2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

カテゴリー「旅日記 ③関東甲信越」の記事

2022年6月19日 (日)

ふらっと埼玉一人旅 吉見観音編

こんばんは。

昨日、相続人で集まって遺産分割協議書を作成しました。

仕事で遺産分割協議書を見る機会は今まであったのですが、自分で作成するのは当然初めて。

結構苦労しました…。

これを持って来週、一部ですが父の遺産の処分をしに新潟へ行ってきます。

 

さて、埼玉旅ですが、今回は吉見観音編です!

 

吉見百穴を出た後、近くに寺院があるので行ってみることにしました。

車で走ること10分弱。

Csc_9837
岩殿山安楽寺、通称吉見観音。

Csc_9836
実は、蒲殿こと源範頼に縁のある場所と伝えられています。

蒲殿…蒲殿…(´;ω;`)ブワッ

通説だと修禅寺で誅殺された蒲殿ですが、生き延びて吉見観音に隠れ住んだという伝説も残っております。

個人的にはそうであってほしい!

Csc_9811
山門の仁王像

立派なお仁王様で、じっくり見てしまいました。

なのに、なぜかこれしか写真がない💦

Csc_9813
境内は思った以上に広いです。

こちらの安楽寺、パワースポットとしても人気があります。

Csc_9827
心落ち着く表情の阿弥陀如来さまにお出迎えいただきました。

まずは、本堂でお参り。

Csc_9817
奈良時代、行基がこの地に菩薩像を安置したのが始まりとされ、その後、平安時代に坂上田村麻呂が堂宇を建立したと伝えられています。

しかも、本堂は蒲殿が建立したのですが、その後の比企能員の変で焼失…。

本堂には伊東四朗似の大黒様が安置されておりました。

Csc_9819
おっと比企一族とな!

もう、比企といったら佐藤二朗の顔しか思い浮かばなくなってしまった(笑)

大河に毒されすぎです。

Csc_9820
さて、御朱印をいただきに社務所へ。

Dsc_0175_20220619173201
書置きタイプの御朱印が多い中、こちらは御朱印帳にお書入れしてくださいました。

ありがたや、ありがたや。

少しだけお寺の方とお話ししたのですが、穏やかな方で、とても癒されました✨

Csc_9823
もう少し散策してみようということで、奥の方へ行ってみると、優しい表情のお地蔵さんがいらっしゃいました。

Csc_9825
三重塔。

こちらも蒲殿の建立(後に焼失)。

二朗め、二朗め…(違)

本当に、蒲殿に縁のありまくる場所でした。

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

岩殿山安楽寺HP

https://yoshimikannon.jp/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2022年6月12日 (日)

ふらっと埼玉一人旅 吉見百穴編

皆さま、こんばんは。

土曜日にミスチルライブ参戦のため、日産スタジアムに行ってきました!

まさかこんなことになるとは知らず、3月に申し込んでおりまして。

今回、どうした訳だかライブの当選が続いていて、再来週もライブに行く予定が💧

疲れたけど、良い気晴らしになりました!

開演一時間前に行ったら、グッズの行列がすごくて何も買えなかったけど…。

それでは埼玉旅、今回は吉見町へ行ってきます!

 

川越喜多院を出て、埼玉県を北上します。

Csc_9769
着いたのは吉見百穴(よしみひゃくあな)

聞いたことはあったけど、そういえばどんな場所だかよく知らんなぁ、ということで行ってみることに。

入場すると…。

Csc_9771
何じゃこりゃ!

壁にびっしりと四角い穴が開いています!

Csc_9774
説明板を見ると、江戸時代には既に不思議な穴として知られていたのだとか。

そりゃ、不思議な穴だと思いますわな。

Csc_9775
戦時中は、軍需工場を作るために横穴がいくつか壊されたのだそう。

いやいや、遺跡を大切にしろよ💢

戦争の名のもとに何でも許されると思うなよ。

Csc_9778
階段が付けられているので、上まで登ってみます。

Csc_9782
これ一つ一つが石室なのか…。

Csc_9785
覗いてみると、こんな感じ。

結構狭い。

中に入っている猛者がいたけど、さすがにそれは気が引けるわ。

Csc_9793
頂上まで登ってみると、謎の小屋が。

昔はレストランとして利用していたのでしょうか。

今は野菜の無人販売所になっていました。

さて、下るか。

Csc_9794
と思ったら滑った💦

土嚢が意外とツルツルしてて危なかった…⤵

Csc_9797
帰りは遊歩道で下っていきます。

地味に体力奪われるし、猪やら蛇やら出没看板あるし、虫には刺されるし⤵

Csc_9802
降りた先にあったのはひかりごけの看板。

え、ひかりごけ見られるの✨

穴から覗いてみると…。

Csc_9804
ヒカリゴケ…ドコ…。

一生懸命覗いたけど、よく分かりませんでした💧💧

Csc_9806
土産物屋さんにはためく「出土品陳列」の旗。

出土品が買えるのかと勘違いしてしまいました(笑)

Csc_9809
こんなところで正岡子規に遭遇。

神の代は かくやありけん 冬籠

普段は芭蕉さんとの遭遇率が高いのですが、子規さんとは珍しい。

Csc_9808
勾玉作りの体験は地元住民のみ参加可能となっていました。

うーん、残念⤵

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2022年6月 5日 (日)

ふらっと埼玉一人旅 喜多院編

こんばんは。

相続手続きは一旦中断と言いますか、小休止と言いますか。

毎日そればっかり考えていると、疲れてしまいますからね。

土日は終日寝ていたい派の私ですが、なかなか寝てもいられませんな。

 

さて、今回の旅ネタですが、一か月前ほど前に、日帰りで埼玉をウロウロしてきました。

GWに旅行に出られなかったからという理由で、勢いだけで出かけてきたのですが、ある意味このタイミングで出かけられて良かった。

まさか、その翌週に父の葬儀を営むことになるとは思いもよらなかったので。

 

出発日前日、急に翌日の日帰り旅を発案

しかし、自宅付近のレンタカーに空きがなく、諦めかけていたところ、所沢で車が借りられることが判明。

やったー✨

そこから夜遅くまでかけ、予定を組み立てていったのでした。

おかげで寝不足だ…。

Csc_9740
到着したのは川越の喜多院

Csc_9741
まずは慈恵堂でお参り。

喜多院の創建は奈良時代頃

勝手に江戸時代の創建だと思っていたのですが、思った以上に歴史があるんですね。

Csc_9743
多宝塔

1639年の建立で、当時は現在の境内の外に建てられていたのですが、1973年に解体修理の上、現在の場所に建てられました。

境内が広くて、建物が密集して建てられていないのがすごいなぁ。

Csc_9745
いよいよ拝観へ。

庫裡、客殿、書院と繋がっているのですが、これらは川越大火で焼失後、徳川家光の命により皇居から移築された建物です。

皇居から移築とか…!

客殿には徳川家光公誕生の間、書院には春日局化粧の間という、何とも豪勢な名前が並びます。

徳川家に長年使え、信任の厚い天海僧正が住職をしていたからなのですが、それにしても随分厚遇されているのが分かります。

他にも、室町時代後期の仏師や研師、蒔絵師など、職人の仕事ぶりを伝える絵画も展示してありました。

Dsc_0176
御朱印を2か所でいただいたのですが、よく見たら同じ御朱印でした(笑)

たまにやっちゃうんだよね…。

まぁ、筆跡が違うから良しとしますか。

 

庫裡を見学後、五百羅漢を見学へ。

お土産物屋さんの横から入っていくと…。

Csc_9747
おぉ!大量の羅漢さんだ!

ここには538体の羅漢さんがいらっしゃって、日本三大羅漢と呼ばれているのだそうです。

Csc_9757
長い巻物を持っている羅漢さん。

めっちゃ目立ってるやん🤭

Csc_9759
寝っ転がっている方も(笑)

皆さんめいめいに楽しんでますなぁ。

Csc_9760
羅漢さんを見学後、山門へ。

見学の順番がめちゃくちゃになってしまった💦

1632年、天海僧正の建立で、他の建物は川越大火で大半が焼失してしまったため、喜多院で一番古い建造物だそう。

Csc_9761
隣に立っているのは鐘楼門

Csc_9763
この立派な建物は慈眼堂

中には天海僧正の木像が安置されています。

古墳の上に建っているため、少し小高いところにあります。

Csc_9765
喜多院の外に建っている天海僧正像

本当は明智光秀だった説とか、100歳以上の長寿だった説とか、謎の多い人物です。

近場にこんな有名スポットがあるのに、何で今まで行かなかったんだろう…。

やっぱり、関東もしっかりと攻略しなくてはいけませんな。

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

喜多院HP

https://kitain.net/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2022年5月 8日 (日)

冬の栃木歴史旅 岩宿遺跡編

こんばんは。

連休中、どこにも出かけられなかったうっぷんを晴らすため、土曜に日帰りでプチ旅してきました!

今書いている栃木旅から実に4か月ぶり!

でもねぇ、日帰りだと時間の制約があるので、なかなか遠くまで行けなくて⤵

今月は厳しそうだけど、来月当たり旅に行けるといいなぁ✨

 

さて、栃木旅は最終回です!

どうぞー!

 

足利学校を出て、次はどこに行こうかな。

その時、頭の中に浮かんだ場所が。

それは、あしかがフラワーパークに行く途中で見かけた岩宿遺跡

この日の午後に宇都宮に車を返しに行かないといけないので、かなり時間はカツカツ。

でも…気になるので行ってみよう!

Csc_9359
到着したのはみどり市岩宿博物館。

20分くらいしか見学する時間がない💦

Csc_9366
岩宿遺跡といえば、在野の考古学者相沢忠洋が、行商の傍ら遺跡を発掘し、日本にも旧石器時代があることを証明したという、日本史が一気に塗り替えられた場所です。

岩宿遺跡で発掘された石器等を駆け足で見学。

Csc_9380
石器が見つかった時、どんな気持ちだったのかなぁ。

戦後という比較的新しい時期にこんな発見があったなんて、今後も何か見つかる予感がするというか、すごい夢がありますよね。

私もこういう世紀の大発見をしたいなぁ。。。

Csc_9367
岩宿で発見された石器以外に、当時生息していた動物についても展示がされています。

こちらはオオツノジカの骨。

Csc_9369
ナウマンゾウの臼歯。

デカっ!

ぱっと見、歯には見えん!

Csc_9370
ナウマンゾウの牙(切歯)。

私だったら流木と見間違えそうな気がする💦

Csc_9372
マンモスの骨格標本。

時間がないので、写真だけどんどん撮影していきます📷

Csc_9375
お、姪っ子ちゃん達だ(笑)

Csc_9377
隅っこにしれっと置かれた頭蓋骨たち。

ご先祖様~とか思っていると、不意に大きな地震が発生!

マンモスの骨に潰されたらどうしよう!と地味にビビりました💦

学芸員さんが「大丈夫ですか!」とすぐに来てくれたのですが、ちょうどタイムアップ…⤵

「だ、大丈夫です!でも帰ります!」と、地震に怯える人みたいにバタバタ帰ることに…😭

もっと見ていたかった…。

というか、発掘現場を見たかった💦

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。○o。+..:*○o。

みどり市岩宿博物館HP

https://www.city.midori.gunma.jp/iwajuku/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。○o。+..:*○o。

 

予定を押しまくり、高速をぶっ飛ばして宇都宮へ。

久々にレンタカーの返却時間に間に合わないかと焦ったよ😔

Dsc_0283
遅いお昼ごはんとなりましたが、最後に白ごま担々麺と餃子をいただきます✨

やっぱり栃木は餃子で締めないとね(笑)

 

以上、栃木旅エンドです!

最後は群馬だったけど(笑)

 

Dsc_0186
<おまけ>

群馬県の路上でよく見かけた咳エチケット。

気持ちは分かるけど、何で道路に向けて掲げられているんだろう???

という謎看板でした。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2022年5月 5日 (木)

冬の栃木歴史旅 足利学校編

こんばんは。

GWが、終わる…

火曜から木曜まで休みだったのですが、ダラダラしているうちに3日間が終わってしまいました⤵

ブログも書こうと思っていたんですけどねぇ、姪っ子達の襲来とかありましてねぇ…(言い訳)

謎に庭で小石拾いとか付き合わされてました😓

明日1日行けばまた土日だー!

それでは栃木旅です!どうぞ!

 

佐野厄除大師、佐野大仏を拝観後、また足利方面へ戻ります。

Csc_9286
着いたのは足利学校

平安時代(鎌倉時代との説もあり)に創建された、日本で最初の学校です。

早速、授業参観とまいりましょう。

Csc_9289
日本で唯一、門に掲げられた「学校」の額。

ここ、足利学校は「日本最古の学校」「日本最古の総合大学」とも言われています。

Csc_9292
次は孔子廟へ。

Csc_9294
門には「杏壇」の文字が掲げられた杏壇門。

奥では酔っ払ったオッサン連中が大声を出して騒いでおりました💦

何でこんなところまできて騒ぐかな…😓

Csc_9303
オッサン達がいなくなるのを待って拝観。

Csc_9301
孔子坐像。

1535年に彫刻された、日本最古の孔子像なのだそう。

Csc_9299
そして、右側には小野篁像。

何で小野篁?と思ったら、足利学校の創建者として伝えられているため像が置いてあるのだそう。

小野篁といえば、夜中、閻魔様の片腕として裁判の手伝いをしていたと伝えられるお方…。

先ほどのオッサン達も罰せられないと良いのですが😔

Csc_9310
南庭園。

江戸時代中期の姿に復元されています。

後ろの建物がないと最高なんですけどねぇ。

Csc_9311
続いては建物の中へ。

方丈、庫裡、書院が廊下で繋がっています。

Csc_9320
孔子と弟子たちの像。

後ろの仕切りみたいなのは何なんでしょうかね?

Csc_9332
徳川歴代将軍の位牌が安置されている尊牌の間。

当時の庠主(学校長)が徳川家康の信任が厚く、朱印地として土地を賜ったりするようになったことから、位牌を安置するようになったのだそう。

Csc_9334
足利学校に所蔵されている書物から、明治以降の歴代の元号の文章を抜粋。

こちらは、明治、大正。

Csc_9333
こちらは昭和、平成、そして令和。

さすが当時の最高学府、出典の書籍が全て揃っているという。

Csc_9350
上杉憲実像。

室町時代に衰退していた足利学校を再興させた、関東管領です。

その後、足利学校は再び隆盛し、北は奥州、南は琉球まで学徒が学びに来たのだそう。

現代でいうところの東大みたいなものでしょうかね。

足利学校って、教科書には必ず出てくるのに行ったことがなかったので、今回見学できて良かったです。

近場にも、まだまだ見るべき場所が残っている!

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。 ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

足利学校HP

https://www.city.ashikaga.tochigi.jp/site/ashikagagakko/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。 ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2022年4月24日 (日)

冬の栃木歴史旅 佐野厄除大師編

こんばんは。

今週も家でゴロゴロしていたナユタです。

土日休めるなんて、幸せだなぁ✨

しかし、3月までは残業代が出てたけど、4月からは残業代が出なくなって給料はダダ下がりという(笑)

休みを取るか、給料を取るか…。

うーん、やっぱり休みの方がありがたい!

今年はしっかりと旅に出たいなぁ!

 

それでは栃木旅、いよいよ最終日に突入です!

 

3日目、最終日。

天気は晴れ。

この日は佐野からスタート。

佐野といえば、やはりここ!

駐車場がたくさんあるとは知らず、結構手前で駐車してしまいました💦

Csc_9252_20220424171401
ということで、到着したのは佐野厄除大師

年末になるとテレビでCMがバンバン流れていますよね。

入口には、佐野のゆるキャラ「さのまる」がお出迎え。

…写真が遠すぎて、さのまるがよく見えん💧

Csc_9255
金ぴかの釣り鐘がお目見えしましたぞ!

さのまる、カワイイのぉ。

Csc_9256
年末ということで比較的落ち着いておりました。

年始は混んでてお参りするのも大変だからね…。

Csc_9263
飲み物かと思いきや、おみくじの自販機!

「目をとじて生年月日を唱えながらボタンを押して下さい」と、おみくじの作法が書かれております。

Csc_9264
絵馬やお守りも自販機対応。

ここまで自販機が充実しているお寺は初めて見た気がする…。

Dsc_0297-1
御朱印は書置きのタイプ。

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

佐野厄除大師HP

https://sanoyakuyokedaishi.or.jp/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

 

Csc_9266
佐野厄除大師を出た後、駐車場に戻る途中で気になるスポットがあるので立ち寄ることに。

Csc_9267
縁結びと御朱印の幟がはためいております✨

これは行かざるを得ないでしょ…。

Csc_9268
壁にはお釈迦さまからのお願いが。

お願いっていうより注意喚起な気がしますけど…💧💧

Csc_9276
人が少なく、落ち着いてお参りすることができました。

わざわざ大混雑の中お参りするより、人が少ないうちにお参りした方がお願い事も届きそうな気がします。

Csc_9273 
ここの見どころは佐野大仏

座高3.13メートル、1699年に建立。

写真では分かりづらいですが、静かな表情をされておられます。

Csc_9279
御朱印は通常版2種と月替わり限定1種の合計3種類。

月替わり、華やかで素敵すぎる!

ということで、月替わりの方をいただくことにしました。

Csc_9278
すると、「この中からお選びください」と、御朱印の上に貼りつける用の水引を差し出されました。

どれも色とりどりでカワイイ…。

得意の優柔不断が発動し、しばらく迷ってしまいました(笑)

Dsc_0298-1
悩みに悩んで、御朱印と色を合わせて外側が白、内側が赤の水引をチョイス。

そういえば、自分で作ろうと水引キットを買ったけど全然作ってない⤵

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

佐野大仏HP

https://kuyounosato.com/sanodaibutsu/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

 

Csc_9281
佐野といえばラーメンも有名。

しかし、まだ時間が早くてラーメン屋は開いておらず😭

む、無念。

Csc_9282
「ラーメン つるり つるつる つるり」

おじさんの表情、いいですなぁ🍜

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2022年4月17日 (日)

冬の栃木歴史旅 あしかがフラワーパーク編

こんばんは。

前回の記事でお伝えした通り、先週から体調を崩しているナユタです。

コロナじゃなくて良かったものの、まだ微妙に喉の調子が悪くて困っております。

何とかゾンビ声からは脱出できたけど、薬の飲みすぎで胃を壊した💧💧

元々4月は体調を崩しがちなんですが、3年ぶりに派手に風邪引いてしまったなぁ。

 

そういえば栃木旅、しばらく休止しておりました。

久々に再開です、どうぞ!

 

貴船神社から南東方面に車を走らせます。

途中、通り過ぎた地名は「岩宿」。

え、岩宿ってあの岩宿遺跡の岩宿?

関東ローム層から旧石器時代の遺跡が発掘されたという!

うわぁ、こんなところにあったんだ!

寄り道したいなー!

一人で大興奮しつつも、予定があるので泣く泣く通り過ぎて行ったのでした…。

くぅぅ、ちゃんと調べてくれば良かった。

 

この日の最後の目的地は、あしかがフラワーパーク。

日本三大イルミネーションで有名なスポットです。

しかし。

渋滞に巻き込まれ、全く動かん…🚙

ずっとブレーキペダルを踏みっぱなしで足疲れた⤵

はぁ、行くのやめようかな…。

でも、この日の宿泊先も同じ方向だから、結局渋滞からは逃れられないという😭

車内で待機すること約1時間、やっと駐車場に停めることができました。

駐車場からパークに行くまで歩いていきます。

うぅ、寒いぜ…。

Csc_9248_20220403212701
入場券を買って、中へ。

すると、初っ端からキレイなイルミが出てきましたよ!

これが有名な「奇蹟の大藤」のイルミですか✨

Dsc_0202
光のピラミッド。

水面に光が映って、よりキレイに見せてくれます。

人影がちょうどシルエットになって、これまたオシャレに見える!

Csc_9218_20220403205001
パーク内を歩きながら見学します。

こちらは「日本の四季」というスポットで、四季がイルミで表現されています。

季節ごとの変化、ずっと見てられるなぁ。

Dsc_0214
最奥へ進むと、煌びやかなゲートが出てきましたよ🌼

ゲートの中にお花が入ってる💖

Csc_9223
オシャレなお城が出てきたー✨

フラワーキャッスルというお城で、実際に登ることができます。

地面に咲いているお花もキレイだー🌺

Csc_9226_20220417210201
スノーワールド。

ボケた写真しかないですが、現物はもっとキレイだったのですよ…💧

Csc_9241_20220403205001
訪問したのは12月、ツリーがあちらこちらに立っています。

人がミッチミチにいる…💦

Csc_9242_20220403205001
光のバラ園

日本三大イルミネーションだけあって、どこも幻想的で美しいです。

Horizon_0001_burst20211211190442649_cove
花のない時期でも十分に楽しめるとは、さすがです🌹

Csc_9245_20220403205001
きばな藤のトンネル(だったかな?)

人が多いので裏から撮影。

寒さに震えながらも、一時間ほど歩き回って楽しむことが出来ました✨

 

パークを出て、駐車場へ向かう帰り道。

栃木には似つかわしくない看板が…。

なぜこんな所にこんなものが!

それは…。

Horizon_0001_burst20211211191906028_cove
きぬた歯科の看板❗

今日イチビックリしたわ😓

ここで看板見て、八王子まで治療受けに来る人いるんかーい(笑)

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

あしかがフラワーパークHP

https://www.ashikaga.co.jp/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2022年3月27日 (日)

冬の栃木歴史旅 貴船神社編

こんばんは。

今週も土曜出勤していたナユタです。

異動に向けて仕事を片付けようと思っているのですが、なかなか終わらん😭

この調子だと、今度の土曜日も出勤しないといけないかもしれん💧

異動後も残務整理とか…行きたくねー⤵

最近、ずっと休日出勤しているし、金曜から新しい環境になるということもあって、心身ともにお疲れモードです。

 

話は変わりまして、ブログのリラックマデザインが3月末で使用不可になるということで、かなり久々にデザインを変更しました。

さよならリラックマ…😖

リラックマ、気に入っていたんだけどなぁ。

 

それでは、栃木旅は群馬県に突入です!(もはや栃木ではない)

 

足尾銅山観光を出て、更に車を南西に向けて走らせます。

めっちゃめちゃ押してしまった💦

次の行先は草木ダム。

栃木を過ぎて群馬に突入だぜ!

ナビで草木ダム展望台を入力すると、なぜか示されたのは湖上を走るルート。

私、飛んでる!(物理)

ダムに行きたいからって本当にダムの上を走らせるなよ(笑)

Csc_9192_20220327193901
しばらくウロウロしつつ、やっとこさ草木ダムへ到着。

Csc_9187_20220327193801
展望台から草木湖を臨みます。

草木湖は、1977年に草木ダムのために造られた人造湖です。

癒されますなぁ。

Csc_9188_20220327194001
謎の物体を発見。

かぐや姫が入っていた竹でしょうか。

Csc_9189_20220327194001
すでに日が暮れ始めてきちゃったよ。

ふと、東屋をみると先客が。

Csc_9185
まったりしているプー氏とスヌ氏。

何でこんなところでたそがれてるんすか(笑)

 

よし、先に進むぜ!

しかし、道はさらに悪路に。

一通の道幅しかないところを、対向車が来ないことを祈りながら走行。

南無三!(半泣き)

Csc_9205
到着したのは貴船神社

Csc_9204_20220327194601
貴船神社というと京都が有名ですが、やはり京都の貴船神社を分霊して建てられたのだそう。

祈雨、止雨にご利益があるとのこと。

Csc_9196
年季の入った狛犬さん。

うん、風情がある!

Csc_9193
創建は956年で、現在の場所には1668年に建立されたのだそう。

歴史のある神社ですなぁ。

静かで落ち着いた雰囲気でした。

Dsc_0259
何とかギリギリで御朱印をいただくことができました。

良かったー✨

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

貴船神社HP

https://kifune-gunma.com/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

 



にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2022年3月21日 (月)

恒例のご挨拶

どうもこんばんは。

三連休、皆さまいかがお過ごしでしたでしょうか。

私はといえば、土日出勤して「三連休?何それおいしいの?」状態でした💦

なぜかというと、4月に異動することになりまして。

また異動かい!

この時期は毎年落ち着かないなぁ。

ただ、今回の異動については自分で希望していたので、良かったといえば良かったんですけどね。

今の仕事があまりに激務なことと、仕事の関係者から嫌がらせみたいなことをされていて、心身ともに疲れてたので…。

 

次の仕事は現場のマネジメントです。

現場なんて何年ぶりだ…?

そろそろ、ちゃんと休みが取れる仕事がしたいものです。

 

Dsc_4846
一年間、苦楽を共にした上司は残留。

今回異動できず相当がっかりしていたので、土曜に病院へ行く前に寄り道。

私が異動できたのも、上司が残留になったからだと思うので、何か恩返しをせねば。

四谷三丁目から歩いて5分ほどのところにある於岩稲荷 田宮神社へお参り。

Dsc_4847
いつも人がいないのですが、この日は数名先客がいました。

異動の挨拶と、上司の悪縁切りを祈願。

Dsc_4848
賢そうなお顔のキツネ様です。

Dsc_4849
於岩稲荷のすぐ向かいにある陽運寺

Dsc_4850
こちらは田宮神社の方と比べると派手で、若い女性に縁結びで人気があります。

Dsc_4851
この日も結構な人数の参拝客。

ここでも先ほどと同様、上司の悪縁切りを祈願。

私ってば良い部下じゃね?(笑)

Dsc_4855
せっかくなので、御朱印をいただきました。

三月なのでお雛さま仕様。

驚いたことに、裏がシール式になっていました!

これは便利だ…。

Center_0001_burst20220319135136316_cover
前に並ぶ女子たちが「私、美守りにしよっかなー💖」「私は縁結びにするー✨」とか言っている中、「縁切り守りください💀」といただいたお守り。

土曜に「今までありがとうございました!」と感謝の意を込めて上司に渡してきました。

 

上司、苦笑していたけど、もしかして「お前とは縁切りじゃー!」という意味に取られたか?💦

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

陽運寺HP

https://oiwainari.or.jp/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2022年3月13日 (日)

冬の栃木歴史旅 足尾銅山観光編

こんばんは。

花粉に絶賛してやられ中のナユタです。

マスクのおかげで鼻の症状は若干緩和されているものの、今年も目のかゆみに泣かされております。

朝起きた時から目が充血していて、しんどすぎる😭

朝晩構わずアイボンを使用しまくり。

早く、花粉の飛ばない杉に植え替えてくれ…💨

もしくは全部杉を伐採してくれ…💨💨

 

それでは栃木旅、日光を出発したところからスタートです!

 

日光から次に向かったのは足尾銅山

歴史の教科書にも出てくる有名スポットですが、日光に近いことを知り、今回初めて行くことに。

午前中、日光観光でかなり押しちゃったのでここからは巻きますぜ!

Csc_9079
あれ、営業中なのに門が閉まっている💦

張り紙を見てみると…。

Csc_9080
「20分ほどお待ちください」ですと!

巻くどころかここで足止めかい!

寒いので、車の中でしばし待機。

Csc_9082_20220313163201
10分ちょいで門が開き、待機所から坑道まではトロッコで向かいます。

何だかワクワクするねぇ✨

Csc_9085
降車場でトロッコを降り、ここから460mほどの坑道を見学します。

この先、1200キロ以上もの坑道が続いているのですが、立ち入り禁止となっていました⛔

Csc_9089
まずは江戸時代ゾーン。

早速、「どけどけーい」と言わんばかりに手押し車を押す人夫が登場!

江戸時代なんて坑道内はしっかり補強されていなかっただろうに、こんな手ぬぐい一丁で頭を守るとか怖すぎる⤵

Csc_9095
志村けん似の人夫も登場!

佐渡金山もそうだけど、江戸時代の格好した人形って何だか怖く感じてしまいます💦

Csc_9099
明治、大正あたりになると服装もカジュアル。

まだ鉱山に入るにしては軽装すぎるけど💧

Csc_9106_20220313170701
そして昭和。

うつろな表情でダイナマイトに点火する作業員。

やっぱり、昭和は昭和で人形は怖いわ💦

Csc_9114
更に奥にある展示室に向かって進みます。

Csc_9120
展示室には、当時運搬用に使用されていた機械が展示されていたり、坑道の模型が建てられています。

Csc_9122_20220313172401
重さ約20キロの銅のインゴット

銅製のインゴットって初めて見た!

Csc_9126
「昭和二八下 六河内組」の文字。

こういうのを見ると、本当に最近まで使用されていたんだなぁ、と感じます。

Csc_9149_20220313173901
一度外に出て、併設の「鋳銭座」という資料館へ。

当時の貨幣の作り方をミニチュアで説明してあります。

Csc_9153
砂で銅銭の型を作ってから銅を流し込み、冷えた後に切り離していきます。

精巧に作られていて、ついついじっくり見ちゃいました。

Csc_9170
過去に使用されてきた貨幣等も展示。

Csc_9173
こちらは現在のお金コーナー。

伊藤博文に岩倉具視、聖徳太子に夏目漱石のお札が並びます。

これが現在流通しているお金、だと…?

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


より以前の記事一覧