2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Sponsored

  • Sponsored
フォト

PR

Sponsored Link

記事Pick Up

にほんブログ村

  • にほんブログ村

ブログランキング

無料ブログはココログ

カテゴリー「旅日記 ⑦中国」の記事

2021年10月17日 (日)

晴れの国 秋の岡山一人旅 最上稲荷編

こんばんは、絶賛不健康中のナユタです。

火曜日に健康診断があったのですが、数値が悪すぎて産業医から「病院行け。行かなかったら働けなくしてやる」という脅迫状が届きまして。

まぁ、休みは取れないし、残業は毎日3時間近くしてるし、これで健康だったら超人ですよ(言い訳)

これ、放っておいたら休ませてくれるのかな…✨

とは思ったのですが、今は次年度の人事異動案の作成に向けて繁忙期で、休む訳にもいかんので、土曜に病院へ行ってきました。

しばらくは通院生活なんだろうな…。

こんなに数値が悪化したのは仕事の過労とストレスが原因なので、早く異動させてくれー😭

以上、BBAの残念報告でした。

 

さて、前回から始まった岡山旅。

今回は最上稲荷編です!

 

吉備津神社を出て、次に向かったのは最上稲荷

最上稲荷といえば、今を遡ること7年前。

水攻めで有名な備中高松城を見学後、最上稲荷へ向かったものの、見学時間は帰りのバスが来るまでのわずか10分。

当然、見学できる訳もなく、しかも帰りのバスに乗り遅れ、泣きながら備中高松駅まで2キロほどの道のりを歩いた思い出の地。

詳しくはコチラ

途中で7年前に見た備中高松城跡の怖い看板を見かけ、懐かしさに浸っておりました。

Csc_8053
近くの駐車場に停めて、境内へ。

あれ、こんな大きなところだったんだ。

前に来た時はもっと寂れているイメージだったんだけどなぁ。

Csc_8048
まずは根本大堂を見学。

最上稲荷は日本三大稲荷といわれています。

他はどこだ?と探してみると、伏見稲荷や豊川稲荷などの他にも竹駒稲荷や祐徳稲荷など、5つくらい出てきました。

三大じゃないんかーい!

Csc_8042
本殿でお参り。

Csc_8040
訪問前の下調べの際、どうしても行きたい所があったので寄りますよー。

備中高松城攻めの時の秀吉本陣跡も気になるけど…。

Csc_8037
あ、鐘楼だ。

鐘があったら突きたくなるのが人情ですよね。

ゴォォォォォン!

腹の底に響く倍音が気持ち良いですなぁ✨

Csc_8018
さて、私が行きたかったのはここ、縁の末社

縁切りと縁結びができる場所です。

Csc_8034
左にあるのは縁切札、右にあるのは縁結絵馬。

Csc_8032
縁結びの作法と。

Csc_8033
縁切りの作法。

私が祈願したのは…。

Csc_8031
もちろん縁切り(笑)

職場の取引先で、本当に関わらないで欲しいレベルの人が2人いるんすよ。

全力で縁切りをお願いし、縁切札を速攻で割って封筒の中へ。

とっとと縁切れろ!

その後、HPで作法を確認しながら参拝します。

Csc_8028
まずは最正位離別天王に縁切り祈願をしてから、縁切り撫で石へ。

作法は、石の周りを時計回りに回って、それから縁切札を2つに割る…?

既に割ってあるんだが💧

縁切札は願い事を書いた直後に割ってしまったよ。

しまったー!フライングしてもうた!😭

まぁ、多分願いは届くでしょう…。

Csc_8027
最後に縁切札を奉納所へ。

ちなみにあれ以来、ヤバい取引先の一人から結構な頻度で電話がかかってきています(笑)

あれ、おかしいなぁ。

 

参拝も終わり、駐車場へ向かおうとすると、ふと気になる景色が。

最上稲荷の参道に迷い込んでしまいました。

Csc_8016
ここ、令和デスカ…?

日本三大稲荷の参道にしては寂しい景色。

Csc_8015
ポスターがみんな2017年で止まっている…。

何というファンタスティック廃墟!

Csc_8011
開いているお店もあるのですが、ほとんどが閉店状態。

そうか、7年前に私が来たのはここだったのか。

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

最上稲荷HP

http://www.inari.ne.jp/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2021年10月10日 (日)

晴れの国 秋の岡山一人旅 吉備津神社編

こんにちは。

最近、ドライアイが悪化して目がショボショボのナユタでございます。

スマホとPCの見過ぎなのかなぁ。

コンタクトを付けている日は、特に目の乾燥がひどくて困ったものです。

 

さて、先週、ひっさびさに旅に出てきました!

行先は、6年ぶりの岡山県

今回は、仕事が終わってすぐに岡山に前乗り。

限られた時間で目いっぱい観光を楽しみます。

 

一日目、晴れ。

あれ、思った以上に暑くね?

天気が良くて暑くて、さすがは晴れの国。

朝イチで車を借りて、岡山駅からスタートします。

最初の行先は吉備津彦神社

道が狭くて走りづらい💧

道の両サイドに柵のない用水路があって、気を付けないと脱輪しそうになります。

これが、岡山名物「殺しに来る用水路」ですか…💦

Csc_8100
ご祭神は、桃太郎のモデルといわれた吉備津彦命。

吉備津彦命の屋敷跡に建てられたのだそう。

別名朝日の宮とも呼ばれ、豊臣秀吉が備中高松城を水攻めする際、戦勝祈願したとも伝えられています。

Csc_8118
拝殿でお参りしようと近づくと、隅っこの看板が目に入りました。

何だ…?

Csc_8119
置いてあったのは、まさかの桃鉄看板!

そうか、そういえば桃鉄って桃太郎だったね…。

神社の拝殿で桃鉄看板、不似合いでビックリ😲

Csc_8117
拝殿横にある狛犬さん。

これは…顔のイカつさNo.1ですわ!

Csc_8111
渡殿と本殿。

奥の本殿は戦国時代に焼失し、現在の本殿は1697年に再建されたもの。

静かに参拝させていただきました。

Csc_8121
大燈篭。

名前の通りデカい!

高さ11.5m、日本一の大きさを誇る灯籠です。

幕末に寄進により建てられました。

こんなに境内が広いとは知らず、回りきれずに出発。

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

吉備津彦神社HP

https://www.kibitsuhiko.or.jp/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

 

Csc_8098
お次は、吉備津彦神社の近くにある吉備津神社。

名前が似ていてややこしいですが、ご祭神はこちらも吉備津彦命。

先ほどの吉備津彦神社が備前一の宮、吉備津神社が備後一の宮という区分のようです。

しかも、昔は吉備津彦神社と名乗っていたようで、ややこしさ更にアップ⤴

こちらの吉備津神社には9年前にも訪問しています。

最初から階段か…ぜいぜい(運動不足)

Csc_8091
階段を登ると「燃えよ剣」のポスターが貼ってありました。

ここでロケが行われたんですって!

Csc_8085
それが、こちらの回廊。

確かに、予告編でここを歩いている映像が流れていました!

原作も読んだし、これは映画も見たくなりますなー!

ゆるやかな坂を下っていくと…。

Csc_8082
吉備津神社で有名な鳴釜神事の行われる御釜殿へ。

湯を張った釜の上にせいろを乗せ、阿曽女という女性がせいろの中に入っている玄米を振ると、鬼の鳴き声のような音が鳴ります。

その音で、願い事が叶うかどうかを占うというもの。

詳細は割愛しますが、御釜殿の床には吉備津彦が退治した温羅と呼ばれる鬼の首が埋まっていて、その鬼が占っているのだとか。

さて、御釜殿も見たので戻ることにしますか。

戻りは登り坂だ…ぜいぜい。

Csc_8073
こんなところに小さな神様が!

カメラを向けても、無情にも全くこっちを見てくれませんでした(笑)

Csc_8069
吉備津神社といえば、こちらのおみくじ。

Csc_8068
このレトロ感、たまりませんなー!

英語表記のおみくじがあったりと、意外とグローバル。

Csc_8067
ご本殿。

日本唯一の吉備津造という建築様式で、国宝です。

Csc_8062
一童社。

学問、芸事の神様です。

姪っ子たちの学問成就をお祈りしてきました。

 

この日はめちゃめちゃ予定を詰め込んでいたので、あまり時間を取れずに見学終了。

久々の旅すぎて、計画の立て方が若干無謀だったな…。

Csc_8054
近くの土産物店にて。

台車に乗せられた桃太郎と勤労中の鬼という、シュールな絵面。

鬼さん、何だか元気なさげです(笑)

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

吉備津神社HP

https://www.kibitujinja.com/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング


2019年3月31日 (日)

夏の山口歴史を巡る一人旅 宮島編 その2

こんばんは。

先週に引き続き、ブログの更新で四苦八苦のナユタです…。

前回、ココログがリニューアルしてから初めて記事の更新を行ったのですが、Ping送信機能がなくなったせいで各所で記事の更新が反映されず…。

これは困った!ということで、Ping送信が出来るサイトを探してみたり。

今回、この記事を更新してうまくいかなかったら、また方法を考えないと。

もう10年も使ってるから、いきなりシステムが変わると付いていけませんぜ。

 

さて、長かった山口旅も今回で最終回

いやはや、長かった…。

そしてシメは結局山口ではないという(笑)

↓今までのおさらい↓

夏の山口歴史を巡る一人旅 巌流島編

夏の山口歴史を巡る一人旅 門司編

夏の山口歴史を巡る一人旅 福徳稲荷と角島大橋編

夏の山口歴史を巡る一人旅 元乃隅稲成神社編

夏の山口歴史を巡る一人旅 東行庵編

夏の山口歴史を巡る一人旅 関門トンネル編

夏の山口歴史を巡る一人旅 防府天満宮編

夏の山口歴史を巡る一人旅 秋芳洞編

夏の山口歴史を巡る一人旅 松陰神社編

夏の山口歴史を巡る一人旅 萩城下町編

夏の山口歴史を巡る一人旅 萩~津和野編

夏の山口歴史を巡る一人旅 山口市内編

夏の山口歴史を巡る一人旅 とことこトレイン編

夏の山口歴史を巡る一人旅 岩国編

夏の山口歴史を巡る一人旅 錦帯橋編

夏の山口歴史を巡る一人旅 宮島編 その1

うん、史上最長シリーズですな。

それでは山口旅最終回、どうぞ!

Cimg9967
厳島神社の参拝を終え、すぐ近くにある大願寺へ。

日本三大弁財天で有名とのことですが、残念ながら境内は撮影禁止。

ちなみにここの書院は、第2次長州征伐の講和会談が開かれたのだそう。

その時の幕府側の使者は何と勝海舟❗

大物キタ――(゚∀゚)――!!

Dsc_1740
御朱印をいただく際に、参拝をしっかりしてからでないと注意を受けるといった書き込みがネットであったので、恐る恐る御朱印をいただきに行ったのですが、私が行った時は特に問題なくいただくことができました。

もちろん、ちゃんと参拝しましたよ✨

Cimg9969
お願い事を書く祈願木がしゃもじ型だ❗

さすがは宮島、色々なしゃもじ型が登場します♨

Cimg9971
大願寺を出て散策をしていると、再び鹿に遭遇。

あぁ、鹿が可愛すぎる~💓💓💓

Cimg9975
次は南へ進んで大聖院へ。

景色の良い道を進んでいくと、大きな山門が見えてきました。

奥には長い階段…💦

Cimg9980
階段を登っていくと、下の方にたくさんの像が。

お帽子がカラフルだー✨

こちらは五百羅漢庭園です。

Cimg9979
よく見てみると、面白いポーズをした羅漢さんがいらっしゃいます(笑)

徳利みたいなのを持って、酔っぱらってるのでしょうか?

どうも羅漢さんって人間味あふれるというか、ユニークな像が多いイメージ。

Cimg9985
本堂で参拝いたします。

Cimg9987
ふと横を見るとめっちゃ不気味なダルマがっ‼

にらみを利かせています💧

Cimg9992_1
そして横にはタヌキのお坊さん。

うーん、謎が多い。

Cimg9988
そして正面にはお戒壇巡りの案内が。

お戒壇チャレンジ、やってみますか❗

お戒壇巡りとは、簡単に言うと真っ暗闇の中を歩く修行のことです。←簡単に言いすぎ

早速階段を降りて、真っ暗闇の中を壁を触りながら進んでいきます。

ただ、他のお戒壇巡りと違うのは、途中に光が当たった仏様がいらっしゃるので、そこまで暗闇の恐ろしさはありませんでした。

Dsc_1741
御朱印もいただきました。

来る途中に落としたハンカチも帰り道で見つかったし、良い場所だったなぁ🎵

Dsc_1264
せっかく宮島に来たので、参道をぶらぶら散策。

もみじ饅頭をいただきます💕

といっても、こちらは変わり種のもみクロこともみじクロワッサン🚩

サクサクの生地が美味しい💨

そして、中の餡も種類豊富で、色んなお味が楽しめます⤴

Dsc_1263
そして最後は、広島駅で食べたお好み焼き❗❗

下に敷いた焼きそばがパリパリになっていてこれまた美味しい✌

本場のお好み焼きが食べられて良かった🍴

 

以上で山口旅、終了です❗

書き始めた時は終わらないかと思ったけど、最後まで書ききれて良かったです…。

しかし、次に書くネタがない⤵

どうしようかな…。

ということで、次回のネタはまだ未定です!

お楽しみに~✨(ヤケクソ)

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

 


一人旅 ブログランキングへ

 

2019年3月24日 (日)

夏の山口歴史を巡る一人旅 宮島編 その1

こんにちは。

ナユタでゴザイマス。

私がこのブログを書いているココログが先日リニューアルしたのですが、かなり使い勝手が変わってうろたえる日々です…。

officeに操作性が近づいたものの、機能が減ってしまったような気がするんだよな。

使いこなせてない機能もいっぱいあるけどね。

個人的には絵文字が減ったのが悲しいのぉ。

ぱそこんおんちなもんだから、まだアップしていない記事が何故かTwitterに上がってたりとか、トンチンカンなことばかりしています(´;ω;`)

なので、変なことをしてても許してください!←言い訳

それでは山口旅宮島編をどうぞ!…って宮島は山口じゃないけど。

 

6日目。

この日になってやっと晴れ。

しかし、朝から頭が痛い…。

薬を飲んで、しばらくして痛みが治まったので出発します。

岩国から電車で移動して、広島県は宮島へ。

フェリーで10分ほどの船旅なのですが、USBでスマホが充電出来たり、Wi-Fiが使えたりと何かと便利!

最近はフェリーも進化しているんだなぁ…。

Cimg9910
宮島に上陸

この日は祝日だったので、観光客がとにかく多い‼

道がよく分からないけど、とりあえず人の流れについていくことに。

Cimg9917
大鳥居キタ――(゚∀゚)――!!

ちょうど干潮の時間帯だったので、大鳥居の下を歩いてくぐっている人がいました。

一回くぐってみたいなぁ。

Cimg9922
早速鹿に囲まれた💨

カワイイ~

すっかり気を抜いて鹿の写真をパシャパシャ取っていると、横から「カバン!カバン!」と叫び声が。

よく見ると、私のカバンがかじられようとしているではないですかっ

ビ、ビックリした…💦

Cimg9925
坂を登ってまずは千畳閣へ。

Cimg9932
豊臣秀吉が戦没者の慰霊のために建立した建物で、畳で857畳の広さ。

名前の通り、めちゃめちゃ広い

しかし、秀吉が途中で亡くなったため、未完成のままになっています。

江戸時代にはここで歌舞伎の興行も行われていたのだとか。

Cimg9926
天井には歴史を感じさせる額が、たくさんかけられています。

中にはしゃもじの形の額も❗

さすが宮島やー🎵

Cimg9937
すぐそばには五重塔。

こちらは室町時代に建てられたものです。

Dsc_1737
千畳閣でいただいた御朱印。

御朱印がしゃもじだー❗

Cimg9943
そして、いよいよ厳島神社へ。

さすがに結構な人出です。

Cimg9947
本殿前に、参拝する前にお祓いする用の串がありました。

前からあったっけ?

せっかくなので、串でお祓いしてからお参りします。

Cimg9949
鏡の池。

ちょうど潮が引いて手鏡のようになっていました。

良いタイミングで来れて良かったなぁ。

Cimg9951
回廊を歩いて見学します。

どこでカメラ構えても絵になるもんなぁ⤴

Cimg9957
平舞台から見た祓殿。

ちょうど後ろに先ほどの五重塔が見えています。

Cimg9962
能舞台。

満ち潮の時は海中に浮かぶ能舞台で、重要文化財です。

大鳥居が良い感じに写り込んでいます🎵

Dsc_1738
厳島神社でも御朱印をいただきました✨

ありがたやーありがたやー。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

 


一人旅 ブログランキングへ

 

2019年3月17日 (日)

夏の山口歴史を巡る一人旅 錦帯橋編

こんばんは。

最近また眠くて仕方ないナユタです。

花粉の薬のせいかなぁ?

仕事中眠くならないように、寝る時間を早くしたんですけどね。

昨日もテレビを見ながら気づいたら寝ていました…。

最近、あんまり勉強してないから、家に帰ってからボーっとゲームしたり、しょうもない時間しか過ごしてないからなぁ。

そのうち頭が劣化しないよう、そろそろ何か資格の勉強でも始めようかな。

 

さて、山口旅も今回を含め、残すところあと3回(の予定)。

9月に行った旅を3月になってまだ書いているとは…。

それでは錦帯橋編をどうぞ。

 

ちょうどタイミング良くバスが来たので、白崎神社から岩国の名所に向かいます。

Cimg9855_2
岩国と言えば錦帯橋

錦帯橋と言えば5連のアーチ状の橋が有名ですよね。

Cimg9860
入橋料300円(往復)を支払い、渡ります。

山のはるか上に見えるのは岩国城

岩国城…この時間からだと行くのは難しいなぁ

Cimg9873
なので、橋を渡った先を散策します。

吉香公園にある吉香神社へ。

Cimg9877
ここは歴代藩主を祀っている神社です。

思った以上に大きな神社です。

Cimg9880
この趣、良いなぁ。

普段、神社は朝に来ることが多いのですが、夕方の神社も雰囲気があって良いものですね。

Cimg9887
あ、ロープウェイだ

今度来るときはもう少し早い時間に来て、岩国城に行こう…

Cimg9892
ちょっと離れたところにある、佐々木小次郎像

吉川英治の小説「宮本武蔵」で岩国出身となっている小次郎さん。

巌流島の小次郎像といい、岩国の小次郎像といい、イケメンさんです

Cimg9864
さて、岩国と言えば日本一ソフトクリームの種類が多い「むさし」が有名

訪問した当時、ソフトクリームの種類は何と165種類

そして、有名店だけあって店の前は大行列

Cimg9896
私が選んだのは、むさしの近くにある佐々木屋小次郎商店

こちらも同じく有名店で、ソフトクリームの種類は結構多めです。

小次郎さんの出身地に来たんだったら小次郎商店に行かないとねー。

Dsc_1207
選んだのはお店のイチオシやまぐちレアチーズタルト500円。

夏みかんのさっぱり感と、濃厚なチーズケーキの味がとても合ってておいしーい

あ、ソフト食べたら余計にお腹空いちゃった…

 

腹減ったーと思っていると、錦帯橋下の河原の屋台でレンコンコロッケなるものが売られていました。

これは気になる!ということ行ってみます。

多分、コロッケの中に刻んだレンコンが入っているんだろうなぁ。

Dsc_1210
と思っていたら、コロッケにレンコンの天ぷらを張り付けるという、予想の斜め上の展開。

全く融合してなかった!(笑)

でも、食べてみるとレンコンのシャキシャキ感が生きてて、これはこれで美味しい

Cimg9906
時間があるので橋の裏を覗いてみる。

1673年に架けられてから、何度か修復を行っているものの、技術としては当時のままなのだそう。

現代から見ても充分な技術力とのこと。

スゴイなぁ。

Cimg9901
お腹も満たされたので、錦帯橋がライトアップされる日没まで待つことに。

しかし…日没時間が過ぎてもライトアップが始まらない

まぁ、日没直後はまだ明るいからなぁ

仕方ない、今度来る時は夜に来てみよう。

ということで、宿題を残した錦帯橋編でした。

 

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

錦帯橋HP

http://kintaikyo.iwakuni-city.net/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

 

一人旅 ブログランキングへ

 

2019年3月 9日 (土)

夏の山口歴史を巡る一人旅 岩国編

こんばんは。

実は、来週から旅に出ようと思っていたのですが、ここへ来て仕事が忙しくなってきまして。

休みが取れる気がしない…。

まだ予約は取っていなかったのでキャンセルはしないで良かったのですが、昨年10月以降旅に出てないからそろそろ出かけたい!

でもまぁ、年度末だから仕方ないですね。

大体例年4月になると体調を崩すことが多いので、4月も旅に行けるかなぁ…。

4月に旅に出られることを夢見つつ、それでは山口旅岩国編をどうぞ!

 

とことこトレインを下車後、電車が来るまで一時間あったので、お昼を食べられる場所を探すことに。

しかし、レストランもカフェも何もない!!

仕方なく、駅の待合室で朝ごはんの残りの菓子パンとじゃがりこで昼食。

わびしいなぁ…。

その後電車で岩国へ行き、ホテルでしばし休んだ後、岩国駅からバスで移動。

Cimg9834
目指すは岩國白蛇神社

何でも、岩国には昔から白ヘビが多くいるのだとか。

白ヘビなんてめったに見られないんじゃないの…?

神社の階段を登ると、右側にフェンスで囲まれた白蛇屋外飼育場がありました。

中を覗くと…。

Cimg9835
白ヘビいたー

しかも、ブロックの陰でとぐろ巻いたり、思ったよりもいっぱいいるんだけど

調べてみたところ、岩国にいる白ヘビはアオダイショウのアルビノなんですと。

確かに眼が赤いし、アルビノっぽい

Cimg9836
白蛇神社ということで、神社の色々なものが白ヘビ。

ヘビは金運の象徴ということで、とてもお金が貯まりそうなデザインです

Dsc_1186
拝殿でお参りします。

金運、開運、商売繁盛、交通安全にご利益があるのだそう

Cimg9838
おみくじも白ヘビ!!!

何という白ヘビ推し  

社務所で御朱印をいただこうとすると、この日は御朱印を書ける方がおらず、書き置きの御朱印もなくなってしまったとのこと。

せっかく金運をおすそ分けいただこうと思ったのに

しかし、「御朱印帳にあらかじめ書いたものであれば…」ということだったので、御朱印帳をいただくことに。

Dsc_1742
それがこちらの御朱印帳。

金色の表紙に白ヘビ、これは金運のニオイ

Dsc_1743
中の御朱印はこんな感じ。

金色で白ヘビの印が押されています。

Dsc_1744
もう一種類は米俵の上に白ヘビ。

これで金運UP間違いなしだぜ

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

岩國白蛇神社HP

http://www.shirohebi.com/jin.html

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

Cimg9847
次は、白蛇神社から歩いて白崎神社へ。

結婚式場が併設されていて、結構大きな神社です。

急坂を登って御本殿へ。

Cimg9849
水が有名なようなので、早速いただいてみます。

飲んでみると、少しぬるめ。

冷えてたら美味しいのかも。

Cimg9850
ここでも白ヘビに遭遇。

こちらは絵ですけど。

Dsc_1734
御朱印もちゃんといただきました。

Dsc_1735_2
御朱印とは別にいただいたのが「千里将願」の文字。

岩国は白ヘビの他にレンコンが有名なのだそう。

穴の開いたレンコンは「先が見通せる」ということで、開運に繋がるんですって。

そんなありがたいお言葉をいただき、次の場所へ。

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

白崎八幡宮HP

http://www.sirasaki.com/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ

 

 

2019年3月 2日 (土)

夏の山口歴史を巡る一人旅 とことこトレイン編

こんばんは。

そろそろ確定申告の時期ですね。

私は昨年入院したので、医療費控除の申告をしようと思っています。

しかし…めんどくさい。

でも、昨年はふるさと納税のワンストップ特例制度も利用していないので、何としてでも確定申告しないと!!

強引に自分を奮い立たせています。

あまり時間がないですが、これから頑張ります…。

それでは山口旅とことこトレイン編をどうぞ!

 

山口旅5日目、晴れ。

新山口から新岩国まで新幹線に乗車し、新岩国からJR岩国に乗り換え、ロッカーに荷物を置いてから錦川鉄道で清流新岩国に行くことに。

しかし、券売機で切符を買うと、当初の予定よりも切符の額が1700円近く高い…。

と思ったら、何と新幹線で一気に広島まで行ってから岩国まで戻るルートの切符を買っていました。。。

無駄なお金使っちゃったなぁ…。

結局岩国には行かず、荷物を抱えたまま新岩国から直接徒歩で清流新岩国へ。

駅どこ…?と思っていたら、小さな駅が見えてきました。

Cimg9781
しばらくするとキレイな電車が到着

桜色の電車でのんびり移動します

途中、見所で減速してくれるので、滝などの写真を撮影。

のどかだなぁ~。

Cimg9832
10駅乗って到着したのは、錦町というこれまた小さな駅。

荷物をロッカーに預けたいんだけど、ロッカーがない

仕方なく、大荷物を抱えて駅横の坂を登っていきます。

Cimg9786
今回の目的はとことこトレインの乗車。

本来電車が走る予定だった錦町駅から雙津峡温泉までの約6キロを、電気自動車にけん引されたトロッコで走りながら見学をするというもの。

カワイイてんとう虫カラーのトロッコに乗り、出発します!

トレインって言ってるけど線路がない!

Cimg9787
早速光る絵のトンネル、きらら夢トンネルへ。

外は暑いのですが、トンネルの中を走っていくとヒンヤリしていきます。

Dsc_1162
壁は蛍光石で描かれた絵にブラックライトを当てて発光させています。

トレインのスピードが速すぎて、写真撮っても何が何だか分からん写真ばかり

ある意味、躍動感溢れる映像という事で(笑)

途中の撮影スポットで、トロッコは停止します。

そこには…。

Dsc_1163
ものすごく幻想的な光景が

カラフルな光あふれる絵が一面に広がっていました。

うわぁ、スゴイ…。

歓声が上がり、一斉に撮影に走る乗客たち

Dsc_1166
天井には巨大な太陽の絵。

しかしながら、何故か逆向きに撮影(笑)

Cimg9800
トンネルを抜けると、日差しで一気に気温が上がります。

気持ち良い景色だー!!

Cimg9805
次はコウモリの飛ぶトンネル。

トンネル内に住んでいるコウモリが、光と音に驚いて逃げる様子が見られます。

…ってコウモリにとっては迷惑以外の何物でもないような(笑)

Cimg9810
本来駅になるはずだった場所を通過。

鉄道計画は幻に終わりましたが、こうやって線路跡を有効活用するのは良いアイデアだと思います。

Cimg9813
そして終点の雙津峡温泉駅に到着。

ここから折り返し運転までの間、周りをブラブラします。

Cimg9818
例年だとこの時期は彼岸花が見頃の時期だそうですが、行った当時はかなり少ないとのことでした。

蝶が飛んでいたので撮影。

そして10分後、今度は錦町駅に向かって出発します。

帰りは団体客で結構な乗車率。

再びコウモリを驚かせながらトンネルを走っていきます。

Cimg9824
そして、帰りのきらら夢トンネルは星空のような景色で停車

Dsc_1178
キレイな光景だなぁ

ブラックライトを使うセンスが良いよね

これはぜひともオススメしたいと思いました

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

錦川鉄道HP

http://nishikigawa.com/index.php

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ


 

2019年2月24日 (日)

夏の山口歴史を巡る一人旅 山口市内編

こんにちは。

とうとうこの季節がやって来ましたね…。

そう、花粉症シーズンの本格到来です。

もう、腹立つくらいくしゃみ出るし、目がかゆいしでたまらん!!!

私は目のかゆみが一番ひどいのですが、化粧してると目をこすれないし(こすっちゃダメだけど)、目薬を差すと化粧がよれるしで最悪です。

もう、勢いで空気清浄機買っちゃったよ。

これだけ毎年花粉症で苦しんでいる人がいて、花粉症による経済損失の話も出ているのに、何で一向に改善されないんだって思います。

ジェイソンが暴れてチェーンソーで杉の木切りまくらないかな。

…と思ったらジェイソンってチェーンソー使ってないんかい!!

まぁいいや、斧とかで構わないんで杉を切り倒してくれませんかね。

そんなしょうもない話はさておいて、山口旅をどうぞ。

 

津和野から山口市内へ移動。

思ったよりも早く着いたので、もう少しだけ観光をすることに。

山口市の香山公園にある瑠璃光寺へ。

Cimg9735
瑠璃光寺と言えばこちらの五重塔が有名です。

国宝に指定されていて、現存する五重塔の中で日本で10番目に古いのだそう。

とても優美なお姿です

なお、夜になるとライトアップをしているとのこと。

ライトアップしている姿も見たかったなぁ

Cimg9739
それでは、境内の中を散策してみます。

Cimg9741
身代り地蔵。

悪い因縁や病気などに見切りを付けたい人々のために身代りになってくれるとのこと。

身体が横に2ヵ所切れているところから身切り地蔵とも呼ばれているのだそう。

ありがたやー、ありがたやー

Cimg9748_2

あ、閻魔様だ

とりあえず下の後生車をガラガラと回してみます。

意外と重い…。

Cimg9744
そして巨大念珠

こちらの巨大念珠は、上から8つだけ落として煩悩を去らせるもので、それ以上落としても邪念になってしまうのだとか。

念珠を落とすとカタン、カタンと小気味良い音が響きます。

煩悩なくなれー

Cimg9746
訪問した時は気付きませんでしたが、よく見ると永平寺を開山した道元禅師の像です

気付かずに一か月後に永平寺に行ってました…

何という偶然

Img_20190210_161129
いただいた御朱印。

うーん、何て書いてあるんでしょう?

Cimg9760
次は車ですぐ近くの今八幡宮

落ち着いた雰囲気の神社です。

こちらは幕末、奇兵隊が結成された頃、八幡隊という部隊が結成された場所なのだそう。

こんなところにも歴史の香りが…

御朱印をいただこうと社務所を探しますが、近くに見つからず。

時間はもう16時20分過ぎ。

もう時間がないっ

どこだ?どこだ?

案内板を見ていると、どうやらここから遠い場所にある模様。

久々に全力ダッシュ

Cimg9761
汗だくで走り回ると、今八幡宮から離れた場所にやっと社務所を発見

大丈夫か恐る恐る尋ねてみると、快く御朱印をいただくことができました

Dsc_1771
それがこちらの御朱印。

Dsc_1773
他の御朱印も合わせていただきました。

間に合って良かった…

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

今八幡宮HP

http://ima8man.com/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

Cimg9770
あと少しだけ時間があったので、最後に山口サビエル聖堂へ。

サビエルというのは、あの有名な宣教師フランシスコ・ザビエルのことです。

山口では「ザビエル」ではなくて「サビエル」と呼ぶのだそう。

時間が遅くなったので、庭だけ見学します。

Cimg9766
山口はザビエルが布教し、日本初の教会が建てられた場所。

ザビエルさん、遠くを見つめてらっしゃいます。

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

山口サビエル記念聖堂HP

http://www.xavier.jp/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

この日でドライブ旅は終了。

翌日からは電車での旅になります。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ

 

 

2019年2月17日 (日)

夏の山口歴史を巡る一人旅 萩~津和野編

こんにちは。

最近、めっちゃ食欲旺盛なナユタです。

何でこんなにお腹すくんだ…?

冬にしては気温が高いから、私の中で食欲の秋と勘違いしているのでしょうか。

…などととんでもない仮説(言い訳)を立ててみる。

これ、薄着になったらきっとヤバイなぁ。

それでは山口旅萩~津和野編をご覧ください!

 

前回に引き続き萩を散策。

Cimg9702
円政寺の近くにある高杉晋作立志像

髷を結った姿の高杉像は珍しいのだそう。

たしかに高杉像といえばザンギリ頭の方が良く見るなぁ。

Cimg9703
次は高杉晋作誕生地

Cimg9711
建物内に入ることはできませんが、外から室内を見学することができます。

建物を見る限り、彼も上級武士の出だということが分かります。

室内には高杉の肖像や手紙などが展示してあります。

高杉さん、気の強そうなお顔をされてますなぁ

Cimg9712
妻への手紙。

吉田松陰の角張った几帳面な字に比べると、流れるような筆跡です。

この辺にも二人の性格の違いが表れているような気がしました。

 

萩城跡からだと結構歩いて疲れたけど、萩の雰囲気を味わうなら徒歩移動がオススメです。

道幅も狭いので、車だと不便だと思います。

萩を散策後、一気に車を飛ばして島根県の津和野へ。

津和野へ行くのは初めて。

Dsc_1138
お昼は島根の郷土料理、割子そば

そばの上につゆをかけ、余ったつゆは次の割子にかけて食べるという、つゆを無駄にしないスタイルで食べます。

おそばにコシがあって美味

薬味の種類が多いので、味や食感が変わって飽きずにいただけます。

贅沢に天ぷらも頼んじゃったぜ

Cimg9715
到着したのは津和野にある太鼓谷稲成神社

ものすごい急坂を車で登っていきます。

Cimg9718
標高が高いだけあって見晴らしが良いなぁ

Cimg9720
早速お参り。

島根だからなのか、注連縄が出雲大社と似ています

それにしても立派なお社です。

Dsc_1728
通常版の御朱印。

も、文字が美しすぎる…

Img_20190210_161214
ちょうど訪問した日は石見夜神楽の開催期間ということで、限定御朱印もいただくことができました

表紙が木でできた御朱印帳が珍しくてすごく気になる…。

Cimg9716
更にこの日は夜神楽の開催日

夜までいれば夜神楽が見られたのですが、時間の都合で遅くまでいられなかったので諦めることに…

Cimg9721
大きなお賽銭箱の近くには、お稲荷さんということでお供え用の油揚げが置いてありました。

Cimg9722
早速油揚げがお供えしてある 

なかなか良い表情のキツネさんを見ながら、千本鳥居をくぐってみることに。

福徳稲荷、元乃隅神社と合わせると三千本鳥居だ

Cimg9729
…と思ったのですが、思った以上の階段の多さにギブアップ

階段の下を見下ろしても、いつまでも鳥居が並んでるんだもん。

さすがに三千本という訳にはいかなかった…

 

レンタカーの返却時間があるので、そろそろ山口市内に戻ります。

津和野城にも寄りたかったんだけどなぁ

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

太鼓谷稲成神社HP

http://taikodani.jp/

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ

 

 

2019年2月11日 (月)

夏の山口歴史を巡る一人旅 萩城下町編

こんにちは。

もうすぐバレンタインですね♪

最近、職場での義理チョコ要求はパワハラという解釈があるそうで。

これを受けてバレンタイン禁止令を出している会社もあるのだとか。

義理チョコ反対派としては良い流れだぜ!と思っているナユタです。

だって、義理チョコなんて誰も得しないじゃん。

お返しする男性側だって結構な出費だろうし。

お菓子業界には申し訳ないですが、このまま義理チョコ文化は廃れてくれ…。

まぁ、今の職場は個人主義の集まりみたいな人たちなので、今年のバレンタインは気付かないふりをしていようと思います。

それでは山口旅萩城下町編をどうぞー。

 

4日目、くもり。

この日は萩を観光します。

まずは萩城跡へ。

近くの駐車場に車を停め、中に入ります。

Cimg9646
別名・指月城。

毛利氏が1604年に萩に建てた城で、今は石垣と堀の一部のみ残っており、指月公園として整備されています。

萩城も「明治日本の産業革命遺産」として世界遺産に登録されています。

何ヵ所かまとめて世界遺産になったっていうのは知っていたけど、萩がこれだけ多く含まれているとは知りませんでした

前回萩城跡に来た時は暑さにバテて、入口でギブアップしてしまったので今回は中に入ってみることに。

Cimg9648
広い敷地を歩き、志都岐山神社に到着。

毛利家歴代藩主を祀った神社です。

付近は水たまりが多いせいか、蚊がスゴイ

ムヒ持ってくれば良かった…

Cimg9650
古びた狛犬が出てきました。

随分高い位置にお座りの狛犬さんです。

Cimg9660
御本殿でお参りします。

ひっそりと建っているけど立派な御本殿です。

石燈籠とかも素晴らしいし。

やっぱり歴代藩主をお祀りしているだけあるなぁ。

こういう静かな場所って好きです。

 

指月城との共通入館券で旧厚狭毛利家萩屋敷を見学後、萩城下町を散策します。

Cimg9670
長く続く武家屋敷の塀を横目に歩きます。

すごくのんびりした世界だなぁ…。

まるでタイムスリップしたかのような景色。

ここは徒歩で散策して正解でした。

Cimg9672
そして、塀の上からひょっこり顔を覗かせる夏みかん

お固いイメージの武家屋敷の塀から出てくる夏みかんにギャップを感じます。

Cimg9676
たどり着いたのは木戸孝允旧宅

幕末まで桂小五郎と名乗っていた、維新の三傑のうちの一人です。

Cimg9677
室内を見学。

家具や内装を見るに、上流階級の出だったことが窺えます。

小さい頃から神童と謳われたという彼の書などが展示されていました。

Cimg9682
木戸孝允の落書き。

説明書によると「已後而死(ししてのちやむ:死ぬまで努力を続ける)」という「諸葛孔明」に出てくる言葉を刻んでいるそうです。

いやいや、普通落書きったら好きな子の名前とか書くっしょ

こんな真面目な事書いてる時点でもはや落書きではないような…

さすが神童

と凡の人は思ったのでした。

Cimg9687
これまた時が止まったかのような素敵な風景。

桂さんも高杉さんも同じ景色を見ていたのかなぁ…

ちなみに萩城下町も世界遺産の一つです。

Cimg9688
次は円政寺

高杉晋作や伊藤博文が幼少時勉強していたお寺なのだそう。

お寺なのに鳥居があり、神仏習合の形態が残った珍しい場所なのだとか。

拝観料を払うと、ポスターサイズの萩城下町の絵図をいただきました。

Cimg9693
それにしても境内の説明書きがめちゃくちゃ長文(笑)

伝えたいことが多いのでしょうね、多分。

Cimg9695_2
拝殿の真上に掲げられた大天狗の面

幼少の頃高杉は、ここに連れてこられて大天狗の面で度胸試しをさせられていたのだとか。

こんなもの幼少期に見せられたらトラウマになるわ

そういえば高尾山の宿坊にも大天狗の面があったような…。

Cimg9697
幼少期の高杉や伊藤が鼻をなでて遊んでいたという神馬の像。

ハチャメチャなイメージの高杉晋作も、小さい頃は普通の子どもみたいに遊んでいたんですね。

それにしても、そんなものが残っているとはスゴイなぁ…。

Dsc_1727
御朱印をいただく間、よどみなく説明をされていたお寺の方がスゴかったです。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ

 

 

より以前の記事一覧