「風かをる 越の白嶺を 國の華」

白山を褒め称える句なのだとか。

いつか芭蕉さんの歩いた道を辿る旅に出たいものですなぁ。

といっても、スタート地点が北千住なのか南千住なのかで悩みそう(笑)

Csc_6345
樹齢推定1000年の大ケヤキ。

Csc_6346
白山比咩神社には2015年にも来たことがあるのですが、その時は電車+バスで、下の参道から結構歩いたので今回も歩くんだろうな…と思っていたのですが、北参道の駐車場に停めたおかげで、ほとんど歩かずに到着しました。

しかも、朝9時5分というベストタイミング。

七五三の時期で、混雑する前に滑り込み。

Csc_6348
幣拝殿手前にある荒御前神社(あらみさきじんじゃ)。

全く関係ないですが、大体春先とか秋口はライダースジャケットを着て旅に出ることが多いのですが、バイカーさんも同じような格好しているのをよくお見かけします。

この時もライダースジャケットの方をお見かけして、勝手に仲間だと思ってました。

…てか、私はバイク乗りではないですが💧

Csc_6355
白山比咩神社のご祭神は、菊理媛命(くくりひめのみこと)と伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、伊弉冉尊(いざなみのみこと)。

菊理媛命は名前の通り、縁をくくる、結びつけるという縁結びの神様です。

黄泉の国でイザナギさんとイザナミさんがケンカしている時に仲裁に入った神様なのですが、古事記には登場せず、日本書紀にもちらっとしか出てこないという、謎多き神様でもあります。

Csc_6350
菊理媛繋がりではないでしょうけど、菊の花が飾られていました。

秋だねぇ。

Csc_6353
幣拝殿の横にあった「疫病退散の水」

こ、これはいただかなくては!

清らかなお水で、少し健康になれたかも。

Csc_6359
境内の木も、ほど良く紅葉していました。

これはほかの場所も期待が持てそうだ🍂

Csc_6362
スレンダーな狛犬さん。

うーむ、いかつくてカッコ良いですな。

でも、やっぱりアイツくらい愛嬌が欲しいですのぉ。

Dsc_0160_20210504144501
ばっちり御朱印もいただきましたよー✨

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

白山比咩神社HP

http://www.shirayama.or.jp/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2021年4月 5日 (月)

秋の加賀百万石の旅 忍者寺とにし茶屋街編

こんばんは。

4月一週目が終了しましたが、皆さまいかがお過ごしですか。

私はといえば、早速分からないことが分からない状態に陥っております。

問い合わせの電話がかかってきても、質問されている単語がまず分からん。

マニュアルが分からん。

根拠が分からん。

つまり、分かることがないという💧

まぁ、全く違う分野から来たから仕方ないにしても、異世界に飛ばされすぎですわ(笑)

職場の人は良い人たちなので、そこは良かったですが。

それにしても、何でこんなに異動ばっかりしてるんだろう、私。

私の同期、大体の人が異動の経験なんて2回くらいなのに、私、既に6回異動してるんだぜ。

いい加減、心穏やかに4月を過ごさせてくれないだろうか…。

 

さて、これ以上グチってても仕方ないので金沢旅に話を戻します。

2日目は、忍者寺こと妙立寺に行ってきました。

それではどうぞー。

 

2日目、晴れ。

この日は午前中、前から行きたかった妙立寺内部の見学へ。

Csc_6162
静かで雰囲気の良い通りだなぁ。

まだ妙立寺見学まで時間があったので、すぐ近くの願念寺というお寺に寄り道。

Csc_6165
江戸時代にタイムスリップしたような雰囲気。

こういう静かなところ、好きだなぁ。

Csc_6170
さて、ここの願念寺にある一笑塚は、小杉一笑という人を記念して建てられた塚です。

小杉一笑は、松尾芭蕉の門人ながら、一度も芭蕉さんに会うことなく36歳で病没した金沢の俳人。

奥の細道の旅の途中で一笑の死を知った芭蕉さんは、金沢で追善句会を催し「塚も動け 我が泣く声は 秋の風」と一笑の死を悼む句を詠みました。

お互い、会いたいと思いつつ会えなかった二人。

昔は、遠方の人に気軽には会えなかったからですからね…。

Csc_6164
先ほどの芭蕉さんの句碑は、門の外にあります。

(撮影した当時は気付いてなかった💧)

視線を感じて、ふと、門の上を見てみると…。

Csc_6173
獅子が白目剥いてるっ💦

何となく気になったので撮影。

Csc_6176
さて、本題の妙立寺(みょうりゅうじ)へ。

見学の予約が取れるのが3日前からだったので、予約が取れるか心配だったのですが、何とか取れました。

Csc_6178
妙立寺は別名「忍者寺」と呼ばれるお寺。

何が忍者かというと、建物内の至る所にトラップが満載だからです。

残念ながら、室内は撮影不可のため写真はないのですが、床板を外すと階段が出てきたり、階段が落とし穴だったり、廊下が曲がりくねって登ったり降りたりと、とにかく仕掛けがすごい!

金沢城にまで繋がっているという噂の井戸があったりと、ギミックだらけ。

最初に本堂に集まって説明を聞いた後、いくつかの組に分かれて見学に行くのですが、万が一ガイドさんとはぐれようものなら、確実に落とし穴に落ちていたと思います。

ガイドさん曰く、実際に落とし穴に落ちる人もいるのだとか…。

Csc_6181
3代目加賀藩主前田利常の命により建てられた妙立寺ですが、何でこんな建物を建てたのかというと。

当時前田家は、外様の中で最大の百万石を領する藩。

徳川家に目を付けられ、いつ討伐されてもおかしくない状況だったということで、万一に備えて金沢城の出城として建てたのだそう。

今となってはロマン溢れる建物ですが、当時は徳川家との間に緊張感があったからこそ建てられたんだろうなということがうかがえます。

じゃなきゃ、お寺をこんなにトラップだらけの要塞にしないもの。

Csc_6179
屋根の上にある飾りのような部分も、実は物見台となっています。

うーむ、どこもかしこも抜かりなし。

Dsc_0159
御朱印は書置きで、見学終了後にいただきました。

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

妙立寺HP

http://www.myouryuji.or.jp/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

Csc_6189
まだ時間があったので、にし茶屋街へ。

Csc_6192
まだ時間的にお店が開いていないこともあり、静かな雰囲気を楽しむことが出来ました。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


より以前の記事一覧