2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

カテゴリー「御朱印集め」の記事

2024年6月 2日 (日)

ひさかたの冬の京都ライトアップ旅 広隆寺と車折神社編

最近、Xで子猫動画ばかり見ているナユタです。

子猫、カワエエなぁ。

多分、癒しが足りていないんだろうなぁ。

 

それでは京都旅、2日目からスタートです!

どうぞ!

 

二日目、曇り時々雨。

今回は寝坊せず、ドーミーインの贅沢朝ご飯を楽しみます。

Dsc_4088
刺身を盛り付けてミニ海鮮丼を作ったったぜー、へっへっへ!

Dsc_4089_20240506163001
朝ご飯で茶そばが出るってすごくない?

今回の旅は、毎回ご飯が美味しいなぁ✨

 

この日は、嵐電1日フリーきっぷを使って巡ります。

Dsc_5081
四条大宮駅から嵐電に乗り、最初に向かったのは広隆寺

訪問するのは今回が初めて。

駅から横断歩道を挟んで目の前の立地。

Dsc_5064
聖徳太子ゆかりの寺で、建立は603年。

京都最古のお寺です。

Dsc_5066
それにしても、こんなに境内が広いとは思いませんでした。

やっぱり、現地に行ってみないと分からんもんですな。

Dsc_5075
霊宝殿で、いよいよ目的の弥勒菩薩半跏像を見学。

高校の時に教科書で見て以来、本物を見たいと思っていたんです!

華奢で、たおやかで、優美なお姿の弥勒菩薩半跏像。

さすがは国宝第1号。

はぁぁぁ、これは素晴らしい…。

その他にも、聖徳太子像、四天王像、十二神将など、国宝や重要文化財をじっくり拝観。

Dsc_5072
雨上がりのお庭も素敵だわ。

Dsc_5080
早朝だからか、人も少なくてゆっくりとお参りできました。

Dsc_42462
御朱印もいただきました。

Dsc_5084
嵐電で3駅隣の車折(くるまざき)神社

こちらも駅の目の前。

Dsc_5089
まずは、清めの社で厄落とし。

清原頼業という平安後期の儒学者が御祭神で、彼の領地跡にここ車折神社が建てられているのだそう。

Dsc_5090
嵐電1日フリーきっぷを使うと、何とおみくじが無料!

推し活お守りとか、キャラクターとのコラボとか色々やってて、とにかく人がいっぱい!

Dsc_42472
いただいた御朱印は、車折神社と。

Dsc_42492
芸能神社。

Dsc_5098
特に人が多かったのが、この芸能神社

Dsc_5097
玉垣には芸能人の名前がずらり。

さすがは芸能神社や。

ファンらしき人が、名前を見つけて撮影しまくっていました。

Dsc_5099
そんな中、私が気になったのは清少納言社

同じ清原氏というご縁で祀られているようです。

文章がスムーズに書けるようお祈り✨✨

随筆の先駆者ですからね…。

Dsc_5093
ここでも鮮やかな紅葉が見られました。

 

o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o○o。+..:*

車折神社HP

https://www.kurumazakijinja.or.jp/

o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o○o。+..:*

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2024年5月26日 (日)

ひさかたの冬の京都ライトアップ旅 下鴨神社編 その2

こんにちは。

最近、「篤姫」「天地人」と、2000年代の大河ドラマの再放送を見ているナユタです。

リアルタイムで見ていたはずなのに、内容を思った以上に覚えていなくて、新鮮な気持ちで見ています。

この頃はまだ○○代だったなぁ…(遠い目)

昔の大河、面白いっす!

 

さて、京都旅は今回も下鴨神社編です。

どうぞ!

 

下鴨神社の3か所共通拝観券、1か所目の秀穂舎の見学だけで30分を使ってしまい、閉館時間まで残り15分。

せめてもう1か所は回らないと!(500円が無駄になるっ)

Dsc_5004
ということで、紅葉を見ながら超早足で歩きます。

素敵な紅葉なのに…!

Dsc_5005
下鴨神社の摂社、河合神社へ。

女性守護の神社として、美麗祈願が行われています。

そして、こちらには方丈記を記した鴨長明が、晩年を過ごした方丈が復元されています。

鴨長明って、下鴨神社の神官の生まれだったんだ!

Dsc_5007
しかし、肝心の方丈の展示はなし。

室内に鴨長明の肖像画が展示されていました。

鴨長明、「かものちょうめい」と学びましたが、俗名は同じ読みで「かものながあきら」だとは知りませんでした。

Dsc_42442
河合神社でいただいた御朱印。

Dsc_5010
残念ながら、ここでタイムアップ。

一番気になっていた大炊殿の拝観は叶いませんでした。

だって、神様のお食事を準備するところですよ!

やっぱり、行きたい場所から先に行かないといけませんな。

Dsc_5013
行きはじっくり見られなかった糺の森。

所々に神社があります。

ここは雑太社(さわたしゃ)といい、明治43年に日本で初めてラグビーの試合が行われた場所なのだそう。

Dsc_5016
飼い主をお待ちになっているワンちゃん様

ちゃんと座っていて偉いなぁ。

生活圏に糺の森があったらすごく良いよね。

Dsc_5023
もう少し、下鴨神社で時間を潰すため「休憩処 さるや」へ。

小豆のゆで汁でついた申餅(さるもち)が有名なのですが、残念ながら申餅は売り切れ。

Dsc_5028
代わりに葵の最中をいただきます!

名前の通り、葵の葉っぱを模した最中です。

Dsc_4058_20240506161401
つぶあんがギッシリ!

最中がサックサクで美味しい!

温かいお茶もいただいて、ほっと一息つけました。

Dsc_5031
そうこうするうち、辺りが夕闇に包まれてきました。

よ!待ってました!

Dsc_5036
下鴨神社ライトアップの始まりです!

Dsc_5040
糺の森の紅葉が、ライトアップされて一面真っ赤に燃えています🍁

すごいキレイ!

Dsc_5057
今回、タイトル通りライトアップを楽しむ旅でもあります。

初日から素敵な光景を見られました!

 

o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o○o。+..:*

下鴨神社HP

https://www.shimogamo-jinja.or.jp/

o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o○o。+..:*

 

宿に戻って一息。

今日のお宿はドーミーイン!

前回、松山でドーミーインに泊まった時、寝坊して朝ご飯を食べられなかったから楽しみだぜ!

足が痛いので、マツキヨで応急処置できそうなものを探しに行きがてら、夕飯探し。

Dsc_4078
とろ麦というお店で、揚げ出し豆腐ととろろご飯をいただきます。

しっかりとした出汁に、鰹節が乗った揚げ出し…旨すぎ!

小鉢も美味しい✨

Dsc_4081
とろろも美味。

これは夕飯選び、大正解でした!

Dsc_4085
こうして、靴擦れと共に1日目の夜は更けていくのでした。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2024年5月19日 (日)

ひさかたの冬の京都ライトアップ旅 下鴨神社編 その1

こんにちは。

昨日は人間ドックでした。

6年ぶりにバリウム検査したのですが、昔に比べてバリウム飲みやすくなった?

量も多くないし、味もそんなに変じゃないし、あまり苦もなく検査が終わりました。

これだったら胃カメラより全然楽じゃん。

年齢を重ねてきて、健康に気をつけなきゃなぁと思った一日でした。

 

京都旅ですが、今回は下鴨神社編です!

どうぞ!

 

清水寺から、次に向かったのは下鴨神社

その前に、お昼ご飯をいただきます!

Dsc_4035_20240505171401
下鴨神社すぐ近くの下鴨デリで、3種類のデリとメインが選べる下鴨デリセットをいただきます!

ショーウィンドーを見ながらデリを選ぶのですが、種類が多くて迷う💦

Dsc_4031
選んだのは九条ネギのカルボナーラとデリ3種

九条ネギ、クセがなくて甘味があって、すごいカルボナーラに合う!

そしてデリが全部美味しくて…。

ローストビーフのサラダとキッシュとサツマイモとオレンジのポテトサラダだったかな?(うろ覚え)

お昼ご飯選び、大成功でした!

Dsc_4961
西参道から下鴨神社へ。

Dsc_4969
世界遺産の石碑。

下鴨神社の創建は古く、紀元前90年に神社の瑞垣を修繕したという記録があるそう。

紀元前…!

Dsc_4972
大炊殿。

神様の食事を作る場所です。

Dsc_4979
巫女さんが並んでいます。

何事?

Dsc_4985
言社。

干支の神様が祀られています。

そして、何故か本殿の写真を撮り忘れていた模様。

Dsc_4989
下鴨神社に到着したのは15時前。

急がないと、見学時間がなくなっちゃうなぁ。

Dsc_42452
下鴨神社の御神紋である、双葉葵が右上に押された御朱印をいただきました。

毎年5月15日で行われる葵祭は、ここ下鴨神社と上賀茂神社の例祭です。

Dsc_4993
御手洗社へ。

この輪橋(そりばし)見たことある!

Dsc_4998
ここが有名な御手洗池ですか!

池の泡をかたどって、みたらし団子が生まれたのだそう。

GWに、葵祭の主役である斎王代による、御禊の儀が行われているのをニュースで見ました。

Dsc_5001
御手洗社で災難除けを祈願。

そして、下鴨神社に行ったら必ず寄ろうと思っていたのが、御手洗池の近くにある、みたらし授与所

ここではリラックマとのコラボグッズが置いてあるのです!

240506020259346
ということで、念願叶って下鴨神社限定グッズを購入! 

合わせて、先ほど通りがかった大炊殿、河合神社と秀穂舎の共通見学券もゲット。

「あまり時間がないので、急いでくださいね」と言われましたが、あと45分あるから大丈夫やろ!

 

糺の森を通り抜けて、一番遠い秀穂舎から見ていきます。

秀穂舎とは、下鴨神社に仕えた社家と呼ばれる人たちの住まいを資料館にしたもの。

Dsc_5003
よし、ちゃちゃっと見学じゃ!

Dsc_5002
と思っていたのですが…。

解説の方の説明があまりに丁寧すぎて、きっちり30分費やしてしまいました💦

もう、他の所には行けないじゃん⤵

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2024年5月12日 (日)

ひさかたの冬の京都ライトアップ旅 清水寺編

こんばんは。

昨日は父の納骨式でした。

お墓を建てるまで時間がかかってしまいましたが、やっと執り行うことができました。

好天の中、喪服で1時間弱立っていたので、暑くて大変だった(笑)

疲れのせいで、今日はずっと眠いです。

体力ないなぁ。

 

さて、今回からは新しい旅の記録です。

今回の行き先は京都。

どうも近畿地方に行くと、タイトルに枕詞を冠したくなるんですよね。

それでは、どうぞー。

 

1日目、晴れ。

久々に新しいスニーカーを買い、うきうきとした足取りで出発。

しかし、自宅を出て数歩。

靴が合わない!

かかとの部分が靴にぶつかって、擦れて痛い…😣

どうしよう、もう帰りたい😖

途中、靴擦れ対策になりそうな靴下や絆創膏を購入しながら新幹線で京都駅へ。

今回は歩く旅なんだけどなぁ。

 

そして、京都着。

暑!

12月の京都で、まさか15度超えてくるとは…。

ダウンジャケットが邪魔すぎる💦💦

初っ端から誤算しかないんだが。

Dsc_4915
最初に訪れたのは大定番の清水寺

予想通りの大混雑。

Dsc_4918
三重塔が眩しいぜっ!

Dsc_4921
絶対混むと分かっていて、なぜ清水寺に訪れたのかというと、この時期にしか見られない「あるもの」を見るため

轟門から本堂へ。

Dsc_4926
超絶ブラックな大黒様。

出世大黒天というそうで、何かもう笑顔が素敵すぎです(笑)

大黒様だからこんなに真っ黒なの?

Dsc_4931
そして、目的の「今年の漢字」を発見!

毎年12月12日前後に清水寺で発表があり、その後1週間ほど展示してあるのです。

こんな貴重なものなのに、意外に写真撮っている人が少ない…。

Dsc_4936
奥の院も、ごらんの通りの大賑わい。

Dsc_4938
対照的に、がらんとした地主神社

臨時休業中でした。

こんなに人がいない地主神社、初めて見た!

Dsc_4947
とりあえず、今回の旅の目的の何割かは完了!

まだ旅は始まったばかりだけど、靴擦れ痛いしダウンは邪魔だし、色々しんどい😓

Dsc_4949
音羽の滝

行列がすごくて、今回も眺めるだけで終了。

Dsc_4951
本堂を下から見上げてみます。

いわゆる清水の舞台で、高さおよそ13メートル、釘は1本も使われていません。

建築技術、すごすぎ!

1633年に徳川家光の寄進によって再建。

Dsc_4957
ちょうど見頃の紅葉🍁

見られてラッキー✨

Dsc_42412
本堂でいただいた御朱印。

観音堂を意味する大悲閣と書かれています。

どれだけ練習したらこれだけの文字が書けるようになるんだ…💦

Dsc_42432
音羽の滝の近くでいただいた御朱印は不動明王と書かれています。

 

そろそろ次の目的地へ向かいますかー。

Dsc_4959
人は多いし、店先で立ち止まっている人も多いしで、全然先に進めない😓

 

o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o○o。

清水寺HP

https://www.kiyomizudera.or.jp/

o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o○o。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2024年5月 5日 (日)

秋の東海歴史巡りの旅 静岡浅間神社と大河ドラマ館編

こんにちは。

連休、皆様いかがお過ごしですなぁ。

私はといえば、現在昼夜逆転生活中です(笑)

明後日までにちゃんと社会復帰できるだろうか…。

 

東海旅はいよいよ最終回。

どうぞー!

 

草薙神社を出て、最後に向かったのは静岡浅間神社

Dsc_4865
静岡浅間神社とは、神部神社、浅間神社と大歳御祖神社の三社の総称。

神部神社の鎮座は、何と2100年前とのこと!

とうとう紀元前が来ちゃったよ💦

その後、鎌倉の将軍家や今川氏、武田氏、徳川氏などの崇敬を受け、家康さんはここで元服したとのこと。

 

まずは楼門。

Dsc_4869
色彩鮮やかな彫刻!

さすがは歴代権力者から敬われていただけあります。

Dsc_4871
舞殿の後ろには足場…。

大拝殿は平成令和の大改修中、ということでいつの間にか足場見学(笑)

Dsc_4908
そして、こちらは神厩舎。

これは、これは…。

Dsc_4911
駿河大火で逃げた神馬のうちの1頭!

もう1頭は先ほど訪れた御穂神社にいた子ですな!

「伝 左甚五郎作」の札が置いてあります。

Dsc_42992
御朱印。

バランスの取れた、素敵な字です。

 

o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o○o。+..:*

静岡浅間神社HP

http://www.shizuokasengen.net/

o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o○o。+..:*

 

Dsc_4877
神池の方に行ってみると、そこにあったのはどうする家康大河ドラマ館!

こんなところにあったんだ!

せっかくなので、入ってみますよー。

Dsc_4878
大河ドラマで使用された衣装や小道具が展示されています。

これは今川義元さま!

Dsc_4886
キャラごと、時代ごとにイメージカラーがあって、それを基に衣装が作られているのだそう。

Dsc_4883
家康と瀬名のお衣装!

この着物、覚えているなぁ。

Dsc_4888
このシーンも覚えているわ。

秀吉がまだ藤吉郎を名乗っていて、ヘラヘラしてた時だわ(笑)

Dsc_4891
小道具に交じって、本物の武田勝頼の書状なんかも展示。

急にお宝出てくるからビックリ!

Dsc_4898
あまりに熱心に見学していたもんだから、周りからは松潤の熱狂的ファンと思われていた模様💦

大河ファンには激熱スポットでした!

Dsc_4912
最後は静岡駅前の巨大プラモ前で。

プラモの町をアピールするモニュメントですが、すごくカッコいい!

 

駅で切符を買おうとしていたところ、改札付近に人だかりが。

え!新幹線遅延してるん⁉

沿線ののり面火災が発生したせいで、大幅な遅延に巻き込まれたのでした…。

ひかりの指定席を買っていたのですが、後発のこだまの方が、先発のひかりより早く来るという💦

何でやー!

それでも、1時間ほどの待機で済みました!

Dsc_4405
ということで、最後の最後でトラブったけど、良い景色がたくさん見られて良かったです!

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2024年4月29日 (月)

秋の東海歴史巡りの旅 三保の松原編

GW前半が終わりましたが、皆様いかがお過ごしですか?

私といえば、2歳の姪っ子ちゃんが来ていて、パワフルに遊んでおりました。

えぇ、パワフルでしたとも(笑)

腰が痛いっていうのに、何度2歳児を抱え上げたことか…💦

そして、反抗期の彼女に何度「いーやーだー!」と言われたか…😓

でも、今回も姪っ子ちゃんは可愛かった💛

 

さて、東海旅も最終日。

今回は静岡市を巡ります。

どうぞ!

 

4日目、晴れ。

この日も静岡市清水区を巡ります。

Dsc_4789
最初に向かったのは、三保の松原

気比の松原、虹の松原と共に日本三大松原の一つと呼ばれています。

大きな駐車場に車を停めて、そこから松原へ。

Dsc_4791
三保の松原といえば、羽衣伝説の松があることで有名。

枝ぶりがすごい!

遊歩道があったので、その先へ行ってみると。

Dsc_4799
おぉ!海だー!

やっぱり海って良いねー✨

そして、目の前に見えるのは。

Dsc_4803
富士山やー🗻

三保の松原は、世界遺産の構成遺産の一つになっています。

Dsc_4823
三保の松原から伸びている神の道

Dsc_4828
神の道の先にあるのは御穂神社(みほじんじゃ)です。

Dsc_4816
創建は不明ながら、日本武尊が社領を寄進したともいわれ、平安時代初期には記録に名前が出ているそう。

しかも、社殿は徳川家康によって整備されたのだとか!(その後焼失)

Dsc_4820
「何でも叶う叶え馬」という看板が出ていたので、神馬のある建物へ行ってみます。

看板の文字を読んでみると、「左甚五郎作の神馬」「駿河大火で静岡浅間神社から逃げたうちの1頭」と書かれています。

Dsc_4821
って、木造の馬が静岡浅間神社から逃げてきたってこと?

さすがは左甚五郎の造った神馬!🐎

Dsc_44082
御朱印をいただきました!

Dsc_4832
次に来たのは草薙神社

Dsc_4835
御祭神は日本武尊

日本武尊が草薙剣で草を薙ぎ払って窮地を脱したところから、ここが草薙と呼ばれるようになったのだそう。

創建は、まさかの123年!

卑弥呼が登場する100年以上前!

そして、今年(2023年)で創建1900年!

Dsc_4842
手水舎は提灯や風車などで飾られ、「見て楽しむ花手水」と看板に書かれていました。

これは華やかですな!

Dsc_4845
拝殿前に何かある!

何だろう?

Dsc_4849_20240428183801
バタバタと回る大量の風車!

色とりどりでキレイ!

Dsc_4856
人がいなくて静かにお参りできました!

 

o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o

草薙神社HP

https://kusanagijinjya.jp/

o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2024年4月21日 (日)

秋の東海歴史巡りの旅 天下泰平の竹あかり編

ここのところ腰痛気味のナユタです。

寒暖差のせいなんですかね?

気を付けないと、腰を曲げた瞬間に痛みが走るもんで、日々ビビりながら過ごしております。

ぎっくり腰が恐ろしい…😖

 

それでは東海旅は竹あかり編です!

どうぞ!

 

日本平夢テラスでトワイライトを堪能した後は、もう少しだけ夜遊びします。

10月の夜風に震えながら、時間が来るまで待機。

さて、この日の夜遊びの舞台は…。

Dsc_4676
さっき来たばっかりの久能山東照宮!

Dsc_4682
この日行われた、夜間特別拝観に参加します。

その名も天下泰平の竹あかり

Dsc_4684
ライトアップされた久能山東照宮を見学します。

Dsc_4688_20240421032301
唐門

昼と夜ではまた違った雰囲気。

Dsc_4695
御社殿

ライトアップされている分、細かい部分もよく見えます。

Dsc_4691
昼にあまり見えなかった彫刻も、じっくりと見られました。

こちらは司馬温公の甕割りの彫刻です。

Dsc_4698
精緻な竹の彫刻から漏れる光が美しい…。

Dsc_4703
さらに奥へ進むと、青い光のゾーン。

これまた幻想的✨

Dsc_4705
神廟も、ライトアップされるとそんなに怖くないっす。

Dsc_4721
獅子の絵も照らされています。

昼来た時は、こんな絵が描かれていたなんて気づかなかった。

Dsc_4733
ガイドのお姉さんがちょうど良いスポットを案内してくれて、無事に唐門と月のコラボが撮影できました🌙

Dsc_4754
たまたまこのイベントを知っての参加でしたが、来られて良かった!

Dsc_44072
竹あかりライトアップ限定の御朱印。

Dsc_44062
クリアファイル付きで、ちょうど家紋のところが透明になっています。

御朱印帳に貼るの、何かもったいない!

 

久能山東照宮博物館の拝観券付きだったので、見学。

家康公の金陀美具足から眼鏡や鉛筆、時計などの愛蔵品など、とんでもないお宝の数々が収蔵。

鉛筆は、大河ドラマで千姫にプレゼントする場面が出ていましたね。

歴代将軍の具足も見られて面白かった!

Dsc_4786
大井川鐵道と久能山東照宮、充実した一日でした✨✨

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2024年4月14日 (日)

秋の東海歴史巡りの旅 久能山東照宮編

こんばんは。

パソコンに続き、スマホも買い替えてますます金欠なナユタです。

買い替える気はなかったんだけど、スマホを会社のトイレに落としましてね…。

家のトイレならまだしも、よりによって会社のトイレって(´;ω;`)

防水だから故障はしなかったんだけど、気持ち的に買い替えたくなりまして💦

スマホをトイレに落とすって分かってたら、パソコンの買い替えはもう少し先にしたのになぁ😖

 

では、東海旅は再び静岡市へ戻ります!

 

千頭駅から島田経由で100キロ近く走り、到着したのは日本平。

これから久能山東照宮に参拝します!

前日に千頭駅の近くで宿が取れれば良かったのですが、静岡市で宿を取ったがために、静岡→千頭→静岡と移動することに。

Dsc_4550
日没が近づいてきましたが、何とか滑り込みでセーフ!

久能山東照宮へは、太平洋に向かって日本平からロープウェイで下っていきます

目的地に向かってロープウェイで下るって、何だか新鮮。

Dsc_4555
楼門が見えてきました。

Dsc_4609_20240414014501
裏にはちょこんと狛犬が収まっています。

Dsc_4560
家康公が亡くなった際、最初に葬られたのが久能山。

その後、久能山東照宮が創建されました。

Dsc_4573
唐門。

精緻で色彩豊かな鳥の彫刻が施されています。

さすがは東照宮だけあって、素晴らしい彫刻です。

Dsc_4561
静岡がプラモの町ということと、宮司さんの趣味で大量のプラモが飾られています。

Dsc_4565_20240414002601
日枝神社に飾られた歴代将軍の家紋の彫刻

時代によって、将軍家の家紋も少しずつ変わっているのだそう。

Dsc_4568
日枝神社の横から中へ入っていきます。

Dsc_4570
御社殿。

権現造と呼ばれる様式で建てられています。

こちらも煌びやかですなぁ。

Dsc_4583
更に階段を登って神廟へ。

石造りの宝塔が西向きに建てられています。

薄暗い時間に来ると、ちょっと怖いなぁ💦

Dsc_4587
金の成る木。

本当に金がなる訳ではなく、家康公が「よろず程の良き」「志ひふかき(慈悲深き)」「志やうぢ木(正直)」の3つを常々信用すれば富貴が得られると話したところから来ているのだそう。

Dsc_4608
そして、唐突に出現する家康くんの手形!

36歳頃のものだそう。

身長155センチにしては掌が大きい気がする!

2404140258372492
金陀美具足の御朱印をいただきました。

家紋と具足が金色になっていて、ご本殿部分と具足の一部が透かし彫りとなっています。

金の成る木御朱印も素敵だったんだけど、大河ドラマで金陀美具足がクローズアップされていたので、こちらにしちゃいました。

 

o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o

久能山東照宮HP

https://www.toshogu.or.jp/

o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o

 

Dsc_4641
ロープウェイを下りた後、駐車場近くにある日本平夢テラスへ。

中には入れませんでしたが、展望デッキは歩けるようなので行ってみます!

Dsc_4637
ちょうど黄昏の刻限。

マジックアワーや!

今日は本当に空に癒されるなぁ。

Dsc_4648_20240414003301
そうこうするうちに、上空に月。

何て素敵な景色なんざましょ!

Dsc_4661
ちなみに日本平夢テラスは隈研吾都市設計事務所による設計。

木材が多用されているデザインです。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2024年3月24日 (日)

秋の東海歴史巡り旅 三輪神社と若宮八幡社編

こんばんは。

いよいよ3月も終わりですね。

次年度の準備やらで、色んな仕事が飛び込みで入ってきて、毎日残業続きでバタバタです。

早くお金貯めて優雅な暮らしがしたいのぉ。

 

東海旅は名古屋編のラスト。

それではどうぞ!

Dsc_4296
10円パンのお店から歩いて、目的地の三輪神社に到着!

三輪鳥居という、鳥居の横に小さな鳥居がある形をしています。

Dsc_4297
1570年頃、奈良の三輪明神を勧請して建てられたのが始まりで、御祭神は大物主命

人気の神社だけあって、若い人がたくさん参拝に来ていました。

Dsc_4298
なでると幸せになれる、なでうさぎ

思いっきり影にかかってよく見えませんが(笑)

Dsc_4299
三輪神社といえば、御朱印の種類が多い事でも知られています。

どれをいただこうかなぁ。

私の前の人は、悩んで結局10種類以上の御朱印をお願いしていました。

そして、私の番。

「すみません、前の方の御朱印をお書入れするのに30分以上かかりまして…」

マ、マジか!

まぁ、待つしかないですからね💦

Dsc_4332
お手水の水を出すのもウサギさん。

お花がキレイです。

 

o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

三輪神社HP

https://miwajinnjya.com/

o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

 

Dsc_4331
ただ待っているだけではもったいないので、もう一つの目的地、若宮八幡社へ。

銀杏の独特な匂い💧

Dsc_4307
スーツ姿のサラリーマンらしき人が参拝していました。

さっきの三輪神社と参拝者層が全然違うな。

創建は7世紀末から8世紀頃。

江戸時代、尾張徳川家の氏神として篤く崇敬を受けていました。

Dsc_4310
武骨なお姿のウサギと猪。

つい撮影してしまいました(笑)

Dsc_41292
境内の中にある、連理稲荷の御朱印をいただきました。

キツネのお顔が可愛らしいんです✨

Dsc_41302
前日の恵美須まつりの御朱印もあるとのことで、あわせていただきました!

カラフルな海の恵みがたくさん!

一日遅れだけど、いただけてラッキー!

Dsc_4318
先ほど御朱印をいただいた連理稲荷へ。

雰囲気のある鳥居だなぁ。

Dsc_4320
長寿の夫婦キツネが祀られていて、縁結びのパワースポットとして知られています。

Dsc_4324
こちらは神御衣神社(みころもじんじゃ)

裁縫上達、縁結びのパワースポットとして有名。

女性の病気にもご利益があるのだとか。

 

o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

若宮八幡社HP

http://www.wakamiya.or.jp/

o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

 

Dsc_41262
三輪神社に戻り、電車の御朱印をいただきました!

 

ここらで滞在時間のリミットが迫ってきました。

名古屋駅行のバスを待っていると「名古屋まつりにより迂回ルートを通る」旨の看板を発見。

名古屋まつり…って今日の午後からかい!

名古屋まつりの直前に名古屋を脱出するという、しょーもないタイミングでの訪問となりました(笑)

 



Dsc_4106_20240310043501
名古屋駅で見かけたMAROの看板。

King Gnuのギター、常さまのドアップ。

Dsc_4108
いやぁ、イケメンだわぁ!

 

その後、新幹線で静岡へ。

静岡駅で車を借り、目的地の登呂遺跡へ。

しかし。

登呂遺跡のパーキングが満車!!!

なぜかベンツが駐車場待ち!

どうした登呂遺跡!

登呂遺跡が混むなんて予想していなかった…迂闊!

結局理由は分かりませんでしたが、登呂遺跡以外に予定を入れてなかったので、この日は早々にホテルに引きこもることに。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2024年3月20日 (水)

秋の東海歴史巡り旅 大須商店街編

どうも、ナユタです。

土日に今年初の旅に出てまいりました!

12月に出かけてから実に3か月ぶり。

もう、出かけたい欲に駆られましてねぇ。

おかげで、月曜からぐったりしていました(笑)

春分の日が休みで良かった…。

 

それでは東海旅、引き続き大須を巡ります!

どうぞ!

 

大須観音から東へ行った先に、目的地の神社があるので商店街を見学がてら、歩きます。

その途中。

Dsc_4272
ラウンドアバウトになっている大須公園の横を通っていると、気になるお寺を発見。

Dsc_4273
思いっきり「織田信長公由緒地」と書いてあります。

織田信長ですと!

Dsc_4276
確かに、織田家の家紋が門に入っていました。

どうも、信長の息子の織田信雄が建立したお寺らしいです。

Dsc_4279_20240310031201
随分派手な建物だなぁ…と思っていると、大音量で音楽が流れてきました。

え、何だ何だ!?

建物に近づくと、ド派手に舞う信長さんのお姿…。

ギリギリ最後だけ拝見できました。

す、すごい…。

2時間おきに上映しているらしい。

Dsc_4285_20240310031201
何か龍が天井ぶち抜いてるし。

Dsc_4287_20240310031301
大量の提灯が天井からぶら下がっているし。

何かもう、派手ったらないなぁ。

Csc_4075
お賽銭箱の近くに自販機ある…と思って近づいてみると、何とお賽銭代わりのコイン自販機!

しかもバーコード決済可!

気になったので500円で購入。

Csc_4076
私はお土産として持ち帰りましたが、購入者がお賽銭として使えば、お寺側はコインを使いまわせるし、これって永久機関やん!

うーん、この商売上手!

Dsc_41282
あまりに御朱印の種類が多すぎて、正直どれにしようか悩みましたが、今回はお稲荷さんの御朱印にしました。

一応、信長パパの信秀さんのお墓があるらしいです。

さすがは名古屋、煌びやかでした。

 

人通りの多い方へ歩いてみると、ふと目に着いたのが「10円パン」の文字。

ふーん、10円で売ってるパンってどんなのなんだろう?

Csc_4086
気になったので行ってみると、店の前には行列。

あれ?10円パンが500円ってどういうこと?

よく分からんけど、ここまで来たからには並ぶしかない!

食券を買って待っていると、若いお兄さんがひっきりなしに巨大な大判焼きみたいなものを焼いているのが見えました。

なるほど、10円パンって、形が10円ってことなのね!

一度に2個しか焼けないので、なかなか列が進まず。

そして…。

Csc_4078
やっと買えました!

これはなかなかの再現度。

甘くてカリカリとした生地の中に、塩気のあるたっぷりのモツァレラチーズ。

Csc_4085
そして、チーズがみょーんと伸びる、伸びる!

ここまで伸びると飲み込むのが大変💧💧

まさかこの時は、10円パンが2023年の流行語大賞にノミネートされるとも知らず、伸び続けるチーズと格闘していたのでした。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


より以前の記事一覧